マップ

マップ


※アルファベット表記は、アーケード版でのプレイヤー間の慣例に倣って付していますが、順番はPS4版公式サイトの掲載順で振り直しています。
※マップ概要は暫定的にアーケード版のものをそのまま記載しています。(アーケード版ではGRF陣営とEUST陣営が争っているというのが大筋のストーリー。)

スカービ渓谷

晴天のAタイプ、曇り空で薄霧がかかっているBタイプに大別される。
地形的な変化は無い。
マップ中央上空を横切る橋状の岩は、榴弾砲の砲撃を妨害するので注意。

第3採掘島

GRF側の勢力圏内だったが放棄されていた島々にEUSTが乗り込んで来たので、GRFが再制圧しようと戦闘を開始。第3採掘島はその主戦場である。
青空晴れ渡るAタイプ、夕方の採掘島を舞台にしたBタイプに大別される。
地形的な変化は無い。
なお、2マップのみの実装となっている現在、夕暮れの戦火はランクマッチのみ、臨海決戦カジュアルマッチのみ。

旧ブロア市街地

かつては観光地として賑わっていた市街地が舞台。
薄曇りのAタイプ、晴天のBタイプに大別される。
地形的な変化は無い。

トラザ山岳基地

かつては「悪魔の山」と呼ばれた禁忌の地。
日中を舞台としたAタイプ(通称:昼トラザ)、
EUSTベース前のアーチ状岩盤やGRFベース前の橋梁が崩落し、河川が増水したBタイプ(通称:夜トラザ)に大別される。

研究都市メムノス

PS4版オリジナルマップその1。
クレアシオンの本拠地。

極地観測所セクター9

ロケット発射施設。発射台の移動路は高架になっており、下に入り込めるので、戦場が上下に分かれる。
移動発射台ありのAタイプ、なしのBタイプに大別され、タイプにより両軍のベース位置も変わる。
Aタイプでは、マップ左(東)のEUSTベース脇から右(西)のGRFベース手前へ、移動発射台に乗ったロケット(破壊不能)がマップ中央を移動し、発射される。これは、時間経過と共にゆっくり移動する巨大な障害物で、隠れる事が可能な構造になっている。

キニシュ砂岸

かつて世界有数のリゾート地として栄えたものの、海からのニュード汚染が進行したことで荒廃した南国の諸島。
GRFコアの位置により、東(右)側が戦場になっているAタイプ、西(左)側が戦場になっているBタイプがある。

放棄区画D51

急激な気候変動によって寒冷化し、放棄された大都市の跡。日本国内である。
吹雪で視界が悪く、中央北部ルートが雪に埋まり、中央南部ルートへの脇道が拓いているAタイプ、
逆に吹雪が治まり、中央北部ルートが拓かれて、中央南部ルートへの脇道が雪に埋まっているBタイプに大別される。


城塞都市バレリオ

緩やかな傾斜沿いに築かれた山岳都市。城砦内部にGRFベースが建築されており、さながらEUSTによる攻城戦の様相を呈する。
中央を縦断する水路は一定の時間間隔で増水・減水を繰り返す。予告の鐘の音があるので聞き逃さない事。
西側沿いの断崖は落下すると即自壊大破となるので注意。
青空の下、EUST側の城壁の通路・GRF側西南の城壁の門が開放、中央部東の高台が閉鎖、GRFベース東壁が塞がっているAタイプ。
曇天の下、EUST側の城壁の通路・GRF側西南の城壁の門が閉鎖、中央部東の高台が開放、GRFベース東壁に穴があるBタイプに大別される。

極洋基地ベルスク

北極海域におけるニュード採掘拠点としてEUSTが駐屯する、巨大な海上ドーム施設。
施設はエイオース片の落着により大きく損壊している。
積雪が少なく中央雪原が見通せるAタイプ、積雪が多く中央雪原等が埋まっているBタイプに大別される。

ナローレイ深地隙

PS4版オリジナルマップその2。2019年3月14日実装。

ホープサイド市街地

南米沿岸部の河口沿いの都市。
背景に見える超高層建築物は、第19号高層サイトである。
EUSTベースが内陸にあるAタイプ、沿岸部にあるBタイプに大別される。
PS4版では2019年3月25日実装。

ブラスト操練場

廃都市に作られた高度演習場。
スカッドバトル用のマップは、両軍のエリアが180度対称になっている。
アーケード版では「マグメル操練場」という名称だったが、ストーリー設定の変更に伴い名称変更されている。

ウーハイ産業港

漢字表記『武海産業港』。
各地で採掘したニュードが集積され、ニュードを加工・移送するための大型設備が密集しているEUSTの重要拠点。
夕焼けの下、ニュード用タンカーが北側埠頭に停泊しているAタイプ、
朝焼けの下、ニュード用タンカーが南側埠頭に停泊しているBタイプに大別される。

ネソス島実験ドーム

PS4版では2019年5月20日実装。
エイジェンが何らかの実験を行っていた島に所在する極秘施設。
実験が終了したのかは不明だが撤収した後であり、内部に存在するニュードを採掘すべく各陣営が接収している。
ボーダーブレイクヒストリカではソネス島に関する記述が存在する。
各ニュード採掘所(他のマップ)の地形・建物を模したエリアが六角形のセル状に区分けされており、何らかの演習を行っていたものとされている。
また、それらの入り口は2層構造で上部と下部に別れている。
マップによっては閉鎖されているセルと開放されているセルがあり、通過するセルが変わってくる。

ベネヴィス高原地帯

PS4版では2019年7月1日実装。
英国スコットランド北西部、ハイランド地方の高原地帯。
EUST側は崩れかけた古城があり、隠れる場所が多いが狭くて見つかりやすい。
GRF側は中央にひらべったい建造物があり、あちこちに丘が盛り上がっている。隠れる場所もあるが広くて見通しが良い。
コアの位置は変わらないが、南(下)側が戦場になっているAタイプ、北(上)側が戦場になっているBタイプがある。

第19号高層サイト

かつてGRFがエイオースとの物資・人員の中継連絡用に建設した高度数千mの超高層建造物。
外縁部だけでなく内側にも、柵のない開口部があり、転落したら大破する。
PS4版では2019年8月19日に実装。

ロンシャ深山

漢字表記「龍沙深山」。
霧が深い山間部に位置する、歴史を感じる建造物が立ち並ぶ集落。現在はGRFのニュード採掘基地として機能している。
PS4版では2019年9月9日に実装。

ブラスト機体試験場

2019年10月16日実装。スカッドバトル用の小型マップ。
ブラスト・ランナーのフィールドテスト兼訓練施設として建設されたマグメル所有の機体試験場。
マグメルは進化を続けるエイジェンに対抗するため、この機体試験場を利用して
『スカッドバトル』を開催し、団結力に秀でた特殊部隊の育成を進めようと計画する。
という設定であったためアーケード版では「マグメル機体試験場」という名称だったが、
ストーリー設定の変更に伴い名称変更されている。

マリナセドナ大雪山

2019年11月18日に実装。
米極北の山岳地帯にある観測所付近。マップ中央には氷穴地帯、右側には巨大ニュード結晶エリアがある。

アルマイヤ大砂海

2019年11月25日に実装。
プロデューサー曰く「PS4®版での新マップとしては、砂漠は初になります。」
(概要の追記待ち中)

エイオース内部禁域

2019年12月27日に実装。(サクラ大戦コラボと同時実装。)
ニュード、資源戦争、そしてボーダー、そのすべての元凶になった軌道ステーション、エイオースの内部。
戦場になっている部分では、地上並の空気・重力があるらしく、他の場所とBRの挙動は変わらない。
大気圏すら突破するツィタデル、宙域なのに常に上から降り注ぐ衛星砲など謎は多いが気にしないように。 (ユニオンバトルとエイオースのサテバンマップはPS4版未実装。)

マデルロンド大空洞

2020年1月6日に実装。
長年にわたる地下水の浸食作用によって形成され、現在ではGRFの大規模な基地化工事でニュード採掘場と化した大洞窟。
マップ形状がほぼ斜め一直線で日中のAタイプと、中央の大空洞内の水位が上昇し、EUSTベースがマップ北西側に移動・屋外の閉鎖部が変更によりマップ形状が横「く」の字で夕方のBタイプがある。