デジモンフロンティア

登録日:2010/05/01(土) 03:53:56
更新日:2021/01/15 Fri 08:00:18
所要時間:約 14 分で読めます






かつて、デジタルワールドを救った十闘士の伝説が

今、甦る―――――



『デジモンフロンティア』は2002年に放送されたアニメ作品。

デジモンアニメシリーズの第四作であり、2006年に『デジモンセイバーズ』が放送されるまでは最終作だった。
熱血の赤キャラやクールな青キャラなどの5人が変身(進化)するという戦隊ヒーロー的なコンセプトで、他にもそれらしい展開がいくつか見られる。


マンネリからの脱却に失敗したためか、従来の作品と比べると人気がやや低め。
また、『人間がデジモンに進化する』という設定を受け入れられるかで好みが分かれる(育成ゲームであるデジタルモンスターからパートナーデジモンという概念がなくなったのは痛かった)。


劇場版は夏に公開された『古代デジモン復活!!』のみ。ちなみに、今までの作品は必ず2作あった(一応セイバーズも2作…)。また、劇場版公開時点で来春に『ONE PIECE』の単独長編映画の公開が決定していた事も影響している。
それでも観客数とか色々ヤバかったらしく、東映まんがまつり時代から長きに亘って続いた東映アニメフェアの終了という事態に陥った。


余談だが、主人公の中の人は初代のゴマモンで、ナレーション(とネーモン)の声はゴマモンのパートナー・城戸丈の人だったりする。




【あらすじ】

神原拓也は弟の誕生日に不可思議なメールを受け取った。


スタートしますか?しませんか?

YES

NO


『YES』を選択すると、ケータイから女性の声が流れだす。


「貴方の未来を決める“ゲーム”はスタートしました」


その声に従い、拓也は電車を乗り継ぎ指定の場所へ向かった。途中で道に迷った拓也は、自分と同じようにケータイの指示を聞いているとおぼしき少年の後を追って目的地に到着する。

ターミナルらしきその場所で謎の列車に乗り込んだ拓也は、見知らぬ世界〈デジタルワールド〉にたどり着いた。




【登場キャラクター】

◆神原拓也
CV:竹内順子
小学5年生。
ケータイの声に導かれトレイルモンに乗り込みデジタルワールドにやってきた。
性格は正義感溢れる熱血系。
また、弟がいるため年下の友樹の面倒見がいい。
サッカーが得意。しかしゴッドハンドは出せない。
炎のスピリットで進化する。

進化するデジモン
  • アグニモン
  • ヴリトラモン
  • アルダモン(ダブルスピリットエボリューション)
  • カイゼルグレイモン(ハイパースピリットエボリューション)
  • スサノオモン(エンシェントスピリットエボリューション)

「汚れた悪の魂よ、このデジヴァイスが浄化する!」


◆源 輝二
CV:神谷浩史
小学5年生……とは思えない程に身体能力が高い。
拓也たちとは別のトレイルモンでデジタルワールドにやってきた。
クールで冷静沈着な少年。青いバンダナが特徴。
性格が真逆な拓也とは度々衝突する。
光のスピリットで進化する。

神谷氏は後にロイヤルナイツの一人「クレニアムモン」を演じる。

進化するデジモン
  • ヴォルフモン
  • ガルムモン
  • ベオウルフモン(ダブルスピリットエボリューション)
  • マグナガルルモン(ハイパースピリットエボリューション)
  • スサノオモン(エンシェントスピリットエボリューション)

「闇に蠢く魂よ、聖なる光で浄化する!」


◆織本 泉
CV:石毛佐和
小学5年生。
拓也と同じトレイルモンに乗っていた勝気な性格の少女。
イタリアからの帰国子女で、たまにイタリア語が出る。
純平から好意を寄せられているが本人にその気はない様子で、終盤では拓也に好意を見せていた。
ちなみに大食いキャラでお色気要員。
風のスピリットで進化する。

進化するデジモン
  • フェアリモン
  • シューツモン

「爽やかな風に乗せ、このデジヴァイスが美しくピュアな心に浄化する!」


◆柴山純平
CV:天田真人(現:四反田マイケル)
小学6年生。
拓也たちと同じトレイルモンでデジタルワールドに来た少年。
大柄な体格でお調子者のムードメーカー。
チョコが好物であり、どこからともなく取り出す。
体格に似合わず手先が器用でマジックができ、また知識も豊富。
公式HPによると金持ちの息子でもあるようだ。
泉に一目惚れしアタックするが報われない。と言うか全体的に扱いがよくない。
だが戦闘面での扱いは拓也と輝二の次に良く、その他三人よりは遥かに見せ場が多い。
(初進化からスキャンもしているし、序盤の強敵であるグロットモンを倒したのは最終的に彼である)
初期稿だと繋ぎの色が黄とオレンジだった。
雷のスピリットで進化する。

進化するデジモン
  • ブリッツモン
  • ボルグモン

「悪に染まりし魂を、我が雷が浄化する!」


◆氷見友樹
CV:渡辺久美子
小学3年生。
いじめられっ子で、いじめっ子に無理矢理トレイルモンに乗せられた少年。
臆病で甘えん坊で泣き虫だが、いざというときは勇気を出す。
また優しい性格で他人と仲良くなりやすい。
拓也になついており、「拓也お兄ちゃん」と呼ぶ。
ラーナモンから拷問を受けた際、何故か泉と共にくすぐられるなどお色気役その2な面もある。
氷のスピリットで進化する。後の時を駆けるハンターの相棒

進化するデジモン
  • チャックモン
  • ブリザーモン

「いじめ、いじわる許さない! このデジヴァイスが氷のように勇気を固めて浄化する!」


◆木村輝一
CV:鈴村健一
小学5年生。
生き別れた輝二の双子の兄で、彼をストーキングする内に妬みの感情を抱くようになった。
そこをケルビモンに付け込まれ、悪の五闘士の一人・ダスクモンとして暗躍させられてしまう。
実は輝二を追って渋谷へ向かった際、駅の階段から転落して魂のみデジタルワールドに訪れていた。
改心後は拓也達の仲間になり、正しき姿を取り戻した闇のスピリットで進化するが、六人目ポジションの割に頭一つ抜けて強い訳ではない。
あと進化バンクがオシャレ。ちなみにカイザーレオモンに直接進化するバンクが無い。
キャラソンは腹筋崩壊兵器。クビワノナイーノライヌガーオレノコトーワラッテルー………HA☆HA☆HA☆HA☆HA☆HA☆HA☆HA☆HA☆HA!

鈴村氏は後に『デジモンワールド-next 0rder-』でマメオを演じることに。
また弟役の神谷氏とは後に特撮オタク同士でコンビを組み東映公認ラジオ番組を開き、某戦隊にダンス映像を投稿している。

進化するデジモン
  • レーベモン
  • カイザーレオモン

「乱されし邪悪な心よ、闇に埋もれて眠るがいい…。このデジヴァイスが浄化する!」


◆ボコモン
CV:杉山佳寿子
成長期
旅に同行するデジモン。
成長期のくせに口調が微妙にジジ臭い。
語尾には「~ハラ」「~マキ」と付ける。腹巻きを巻いており、そこから事典を取り出す。
この事典には十闘士について書かれている。
解説役であり戦闘はしない。
「ネーモンの意気地なし!もう知らないっ!」とか言わない。


◆ネーモン
CV:菊池正美
成長期
ボコモンの相方のキツネのようなデジモン。ボケ担当。
のんびりした性格で口調が間延びしている。
モモヒキを履いており、ボコモンはツッコミの際にこれを引っ張ってゴムパッチンを食らわせる。


◆グロットモン
CV:西村朋紘
土のスピリットを持つ、悪の五闘士の一人。
拓也達の前に最初に現れ、ビーストスピリット形態であるギガスモンにスライドエボリューションする。
5対1と言う状況で無双したり、泉と友樹のスピリットを奪ったりしている序盤のボスポジション。
ビーストスピリットを拓也に奪われてもしぶとく生き残り、最期はボルグモンに倒された。


◆アルボルモン
CV:乃村健次
木のスピリットを持つ、悪の五闘士の一人。
「夜寝る前には歯を磨こう」などと標語をよく呟いたり、ハンバーガーを食べたさにバーガモンの村を荒らすなど、いまいち締まりのない性格。
ペタルドラモンにスライドエボリューションしたりするが、これと言って強い点もなく、最期はベルグモンに処刑されてしまった。


◆ラーナモン
CV:寺田はるひ
水のスピリットを持つ、悪の五闘士の一人。
とても可愛く、トーカンモンやハニービーモンで構成されたファンクラブを従えている。
トーカンモンを利用し、拓也達を海で遊ばせている内にデジヴァイスを奪う戦略を見せるなど、頭が働く一面も。
……が、泉に追い詰められた際に進化したビーストスピリット・カルマーラモンはお世辞にも可愛くなく、初進化故に悪の五闘士のくせして制御できていない。
セフィロトモンの体内で泉と女同士の一騎打ちをするが敗北し、スピリットを奪われて退場した。


◆メルキューレモン
CV:増谷康紀
鋼のスピリットを持つ、悪の五闘士の一人。
セラフィモンを倒して取り込むなどかなりの実力を持っており、ケルビモンに成り代わってデジタルワールドを支配しようとしていた策略家。
五人をビーストスピリット形態であるセフィロトモンの体内に取り込み、分断して始末しようとしたが失敗。
彼自身はブラックセラフィモンになるもアルダモンに負け、セフィロトモンの姿でコピー技を駆使して戦うものの五人の前に敗れる。

ちなみに中の人はアドベンチャーでエテモンを演じていた。


セラフィモン
CV:檜山修之
三大天使デジモンの一体。
ケルビモンによって封印されていたが、拓也達によって解放される。
その後攻めてきたメルキューレモン達に敗北し、データを奪われデジタマにされてしまう。
後にアルダモンがデータを取り戻し、パタモンとして生まれ変わる。

中の人は02でブラックウォーグレイモンを演じていた。


◆オファニモン
CV:深見梨加
三大天使デジモンの一体。
拓也達をデジタルワールドに導いた張本人。
ケルビモンによって「バラの明星」に幽閉されていた。
ケルビモンとの戦いの中で、拓也達のデジヴァイスを奪い返し、ケルビモンの邪悪な力を浄化しようと試みるが、直後にケルビモンに攻撃され力尽きる。
最後の力で拓也と輝二のデジヴァイスを変化させ「ハイパースピリットエボリューション」の力を託し、デジタマに戻った。
後にプロットモンとして生まれ変わる。

中の人は後にセイバーズでイグドラシル(本体)を演じることに。


◆ケルビモン
CV:大友龍三郎
三大天使デジモンの一体。
かつては心優しいデジモンだったが、自分がビースト種であることに劣等感を抱いており、そこをルーチェモンにつけこまれ、邪悪な姿と性格になってしまう。
デジタルワールドのデータと十闘士のスピリットを集め、征服しようとしたが、拓也たちとの戦いで正気を取り戻し、一度デジタマに戻った後にロップモンとして生まれ変わる。

中の人はアドベンチャーでヴァンデモンを、クロスウォーズ(3期)ではオーガモンを演じた。


デュナスモン
CV:三宅健太
ロイヤルナイツの一体。
荒々しい性格をしているパワーファイター。
人間界に行くためでもありルーチェモンのためのデータを集めていたが、最後は月にて拓也達に敗退した後、ロードナイトモンともどもデータをルーチェモンに吸収されてしまった。


ロードナイトモン
CV:置鮎龍太郎
ロイヤルナイツの一体。
ナルシスト。スピードを生かした戦い方を得意とする。時折ルーチェモンに対して不信感を抱いていた。
今作で出てきた敵の中で唯一、戦う度に強くなる拓也達の強さを評価していた。
また、源兄弟の友情を見て美しいと言ったこともある。
最後は月にて拓也達に敗北した後、デュナスモンともどもデータをルーチェモンに吸収されてしまった。
感謝をこめていただいたりしない。


ルーチェモン
CV:西原久美子
本作のラスボス。成長期。
ケルビモンやロイヤルナイツ(デュナスモン、ロードナイトモン)の集めたデータにより復活する。

  • ルーチェモン フォールダウンモード
CV:中尾隆聖
フリーザ。完全体。
ルーチェモンが拓也達に倒されたデュナスモン、ロードナイトモンのデータを吸収し進化した。
ルーチェモン本来の光の力に加えて、闇の力を持つ完全体。
完全体ながら究極体と同等以上の力を持つ。背に天使と悪魔の翼を持ち、屈強な外見に似合った肉体系の技と光と闇の力の複合技を駆使する。
最後はスサノオモンに敗北し、スキャンされてしまった。

  • ルーチェモン サタンモード
CV:中尾隆聖
フォールダウンモードの光の力が取り除かれ、ダークエリアの闇の力を吸収することでルーチェモンの闇の力のみが膨れ上がり進化を遂げた究極体。
巨大なドラゴンのような姿をしており、攻撃をくらってもすぐに修復できる。
最後はスサノオモンに斬られてしまった。

  • ルーチェモン ラルバ
CV:西原久美子
ルーチェモン・サタンモードの本体であり、サタンモードの持つ球体・ゲヘナに守られているサナギのようなデジモン。
サタンモードが倒された後、スサノオモンに不意打ちを仕掛けるが、拓也達とスピリットに分離して避けられ、その上スサノオモンの怒りを買ってしまい、
分裂したアグニモン・ヴォルフモン・レーベモン・フェアリモン・チャックモン・ブリッツモン・グロットモン・アルボルモン・ラーナモン・メルキューレモンによって斬られ、完全敗北した。


【用語】


融合形態

超越形態

詳細はリンク先にて。


十闘士

かつてデジタルワールドを救ったと伝説に残るの十体のデジモン。
それぞれのスピリットを手に入れる事で進化が可能になる。

スピリットには二種類あり、人型形態になる〈ヒューマンスピリット〉と獣型形態になる〈ビーストスピリット〉が存在する。
ヒューマンは扱いやすい代わりにパワーに劣り、ビーストは凄まじいパワーを発揮する代わりに制御が難しいと言う設定だが、本編ではけっこう埋もれている設定である。

ちなみに、スピリットの元になった古代の十闘士デジモンは劇場版にエンシェントグレイモン&ガルルモンが出た程度で、本編には出てこない。


炎のスピリット
古代:エンシェントグレイモン
H:アグニモン
B:ヴリトラモン

光のスピリット
古代:エンシェントガルルモン
H:ヴォルフモン
B:ガルムモン

風のスピリット
古代:エンシェントイリスモン
H:フェアリモン
B:シューツモン

雷のスピリット
古代:エンシェントビートモン
H:ブリッツモン
B:ボルグモン

氷のスピリット
古代:エンシェントメガテリウモン
H:チャックモン
B:ブリザーモン

土のスピリット
古代:エンシェントボルケーモン
H:グロットモン
B:ギガスモン

水のスピリット
古代:エンシェントマーメイモン
H:ラーナモン
B:カルマーラモン

木のスピリット
古代:エンシェントトロイアモン
H:アルボルモン
B:ペタルドラモン

鋼のスピリット
古代:エンシェントトワイズモン
H:メルキューレモン
B:セフィロトモン

闇のスピリット
古代:エンシェントスフィンクモン
H:ダスクモン→レーベモン
B:ベルグモン→カイザーレオモン


すべてのスピリットを使用することでスサノオモンへと進化する。
武器はゼロアームズ:オロチ



《デジコード》
バーコード状のデータ。敵を倒した時等に発生する。
これをスキャンする事でデジモンはデジタマに戻り、別の場所、時間に生まれる。
人間、デジモンを問わず発生するが、分身など実体のない者からは発生しない。


《ディースキャナ》
本作のデジヴァイス携帯電話が変化して誕生した。
劇中での呼称も『デジヴァイス』である。
デジコードをスキャンする能力を持ち、進化や敵を倒した時の浄化に使用する。


《スピリットエボリューション》
本作における進化。
手首に発生するデジコードをデジヴァイスに読み込む事で行う。
デジコードはヒューマンモードなら輪が一つだが、ビーストモードでは三つの輪が現れて球体のようになる。


《スライドエボリューション》
ヒューマンからビースト、あるいはビーストからヒューマンに変わる事。


【主題歌】

  • OP
『FIRE!!』

  • 挿入歌
『With the Will』
『The last element』
『遥かな贈り物』

  • ED
『イノセント~無邪気なままで~』
『an Endless tale』






■余談

ちなみに鈴村健一は「スピリットエボリューション!」と叫んだ際にぎっくり腰になった事がある。

さらに余談だが、声優の水島大宙の別名の「水島大宙F」や「服を着ていないタイプの声優」は現場で鈴村と神谷が「ルーチェモンF」のFは何なのかと言う謎に「フルチン」のFだという答えを出したのがその由来である。






今、伝説は進化する――――


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年01月15日 08:00