製造システム/装備利用サービス

パラメタル


パラメタルとは2019/06/27のアップデートVer.2.04で実装した「製造システム」に用いる資材。
主な入手経路は
  • 争奪戦報酬
  • デイリーミッション
  • ウィークリーミッション
  • イベント報酬

製造に必要なパラメタル数
★1武器・パーツ 300
★2武器・パーツ 500
★3武器・パーツ 1000
★3ロットチケット 2000
※★3ロットチケットは製造ではなく、ピックアップかチケット/利用権のページで購入できる。

余談だが
パラメタルのアイコンに使われている画像は、アーケード版で武器・機体パーツ購入に必要な鋼材系の素材アイテムの1つ「超剛性メタル」の画像である。
設定的にはブラストの装甲やフレームに利用されている素材で、ロージーEVEの金色のカラー塗装不可部分も超剛性メタル製。

製造システムについて


ver2.04の目玉として実装された新システム。本システムにより、今までフレームロットという不確実なガチャでしか入手できなかった武器・機体パーツに確実な入手方法が出来た
メニュー内の【ショップ】→【マーケット】から、新アイテム「パラメタル」を用いて好きなパーツを選んで開発できる。

注意点としては、既に入手済みの武器、機体パーツとの交換は出来ないので武装強化やマテピ入手には使えないという点である。
不確実なフレームロットの救済措置に実装されたシステムなので、装備入手を第一に考えて作られた仕様だろう。
つまり『製造→フレームロットで入手』の順で入手した場合マテピを節約できるが『フレームロットで入手→製造』は不可能となっている。入手前の装備で強化したいものがある場合は手持ちのパラメタル・マテリアルピース・ロットチケット、シードなどの資材と相談してどちらから手を付けるか決めるとよいだろう。

プレイヤーレベルで報酬として配布される武器・機体パーツはそもそも購入画面自体が無いので、最近始めた新規プレイヤーもダブりを気にせず安心して利用して欲しい。

ちなみに、製造可能になった武器・機体パーツは通常のフレームロットから取り除かれ
「第〇世代○○ロット」という形で独立するため、比較的容易に入手、強化できるようになっている。

なおメインメニューに戻るまでは購入したことはセーブされないので、
間違えた場合や考え直す場合は、メインメニューに戻らずにゲームを終了しよう。

製造追加履歴

2019年06月27日(木) 第1世代武器・機体
2019年09月09日(月) 第2世代機体
2019年10月21日(月) 第2世代武器
2020年02月17日(月) 第3世代機体
2020年03月30日(月) 第3世代武器
2020年07月06日(月) 第4世代機体
2020年08月24日(月) 第4世代武器
2020年11月02日(月) 第5世代機体
2020年12月14日(月) 第5世代武器
2021年04月19日(月) 第6世代機体

装備利用サービス

v3.05よりプレミアムサービスに追加された特典。
プレミアムサービス適用期間は特定世代の武器・パーツを最大強化状態で使用することができる。
期間終了時に所持していない武器パーツを装備していると初期装備に戻される。

このサービスで強化状態となったパーツと通常の強化は区別されており、表示が通常の強化時の黄色ではなく白となっている。
利用可能となる装備のマテリアルピースでの強化や還元は加入期間でも通常通り可能。
加入前から強化済みだった装備を還元すると表示は黄→白となる。
プレミアムサービスの加入期限が切れると、未所持の装備を使用していた場合は初期装備(装備欄の一番上)に戻るのは前述の通りだが、
期限が切れた後にプレミアムサービスに再び加入しても、使用していた未所持の装備に自動で戻るわけではないので要注意。
また機体パーツのチップスロットが加入期限の間のみ増えるような機体構成だった場合、
(例・未所持の機体パーツを使用していた場合、期限切れの際に装備されるクーガーⅠ型になった際にスロットが減った。
もしくは加入前から利用サービス対象の機体パーツを使用していたが、期限切れで強化段階が元に戻った際にスロットが減った。)
期限切れでスロット数が元に戻った際、増えたチップスロットで使用していたチップは外れ、
再加入でチップスロットが戻った際、チップスロットは未装備の状態となっているのでこちらにも注意。

装備利用追加履歴

2020年11月17日(火) 第1世代武器・機体
2020年12月28日(月) 第2世代武器・機体

世代別一覧

第1世代

武器

主武器 副武器 補助装備 特別装備
強襲兵装 サブマシンガン系統 クラッカー系統 グレートソード系統 アサルトチャージャー系統
速射機銃系統 手榴弾系統 クラッシュエッジ系統
重火力兵装 ウィーゼル機関銃系統 サワードロケット系統 AN手榴弾系統 重装砲系統
GAXガトリングガン系統 プラズマカノン系統 榴弾砲系統
遊撃兵装 レヴェラー系統 38式狙撃銃系統 偵察機系統 シールド発生装置系統
LMM-ジェミニ系統 ジャンプマイン系統 光学迷彩系統
支援兵装 スマックショット系統 ヘヴィマイン系統 索敵センサー系統 リペアユニット系統
ネイルガン系統 ホバーマイン系統 リペアフィールド系統

機体

中量型 重量型 軽量型
クーガーシリーズ ヘヴィガードシリーズ シュライクシリーズ
ツェーブラシリーズ ケーファーシリーズ
輝星シリーズ

第2世代

武器

主武器 副武器 補助装備 特別装備
強襲兵装 スムレラ投射長銃系統 グレネードランチャー系統 リヒトメッサー系統 SC-マルチウェイ系統
ヴォルペ突撃銃系統
重火力兵装 MLG-グラート系統 スクラムバスター系統 ECMグレネード系統 バリアユニット系統
スプレッドランチャー系統
遊撃兵装 マーゲイ系統 LZ-デイライト系統 セントリーガン系統
FLR-サリッサ系統
イーグルアイ系統
支援兵装 LSG-アヴローラ系統 指向性地雷系統 滞空索敵弾系統
FLAP系統 スプーキー系統

機体

中量型 重量型 軽量型
エンフォーサーシリーズ ロージーシリーズ セイバーシリーズ
ディスカスシリーズ ソリトンシリーズ

第3世代

武器

主武器 副武器 補助装備 特別装備
強襲兵装 電磁加速砲系統 チェインボム系統 ロングスピア系統
VOLT系統 ツィーゲルラケーテ系統
重火力兵装 LAC-グローム系統 DGランチャー系統 エアバスター系統
機関砲系統
ヴルカン系統
遊撃兵装 コヨーテ系統 バトルライフル系統 レーダーユニット系統 EUS系統
マグネタイザー系統
支援兵装 スケルツ系統 リモートボム系統 ND索敵センサー系統 リペアセントリー系統
リペアカプセル系統

機体

中量型 重量型 軽量型
E.D.G.シリーズ ランドバルクシリーズ ヴェクターシリーズ
迅牙シリーズ ジーシェンシリーズ

第4世代

武器

主武器 副武器 補助装備 特別装備
強襲兵装 掃射機銃系統 フレアグレネード系統 スラッシュグレイヴ系統
STAR系統 スパークロッド系統
重火力兵装 炸薬砲系統 チャージカノン系統 アームパイク系統 AiGIS系統
ブレイズランチャー系統
遊撃兵装 デュアルマシンガン系統 ブレイザーライフル系統 ワイバーン系統
スティッキーボム系統 エアロセントリー系統
支援兵装 CLS-ライオ系統 浮遊機雷系統 リペアショット系統
ハガード系統 デトネーター系統

機体

中量型 重量型 軽量型
雷花シリーズ ライノスシリーズ フォーミュラシリーズ
ザオレンシリーズ ヤクシャシリーズ

第5世代

武器

主武器 副武器 補助装備 特別装備
強襲兵装 DBR52-コブラ系統 ブラスターガン系統 ダブルクロー系統
SSG7-ゲイル系統 LE-ブリッツァー系統
重火力兵装 サーバル可変機関銃系統 MLRS系統 UAD-レモラ系統
ラプチャーカノン系統 迫撃連装砲系統
遊撃兵装 ハウンド系統 可変狙撃銃系統 スタングレネード系統
炸薬狙撃銃系統 リモートシューター系統
支援兵装 ASG-スイーパー系統 対装甲地雷系統 Vセンサー投射器系統 リペアポスト系統
ディスクシューター系統

機体

中量型 重量型 軽量型
グライフシリーズ ヤーデシリーズ アスラシリーズ
ネレイドシリーズ ヴァラーシリーズ

第6世代

武器

機体

中量型 重量型 軽量型
アスターシリーズ アイアンフォートシリーズ ガルムシリーズ
月影シリーズ

製造追加予定装備

最終更新:2021年04月19日 19:46