兵種別戦術指南:強襲兵装


兵装の特徴

プレイヤーが最初に触れる兵装にして全ての基本となる兵装。それが強襲兵装である。「全ての基本」の名に偽りなく、広域索敵や味方の回復といった特定の装備を必要とする役割以外ならほぼなんでもこなせるのが最大の強み。
強さを支えるのが機動力であり特別兵装のアサルトチャージャー(以下AC)と装備の軽さから機動力に回せる重量の多さがその根源となる。
主武器は取り回しがよく瞬間火力に優れる一方でマガジン火力は並みであり、1マガジンを撃ち切るのは早い傾向にあるので、上手くリロードを隠すのが重要となる。多くの場合相手より機動力に勝り、リロードも早い方なのでそう難しいことではない。総じて主武器の名に恥じない優秀な武器が揃っており、機動力を生かして主武器の性能を押し付けることが出来るようになればタイマンであれば他の兵装を蹂躙といっていいくらいに圧倒出来るようになる。
副武器は攻撃範囲と取り回しに優れ扱いやすい一方で一撃の火力、および総火力は他の兵装に比べ見劣りしやすい。副武器の名前の通りこれを主軸に据えて戦うのは難しいだろう。

役割と立ち回り

強襲は上述のように大体のことは出来るが、実戦において目指す役割は大別して以下の3つとなる。
  • 凸麻
強襲最大の武器である機動力を生かし、敵警戒線を突破して敵コアに攻撃を叩き込む役割。事実上のチームのアタッカーであり、その成否が勝敗に直結する最重要にして花形の役割となる。自身の実力が勝率にもっとも結びつきやすく、エース級の凸屋ともなれば一人で試合を左右しかねないくらいに勝敗に影響力をもつ役割となる。
  • 戦闘麻
強襲の武装と機動力を生かしていち早く戦線を展開し、相手の陣形を崩す役割。状況に応じた戦い方が出来る強みを生かして戦線を押し上げることが出来れば戦局を有利に持っていけるだろう。
  • 防衛麻
敵凸は基本的に強襲であり、その機動力に追いつけるのは強襲のみなので防衛も強襲の仕事。複雑な地形で追いかけっこになっても機動力を活かして先回りして処理する。被害をできるだけ小さくするのもそうだが、特に味方をできるだけ後方に回さないことがライン維持においても大事である。


アセンの都合でどれが得意になるかは決まるが、状況に応じてこれらをスイッチ出来るようにしておきたい。

総じて、全兵装中最も勝敗に直結する役割を担うことになる兵装であり、本兵装が少ないとそれだけ厳しい状況になっている、ということを理解しておきたい。
いずれにせよ、機動力を生かしてこその強襲なので、素直に相手の正面から仕掛けず、上手く側面や裏を突いていきたい。戦闘面では上述のように主武器の性能に優れた兵装なので副武器に頼った立ち回りではなく、主武器を中心にしてこそ強みが出る。また、補助武器は威力こそあるが、範囲が狭く隙も大きいため不意打ちや相手のミスがなければ当てるのは難しい上級者向けの装備である。威力の大きさから初心者ほぼつい頼ってしまいがちだが、お願いぶっぱで使うにはリスクとリターンがあっていないので、慣れないうちは存在そのものを忘れるくらいの気持ちの方が上手くいくだろう。
特殊武装は本兵装の強さを支える大黒柱なので倒されるのが前提の状況でないなら間違ってもSPを切らさないこと。

アセンについて

ここでは課金・無課金の区別はしません。もし持っていない装備を紹介された場合、ガチャで狙う際の目安にするくらいの気持ちで

上述の通り強襲の武器は機動力である。故に機動力の確保できるアセンが基本となる。ACがあるおかげで重量級でもある程度役割は果たせるが装備の軽さも考えると無駄が多くなりやすい。
脚パーツではダッシュ力が重要であり、可能な限り高いランクが望ましく、スネークに頼らない凸を狙うなら最低でもBは欲しいところである。この値は軽量脚であるならほぼ確実に達成、中量脚でも満たす脚はそれなりにある。強襲メインならAランクは確保すること。一部の軽量脚が必要となり、戦闘力も確保しようとすると弁当箱と揶揄されるくらにキツキツの重量となるため、他の兵装では確実に重量オーバーとなる。だが、幸いに強襲だけで大体のことは出来るので他の兵装はピンポイント投入、もしくは機動力低下を受け入れれば別に大きな問題にはならないだろう。割り切りも重要である。
胴体はまずブースト量を確保したい。ダッシュ回数が機動力に与える影響は高いのでこれが少ないとせっかくの機動力も活かしにくくなる。SPは立ち回り次第となる。使い切りと考えるなら思いっきり無視できるが、戦闘や防衛でしばしば使うならある程度は欲しいか。ブースト量とSPのバランスを考慮したうえで可能な限り装甲を増やすのが目的になる。
腕は頻繁なリロードに耐えるためにある程度高い値を確保するのがおススメ。その上で武器交換も高い方が立ち回りはしやすい。反動吸収はそこまで強烈な反動を持った武器がないのでテクニックでカバーできるならある程度無視できるだろう。
頭は索敵とロックのバランスの好みに合わせて、といったところか、DEF回復は自陣にいないことの多い凸屋中心なら気にする必要はないだろう。強襲同士の撃ち合いを考慮するとそれなりの装甲を確保したい。

いずれにせよ、欲しい性能を確保したら残りの重量は装甲に回すのがおススメ。装甲はいくらあっても困らない。

武器は主武器は手に馴染むものを選べばいいだろう。しかし、主武器での戦闘が中心になりやすい強襲は如何に相手の頭部への攻撃(以下CS)を狙えるかが強さに直結しやすいため攻撃精度は高い方が有利に働きやすい。手動連射や三点射武器の方が精度が高い傾向にあるが、それでAIMが乱れては元も子もないので馴染まないなら素直にフルオートのものを使おう。ある程度近づけば精度は十分誤魔化せるので立ち回りの工夫の方が重要。
自機の装甲が厚く、射撃補正や多少の反動吸収の差が無意味になる程の超接近戦を頻繁に挑むならDBR52-コブラ系統。中~遠距離で脚を止めてからの削りを多用し、主武器のみでのタイマン勝負よりも副武器からの追撃でトドメを刺して行く様な立ち回りならスムレラ投射長銃系統や電磁加速砲系統。
特に役割を固定しないバランス型の主武器を持ちたいなら速射機銃系統といった選択が一般的。
属性はどちらかと言えば実弾の方を選びたいところである。というのも凸時、道中で副武器を使い切ってしまった場合には主武器で攻撃せざるを得ないし、副武器があってもそのリロードの合間に使うので少ないチャンスでのリターンを増やすためにも実弾属性の方がいいだろう。主武器で十分なコア攻撃が出来るなら道中で副武器を使いやすくなり、成功率の向上も狙える。
副武器は現状、ほぼZR-ゲヴァルト一択と言わざるを得ない。重量はかさむが素直な弾道に適度な火力と範囲をもち、コア攻撃の効率も高いと非の打ちどころのない性能を持っている。地形や立ち回り、アセンの積載猶予等によっては41型手榴弾やその改にも出番があるが、皿落としや空爆、置きといったテクニックを駆使してこその性能であることは留意したい。
補助武器は好きなものを、と言いたいところであるが威力に対し重量の増加が激しいため、戦闘に耐えうるものを使おうとすればアセンは更に厳しいものとなるだろう。戦闘は主武器と副武器だけで問題ないのでいっそ補助武器のことは忘れてとにかく軽いもの、でも全然かまわない。そんななかCE-クトネシリカはキャンセルを利用したエンジンとしての活用が出来て、威力も十分なので凸との両立を考えた場合に第一候補となるだろう。しかし、やはり重いのでその分機体構成(特に装甲)にしわ寄せが来ることになる。
特殊はAC-オーバーラップかSC-マルチウェイが第一選択になる。ACは吹かした時点で他の兵装ではまず追いつけないので使用時間が最重要項目であり、それに優れているのがこの2つということである。また、胴体のSPが低く完全に使い切りと割り切るならAC-ディスタンスが、剣慣性中心ならSC-マルチウェイXが選択肢に入る。SC-マルチウェイⅡは稼働時の速度上昇がかなり控えめであるため、二本目のブースターゲージと割り切って使用するのが吉だろう。

おまけ

  • ブンブン丸
強襲の補助武器である格闘武器は見た目がかっこよく、上位のものなら威力も高いため一部のプレイヤーを惹きつけてやまない。そんな格闘武器を中心に立ち回り敵を切りまくるスタイルの通称がブンブン丸である。前述の通り格闘武器は威力こそあれ隙がそれ以上に大きいのでロマン狙いのお遊びプレイと言えるだろうが、狭く見通しの悪いプラントでは無視できない脅威となる。倒された側も「格闘武器で倒された」ということは印象に残りやすいのでプレッシャーをかける効果も期待できる。