重火力兵装 特別装備



重装砲系統

放物線を描きながら飛び、何かにぶつかったら爆発する砲弾を発射する。
特殊装備選択で射撃モードに切り替えとなり、右スティック(マウス)を動かすことで旋回や射角の調整が可能。射撃モード中は移動できない。
射撃モードに切り替わると砲身がデフォルト位置(地面と水平かやや仰角?程度)になり、その後に操作可能になる。
この際「予想される砲弾の軌道」が半透明の破線で、「着弾位置」が半透明の円で表示されるため参考にしよう。
射撃ボタンを押すと射撃開始、SPゲージが続く限り撃ち続ける。ロックオンボタン(パッドならR3、マウスなら右クリック)で、射撃を中断して以前持っていた武器に戻ることが可能。
SPゲージを使い切る前に中断することでSPチャージを早めることができるので、状況に合わせて温存or打ち切りを判断したい。
榴弾砲系統と比べて重量が軽く、敵を目視しながら射撃できる機会が多い。
反面、山越え曲射を狙わない限り発射時は「射線が通っているのに自分は全く動けないまま」となりがち。
そこを高火力狙撃銃やプラズマカノンネオ持ちに狙われると一瞬でやられることも。そうでなくても射撃時に姿を晒すリスクは高い。
榴弾砲ほど「安全地帯から一方的に攻撃」という構図にはなりにくいので、上級者向けの装備。

なお、カタログにない隠しパラメーターとして「弾速」と「連射速度」と「射程距離」がある。
弾速の違いは曲射角度の違いでもあり、例えば斜め撃ち時、弾速が速いハイドラは比較的直線的に、弾速が遅いモノセロスは大きく沈む。
連射速度はタウル~ハイドラの射撃間隔の違い。例えばハイドラの弾数は9発だが、弾数6発のタウルよりも早くあっという間に撃ちきる。
また、射程距離もそれぞれに設定されており、射程限界では何かに当たる前に自動的に爆発する。現状、弾速が速く射角が水平に近いハイドラが、武器説明文通り最も長射程の模様。
初期装備であるタウルの使用感はタウル1つの使用感でしかないので、カタログスペックだけを当てはめてガチャを回す前に、他者のプレイ動画などで使用感を見ることをおすすめする。
重装砲系統   効果:遠距離砲撃  属性:爆発100%
名称 型番 重量 威力 発射弾数 爆発半径 チャージ 性能強化
タウル重装砲 C56M1 800
760
7000
7280
6 半径20m
半径20.8m
35秒 ①重量 760
②爆発半径 20.8m
③威力 7280
ヴァーゴ重装砲 C56M2 890
845.5
6200
6448
10 半径18m
半径18.7m
45秒 ①重量 845.5
②爆発半径 18.7m
③威力 6448
ハイドラ重装砲 C56M4 870
826.5
5000
5250
9 半径16m
半径16.8m
35秒 ①重量 826.5
②爆発半径 16.8m
③威力 5250
モノセロス重装砲 C56M5 1010
959.5
19000
20140
1 半径30m
半径31.8m
35秒 ①重量 959.5
②爆発半径 31.8m
③威力 20140
+調整履歴
調整履歴

ハイドラ重装砲
  • 2018/11/15(ver1.05)
    • SP回復速度がSPが残っている状態よりも使い切った状態の方が早くなっていたのを修正
    • チャージ
      30秒(最大37秒) → 35秒(最大30秒)
モノセロス重装砲
  • 2020/04/09(ver3.00)
    • 威力
      16000 → 17000
      1696018020
  • 2020/11/17(ver3.05)
    • 威力
      17000 → 19000
      1802020140
タウル重装砲 ヴァーゴ重装砲 ハイドラ重装砲 モノセロス重装砲
C56M1 C56M2 C56M4 C56M5
©SEGA
図鑑外性能(赤字は最大強化時の性能を表示)
名称 弾速 連射速度 連続射撃時間 撃ち切り火力 非撃ち切り火力 射程距離
タウル重装砲 60/min 5.0秒 42000
43680
35000
36400
ヴァーゴ重装砲 75/min 7.2秒 62000
64480
55800
58032
ハイドラ重装砲 179/min 2.68秒 45000
47250
40000
42000
モノセロス重装砲 - - 19000
20140
-

タウル重装砲

初期バランス型。初期装備ですべてのプレイヤーに支給されている。
重量800と重いものの、重火力特別装備枠内では比較的軽いのが魅力。
敵に直撃せずともノックバックが発生するようなダメージ量と、20mという副武器を超える広大な爆発半径を持つ。
ハッキリとした山なり弾道を持ち、慣れれば丘や壁を挟んで見えないプラントを砲撃することも可能だろう。
やろうと思えば300mを超える遠距離砲撃も可能だ。
砲弾一発分のSP回復に6秒とかからないので、センサー破壊など設置物除去や施設破壊にも遠慮せず使えるのもうれしい所。
発射した弾が他の爆発物と比べて、敵からは視認し辛いのもよい。
うっかり副武器を使い切ってしまっても、これさえあればまだ敵をコロコロできる。
ただし、系統そのものの弱点も非常に色濃く出ている。
発射間隔が系統中で一番長いので、十分なダメージを稼ごうと思ったら、敵に姿を晒す隙が大きくなってしまう。
弾速も遅いため、至近でも直撃はまず狙えない。射撃モード中は旋回速度も低下するため、動いている敵を狙うのは滅法弱い。
基本的に敵が来るタイミングであらかじめ置き撃ちしておく、敵の留まりやすいプラント周辺へ撃ち込む、よそ見している敵に横から浴びせるといった使い方が主になるだろう。
弾道予測と実際の弾道を見比べればわかるが、実際には弾道がややブレるので遠距離から自動砲台を狙撃…みたいな精密砲撃はちょっと苦手。
射撃補正のいい頭部を使えばある程度修正が効くのでやるなら試してみよう。

ちなみに直撃で自動砲台なら2発、レーダーは6発で破壊可能…のはずなのだが、施設への爆発ダメージ算出において施設の中心位置が大きく影響してくる。
詳しくはこちらを参照するが、破壊に必要な弾数が計算よりも増えるケースがある事は留意すること。

余談だが、重装砲はPS4版で系統全体で威力低下、爆発範囲拡大の調整を受けている。
タウルの一発7000は自動砲台の耐久の半分!
自動砲台中心に当てると減衰なしの満額ダメージが入るため、2発でちょうど破壊可能。
3凸して威力が上がれば多少ずれてもよくなるので、施設破壊に使うのならばなるべく強化しておきたい。

ヴァーゴ重装砲

装弾数・総火力重視。威力や半径を落とす代わりに総弾数が4発も増えた。
総火力62000がリロードを挟まずに発射可能
チャージ時間は増えたものの弾丸1発当たり補給効率はむしろ向上している。
発射間隔も短くなっておりポンポンと小気味よく連射して前線にバラまける。
タウルの使用感をそのままに、より使いまわしやすくなったと言えるだろう。
とはいっても発射中は姿勢が固定されてしまうので相変わらず隙は大きい。
弾道のブレもより悪化している。

ちなみに、SPゲージの関係で瞬間的とはいえ、主武器どころか副武器ですらかなわないもの凄いコア攻撃効率を誇る。
重火力で敵ベースに入れてしまったときは、ぜひ一度お試しいただきたい。

ハイドラ重装砲

連射速度を向上させた秒間火力重視モデル。
威力がたったの5000で爆発も半径16mと、重火力の特殊武器としては弱いと断言できてしまう単発火力だが、その評価を覆すだけの極端な発射間隔の短さが最大の長所。
弾速も非常に速く弾道も比較的真っすぐ。
全ての重装砲を過去にするとでも言わんばかりで、もはや発射ではなく連射である。どのくらい速いかというと系統最狭の範囲・最速の弾速に係わらず、自爆するほどの近距離に発射して弾着前に二射目が済んでいるほど。
撃ち切るまでの時間が短いということは、その分隙も小さくなるので強力なアドバンテージだろう。
装弾数9発もある上にチャージ時間が系統最短効率自体も最良
当てやすい上に補給も簡単と、副武器感覚で使えるような仕上がりになっている。
一見物足りない威力5000も、直撃させれば確実にノックバックが入る威力。
他の重装砲の様なバラマキではなく、敵の横っ腹に直撃させてそのまま削り殺すのが主流となるだろう。
その晒す隙の少なさから対人はもちろん、コア凸にも使えないこともない。ヴァーゴのロマン仕様と違ってこちらはやや実用的な視野に入る。

一方で動いている相手に当たらない点は他の重装砲と変わらず、むしろ爆発半径が狭い分近距離戦には滅法弱い。
死角からしっかり当てていくことを心掛けよう。

余談だが、PS4版調整でこいつだけ弾数が1発増えている。
おかげでタウルの総火力を超えてしまった。

ハイドラ重装砲/SCV

2020年4月20日~27日に開催された「ユニオンラダーランキングイベント」で
ランク1000位以内を達成することで入手可能であった、ハイドラ重装砲の武器スキン。
オリジナルのハイドラ重装砲の緑色部分が紫色に変更されている。
http://ps4.borderbreak.com/news/IOy3peNEZ4Ix

ハイドラ重装砲はユニオンバトルでは主流な武器なので、順当な選定と言えるだろう。
なお、主武器のオルタ/CVも紫色のため、改良型ECMグレネードを持って機体カラーをメタリックパープルにすると
ほぼ全身紫色の機体を構築することができる。(※ユニオンバトルでECMグレネードは非推奨。)

ゲーム内説明文は「この禍々しい紫が多頭の蛇であるヒュドラの毒々しさを想像させる」と唐突な中二病テキストとなっており困惑するかもしれないが、ヒュドラとは要するにハイドラのことである。デヒテラかゼノビアが監修したモデルなのかもしれない

オリジナルのハイドラ重装砲を所持していないと使用不可で、
性能や強化段階はオリジナルのものが直接適用される。

モノセロス重装砲

単発火力特化の一発打ち切りタイプ。まるで無反動砲を丸々一本取り付けたような見た目をしている。
直撃すればどれだけ装甲を固めてN-defを盛ろうが確実に撃破出来る超火力と、プラント丸1つ包む圧倒的爆発半径を持つ・・・はずだったのだが、エナジーバリアチップの登場及び環境と言ってよいほどの普及に伴い新品相手には一撃大破が取れないこともしばしばある。
それと引き換えに弾速は最低で、飛距離は短い上に落ちるのにも時間がかかる。
欠点を克服するためには、敵に近づいて撃たなければいけない。
敵の死角から撃つという基本は変わらないが、咄嗟に持ち替えて撃つことが出来る副武器と違って、射撃体勢というワンテンポが入る重装砲にはかなりリスキーな選択肢となるだろう。
落ち込む弾道を利用した壁越しの曲射も可能だが、こちらも着弾までに時間がかかり、相手の動きを予測しなければいけないので習熟が必要となる。
総じて高威力武器特有のハイリスク・ハイリターンが色濃く出た仕様になっている。
死ぬ前の置き土産に残したり、自爆覚悟で足元に撃って道連れにしたりと、自爆装置としての機能は優秀。

完全な余談だがこのモデル。撃つと同時に凄まじいSEが鳴る。
ズバゴォォォーーーン!



迫撃連装砲系統

2020年3月29日実装。名前通り連装になった迫撃砲。
高威力の榴弾を一斉射する、面制圧に長けた1トリガー打ち切り武器
発射体制を取る武器で、構えの状態では視点移動に旋回制限あり。
重装砲同様に、構えると同時に着弾予測ガイドが表示される。
発射された榴弾は大きく湾曲した曲射弾道を飛ぶ。
なお、発射された榴弾が周囲を通過する際は、独特の飛来音が聞こえる。

重装砲とネフィリム榴弾砲を足して割ったような性能の特別装備。
榴弾単発の威力は大したことないモノだが、実際には複数連続ヒットするので大ダメージは必至。
特に爆撃地点の中央はモノセロス直撃以上の高ダメージエリアとなっている。
また、飛来する榴弾は視認しやすいものの、高速で飛んで来るので見てからの回避は非常に困難。
そして最も恐ろしいのは、これだけの高火力でありながらリチャージがとてつもなく早いという点。
極端に言うと、モノセロスみたいなダメージを与える榴弾群が、モノセロス以上の弾速で飛び、倍のペースで装填されるというヤベー系統になっている。

しかし、極端な山なりの弾道のせいで、水平な地面で運用する際の射程は50~100mと極端に狭い中距離専門の武器になっており、使い勝手はそれほど良くない。
具体的に言うと、目一杯上を向いても重装砲レベルの遠距離まで届かず着弾迄の時間が増えるだけであり、地に頭をこすり付けるように下を向いても水平射は不可能。
発射した榴弾は頭上高くを飛ぶため、天井の低い屋内では自爆不可避。
弾速自体は高速でも、山なり弾道で大きく迂回するせいで着弾までにそこそこ間が空く。
構えるところから見ている相手には流石に逃げられてしまうので注意。
しかも先述の射程の都合上、射出位置は大半の副武器の絶好の射程内になるため、悠長に着弾点を吟味しているところを見つかれば間違いなく敵のオヤツ(撃破ポイント)になるだろう。
逆に、弾道を活かして障害物の裏から一方的に攻撃することも可能ではある。……着弾地点が視認できなくなるため直感と練度頼みの曲芸じみた難易度だが。
構えると視点が正面に戻るので、距離と爆発範囲を把握しておいて構え次第発射することで手榴弾のような使い方もできる。
融通の効かなさが目立ちやすい系統だが使いこなしさえすれば他の系統を圧倒する凶悪な奪キル性能を短い間隔でばら撒く強烈な火力効率を発揮出来る。特に押し合いへし合いしやすいプラント戦では突入前の敵の排除や防衛奪還に来る敵の出鼻を挫くなど、性能さえ発揮すれば正に重火力と言える戦果を上げることが出来る、そんな系統である。
また、本系統共通の問題としてAN手榴弾などが入っていない限り大破が取れないという大きな問題も抱えている。
現環境では支援のリペア能力が極めて高く、まとめて焼き払ったとしても即座に再起動されるのが目に見えているため積極的に支援を潰していくかリペアが追いつかない勢いで敵を殲滅する必要がある点は要注意
使いこなしにあたってはまず独特の弾道と距離感を掴みガイド無しでもある程度狙った位置に放り込めるようになるところから始めよう。
なお、一応コア攻撃に使えないことも無いが、きっちり当てようとすると着弾点も弾道も一切見えない位置&角度での射出となる為、事前に要練習。失敗すれば大体自爆するため、せっかくの重火凸成功というビックチャンスをフイにしてしまう。

また、カタログ外スペックとしてそれぞれ弾速が異なる。
(速)ラヴィナ>レーゲン>ハグル(遅)※具体的な速度は未検証。
迫撃連装砲系統   効果:遠距離砲撃  属性:爆発100%
名称 型番 重量 威力 発射弾数 爆発半径 チャージ 性能強化
レーゲン迫撃連装砲 W12M2 880
836
4800
4992
6 半径20m
半径20.8m
20秒 ①重量 836
②爆発半径 20.8m
③威力 4992
ハグル迫撃連装砲 W12M5 850
807.5
7000
7350
5 半径24m
半径25.2m
30秒 ①重量 807.5
②爆発半径 25.2m
③威力 7350
ラヴィナ迫撃連装砲 W12M8 950
902.5
4200
4452
8 半径26m
半径27.6m
25秒 ①重量 902.5
②爆発半径 27.6m
③威力 4452
レーゲン迫撃連装砲 ハグル迫撃連装砲 ラヴィナ迫撃連装砲
W12M2 W12M5 W12MB
©SEGA

レーゲン迫撃連装砲

初期型お馴染みのバランス型。レーゲンはドイツ語で「雨」の意。
爆発半径は系統最低とはいえ20mの広範囲。敵をしっかり爆心地に捉えれば撃破は容易である。
6発の弾頭はVの字形に発射され、幅の狭い手前から着弾する。仰角を上げるごとに
外側の弾頭の飛距離が縮むようで、最大まで上げるとハの字に着弾するようになる。

UAD-ケリブ同様のカテゴリTOPとなる高速SPチャージを持つ。
適切な距離を測れば爆撃の雨を降らせ続けることが出来るだろう。

ハグル迫撃連装砲

単発威力重視の火力特化型。ハグルはドイツ語で「雹」の意
威力、範囲共に増加したうえ、弾がそれほど散らばらず纏まって飛んでいくので非常に高火力。地味ながら1射火力は系統内最高。
爆撃の中心地にいる敵にはギガノト並みの高ダメージを与える超高火力武器となっている。
系統最低とはいえ、30秒のリチャージも威力に対して良好な回転率となっている。
しかしながら、結局この武器も中距離専門なので、使用タイミングには悩まされるところがある。
弾速が系統中では最も遅いので、予想と噛み合わずうまくヒットが取れないということもありがち。

なお、弾数が少なく纏まった弾道を描くこと、加害半径は増加したがラヴィナほどでは無い=気持ち誤射が少なくて済むこと、動かない相手には低弾速故の偏差射撃を意識しなくても良いことなどから、ピンポイントな対物攻撃には最も適したモデルと言える。
バリケード、起動したサテバン、コア、ターレット、シャウラの補助動力など、狙い目のデカブツは案外多い。射程内にあるならば遠慮無くぶちかましてやろう。(※巨大兵器動力部に張り付いてる溶接組にはご注意ください)

ラヴィナ迫撃連装砲

弾数重視のばら撒き型。ラヴィナはドイツ語で「雪崩」の意。味方誤射製造機の異名も誇る
単発の威力は下がったものの、範囲と弾数が増えたので、実際の火力は初期型と全く遜色がない。
純粋に爆撃範囲を強化された強化版の装備となっている。
おまけに弾速まで早くなっているので、非常に当てやすい武器に仕上がっている。
しかしながらその拡散っぷりは少々度を越している点が否めず、発射時左右に壁があると簡単に自爆する。一発一発の威力が低いとは言え、数発壁に当たるだけでそれなりの自損ダメージを受けるほか、当然ではあるが飛んでいく弾も減ることから威力も低下してしまう。
運用の際は左右の壁から最低でも2~3mは距離を取った上で発射するように心がけるべきである


問題はがっつり重くなった重量。
榴弾砲やエアバスターを担ぐのと大差ないので、アセン面での負担は大きめ。
チャージ効率をはじめとした系統の長所をしっかりと生かして差別化を図ろう。



榴弾砲系統

特殊装備選択で射撃モードに切り替えとなり、右スティック(マウス)でミニマップから爆撃中心地を指定する。射撃モード時、旋回や移動はできない。
爆撃中心地を指定後はSPゲージがある限り射撃を続け、射撃前・射撃中ともにロックオンボタン(右クリック)で中断、それまでに持っていた武器に戻ることができる。
SPゲージを使い切る前に中断することでSPチャージを早めることができるので、状況に合わせて温存or打ち切りを判断したい。
榴弾は自ブラストから垂直に上昇し、指定範囲の真上にワープして垂直に降下、降り注ぐ。
着弾地点には、着弾2秒前から火の粉が舞い上がる火柱の様なエフェクトが発生し、火柱発生と同時に「ヒューン」という落下音も聞こえる。
最初は同じ場所に撃ち続けても無意味に思うかもしれないが、榴弾砲系統には「着弾誤差」が設定されており、ミニマップで指定した範囲を中心に誤差範囲内をランダム爆撃となる。
(ギガノトを除き)必ずしも狙った場所に落ちるわけではないこと、広範囲を制圧可能であることは、この系統の特性として理解しておきたい。
真上に撃ち出す性質から頭上に障害物や天井があったりすると、指定した場所まで届かない。自分の上にそれらがある場合は、「頭上に障害物あり」の警告表示が射撃モード中のミニマップに出る。
あくまで自分の上であって砲身の上ではないことから、稀に警告が出ていないにもかかわらず障害物に遮られることもある。ギリギリの位置での砲撃は避けよう。
より気をつけたいのは、指定した場所の方に天井や障害物があるとき。榴弾は相手頭上までワープするものの、実際には降り注がない。このときには前述の警告表示が出ない。
スカービ渓谷の中央プラントやナローレイの北側第二プラント付近など、実は天井がある箇所はいくつかある。SPゲージや時間を無駄にしないためにも、マップの下見はしっかりとしておきたい。特にマルデロンド大空洞やキニシュ砂岸Aの様に主戦場に天井があり「砲撃がほぼ役立たずなMAP」が散見されるため注意。
なお、カタログにない隠しパラメーターとして「射撃間隔」がある。
1発撃ちきりのギガノトやネフィリムには関係ないが、タイタンとコロッサスの差は一目瞭然。コロッサスはあっという間に11発を撃ちきる。
射撃間隔の短さは降り注ぐ密度の差でもあり、コロッサスはカタログの表記以上に強みがあると言えるだろう。タイタンの使用感で考える武器ではない。
タイタンは初期プレイ後すぐに自動支給されるので、タイタンを目当てに焦ってガチャを回す必要はない。
榴弾砲系統   効果:遠距離砲撃  属性:爆発100%
名称 型番 重量 威力 発射弾数 爆発半径 射程距離 チャージ 着弾時間 着弾誤差 性能強化
タイタン榴弾砲 H39M1 930
883.5
10000
10400
6 25m
26m
300m 60秒 5.5秒 15m ①重量 883.5
②爆発半径 26m
③威力 10400
コロッサス榴弾砲 H39M2 970
921.5
7200
7488
11 22m
22.9m
250m 65秒 4.5秒 25m ①重量 921.5
②爆発半径 22.9m
③威力 7488
アトラント榴弾砲※1 C-H39M3 1060
1007
11300
11752
5 25m
26m
500m 55秒 8秒 20m ①重量 1007
②爆発半径 26m
③威力 11752
ギガノト榴弾砲 H39M4 1080
1026
24000
25200
1 40m
42m
350m 58秒 8秒 0m ①重量 1026
②爆発半径 42m
③威力 25200
ネフィリム榴弾砲 H39M5 1060
1007
11000
11660
3 32m
33.9m
260m 55秒 4秒 15m ①重量 1007
②爆発半径 33.9m
③威力 11660
ナルムクトセ榴弾砲 H56M7 960
912
11300
12091
4 30m
32.1m
300m 40秒 4秒 10m ①重量 912
②爆発半径 32.1m
③威力 12091
タルラッピーキャノン ※2 983
931
6500
6825
13 半径23m
半径24.2m
250m 65秒 4.5秒 25m ①重量 931
②爆発半径 24.2
③威力 6825
※1イベント配布
※2コラボ武器
タイタン榴弾砲 コロッサス榴弾砲 ギガノト榴弾砲 ネフィリム榴弾砲 タルラッピーキャノン
H39M1 H39M2 H39M4 H39M5 -
©SEGA

タイタン榴弾砲

初期型。バランスタイプ。
チャージ10秒につき一発補充される。
爆風半径25mは強襲武器のmk5クラッカーや41手榴弾とほぼ同等。ブラスト相手のダメージソースとしては十分期待できる威力を秘めている。
着弾誤差15mはおおよそプラント半径となるのでプラント中央を狙えば全弾プラント内に収まる。
着弾時間5.5秒は被弾側が火柱を確認してから逃げる時間が十分あるので、一か所にまとめて落としても3発目以降はまず避けられるので注意しておこう。

榴弾砲の仕事としてよくセンサー破壊が挙げられるが、タイタンの場合センサー破壊にはおおよそ3発必要。
ギガノトと比べて爆風半径が小さい分高低差に弱いので、正確に狙っても除去できないことも多い。

弱点は発射間隔が長くて隙を長時間晒すことになること。
特に遊撃狙撃銃には恰好の的となるので必ず身を隠しておこう。

コロッサス榴弾砲

連射速度重視型。発射間隔が短くタイタンの倍近い速度で連射できる。
着弾4.5秒はMAPに映った相手の頭に落とせばそのまま当たる時間なので、相手の動きの予想がそれほどいらないのも魅力的。
威力7200半径22mと弾自体の火力もなかなか悪くない。
チャージ効率もよく1発当たり6秒かからずに補充できる。

反面、着弾誤差は無視できない大きさになっているので、敵撃破には運が絡む。
射撃体勢キャンセルを挟まずに広範囲爆撃する「削り用」と考えよう。
弱点である発射時の拘束はタイタンから変わらずあるので、その点も注意。

センサー破壊はタイタンと比べると射程減少、爆発半径縮小、着弾誤差悪化と適正は皆無。

アトラント榴弾砲

ファクトリーアウトレットイベントで入手可能なクラシックモデル。
徹底的に射程距離を延長した榴弾砲。その距離なんと500mで、マップ次第では自ベースから敵ベースを狙えることもあるほど。射程距離を表す円の中に偵察要請装置が収まるほど、と書けばイメージしやすいだろうか。
威力、リチャージも申し分ないが、斉射型を除く榴弾の中では弾数が少ない。
長射程でマップの好きなところにプレッシャーをかけることが出来るが反面外したときのリスクもでかい、ピーキーでテクニカルな武器。
射程圏外の敵に一方的に攻撃できるのみならず、前線から奇襲されかけてるプラントに叩き込むなどもできるなど、使い手の発想力次第では柔軟な運用が可能。
+自分を知れ……そんなオイシイ話が……あるとおもうのか?おまえのような★1に
上述したことだけならこの武器が「当たらんト」などと呼ばれる過去は無かったはずである。
問題は三点、能登と同じ着弾時間8秒、タイタンより少ない5発という装弾数、そして長すぎる射程を持ち余すこと。そして分かりやすい使い方がない。四点だ!
前二つの特徴こそがこの榴弾砲をかつてサワカスと並ぶ重火力産廃の双璧たらしめた主原因である「命中率の低さ」を生み出す。
着弾誤差0のギガノトですら高度な先読みを要した8秒というラグにさらに20mの着弾誤差が加わることでまず敵集団を狙うことが著しく困難になる。
加えて仮に読みが当たったとしても連射速度の低さ及び弾数の少なさから避けやすく、思ったような被害が出ないこともザラ。ネフィリム・ギガノトのような極大プレッシャーもコロッサスのような集中爆撃も望めない、と中途半端な攻撃能力であることもアトラントの立ち位置の難しさに拍車をかけている。ついでに言えばタイタンもこと攻撃能力だけなら発射数が一発多い分コレの上である。
そして、長すぎる射程を有効活用しづらいことも難点。というかコレ積んでんのは前線特攻上等な重火力兵装であり、榴弾砲のターゲットは遠距離の掃除よりも近場のプラント制圧であることが多い。
そもそも大体の場合前線へ火力投射を行うためにはリスポーン位置などを考慮しても大抵の場合300mもあれば十分だろう。
そして、前線に移動するまでの間に榴弾を撃つ、と考えればもう少し射程は短くても問題ない。
……ということで敵陣の設置武器やセンサー類を焼き払うためには精度と範囲のギガノトに、近距離で榴弾の雨を降らせるなら数と速度のコロッサスに、対応力を上げたいなら弾着速度に勝るネフィリムやバランス型のタイタンにそれぞれ喰われてる、といった印象が否めない。
つまり長距離から敵ベースの施設を破壊する、というのが結局の所アトラントに残された分かりやすい生命線であり、それすらも着弾誤差のため結構な時間がかかるうえに、わざわざ前線に圧をかけられる榴弾砲の高火力を回してまで行う仕事ではない。
しかも一番コレを望んで居るであろう軽量凸蛇にはT30という相棒がいる始末。
特化したところを間違えたばかりに迷走した悲劇の榴弾砲、というのがアトラントの本質だと言える。

 とはいえ長射程が強力なのは事実であるため、極端に範囲の広いマップや前線が二カ所に別れるようなマップでは存分に実力を発揮できるだろう。
着弾誤差はそのまま面制圧に繋がり、8秒の着弾ラグも考えようによっては遅延攻撃として「置き」ができる、とも。
また、着弾時間が長い関係か、ギガノトと同じく火柱エフェクトよりも早く落下音が鳴るという仕様持ちの武器である。
味方重火と一緒に榴弾砲を発射して、しのいだと思った敵に無音の爆撃を食らわせるという芸当も出来なくはない。その運用だと長射程が何のためにあるのか分らなくなるが
使い手のセンスと愛が問われる、まさしく玄人向けの器用な逸品である。

同じくファクトリーアウトレットにて復活したエアバスターT30の存在がなかなかに目の上のタンコブ。400mという長射程を維持しつつも、こちらより2秒短い着弾時間と10m狭い着弾誤差、10m程広い爆発半径と当てやすさでは完全にあちらの後塵を拝し、そして積み替えれば370の軽量化とアセンへの負担も軽減される。
しかし、あちらを単発威力では3000強、射程では100m無意味に上回るほか、T30は2発しか撃てない仕様なのも相まってうまく扱えたときの封鎖能力ではアトラントに軍配が上がる。また、今流行のトラッカーやなんだかんだで堅いNDセンサーは地上設置タイプなので、空中爆発してダメージが満額入らなず、弾数も少ないT30より少ない手間でぶっ壊せる。逆に、変なとこに貼っ付いていることが多くやや脆い通常センサーやVセンサーの破壊は爆風が広く、狙った箇所に落としやすいT30向けの仕事だろう。
総括すれば、主に破壊工作用のT30、特殊用途にも転用可能な長射程榴弾砲のアトラント、といった棲み分けか。

ギガノト榴弾砲

一撃の重さを追求した1発打ち切りタイプ。通称「能登」
威力と爆発半径と射程と着弾誤差が最良だが、重量と発射数と着弾時間が最悪という極端な性能。
その破壊力は着弾時の爆風エフェクトにも反映されており、他の榴弾砲よりも迫力満点な仕様となっている。
8秒後の敵の位置を正確に予測できれば敵を一網打尽にできる。

着弾地点の火柱エフェクトが出るのは着弾2秒前からなので、火柱発生の瞬間を見逃さずブースト容量も十分といったケースでもない限り、見てから避けるのはほぼ不可能。
一応火柱が表示される前にギガノト独特のタイミングで落下音(聞こえてから3.5秒程で着弾する)が聞こえるので、その段階で逃げださなければまず大破する。
上手いこと敵集団のど真ん中にて炸裂した際に出る大量の撃破表示は圧巻である。
降り頻るコロッサスやネフェリムの中にギガノトが混ざっていた場合、回避するのは困難。更に落下音が着弾まで鳴り続ける仕様ではない為に、移動や戦闘中に聞き逃したり鳴った後に範囲内に入って被弾するという事態が多発しやすい為、もしAC版BBで慣れていても警戒が必要である。

射程距離に優れ着弾誤差も無いため、「重火はセンサー破壊の時にしか乗らない」という場合も選択肢になる。

また特殊な使い方として天井の低い屋内で自機と共に周囲の敵を道連れに吹き飛ばす最終奥義「通称 プランG」がある。
表示される警告表示を無視して放ち、炸裂と共に砕け散る自機、自爆上等の特攻戦法である。

……が、メリットよりもデメリットの危険性が殆どであり。
敵を二機以上巻き込まなければ自爆によるマイナスで赤字、構えてから撃つまでに撃破されるパターンや最悪遮蔽物が邪魔をして一機も落とせずに無惨に自機だけ大破(おまけに貢献マイナス)と大赤字な展開も。
更に言えば多用すれば警告文が届き、故意的な自爆と味方に見られる場合もある。

ギガノト/SCV

2020年5月11日~18日に開催された「大攻防戦ラリーイベント」で
累計EP18000を達成することで入手可能であった、ギガノト榴弾砲の武器スキン。
オリジナルのギガノト榴弾砲の緑色の部分が黒色に、砲身の黄色いラインが赤色に変更される等している。
http://ps4.borderbreak.com/news/W7Lh4Zyp7AuU
このスキンのゲーム内説明文については、ハイドラ同様やけに中二病チックな異色のものとなっている。デヒテラとゼノビアで一本ずつ監修したのかもしれない

オリジナルのギガノト榴弾砲を所持していないと使用不可で、
性能や強化段階はオリジナルのものが直接適用される。

ネフィリム榴弾砲

一度で3発を撃ち切る特殊な榴弾砲。
着弾時間が榴弾砲最速の4秒であり、かつ一発一発の榴弾の性能も高い。
(一発当たりの数値としては爆発半径が7m拡大した41型強化手榴弾といったところ。)
タイタンやコロッサスは一発ずつ順番に着弾するので二発目以降を避けられてしまう可能性があるが、
ネフィリムはほぼ同時に三発着弾するので、瞬間的に広範囲のキルゾーンを形成することから、着弾範囲内に捉えた場合の撃破の可能性が高い。
1回撃ち切りで重火力特別装備では2番目に重いのが難点だが、前述した着弾時間等の特性から
「とりあえず今敵が居るところに撃てば撃破が取れる。」という点が魅力。
一度で撃ち切るため、砲撃体勢を長時間取らなくてよいのもGOOD
余談だが、3発は厳密には同時着弾ではない(個別に攻撃判定を持つ)ため、バリアユニットや特殊系チップで撃破を防ぐことは難しいので覚えておこう。

ナルムクトセ榴弾砲

2021/2/15に追加された★4武器の一つ。タイタンをネフィリム風に調整したような性能。榴弾の性能はネフィリムのそれより微強化されており威力も範囲も十分。着弾までも4秒とネフィリムと同じ系統最速で狙った相手に命中を見込める。だがネフィリムのような斉射ではなく、速くはあるものの射撃間隔がはっきりと認識出来る。そうなると瞬時広範囲のキルゾーンの形成が出来ず、系統最優の着弾範囲とそれなりに速い射撃間隔がかえって弱点となり3発4発とそのまま撃ち込むと1点に送る火力としては過剰となりやすい。なので着弾の速さを活かし細かく撃ち分けて火力を振り分ける砲撃センスが求められるテクニカルな運用が求められる。当然、何度も砲撃体制を取るとそれだけ動きが制限されるため、立ち回りも難しくなる。
なお、適度な着弾誤差と送れる火力密度、撃ちきりでない上に平均レベルのリチャージからギガノト以上にトラッカーを焼きやすい。重火力だけど凸支援をしたいと思うプレイヤーはこれを積んで発見次第トラッカーを焼き払う、なんて運用も視野に入れていいかもしれない。

タルラッピーキャノン

コロッサスのマイナーチェンジ版、威力を下げ弾数と爆発半径を上げている。
使い方はコロッサスに準じる。着弾誤差が大きく、これ単独で撃破をとれる威力もないため、
最前線プラントの敵側を狙い、プラントに爆発物を投げ込んでいる敵を牽制する用途が向いている。
味方に当たるとダメージこそないもののひるみが発生する。足が止まって敵の爆発物を回避できなくなる恐れがあるため、間違ってもプラント中心に撃ち込んではいけない。

+原作ネタ
ランチャー系武器のひとつであり、初出は「ファンタシースターポータブル2(PSPo2)」。
ラッピーとはファンタシースターシリーズにおけるマスコットキャラであり、その可愛さゆえに人気は高い。同時にネタにもされやすい。

ボダブレでは榴弾砲系統なので背中に背負って真上に発射し直上から降り注ぐが、PSO2ではランチャー系統なので両手で提げて前方に発射する。ラッピーが可哀想という声もちらほら。
ただし発射しているのはラッピーを模した弾であり、本当にラッピーを撃っているわけではないのでそこは安心してほしい。



エアバスター系統

撃ち出した砲弾が空中炸裂する榴弾砲。使い方は榴弾砲系統と全く同じ。
着地点にはキーンという甲高い音と専用の着弾予告が表示される。

榴弾砲系統と同じ使用感を持つこの系統の最大の特徴は、爆発高度が10メートル前後(アーケード準拠)に設定されていること。
着弾で爆発する榴弾砲系統と違い地形の凹凸に左右されずダメージを与えやすいという特徴がある。ボーダーブレイクの爆発に対する遮蔽の判定は非常にシビアなので、火力としての信頼性は大きく向上したと言える。
また地上数メートルに設置されることが多い敵センサーや自動砲台に対しても榴弾砲系統より安定して火力を発揮することができる。
さらに系統通して重量が榴弾砲系統よりも軽く設定されており、ブラストの足回りに優しくなっている。

欠点としては榴弾砲系統と比較して消費SPが重く弾数が少ないわりに一発あたりの火力が低めに設定されていることが挙げられる。
また上空で炸裂する仕様上、ほとんどの場合距離減衰が掛かってダメージが低くなりがち。位置の関係でまず間違いなく上半身ヒット扱いになるので、上半身が硬いブラスト(いわゆるゴリラアセン)相手だと、さらにダメージが落ちることになる。

総評として、榴弾砲系統と比べ重量、安定性とダメージをトレードしたような性能になっている。
エアバスター系統   効果:遠距離砲撃  属性:爆発100%
名称 型番 重量 威力 発射弾数 爆発半径 射程距離 チャージ 着弾時間 着弾誤差 性能強化
エアバスターT10 T10 740
703
9800
10192
4 28m
29.1m
350m 65秒 4.2秒 15m ①重量 703
②爆発半径 29.1m
③威力 10192
エアバスターT25 T25 920
874
14000
14560
1 45m
46.8m
260m 55秒 6.5秒 0m ①重量 874
②爆発半径 46.8m
③威力 14560
エアバスターT30 ※1 C-T30 690
655.5
8200
8528
2 34m
35.4m
400m 38秒 6秒 10m ①重量 655.5
②爆発半径 35.4m
③威力 8528
エアバスターXHR XHR 960
912
6800
7140
9 30m
31.5m
300m 75秒 6.5秒 30m ①重量 912
②爆発半径 31.5m
③威力 7140
エアバスターTSL TSL 1000
950
7800
8268
4 35m
37.1m
240m 46秒 5秒 20m ①重量 950
②爆発半径 37.1m
③威力 8268
※1 イベント配布
エアバスターT10 エアバスターT25 エアバスターXHR エアバスターTSL
T10 T25 XHR TSL
©SEGA

エアバスターT10

バリアユニット+10と非常に軽量仕様のエアバスター。
最速に迫る着弾時間4.2秒に加え威力10192と爆風が7メートル広がった41型強化手榴弾の空爆を重火力に与えたような兵器。射程が350メートルあるため開幕のプラント空爆から敵陣地奥に設置されたセンサーの破壊までマルチに活躍する。
SPを切らさないように運用するとすれば、榴弾砲系統と比べ総火力に不安の残る数値ではあるが、10秒強で射程350メートルの41空爆、必要次第でそれを最大4発連射と十分な火力を誇る。
☆1装備としては非常に優秀でマルチに活躍できる装備になっている。
最長射程とエアバスターの特性が相まって、複数撃てる榴弾の中で敵センサーを破壊するのに最も向いている。
これを積んでいる味方がいたら偵察機で敵のセンサーを積極的に照らすといいだろう。

榴弾砲で出来る事をしたいけど機動力を落としたくない、センサー破壊用に控えておきたいけど重火力を使い捨てにはしたくない……そんなボーダーの要求に応えてくれる装備である。
もちろんそういったつもりで積むのであれば、撃った後にはしっかり前線仕事をこなすように心がけたい。

AバスターT10/CV

ランクマッチシーズン8でランクA5を達成することで入手可能であった、エアバスターT10の武器スキン。
オリジナルのエアバスターT10の薄い赤色の部分が薄い緑色に変更されている。
http://ps4.borderbreak.com/news/1BzJZ3uBPPmy

オリジナルのエアバスターT10を所持していないと使用不可で、
性能や強化段階はオリジナルのものが直接適用される。

エアバスターT25

威力重視の単発打ち切り型。エア能登
エアバスター版のギガノトと言える存在だが、重量的にはタイタンが最も近い。
爆発半径は45mの超高範囲となっているので、罠をはじめとした設置物除去に関しては大得意。
着弾地点が多少ズレてもセンサーを除去できるのが嬉しい。
しかし、戦闘面では威力の関係で、N-def持ちの標準ブラストは着弾地点直下でも撃破が出来ない。
一発打ち切りなので複数発撃ち込んで安定化を図るといったことも不可能。
射程距離が260mと短いくせに、着弾迄の時間が長いというのも気になるところ。
MAPに敵センサーが映っていても、いざ撃ち込もうとしたら届かないということもしばしば。
ギガノトの代替品というより、継戦能力を捨ててダメージの安定化を図ったタイタンといった印象を受ける。

エアバスターT30

ファクトリーアウトレットイベントで入手可能なクラシックモデル。
重量やリチャージ速度など、取り回しの良さを限界まで追求した榴弾砲系の武器の中でも特に異色の存在。
特に重量は全バリアユニットよりも軽く、重火力兵装特有の広範囲への制圧力を持ちつつも他兵装からの乗り換えも無理がないというアセンが可能になる。
エアバスター系統最終段だったアーケード時代と比較しても、基本スペックはほぼ変わらないまま完凸時の威力は300ほど底上げされているので、同じような感覚で使用していけるだろう。

ただ軽いだけではなく、あの当たらんとアトラントに次ぐ超長射程も維持しつつ着弾誤差も10m、爆風範囲も標準値に収まっている。
更にリチャージも撃ち切りから38秒でこれまた榴弾砲系統ひっくるめて最速。着弾時間も特別遅いわけではない。

……と、ここまで見ていれば激ヤバ性能に見えるのだが、そんな美味しい話はなく、SPフルから発射できる弾はたったの2発。
更に、連射しようとしても発射間隔はT10程度の遅さなので、一発が同程度の威力のコロッサスやXHRのような波状攻撃も出来なければ、ネフィリムやTSLのような絨毯爆撃もできない。
こうなってくると着弾時間の6秒がネックになり、爆速のリチャージがあったところで戦場に与えられる影響力もガクッと落ちてしまう。

では完全に重量調整用の武器なのか?と言われるとそうでもない。
超長射程+低誤差+エアバスター系統の空中発破による広範囲ダメージ……そう、敵センサーの狩人となりうるのだ。
前線の味方偵察がなくとも、とりあえずテンプレ位置に一発ずつ落としてヒットマークを確認するだけでもよし、マップで視認してから確実に破壊してもよし。
特に、今流行のトラッカー系統は大きく迂回しなければいけないエリア外や通常では絶対に届かない屋根のなど上に置かれていることが多く、格好の餌となる。

更に、2発しかない弾数も、実は1射につきSPを約50%しか消費しないので、SP武器という特性を活かすと
①SPフルから1発撃つ
②一旦武器を持ち替えて一呼吸待つ
③SP50%+ミリ残りのSPで2発連射
とすることで、発射間隔は広いながらも合計3発をピンポイントで落とし続けるといった芸当も可能。
1発の威力の軽さも、見方を変えればギガノトやT25を分割しているようなもの、と捉えることも出来る。
精度と弾数を活かしてNDEFや最近流行りのエナバリを1射目で剥がしつつ、残りの2連射で中軽量の機体ならノックバックから撃破、あわよくば大破まで狙えるかもしれない。
ただし、これはあくまで擬似的な運用であり、それだけの用途であればネフィリムやTSLの方が間違いなく有効なので、選択肢の一つとして捉えておきたい。

もちろんSPを切らさなければリチャージは更に早くなるので、1発ずつこまめに撃ち分けてもいい。
敵のトイレタイムリペアポッドの時間を長時間邪魔したり、後衛のNDEFやエナバリを剥がしたりなど、前記の撃ち分けと合わせて他の榴弾砲系の武器にはない柔軟な動きが出来るだろう。

総合的に見て、少々クセはあるものの優秀な補助砲撃手段であり、アウトレット☆1とはいえ無視できない性能でまとまっている完成度の高い武器と言える。

エアバスターXHR

弾数重視のエアバスター版コロッサス。
爆発半径は30mと広いが、着弾誤差も30mに拡大してしまった。
着弾時間も6.5秒と長いため、コロッサス榴弾砲のように見えている激戦区に発射して撃破を取るのが難しい……というよりほぼ不可能。
代わりにカス当たりはものすごく簡単にできるようになっている。
似た性能ながらコロッサス榴弾砲と違い広い爆発半径と射程を生かした戦い方が求められる。
6.5秒後の敵の位置を予測して打ち込もう。発射弾数と広い爆風の関係で予想が多少外れたところで問題ない。
被害範囲と連射力の高さから使い所を誤ると味方のよろけを連発させ顰蹙(ヒンシュク)を買うことがあるので注意されたし。

エアバスターTSL

4発一斉射のエアバスター版ネフィリム。
エアバスター化に当たって重量とチャージ時間以外の殆どが悪化してしまったからか、代わりに装弾数が1発増えている。

ギガノトやネフィリムを超える超広範囲に安定したダメージゾーンを作れるので、設置物の除去や中古ブラストの作成能力が非常に高い。
リチャージも撃ち切りのSP武器としてはかなり早いので、高SP胴なら2射目が期待できる充填速度になっている。

弱点は射程がワースト1位の240mしかないこと。
出撃直後に撃とうとしても、お隣のプラントに砲撃するのが精一杯なので、せっかくの設置物除去能力が生かせないことが多々ある。
重量も未強化でピッタリ1000と、エアバスターらしからぬ重さになっているのが悩みどころ。

ちなみにうまくエリア移動や要請兵器の要請を使うと全弾撃ちきらずに砲撃を止めることができる。



NeLIS系統

2020年12月10日フィールドテスト開始、2020年12月14日実装。
強力な磁場制御ユニットを展開し、励起ニュードを照射する攻撃武器。Newd Lazer Irradiation System (ニュードレーザー照射システム)
要するにレーザービーム砲である。SEGAリリース作品繋がりで言えば「ライデンレーザー」でも通じるだろう。

装備選択して起動すると左右にアームを展開し、攻撃ボタンを押し続ける事で先端にある扇風機照射ユニットから視界の真正面にゲロビ極太ビームをぶっ放す。
装備を展開して前方へ放つという点では重装砲に似たところがあるが、重装砲は装備選択中は常にカメラ操作感度が鈍くなるのに対し、NeLISの場合は構えているだけなら通常時と変わらずスムーズにカメラを振れる一方で、空転を含む照射中は重装砲以上に感度が鈍り視点移動はほぼ出来なくなる。
「照射しながら視点を大きく動かして前方広範囲の敵をまとめてを薙ぎ払う」…なんてロマンあふれる芸当は不可能なので注意。一応、多少の微調整くらいなら出来る。

このビームは遊撃のFLR系統や重火力のPNC系統の弾丸と同様の特性があり、バリア、シールド、ブラストを貫通する。味方機に当てても誤射判定は無い。というよりアーケードだとこちらが先の実装なので先達中の先達である。
また、強襲のアークスピナー系統やフレアグレネード系統のように持続火力タイプの武器なので、接触時に固定ダメージが発生する。

その他、細かい特徴は以下の通り。
  • 系統全てが秒間9000を軽く超える超火力。その辺で隙を晒そうものならあっという間に焼き切られる
  • チャージのためか僅かながらガトリングのような空転時間がある。
    • 一度空転を始めると攻撃ボタンから指を離しても空転は止まらず、空転〜レーザーチョイ出しするまでは強制的に動作し続ける
  • 発射されるビームは自機から一直線の照射
  • 爆風判定がないため、ビームが直接当たらなければダメージは発生しない
  • ビームは障害物にぶつかると止まる。物陰に隠れての砲撃は基本的には出来ない
    • 武器装備位置の関係上、照射装置が自機の肩よりも高いので段差等で体を隠しながら照射する事は出来るが、咄嗟の状況では微調整が難しく、NeLIS本体を障害物に近付け過ぎるとビームの判定が吸われてしまう為、余り多用出来るテクニックではない
  • 照射装置は2個独立しており、自機から近い場所ではビームの間隔がブラスト1機分空いている
    • ビームが片方しか当たらず、カタログスペックの半分の火力しか出ないなんてことがザラにある
    • 175m先でビーム先端が交わるような軌道となるので、距離が離れるほど間隔は狭くなる。遠距離ならば両方のビームを当てることができる
  • ビームには250m/sの弾速が設定されている(4種共通)。レーザーというイメージがあるかもしれないが瞬着ではない
    • 射程限界の175m先に当たるのは射出開始から0.7秒後。遠くの動いている相手を狙う場合には先読みが必要となる
    • ビームが届くまでの時間差のぶん、目標にビームが照射可能な時間は短くなる。持久力のない後期モデルは特に遠方への攻撃は厳しい。

撃つ時のコツは、ボタンを押して発射されるまでの空転時間を感覚的に覚え、大まかに当たりを付けつつユニットを展開してボタンを押し、実際にレーザーが放たれるまでの空転時間内に微調整して照準を合わせる様にすると、幾分スムーズに狙える。
注意点として、照射ユニットを障害物で隠してしまうと隠れた部分からはレーザーは空撃ちとなり、せっかくのSPが無駄になってしまう。
側面や背後の壁などに密着した状態だとなりやすいので、立ち位置には気をつけること。

SP消費開始タイミングはややこしく、レーザー射出前の行動は
  1. 空転前、装備を構え展開中(SP消費無しだが、この時点でゲージ回復も止まる)
  2. 空転中、チャージ開始(ここからSPを消費する)
  3. 空転(チャージ)完了、レーザー発射
となっている。つまり、空転時間中もSPが消費され始めている。
弾速とも合わさって、実際にダメージを与えられる時間は最大使用時間よりも短い。特にTXP。カタログ詐欺では…?

射出後の硬直時間は長めの0.5秒。
他系統に比べると、ボタン入力から実際に武器変更するまでワンテンポ遅れる形となる。
レーザー装置の安全な終了に時間が掛かっているのかもしれない。

対人戦では使いこなせば圧倒的な戦果を得られるが生半可には使えない、ロマン砲に近いところがある。
砲撃タイプの特別装備でありながら、当てるには必ずお互いの射線が通る位置関係に棒立ちの自機を晒し、視界内に目標をしっかり捉える必要があるのが最大のネック。
加えて射程もイメージに反してサブマシンガンと同等程度という短さのため、激戦区への援護やECMによるジャミング効果中でもなければ基本的に発射を読まれやすい。
とどめに、爆風やよろけ判定が存在しないので、外せばノーダメージで自身が隙を晒すことになり、直撃させても範囲外に逃れられ逆襲される、なんて危険性が存在する。
また、爆風がないことから重装砲や迫撃連装砲のようにプラント突入前に設置物を焼く、といった使い方ができない。
NeLISを撃っていたら自分も的になってボコボコにされた、なんてことになっては本末転倒なので最大の打撃を与えられるようにうまく立ち回りたいところ。
簡単に当てられる固定目標に対しては非常に有効。リチャージ効率も良くうっかりこれを担いだ重火力がベース付近エリアにノーマークで近寄ろうものなら自動砲台もレーダーもコアもボロボロになっていることだろう。

ところで、このゲームには敵はどいつもこいつも隙だらけ、それどころか固定目標がたくさんあってNeLISの的に困らないバトルモードが有る。
そう、ユニオンバトルでこそこの武器は真に輝く。
射程距離こそ重装砲に劣るが、圧倒的火力に砲台破壊に適したニュード属性、誤射もなくリチャージ効率も良くおまけに軽めとユニオンバトルにおいて欠点がほぼない。
アーケードではこれの実装で文字通り世界を変えたと言っても良いユニオン大革命が起こり、それまではレアだった圧勝が激増。ほどなく戦場のあちこちでレーザーが乱れ飛ぶという凄い光景が当たり前のようになってしまった。
ただし吸収装置オーダーが少しだけ苦手。
両方のレーザーを当てようとすると真ん中の隙間に丁度入り込んでまったくダメージが入らない事が多々あるので、そこは素直に片方だけ当てていくのが無難である。
また、水面が障害物となってしまうため、水中に配置された吸収装置は攻撃可能範囲が非常に小さくなる。主武器または副武器を使おう。

アーケード版ではT3Vが最終モデルであったが、PS4版ではTXPが最上位モデルとなっている。
また、カタログスペック175m、実際の射程は185mと逆カタログ詐欺となっていたが、PS4版では修正されて射程175mとなっている。
感覚の修正が必要となるので注意されたし。
NeLIS系統   効果:照射  属性:ニュード100%  射程:175m
名称 型番 重量 連続使用 威力 射出径 チャージ 性能強化
NeLIS-T1 NS-T1 740
703
最大4.5秒 毎秒6900×2
=毎秒13800
毎秒7176×2
=毎秒14352
1.2m×2 42秒
39.9秒
(37秒)
(35.15秒)
①重量 703
②チャージ 39.9秒
③威力 毎秒7176×2
NeLIS-T2 NS-T2 790
750.5
最大8秒 毎秒4700×2
=毎秒9400
毎秒4935×2
=毎秒9870
1m×2 32秒
30.08秒
①重量 750.5
②チャージ 30.08秒
③威力 毎秒4935×2
NeLIS-T3V NS-T3V 810
769.5
最大1.8秒 毎秒7500×2
=毎秒15000
毎秒7950×2
=毎秒15900
1.2m×2 13秒
12.09秒
(11秒?)
(10.23秒?)
①重量 769.5
②チャージ 12.09秒
③威力 毎秒7950×2
NeLIS-TXP NS-TXP 860
817
最大2.5秒 毎秒9500×2
=毎秒19000
毎秒10165×2
=毎秒20330
1.5m×2 27秒
24.84秒
①重量 817
②チャージ 24.84秒
③威力 毎秒10165×2
※チャージ()内の値は非SP切れ時に100%回復するのに相当する時間
NeLIS-T1 NeLIS-T2 NeLIS-T3V NeLIS-TXP
NS-T1 NS-T2 NS-T3V NS-TXP
©SEGA
図鑑外性能(赤字は最大強化時の性能を表示)
名称 空転時間 最大射出時間 接触固定ダメージ スリップダメージ合計 合計ダメージ
0m 175m先
NeLIS-T1 0.3秒 最大4.3秒 2600?×2
2704?×2
29670×2
=59340
30857×2
=61714
24840×2
=49680
25834×2
=51668
×2
×2
NeLIS-T2 0.2秒 最大7.9秒 ×2
×2
37130×2
=74260
38987×2
=77974
33840×2
=67680
35532×2
=71064
×2
×2
NeLIS-T3V 0.2秒 最大1.7秒 2750?×2
2915?×2
12750×2
=25500
13515×2
=27030
7500×2
=15000
7950×2
=15900
×2
×2
NeLIS-TXP 0.5秒 最大2.1秒 3650?×2
3905?×2
19950×2
=39900
21347×2
=42694
13300×2
=26600
14231×2
=28462
×2
×2

NeLIS-T1

初期型ということで例によってバランス型。
星1ながら当然の権利のように3凸時点で秒間火力14352と高い火力を持ち、最大使用時間も4.5秒と系統では2番目に長い。
リチャージタイムこそ系統最低だが、それでも重火力の補助装備全体で見ればそれなりのリチャージ効率を持つ。
入門用としても適しているが、下記のように後続モデルが特定分野へあまりに振り切りすぎたスペックをしていることもあり、長く使っていけるポテンシャルも備えた良装備である。

総火力・秒間火力・照射時間の面で最もバランスが取れているため、ユニオンでも迷ったらこれを持っていけば何とかなるくらいにはポテンシャルは高い。
砲台破壊、プラント&ベース防衛、中枢破壊と幅広い活躍ができるため、手に入れたのであれば是非活用しよう。

NeLIS-T2

火力を落として照射時間を延長しリチャージ効率もアップというよくある2段階目。
8秒間という圧倒的な時間使用できるのは確かに優秀だが、秒間火力が10000を割ってしまったのが最大の欠点。また当たり判定も系統で最も狭い。

火力が下がりすぎて仕留めるために時間もかかるしその分だけ隙も増える。アーケード時代も含めて初登場時から2度も強化されているのに系統の強みを失いっぱなしなのはいただけない。
8秒使用できることを活かし、安全圏からのんびりと垂れ流す使い方ならそれなりに活用できるかもしれない。遠距離ならプラント占拠範囲程度の範囲を2往復させる事も不可能ではないので、視点変更によるレーザー薙ぎ払いを最もやりやすい装備ではある。
また、照射時間の長さから敢えて射線を見せつけ、狭い通路やカタパルトの着地点などある一点を封鎖するなんて芸当もできる。他モデルでは真似しづらいため、T2を積むならこのことを覚えておくと差別化できるだろう。

ユニオンにおいては火力の低さ故にプラント防衛が他機種に比べて苦手な上に、長い照射時間も隙を晒す時間が多いという弱点でもあるため系統内だと一番不得手。
もし使うのであれば上記の通り安全圏から垂れ流そう。T1よりチャージ効率が良いのである程度適当に使ってもSP切れに困らないのは良い点。

NeLIS-T3V

初期型の改修型である、回転率特化の3段階目。
照射時間が圧倒的に短く系統最低だが、その代わりに得たリチャージタイムが凄まじいまでに速く、なんと無凸時点で13秒。これを超えるリチャージタイムを持つ武器は実装当初のリペアカプセルγだけ。
使用するとSP完全使い切りだったカプセルγと異なりタイミングは少しシビアだが繰り返し使えるので実際のSP効率はカプセルγをも超えるだろう。
あまりにリチャージが早すぎて最早SP供給に優れた胴を使う必要がないレベル。

お化けレベルのSP効率に目を奪われがちだが火力もT1からしっかり上がって3凸で秒間15900になる。
加えて、空転時間もT1より短いため武器変更の早い腕を使えば咄嗟の照射もしやすい。
回転の高さと威力のおかげで小回りが効きやすく撃って離脱を繰り返しやすく、取り回しに優れたモデルと言える。

圧倒的回転率があるのでユニオンでは砲台破壊やコア攻撃であれば理論上凄まじい火力を叩き出せるが、一方で照射時間が短すぎてプラント戦はT2とは別方向で苦手。秒間火力こそT1より上だが照射時間の関係上強化機兵は焼ききれないのである。使い込み次第ではTXPをも超えるポテンシャルはあるが上級者向けの一品。

T1と3凸同士で比較すると重量+66.5、最大使用時間が2.7秒減少秒間火力1548アップ、リチャージ27.81秒減少という塩梅になる。
アーケードではこちらの方が下記のTXPより後の登場であり最終型だった。

NeLIS-TXP

秒間火力特化の最終型。
3凸で秒間火力20330という圧倒的な火力を誇り、フルクーガーⅠ型であれば半秒で蒸発、ガチガチに固めた重量級ですらギリギリ1秒持つかどうか、軽量機であれば掠めただけで致命傷という究極のロマン砲。
地味に当たり判定も他より広い。

代わりにT3Vほどではないが最大使用時間は2.5秒と短く、重量も系統で最も重い。
さらに空転時間も他と比べて非常に長い。このため当たり判定の広さの割に当てるのは意外と難しい。
また空転中のSP消費が16%もある。SPゲージが減っている状態から撃ってもレーザーが発射されずSP切れ、なんて事態も発生する。

幸いこちらもT3V程ではないが全特別装備中でも指折りのリチャージタイムがあるため撃って離脱は繰り返しやすい。
空転時間・系統の特性を考慮すると死角からのワンショットキル狙いをしながら戦うことになるだろう。
出来るならば先読みでレーザーを「置く」ことが出来ると更に戦果を得られる。

ユニオンにおいても、その圧倒的な秒間火力は装甲値だけは高い強化兵たちを焼き払うのにうってつけ。対コア・砲台に対しても高いダメージが出せるとまさに決戦兵器。強いて欠点を上げるなら照射時間の短さくらいである。
T1でも必要十分だが、特に対強化機兵を考えるならこちらの採用がオススメ。引ければだが

アーケードではこちらが3段階目。ただしT1,T2と比べて遅れての登場であり実装後はT3V追加まで圧倒的最終型として存在感を誇っていたのでこちらが最終型になっても特に違和感はないだろう。
また最終型ということで照射音が他と異なり独特。かなり甲高い音がするので近くにこれ持ちがいることにはすぐ気付くだろう。



UAD系統

2020年3月2日実装の自律攻撃装置(Unmanned Attack Device)。
手持ち式武器のため武器変更の時間がかかる。

装備するとカメラガンを持ち、背中に収納されている今川焼子機を自機の周りに展開・滞空させる
この状態で敵をレティクルに収め、攻撃ボタンを押すとビット子機が敵の頭上斜め上まで飛翔し弾丸を浴びせるというもの。早い話が攻撃版リペアユニットである。
行けよォ!ファングゥ!

子機はそれぞれ独立しており、攻撃ボタンを1回押すと1機が飛んでいく
そのため単騎に集中させたり、複数の敵にバラバラに飛ばしたり、時間差攻撃したり、多彩な攻撃が可能。
自動砲台などの施設も標的にできるが、コアは標的にできない設置物も無理
子機は飛翔中に当たり判定を持っており、標的頭上へ飛翔するまでの間に何らかの障害物にぶつかると戻ってきてしまう
子機は右→左→右→左と射出するので、射出時に射線が通っているか確認すること。

子機を飛ばすと、相手側ではMLRSにロックオンされたときのようにミョンミョンアラートが鳴る
子機による攻撃は爆風を伴い複数の敵にヒットするので、乱戦中の敵を狙うと高い効果を発揮する
レティクルが小さくロックオン判定が非常にシビアで、AIM力を必要としない装備と思わせておきながら高いAIM力を要求してくる点には要注意。
豆知識として、ロックオン先は胴部前方になり、飛んでいく最中に敵が向きを変えると子機も向きを変えて飛んでいくという仕様がある。そのためCL-バーサーカーで特殊攻撃中の強襲に飛ばした場合、グルグルと縦方向に回転(渦を描くように)しながら飛んでいくという妙な仕様があったりする。

その他、細かい特徴は以下の通り。
  • 迷彩、バリア、シールドに関係なくロックオン可能
  • 攻撃中に対象が行動不能/大破した場合、即座に攻撃をやめて戻ってくる
  • 射出さえしてしまえば、自機が行動不能になっても攻撃を継続する
  • 射出さえしてしまえば、武器を切り替えても攻撃を継続するため、一人コンビネーション攻撃が可能
  • 攻撃を開始した子機は移動しないため、物陰に入られると当たらなくなる
  • 子機は予測射撃を行わないため、高速移動されたり空中にいられると当たらなくなる
  • ロックオン可能距離、攻撃回数、SP消費割合はタイプによって変動する
ロックオン可能距離については頭部のロックオン性能に準じることはない。
杖A2(40m)だろうが飛天(110m)だろうがレモラならレモラの射出可能距離で射出できる。

また、SPゲージの消費条件は以下の通り。
  • 展開中に徐々に減少
  • 子機を射出
  • 射出した子機が弾丸を発射

展開・射出はさほど消費しないが、攻撃時の消費が馬鹿にならないのでSPが少ないときは飛ばしすぎないよう注意が必要。
展開中はSPが回復せず消費されていくので、使わないときはしまう癖をつけよう。
展開中のSP消費を最小に抑える・ダメージを少しでも上げるためにも、UAD射出→武器変更→主武器攻撃→武器変更→UAD射出→……という1人コンビネーションが有効(図鑑外性能の最大連続射出回数は武器変更なしの場合。武器変更を挟めば少しだけ射出可能回数が増える)
ちなみに構えている状態でリフトやリペア等の施設を使用すると、自動で収納されてSP回復が始まる。迷彩等と違って解除できずにSP切れ、とはならない。
なお、射出分のSPさえ残っていれば、子機の攻撃分のSPがなくなってしまっても全弾撃ち込んでくれる。

重火力特別装備において最軽量を誇る。
バリアを失うことにはなるが、機動力と攻撃力を重視したいときはこれを選ぶと良いだろう。

赤い流線型の重量型に載せると完全に総帥。ニュード武器で固めてロールプレイを楽しもう。

注意点としては、習熟したプレイヤーは直撃を避ける動きを知っていること。(具体的には真上にジャンプして「の」の字を描くようにスティックを入れる)
ヒット数の割にダメージが出ていないということもあるので注意。
そのためブースト量に余裕がある状態の敵機をただ狙っても火力を発揮することは難しい,味方機と交戦中や回避行動後のブーストに余裕のない敵を意識して狙っていこう。
酷い相手だとこちらに接近して巻き込んでくるので自爆にも気を付けようね。こう近づけば四方からの攻撃は無理だな!なおユニオンのジュスト君対策にもなる。覚えておいて損はない対処法。
代わりに、自動砲台やガンターレット、(PS4未実装の)ワフトローダーといった鈍重な相手・回避しない相手に対しては滅法強い。
榴弾のような派手さはなくとも、子機全機発射全弾命中でダメージ13000~18000ほどと、副武器を優に超える。さらにそれが十数秒おきに自動で弾補充してくれるため、片っ端から壊していける。

実際に相手にUADに狙われた場合だが地上ステップ連打及び高所からの自由落下での回避は絶対にNG。必ず手動のジャンプをすること。実戦ではタイミング良く地上ステップ1回→全力ダッシュジャンプ辺りが他の敵の攻撃も合わせて最もダメージを抑えやすいか。

フィールドテストの際にはMLG-メチェーリとSPL-プロミネンスがセットだったのだが、
一人コンビネーション攻撃という観点では空転時間のあるMLG及び直撃ダウンが狙えないSPL系列とこの系列の相性は良くはない。
最低でも即撃ち出来る主武器か、単発火力がある程度高い副武器を選ぶといいだろう。

完っ全にどうでもいい余談だが、アーケード版でUADが実装になったのは、エアバーストVer2.7、2012/2/28のことである。
偶然かどうかはさておき、8年越しに同じ時期での実装となった。
UAD-レモラ系統   効果:自動攻撃  属性:爆発50%ニュード50%
名称 型番 重量 連続使用 威力 爆発半径 有効射程 チャージ 性能強化
UAD-レモラ UAD-330 630
598.5
最大120秒 760×6
790×6
10m 120m 35秒
33.25秒
①重量 598.5
②チャージ 33.25秒
③威力 790×6
UAD-ケリブ UAD-440 650
617.5
最大100秒 450×10
472×10
9m 100m 20秒
18.8秒
①重量 617.5
②チャージ 18.8秒
③威力 472×10
UAD-ガレオス UAD-520 680
646
最大110秒 1540×4
1632×4
12m 140m 25秒
23.25秒
①重量 646
②チャージ 23.25秒
③威力 1632×4
UAD-レモラ UAD-ケリブ UAD-ガレオス
UAD-33D UAD-44D UAD-52D
©SEGA
図鑑外性能(赤字は最大強化時の性能を表示)
名称 1基あたりの合計火力 全基一斉射の合計火力 最大連続射出回数
UAD-レモラ 4560
4740
13680
14220
8回
UAD-ケリブ 4500
4720
18000
18880
8回
UAD-ガレオス 6160
6528
12320
13056
5回

UAD-レモラ

所謂バランス型、初期型、系統最軽量。ユニットは3基。
重火力特別装備で最も軽いので、アセンの幅がとても広い。

SPチャージ効率は系統ではもっとも悪いものの、実用上は必要十分な回転率と継戦能力を持っている優等生。
100m以上の有効射程を持つので、射撃補正が殆どない頭部でも遠距離戦を可能としてくれる。
1基あたりのカタログ上の秒間火力は主武器より低いぐらいだが、一旦ロックすれば物陰に隠れた敵にも最後までしっかり撃ち込んでくれるのが嬉しい。

上手くガス欠状態の敵機に3基一斉射が決まれば、それだけでN-defごと新品撃破が可能なダメージが与えられる。
バリアも簡単に剥げるのでリア重の天敵である。

実際に使ってみると敵が避けたり障害物で弾かれたりで、カタログ通りのダメージは出ないが、ここからさらに主武器、副武器との連携が加えられるのがUAD系統の強み。
とにかくポテンシャルは高いので、NT能力AIM力を鍛えて飛ばすべし。

ちなみに
レモラはアサヒ飲料がかつて販売していた大人向け炭酸飲料……ではなく
古代ギリシャで伝説に記されるカリグラのガレー船を押しとどめた怪魚の名前……でもなく
コバンザメの英名である。

UAD-ケリブ

手数重視の弾数特化型。ユニットは4基。
ユニット1基あたりが持つ火力を分割して、弾が沢山出るようにしたタイプ。
弾数の増加とともに連射速度も早くなっており、ユニット自体も1基追加されている。

ユニットが1基増えた分、撃ち分け、集中といった場面に応じた使い分けが容易なのが特徴。
チャージ速度が非常に早い(現状、重火力最速)ので、低SP胴との組み合わせでも実用十分な回転率で回していける。
ただし、1基あたりの消費SPはレモラと大差ないので、何も考えずに飛ばせるだけ射出するとあっという間にSPが枯渇してしまう。
構えているときだけでもゲージ管理を意識しておこう。

弾数と連射速度が増えたのでダメージが安定するかと思いきや、実際は威力、範囲低下の影響がカタログ以上に響いているので、相変わらず敵の回避行動に弱い
4基一斉射の火力は圧倒的ではあるのだが、強襲相手だと雀の涙のようなダメージしか入らないこともあり得る。
ユニット数を生かして射出タイミングをずらすなど、適時調整してやればいいのだが、そうなると今度は独特の照準合わせのせいで難易度が高くなりがち。

おまけに有効射程が系統最短なので、遠距離戦に使えないというのも困った所。
「敵がはっきり見えてるのにUADが飛んでくれない」といったストレスのたまるトラブルがありがち。

継戦能力と瞬間火力を兼ね備えたポテンシャルの高い武器ではあるが、その分考えることが増えてむしろ扱いが難しくなっている気がしないでもない。
時間あたりの火力(SPゲージ回復)量は系統どころか重火力特殊枠トップなので一度触れてみるといいだろう。

ちなみにケリブとは四つの顔と四つの翼を持つ智天使ケルビムさんのこと……ではなく
ピラニアを意味する英単語。……らしいのだが、どうにも確証がない。そもそもpiranhaって単語もあるし。ということで有識者ヨロシク
↑有識者によればスペイン語でピラニアのことだそうな。
群れをなして我先にと襲いかかっていく姿はたしかにそっくりである。

UAD-ガレオス

威力重視の単発特化型。ユニットは2基。
1射あたりの火力を増加させ,火力を集中させたモデル。
ちょうど斉射するとゲージの半分を使い切るので感覚的にSPゲージの管理がしやすくなっている。

特筆すべきは140mとなった射程、プラント内から1つ前のプラントを狙えるほどである。
ただし狙撃銃と違いスコープが付いているわけではないので、射程ギリギリの敵を狙う際は判定が極小であることに注意しよう。

全基一斉射の合計火力は系統内最低となってしまったが,威力、爆風が増加しているため火力の低下を感じさせない。
しかしながら、連射速度が大幅に低下しているうえ、ユニット数まで減っているせいで、UADの中では一番簡単に弾を避けられるというのが泣き所。
前向きに捉えれば、射撃時間の長さは「クロスファイアが容易」とも言えるので、主武器や味方との連携をきっちりと意識したい。回避の着地に対して副武器の爆発物をぶつけるのも非常に効果的。

ユニオンバトルにおいては、その射程によって高所に存在する敵砲台への攻撃に使われることもあったが、
コア火力にも優れるNeLIS系統の実装によって使われなくなってしまった。

ちなみにガレオスとは狩人の皆様にお馴染みの砂漠のアレ…ではもちろんなく
ギリシャ語で「鮫」の意。ヤモリザメ属の学名にも用いられる。まあ結局どれもこれも語源は同一だろう



バリアユニット系統

重装砲、榴弾とSPを使って攻撃する装備と違い、SPを使って防御する装備。
使用すると自機の回りに六角形を並べたような球(半球)状のフィールドを張り、敵の攻撃を防ぐことができる。
使用中は時間経過で徐々にSPが減り、敵の攻撃を受けることでダメージに応じてSPを大きく消費する。この点は遊撃のシールドと同じ(流石にあちらほど耐久性はないが)。
全体的に軽めな点も、重量がかさみがちな重火力兵装には嬉しいところ。

細かい特徴
  • 迷彩やリペアフィールドと同じく武器持ち替えをせずON/OFFできる。
  • デバフ効果(AN手榴弾やECMグレネード)も遮る。
  • 壁を抜けて当たりが判定される武器や、一部の貫通特性持ちの武器には効果が無く、直接ダメージを受ける(壁貫通は強襲の各種近接武器、貫通特性は遊撃のFLR-サリッサ系統)。また、水没ダメージやウーハイ産業港の火炎放射器のエリアダメージ、フレアグレネード等のエリアダメージを作る武器にも効果がない
  • 機体にダメージを受ける攻撃でのみSPを消費する
 ・例:敵AN手榴弾・味方の誤射はSP消費無しで遮る。自爆ダメージは消費して遮る。
  • 着弾判定はバリア表面。そのため、被弾判定事体はバリアを張っている方が大きく、爆発半径の小さいプラズマカノン・ネオ等も直撃しやすい。
  • N-DEFと違い、被弾の際ゲージを使い切ってもダメージが貫通することはない。例え残りSPが少なくとも、コングやネオ等を1発は耐えることができる。
  • β、γであれば、ヘヴィマインV等を踏んでも耐えられる。初期型は爆発箇所や視点次第。
  • 壁越しの爆発でもSPを消費する可能性がある(要検証)

主武器、副武器と充分な火力を持つ重火力兵装に「粘り強さ」を加えてくれる装備。耐久値の低いβでも軽量級機体並にはあり、初期型では重量級機体が突然目の前に割り込んでくる程度の耐久を持つ。
しかしながら、バリアの直径はブラストを横へ2機並べるよりもさらに巨大なため非常に被弾判定が大きい。
ブラスト本体の被弾判定であれば命中していないはずの攻撃も残さず受け止めてしまい余分なダメージが増加するので、ブラストと比較して数段激しく耐久力を消耗する
もちろん爆風に対しても当たり判定が爆心地により近くなるため受けるダメージが増加する。
現在、主流の武器はどれも秒間火力が5000以上はあるため、複数に囲まれると1秒持たずにバリアが消えるということも珍しくない。
どの兵装でも言えることだが、ボーダーブレイクは機体の防御性能に比して火力が高く、どんなに上手い人でも複数人同時に相手して無双できるようにはなっていない。
「突出しない、味方と足並みを揃える」「できるだけタイマンや味方の多い状況を作る」「見えている高火力武器はしっかり避ける」といった基本を身に着けてようやく、前述の「もう一機分の耐久値」が光る、というのは、常に念頭に置いておこう。
もちろん、避けられないと感じたら出し惜しみせずに使うことも忘れずに。
そしてこれを装備するということは重装砲や榴弾といった広範囲攻撃を捨てることに他ならないので、稼いだ数秒間で何ができるのかをよく考えてから採用するかどうか決めるとよい。
主武器、副武器で充分に相手を倒せる場合であれば、強力なバックアッパーになってくれるだろう。

加えて注意する点として、おそらく仕様と思われるが爆風によりブラストがダメージを受けた直後にバリアを展開した場合、ブラストとバリアの双方がダメージを受けるという重大な欠点が存在する。
この現象を起こすにはブラストがダメージを受けてから極めて短い間でバリアを展開する必要があるものの、人力での再現もそれほど難しくはない程度でありバリアの性質上爆発物を視認してから展開することも多いので実際の戦場でも十分に起こりうる。
過度に意識する必要は無いが、知っておいて損は無いだろう。

余談だが、こちらもリペアフィールドと同じく、展開時に多少のSP(ゲージ最大量の5%ほど)を消費するようにアーケード版から仕様変更されている。無意味な切り替えは極力避けたい。
その代わりか展開時間が初期型とβは10秒、γは20秒延長されている。
バリアユニット系統   効果:防弾
名称 型番 重量 連続使用 防弾範囲 耐久力 チャージ 性能強化
バリアユニット BRR-01 730
693.5
最大60秒 前方 最大13000
最大14040
55秒
52.5秒
①重量 693.5
②チャージ 52.5秒
③耐久力 最大14040
バリアユニットβ BRR-02 700
665
最大70秒 全方位 最大7500
最大8175
40秒
37.6秒
①重量 665
②チャージ 37.6秒
③耐久力 最大8175
バリアユニットγ BRR-03 740
703
最大50秒 全方位 最大10000
最大11000
45秒
41.85秒
①重量 703
②チャージ 41.85秒
③耐久力 最大11000
バリアユニット バリアユニットβ バリアユニットγ
BRR-01 BRR-02 BRR-03
©SEGA

バリアユニット

初期型であり系統で唯一防弾範囲が正面にしか存在していないモデル。
最低レアリティながらもその耐久力はおおよそ14000と最高の数値であり、これ以降のモデルは全方位防御特有の欠点が存在するため実質的な耐久力の差は数値以上であると言ってよい。

しかしながら後方からの攻撃には無力であり、多数の爆発物が投げ込まれるプラント戦等では自慢の耐久力を発揮できないことも多い。バリアの範囲は視点を中心にしているため、敵の位置をしっかり把握して、敵を正面に捕らえ続けながら戦おう。
とはいえ真横からの攻撃を防いでくれる程度までは判定が存在しているので極端に防御範囲が狭いというわけでもない。
どちらかといえば、軽~中量機よりも、多少の流れ弾や爆風のカス当たりを気にしない重量機向けの性能と言える。

1分近いチャージ時間の長さも気になるところではあるが、秒間あたりに回復する耐久力がトップであるため必ずしも欠点であるとはいいきれない。
SPゲージが十分に残っているうちは近接戦闘で積極的に銃弾を受け止め、残りわずかになった時点で強力な爆発攻撃を受け止めるというように効率的に耐久力を消費する立ち回りを心掛けていきたいところである。

ちなみに後ろから爆風を受けてもブラスト本体とバリアの両方にダメージが入るということは無いのでその点は安心して良い。

プレイヤーレベル12で支給されるため、フレームロットの引きに関わらずに入手でき、しかも☆1なので強化しやすいのが大きな強み。
それでいて上位モデルのβやγに勝っている部分もあるので、そのまま使い続けるのも十分選択肢に入れられる優良パーツである。

バリアユニットβ

防弾範囲が全方位になったおかげで後方からの攻撃にも対応したため、展開中であればブラスト本体には射撃武器が一切届かなくなっている。
特にAN手榴弾のようなダメージのないデバフ効果を持つ武器を完全にシャットアウトできるようになった点は大きい。
系統中最軽量であるため気楽に搭載できる点も見逃せない。

しかしながらその代償として耐久力が系統中最低の8000程度にまで低下しているため攻撃を受ければあっという間にバリアが消失してしまう。
加えて全方位型の欠点として横方向から攻撃を受けた場合、後方にそれた攻撃すら受け止めてしまうため無駄な被弾がより一層増えることになる。
これは初期型には存在しない欠点であり、数値以上に耐久力の差を感じる原因である。

チャージ時間も最速ではあるが時間当たりの耐久力回復は他2モデルに大きく劣っている。

総じて撃ち合いに向いたモデルとは言えず、AN手榴弾のようなデバフ攻撃や他モデルでも一撃で消し飛ぶ強力な攻撃をピンポイントで受け止め耐久力の差を補いリチャージの速さを生かす立ち回りが求められる装備と言える。

バリアユニットγ

バリアユニットβの性能を純粋に強化したような最終モデル。
全方位防御に加えて3凸で11000という高耐久力を両立しているので撃ち合いにもプラント戦にも対応したバランス型という立ち位置。
チャージ時間もそれなりに早く時間当たりの耐久力回復も初期型に微差で劣る程度と最高レアリティにふさわしい非常に優秀な装備である。

しかし初期型ほど撃ち合いに強いわけでもなく、高威力の爆発物が飛び交うプラント戦においてはβと同じく1~2発でバリアが消失してしまうことも頻繁に起るため、こうなってしまうとリチャージの差で耐久力の優位が一気に失われてしまう。
以上の理由からあくまでもバランス型であり、プレイスタイルによっては他モデルを採用した方が良い場合も存在するということは常に頭の片隅に置いておきたい。
敵行動不能機を覆うように展開する事で支援兵装のURデバイス系統による再始動を阻止できる利点があるが、前述の通りプレイスタイルによりけりである事は置いてほしい。

ちなみにアーケードでは展開範囲がβより広く耐久値も高い代わりに展開時間が滅茶苦茶短くリチャージも重いという装備で、展開範囲の広さもβなら吸わない攻撃もバリアで吸ってしまうというデメリットに近かったため、βを差し置いて使われることはまずない装備だった。
PS4版に実装されるにあたって展開範囲縮小、展開時間20秒増加、リチャージ20秒短縮耐久値1500減少という魔改造を受けており、重量と名前以外ほぼ別の装備に変わっている。



AiGIS系統

2019年8月26日に実装された重火第5の特別装備でPS4オリジナル装備。「AiGIS」は「Armor-indirect Gather Instantaneous System」の略称である。
遊撃のマグネタイザーのように装置を投げ地面に設置すると、装甲が強化されるフィールドを一定範囲に展開する。
このフィールド内に入ると画面中央にARMOR UPと青い文字で表示される。
効果範囲は円柱状のようだが、高さがないため天井や床を貫通させて効果を得ることはほぼできない。
(上方向のほうが若干範囲が広く、ブラスト1機分くらいまで効果を受けられる。下方向はおよそブラスト半機分)
壁越しであれば他のフィールド装備同様貫通して効果を得られる。
例によって設置物なので破壊可能。耐久力はSPフル時3万で統一されている。使用に伴って残りSPが減少すれば耐久力は下がる。

SPを使って防御する、という面ではバリアユニットと同じだが、こちらは直接的に防御するわけではなく、装甲そのものを強化する感じである。
被損傷倍率通りに、受けるダメージが減少する。
転倒判定にも有効なので、このフィールド内にいれば吹き飛ばされるような攻撃もよろけで済む。
他の防御系の装備では貫通してしまう近接属性にもダメージ減算が働くのも特徴と言えば特徴。
フィールド内の味方なら誰でも恩恵を受けられるので、プラント戦など人が集中する状況で輝くだろう。

ただし、設置物なので取り回しが非常に悪い。
咄嗟の戦闘になった場合、切り替え一つで一瞬で展開できるバリアユニットとは違い
構え>投てき>展開という動作が必要なため、大きな隙が生じてしまう。
遠投も出来ないので、乗り込む先にあらかじめ投げ込んでおく、といったことも出来ない。
さらには範囲内にいなければ効果がないので、一定範囲内でしか戦闘できず、敵の的になる可能性も高い。
いざ戦闘が始まると、設置物は爆風ダメージが地形を貫通して入るので、流れ弾のカス当たりを受けるだけで残り使用時間がガンガンと減っていく。
ダメージそのものもカットできるわけでは無いので、一部の高火力武器相手には一撃死を防げないのもネックになるだろう。

とはいえうまく物陰に設置したり壁越しにフィールドを貫通させたりすれば、その防御効果は高く
どっしりと構えたプラント攻撃や防衛、最前線の戦闘に使えるので、マップ次第では大いに役に立てるだろう。
バリアユニットに次いで軽い点も中・軽量重火には嬉しい点である。

Ver.3.00にて使用率が振るわなかったためか上方調整され、全機種被損傷倍率が0.1ずつ減少、効果半径が2m増加した。
それでも使用率が伸びなかったのか、Ver.3.05にて再度上方修正され、全機種連続使用時間+5秒、耐久力+10000の増加となった。特に耐久力の向上が大きく、戦闘に巻き込まれた程度では壊れないくらいの硬さを得た。
これにより激戦区に投入しやすくなった為、大攻防戦での重火力兵装が選ぶ選択肢の一つとして採用が見られるなど、以前より使い勝手は向上している。

AN手榴弾系統またはAN自動砲台による装甲低下とは打ち消しあうが、乗算ではなく加算による計算になっている
例えば、被損傷倍率が2.0倍のAN自動砲台と0.5倍のAiGIS-THVが重複した場合、2.0倍×0.5倍の1.0倍ではなく
+1.0倍と-0.5倍を合算した+0.5倍(最終的な倍率は1.5倍)となる。
AiGIS系統   効果:装甲上昇
名称 型番 重量 連続使用 被損傷倍率 効果範囲 チャージ 性能強化
AiGIS-T1 AG-T1 780
741
最大30秒
最大32.4秒
0.55倍 半径19m 25秒
23.75秒
①重量 741
②チャージ 23.75秒
③連続使用 最大32.4秒
AiGIS-T2W AG-T2W 760
722
最大35秒
最大38.15秒
0.6倍 半径23m 30秒
28.2秒
①重量 722
②チャージ 28.2秒
③連続使用 最大38.15秒
AiGIS-THV AG-THV 790
750.5
最大25秒
最大27.5秒
0.4倍 半径18m 20秒
18.6秒
①重量 750.5
②チャージ 18.6秒
③連続使用 最大27.5秒
+調整履歴
調整履歴

AiGIS-T1
  • 2020/04/09(ver3.00)
    • 被損傷倍率
      0.65倍 → 0.55倍
    • 効果範囲
      半径17m → 19m
  • 2020/11/17(ver3.05)
    • 耐久値
      20000 → 30000
    • 連続使用時間
      最大25秒 → 最大30秒
      最大27秒最大32.4秒
AiGIS-T2W
  • 2020/04/09(ver3.00)
    • 被損傷倍率
      0.7倍 → 0.6倍
    • 効果範囲
      半径21m → 23m
  • 2020/11/17(ver3.05)
    • 耐久値
      20000 → 30000
    • 連続使用時間
      最大30秒 → 最大35秒
      最大32.7秒最大38.15秒
AiGIS-THV
  • 2020/04/09(ver3.00)
    • 被損傷倍率
      0.5倍 → 0.4倍
    • 効果範囲
      半径16m → 18m
  • 2020/11/17(ver3.05)
    • 耐久値
      20000 → 30000
    • 連続使用時間
      最大20秒 → 最大25秒
      最大22秒最大27.5秒
AiGIS-T1 AiGIS-T2W AiGIS-THV
AG-T1 AG-T2W AG-THV
©SEGA

AiGIS-T1

初期型ということでいつもの通りバランス型。
全てのパラメーターが後続2モデルの中間というある意味潔い調整がされている。(完全な中間値というわけではない。)
バランス型と言っても、本系統の場合は後続2モデルがレア度分しっかり性能が向上しているので、本モデルはお試し用といったところ。

AiGIS-T2W

被損害倍率の性能を落とした代わりに効果範囲を広げたモデル。
被損害倍率は0.05しか落ちていないのに効果半径が4mも広がっているので割は良い。
おまけでチャージ時間が伸びた代わりに連続使用時間が伸びている。
破壊された場合、連続使用時間をあまり活かせない割にチャージ時間がしっかり掛かってしまう。あまり系統の特徴(破壊されやすい)とかみ合ってないと言う評価もあるため、設置場所には気をつけて欲しい。

AiGIS-THV

効果範囲を狭めた代わりに被損害倍率の性能を向上させたモデル。
効果半径は1mしか狭まっていないのに被損害倍率は0.15向上しているので割は良い。

ダメージを6割カットするため、効果範囲に入れば、クーガーⅠ型が3凸ロージーEVEよりも堅くなる。
現状では戦場であまり見かけないが、設置してもらえた時は非常に心強く感じるだろう。

おまけで連続使用時間が短くなった代わりにチャージ時間も短くなっているため、
敵の攻撃で消し飛ばされてもすぐ再使用できるためSP管理に気を使う必要性も低まった。

Ver3.05にて再度強化が施され、連続使用時間が25秒、耐久力が30000となった。特に耐久力の向上が大きく、激戦区に置いてもちょっと爆発に巻き込まれた程度では壊れない強度を得たことで、最前線での使用に耐え得る性能となった。
元々、設置するだけで強度が約2倍のガチムチBR集団を生成出来るため、範囲内であれば撃ち合いにおいて圧倒的なアドバンテージを得られる性能を持っていたこともあり、前線で集団vs集団をする重火乗りたちの注目を集めている。


+あくまで理論値の話だが......
損傷倍率0.4倍の効果はすさまじく、通常であれば食らうとほぼ撃破されてしまうエグゼクターの特殊切りも平均装甲B-程度あればよろけで済むようになり
それどころか3凸フルロージーEVEとチップを駆使することで、3凸エグゼクターの特殊切りを食らってもよろけすらしない圧倒的不動力を持つブラストが完成する。

頭:3凸EVE(43%)+装甲Ⅱ(3%)+装甲(2%)×2 =51%
胴:3凸EVE(43%)+装甲Ⅱ(3%)+重量機体強化(全身に1%) =47%
腕:3凸EVE(43%)+装甲Ⅱ(3%)+装甲(2%)×2 =51%
脚:3凸EVE(43%)+装甲Ⅱ(3%)+転倒耐性Ⅱ(よろけの閾値+600) =47%
(現在実装済みのチップで計算)

装甲平均は49%=軽減倍率は0.51倍
転倒耐性Ⅱの効果で近接攻撃によるよろけは3600ダメージ以上必要になる。
3凸エグゼクターの特殊切りは1撃だと13400ダメージなので

13400×0.4(THV効果)×0.51(装甲)=2733.6ダメージ となる。

特殊切りが2回とも当たっても4000以上耐久が残ってしまう。

ちなみに上記の機体構成であれば他兵装の高威力武器である
重火力の3凸ラベージパイクフルチャージ特殊、遊撃の3凸ブレイザー・ロアー全弾CS、支援の3凸ヘヴィマイン踏み抜きといった
聞くだけでコアゲージが減りそうな超高火力の攻撃を食らっても耐久フルの状態からであればN-DEF無しでも即死しない。
(それぞれダメージは 33600→6854.4、36225→7389.9、31800→6487.2)



最終更新:2021年04月15日 07:19