資料

資料


ボーダーブレイク スタートガイドブック


サービス開始日である2018年8月2日に発売された書籍。
「スタートガイドブック」という名前から初心者向きかと思いきや、ダメージ軽減チップの正確な補正値やMVP判定のポイント計算式といった、中級者以上もちょっと気になる内容が載っている。

また、当時未実装だったボーダーの名前や入手可能チップのみならず、PS4版オリジナル武装であるスクラムバスター系統とスプーキー系統の画像とスペックシートまで載っていた。

本wiki設立初期から、なぜかセイバー系統のスペックシートが既に編集されていたが、おそらく本書をもとに記載されたものであったと思われる。


BORDER BREAK MATERIALS[2018]


PSO2コラボが中盤に差し掛かった2018年9月26日に発売された設定資料集。
内容はイラスト集+設定画集+1/1輝星プラモ企画特集といった感じ。

設定資料集ということもあって、スタートガイドブックほどのがっつリークはなかったが、
当時未実装だったスムレラ系統とFLR系統の名称及び画像が掲載されていた。

そのほかの(実質)未実装の内容だと、発売当時はまだ誰も達成していなかったデイリーミッション500回達成報酬の「ボーダー:ハティ/私服」のイラストと、マーナガルの輝星・破式が装備している武器の名称が掲載されている。

ちなみに本書によると、戦闘マップはモデルはアーケード版と同じだが実はPS4版で異なっている部分がある。
アーケード勢の諸兄は、どこが手を加えられているのかお気づきだろうか。

BORDER BREAK 10th Memorial Book


家庭版バージョン2.00アップデートから間もない2019年3月22日に発売された設定資料集。
「10th Memorial」なので、アーケード版の10周年を記念して発売されたものだが、PS4版も含めた網羅的な内容となっている。
内容は99%が機体・武器・キャラクター・マップのイラスト及び設定画で、残り1%がボーダーブレイクのアップデート等の年表及び対談である。
未実装情報の先行解禁はほぼなく、PS4版でフリーランスのガチロリオペレーター「カトレア」のイラストが掲載されている程度。

BORDER BREAK MUSIC COLLECTION


2019年4月28日開催の『エースボーダー頂上決戦』会場物販コーナーにて先行販売されたサウンドトラック。
ブックレットに青木盛治プロデューサーと、サウンドデザイナーの伊藤二三雄氏のコメントを掲載とのこと。
(発売当時の)PS4版オリジナルBGMはメムノスとナローレイ(とストーリーの会話シーン)くらいしかないので、スカービ等のアーケード版からあるBGMも収録されているが、
既存のBGMも視聴環境の変化(ゲーセン→家庭内)に合わせて再収録されているとのこと。

BORDER BREAK MUSIC COLLECTION TYPE-02


2019年8月31日開催の『10周年だヨ!ボダりな祭』・『ボダParty(BORDER BREAKアフターパーティー)』の各会場物販コーナーにて先行販売されたサウンドトラック。
ブックレットにプランナー松本謙介氏、サウンドデザイナー永田泰之氏のコメントを掲載予定とのこと。
PS4版オリジナル楽曲は、メインメニュー、データベース等とメタセコイア関係。

BORDER BREAK MUSIC COLLECTION TYPE-03


2020年4月28日発売のサウンドトラック第3弾。PS4版の新たな顔となるらしいジュスト君が早速ジャケットの顔になっている。
「ユニオンバトル」のほか、「大攻防戦」や新マップ「アルマイヤ大砂海」のバトルBGMなど18曲に加えて、
ボーダーブレイクサウンドチームによるアレンジVer.「Heatstroke ~Funky kota Mix~/remixed by Yasuyuki Nagata」、「叢濃・即妙≪真≫(むらご・そくみょう≪しん≫)/メタセコイア 生演奏アレンジ」の2曲を収録。

BORDER BREAK MUSIC COLLECTION TYPE-04


2020年8月31日発売のサウンドトラック第4弾。
「アルド・シャウラ」戦BGM、「マウナ・エレ溶岩流域」BGM、シナリオBGMなど18曲に加えて、
ボーダーブレイクサウンドチームによるアレンジVer.「Craftsmanship~Beat Rock Mix~/remixed by Fumio Ito」、「Brave Wind~Orchestral Mix~/remixed by Naoto Oike」の2曲を収録。
ブックレットでは『BORDER BREAK』シリーズのリードデザイナー村井里会とサウンドデザイナー尾池直人のコメントを掲載。

ビデオ会議用背景


2020年の新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワーク推奨につき配布されたビデオ会議用背景。
AC版稼働開始から10年を経て、当時は生徒・学生であったボーダーが今や社会人ということも多いと思われるので、
社風や規則が許せば使ってみるのもよいのではないだろうか。
最終更新:2020年08月22日 12:48