ギギ

ウォーザード』に登場する敵の一人で、6戦目で必ず戦う相手。
敵専用のキャラで、プレイヤーキャラとして使う事は出来ない。
担当声優ヌールと同じ 細井治 氏。
言うまでもないが、同名の魚やアンダルシア飛竜種の幼体はがねタイプのポケモンとは関係無い。
強さとやさしさを兼ねそなえたウルトラマンと戦った三面異次元人?人違いです。

クリプトに纏わる伝説の一つ“神の城と地上を結ぶ門”を守る石造ロボット。
戦闘中に色を変える事で性別が変わり、赤色が女性モード、青色が男性モードとなっている。
登場時は必ず赤色の女性モードで現れる。
なおモード変更すると色だけではなく、胸の顔も男顔と女顔に変わる。

四本の腕に持った剣を振り回し、リーチの長い攻撃で相手を切り刻む。
モード変更する事で、赤い女性モード時ではガード時に緑色の幕を張って飛び道具跳ね返す事が可能。連続ヒットする技は一発分のみ跳ね返す。
青い男性モード時では跳ね返す性能を持たない。
必殺技の一つ「ピュチキッカン」では、地面から槍や石柱を突き出したり、相手の頭上に降らせらたりしてダメージを与える。
設定によると、これは専用ステージ「遺跡の部屋」に仕掛けてあるトラップ兵器を作動させているものらしい。
弱点属性は雷

唯一の外部出演は『CAPCOM FIGHTING Jam』だが、出番はルアンと共に遺跡ステージの壁画に描かれている他、
ジェダ・ドーマのエンディングにてタヌマ共々登場している。

ちなみにゲーメストムックにおいて、
  • ポリゴンから作成した事
  • 製作人数が足りなかったため、腕や足の動きは一つの物を使い回して、それこそパズルのように繋いでなんとかした
などの製作裏話が書かれている。

デザイン等の元ネタは恐らく洋画『シンドバッド黄金の航海』で、六つの腕にサーベルを持ち暴れ回る戦女神カーリー像と思われる。
レイ・ハリーハウゼンによる匠のストップモーションアニメで動く戦女神像を相手に、シンドバッド達が挑む迫真の剣戟シーンは迫力満点であり、
後の作品にも大きな影響を与えた。


MUGENにおけるギギ

Trasgo7氏によるものが「infinity mugen team」にて代理公開されている。
モード変更もきちんと再現されており、女性モードなら飛び道具を跳ね返せる。
ちなみに石柱を落とす「ピュチキッカン」はかなりのエンコ殺しで、MUGEN本体の動きがカクカクになってしまう。
しかも、石柱を落とす際に目が光るのだが、よく見ると光のスプライトが上にずれている。

AIがデフォルトで搭載されており、剣による長いリーチと強判定を活かしてどんどん攻めてくる。
突進する切り刻み攻撃「メリチャギチャク」や、回転斬り攻撃「ルンリグザチャク」は結構AI殺し
普通に格闘するキャラでは手こずるが、大振りな技が多いためブロッキングやシールドには弱い。動きの速い相手や飛び道具の強い相手も苦手。
ただしゲージ技の当たり方次第では相性の悪い相手すらも圧倒する。思わぬ相手に勝ったり負けたりと、中々面白い勝負を見せるキャラである。
外部AIはホルン氏によるものが2019年12月24日より公開中。
こちらは3段階のAIレベル、3段階の立ち回り設定、10段階の反応レベル、11段階のガードレベルに加え、
ガード時に飛び道具を反射するか否かを設定可能。想定ランクは強~凶下位との事。
この他に専用ステージも公開されている。
プレイヤー操作

ストーリー動画では原作のイメージや設定を活かし、古代遺跡の番人敵の操るロボット兵器といった扱いが多い。

出場大会

+ 一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み

出演ストーリー

+ 一覧

プレイヤー操作



最終更新:2024年05月18日 00:47
添付ファイル