N-DEF

N-DEF(頭部・胴部)

ブラストはN-DEF(ニュードディフレクター)と呼ばれるフィールドをまとう。
言うなれば追加耐久力であり、ブラストへの近接属性以外のダメージをN-DEFが優先して肩代わりする。
N-DEFの容量は胴部パラメータのDEF耐久で決まり、残量は耐久値の右側に黄色のゲージで表示される。
N-DEFに対するダメージは機体の装甲とは関係なく等倍で、属性ごとに定められた倍率で計算される。
実弾属性・ニュード属性は1.2倍、爆発属性は0.8倍ダメージとなる模様。
N-DEFに一定量のダメージを与えることで1ptの貢献ポイントが入る。

N-DEFに対するダメージの特徴として、

  • 装備・施設による補正は影響する (AN手榴弾系統、AiGIS系統、AN自動砲台)
  • 攻撃側チップによる補正は影響する (ニュード威力上昇、対DEF破壊適性)
  • 被弾側チップによる補正は影響しない (対〇〇防御、エナジーバリア)

残量を超えたダメージは超過分が本体に貫通し、そのダメージは通常通り装甲値で計算される模様。
近接属性の場合は本体に直接ダメージを与えるが、他属性が混じるとその割合分だけN-DEFに分配される。近接の割合分のダメージは貫通する。
高威力系の爆発武器を受けた際の、N-DEF損耗分と本体に受けるダメージの数値分配については検証中。具体的には、(威力*属性軽減倍率-N-DEF耐久)-本体なのか、(威力-(属性軽減倍率/N-DEF耐久)-本体)かである。倍率の補正対象体力の方なのか、N-DEFかによって、本体に与えるダメージが異なってくる。

N-DEFは自軍のベースや占拠下のプラント周囲の200m範囲内にいることで自動的に回復していく。
ゲージが空になるとN-DEFは停止し、肩代わりを行わなくなる。ゲージが満タンまで回復すると肩代わりを再開する。
N-DEFの容量は胴部のDEF耐久、回復速度は頭部のDEF回復パラメータで決定される。
機能停止からの回復速度はデフォルト(D+)で32秒ほどかかる。

姿勢異常(よろけ・ダウン)は、N-DEFの残量に関係なく機体の装甲とチップ等の補正で算出したダメージで判定される。
例えば、ツィーゲルラケーテU(3500)をN-DEFで全て受けると2800ダメージとなり、よろけの閾値(3300)を下回る。
にもかかわらず、全部位の装甲がE+の機体ではN-DEFで全ダメージを肩代わりしてもよろけが発生する。
同機体では、スクラムバスター(2800)でも同様によろけが発生する(2800×1.28=3584 > 3300)。

なお、エナジーバリアをはじめ防御側のチップは、上記の通りN-DEFが受けるダメージには影響しない
ただし、姿勢異常は機体装甲とチップ補正から算出したダメージで判定するので、エナジーバリアの軽減が適用される
N-DEFに肩代わりさせることで耐久力最大を維持できれば、エナジーバリアの軽減により姿勢異常が起きにくくなる。

アンチブレイクやエナジーバリアといった耐久力最大が発動条件のチップは本体さえ無傷ならチップの効果が発動する。
上記のチップを採用したアセンを構築する際には、N-DEF関連のステータスも重視しておくと良い。
DEF耐久やDEF回復が優秀ならそれだけチップの効果維持もしやすくなる。