強襲兵装 主武器



サブマシンガン系統

ブラストが初期から装備している主武器系統。
傾向としては軽量で、リロード時間が短く、低反動。
反面射撃精度は悪く近距離~中距離でないと弾が命中しにくい。
1マガジンあたりの火力は十分にあるのだが、秒間火力が5000を超えるのが当たり前の昨今の環境だと威力不足が目立つ。
正面切ってゴリ押す、みたいな戦い方をしても勝てないので注意しよう。
腕部の反動吸収はそれほど必要ないが、有効射程を高めるためには頭部の射撃補正は気にしたい。
総じて「軽量機体で強襲兵装」という時に噛み合う武器である。
積載重量が余っている場合は、重量ぶん性能が高まっている速射機銃をまず検討するといいだろう。

余談だが
サブマシンガンの(ダメージが有効という意味での)射程は200m未満
ベース外から施設破壊を狙っても、射撃精度以前にそもそも弾が届かないという場合もあるので注意しよう。

サブマシンガン系統   属性:実弾100%   射程175m   ズーム倍率1.3倍
名称 型番 射撃
方式
重量 威力 装弾数 連射速度 射撃
精度
反動 リロード 性能強化
M90サブマシンガン M90 連射 140
133
320
333
60×15 780/min
811/min
E+ A- 1.4秒 ①重量 133
②連射速度 811/min
③威力 333
M91サブマシンガン M91 連射 150
142.5
300
312
78×14 850/min
884/min
E B+ 1.8秒 ①重量 142.5
②連射速度 884/min
③威力 312
M99サーペント M99 連射 160
152
350
368
62×15 780/min
819/min
C- B 1.6秒 ①重量 152
②連射速度 819/min
③威力 368
M92ヴァイパー M92V 連射 190
180.5
340
360
60×16 850/min
901/min
D B- 1.7秒 ①重量 180.5
②連射速度 901/min
③威力 360
M90サブマシンガン M91サブマシンガン M99サーペント M92ヴァイパー
M90 M91 M99 M92V
©SEGA

火力比較(下は最大強化)
名称 連続射撃時間 秒間火力 マガジン火力
M90サブマシンガン 4.61秒
4.43秒
4160
4501
19200
19980
M91サブマシンガン 5.50秒
5.29秒
4250
4596
23400
24336
M99サーペント 4.76秒
4.54秒
4550
5023
21700
22816
M92ヴァイパー 4.23秒
3.99秒
4816
5406
20400
21600

M90サブマシンガン

初期武器。他系統含む全兵装で最軽量の主武器(同重量にネイルガン)。
低精度から有効射程は近距離で、しゃがみ撃ちで中距離という程度。
麻主武器の中でも一番軽いが、その軽さに見合うだけの低火力しかないのがネック。
正面からの射撃戦になると大抵撃ち負ける。
また、射撃精度もすこぶる悪く、設置物の除去にも変に時間がかかることがある。
基本的に削りやミリ残り止め処理での活用が主になるであろう。

M91サブマシンガン

マガジン火力重視。
M90のマガジン火力を大きく引き上げたが、そのぶん精度・反動・リロードと取り回しについては悪化したモデル。
単発威力は落ちたが、連射速度が上がっているため秒間火力もわずかに上がっている。
実質的な使い方はM90とそう大差が無いので、リロード時間の差をどう見るかで選択するといいだろう。

M99サーペント

サーペントは“ヘビ(その中でも特に毒蛇・大蛇)”の意。
M90の秒間火力・マガジン火力共に十分底上げしたモデル。射撃反動はM91よりもさらに悪化したが、武器全体からみればまだまだマイルド。
精度も大きく上がっており、近距離での命中率や有効射程が強化されている優等生モデル。
3凸状態で互いに比較した場合にヴァイパーに劣る面が多いのは事実だが、強襲主武器でも3本の指に入る軽さ・☆2ゆえの強化しやすさ・汎用性の高さの3点を維持したハイバランスが魅力。
3凸状態ならば2凸未満のヴァイパーに秒間火力でも勝るので、ヴァイパーよりも他の武器・パーツを優先的に強化したいという場合は、軽量機体の主武器として十分選択肢に入るだろう。

M92ヴァイパー

ヴァイパーは“クサリヘビ”の意。日本に棲息するものならマムシやハブ。
M99の秒間火力を引き上げ、速射機銃系統並の秒間火力を手に入れたモデル。
カタログスペック上の話ではあるが、UK56と比較して重量が100以上軽いにもかかわらず装弾数以外は同等或いは勝っている
マガジン火力、精度、反動、リロードどれもM99に劣るが微差の程度で当然実用圏内。
軽量機体の運用では強力な相棒となるだろう。


速射機銃系統

ブラスト用の短銃身突撃小銃(カービンライフル)。
同じく実弾フルオートのサブマシンガン系統を重量ぶん高威力にしたような系統。
ただ、秒間火力&1マガジン火力の増加に伴って反動やリロードは悪化している。
腕部の反動吸収と頭部の射撃補正を高めるほどに扱いやすくなる&有効射程も伸びる。
強襲兵装は、よほど重たい近接武器を持たない限りは積載量が余りやすい。
中~重量級以上の機体を組み、かつ近接武器を主軸にした戦法を採らない場合は、
サブマシンガン系統よりもこちらをまず候補に挙げていいだろう。

余談だが
この武器もサブマシンガン同様有効射程が200m未満
もともと遠距離で使う武器ではないが、一応覚えておこう。

速射機銃系統   属性:実弾100%   射程175m   ズーム倍率1.5倍
名称 型番 射撃
方式
重量 威力 装弾数 連射速度 射撃
精度
反動 リロード 性能強化
UK56速射機銃 UK56 連射 320
304
340
354
66×14 840/min
874/min
D C 2.2秒 ①重量 304
②連射速度 874/min
③威力 354
UK56速射機銃・改 UK56C 連射 300
285
330
343
70×13 840/min
874/min
C- B 2.3秒 ①重量 285
②連射速度 874/min
③威力 343
UK57速射機銃・弐 UK57-2 連射 340
323
360
378
68×15 840/min
882/min
D- C- 2.6秒 ①重量 323
②連射速度 882/min
③威力 378
UK60速射機銃 UK60 連射 350
332.5
450
477
50×14 700/min
742/min
D+ D+ 2.4秒 ①重量 332.5
②連射速度 742/min
③威力 477
UK56速射機銃 UK56速射機銃・改 UK57速射機銃・弐 UK60速射機銃
UK56 UK56C UK57-2 UK60
©SEGA

火力比較(下は最大強化)
名称 連続射撃時間 秒間火力 マガジン火力
UK56速射機銃 4.71秒
4.53秒
4760
5156
22440
23364
UK56速射機銃・改 5.00秒
4.80秒
4620
4996
23100
25704
UK57速射機銃・弐 4.85秒
4.62秒
5040
5556
23120
25704
UK60速射機銃 4.28秒
4.04秒
5250
5898
22500
23850

UK56速射機銃

プレイヤーレベル4で支給される。
系統初期にして秒間火力・マガジン火力ともにハイスペック。UK56改とは好みの違い程度。
三回限界突破すれば初期状態のUK60並になるので、十分使っていける。

UK56速射機銃・改

わずかに秒間火力・マガジン火力を下げたが、軽くなり、精度&反動と扱いやすさを引き上げたモデル。
リロードが0.1秒延びているが、誤差の範囲。UK56とどちらを選ぶかは好みで。

UK57速射機銃・弐

UK56から精度と反動がわずかに悪化、リロードが悪化したが、秒間火力とマガジン火力を大きく引き上げた火力優先モデル。
安全なタイミングでリロードができる中級者以上ならUK56よりも高い戦果を出せるだろう。

UK60速射機銃

重火力兵装並みの秒間火力を実現しつつマガジン火力も必要十分という、極めて実戦的なハイスペックモデル。
反動は系統中最低だが、精度は系統内で二番目に良い。
リロードは改と弐の中間だが、UK56と0.2秒しか変わらないと言えばその通り。
☆3武器は限界突破時の性能の伸びがわずかに高いこともあり、高威力化&高速連射化の相乗効果を受けて3凸後は隙のない性能に。

DBR52-コブラ系統

2019年 11月21日実装。二連装のフルオート型アサルトライフルという他に類を見ない形状をしている。
Double Barrel RifleでDBRである。(初期型以外の説明文にもダブルバレルライフルという記載がある。)
純粋に火力を追求した実弾フルオートの武器系統。
そのせいか初期サブマシンガンと比べて重量3倍、反動4倍、リロード2倍というとんでもないじゃじゃ馬となっているが、その分の火力は折り紙付き。
系統すべてが20000を超えるマガジン火力と強襲主武器トップクラスの秒間火力を両立し撃ち合いに非常に強い。
とは言っても反動・精度ともに劣悪であるため、運用は必然的にインファイトになるだろう。
重支とスイッチで麻に乗る中〜重量級向きの主武器。

DBR52-コブラ系統  属性:実弾100%   射程175m
名称 型番 射撃
方式
重量 威力 装弾数 連射速度 射撃
精度
反動 リロード 性能強化
DBR52-コブラ DBR-52 連射 420
399
530
551
43×12 600/min
624/min
D- D+ 2.7秒 ①重量 399
②連射速度 624/min
③威力 551
DBR52-コブラC DBR-52C 連射 400
380
460
478
51×11 660/min
686/min
D- C- 2.4秒 ①重量 380
②連射速度 686/min
③威力 478
DBR69-ボアー DBR-69 連射 440
418
660
693
32×12 540/min
567/min
E+ D- 2.6秒 ①重量 418
②連射速度 567/min
③威力 693
DBR52-クレイト DBR-52K 連射 430
408.5
520
551
47×12 660/min
700/min
D- D 3秒 ①重量 408.5
②連射速度 700/min
③威力 551

DBR52-コブラ DBR52-コブラC DBR69-ボアー DBR52-クレイト
DBR-52 DBR-52C DBR-69 DBR-52K
©SEGA

火力比較(下は最大強化)
名称 連続射撃時間 秒間火力 マガジン火力
DBR52-コブラ 4.30秒
4.13秒
5300
5730
22790
23693
DBR52-コブラC 4.64秒
4.46秒
5060
5465
23460
24378
DBR69-ボアー 3.56秒
3.39秒
5940
6549
21120
22176
DBR52-クレイト 4.27秒
4.03秒
5720
6428
24440
25897

DBR52-コブラ

「新武器先行フィールドテスト」報酬として先行実装された双銃身型突撃銃の一段階目。サイコガンではない。
未強化でもDPS5300、マガジン火力22790を誇り、☆1としては破格ともいえるスペックを持ち、新たな時代の夜明けを感じさせる性能である。ヒューッ!
しかし反動、精度共に劣悪で、指切り(タップ撃ち)をしても中距離以遠の目標に当てるのは難しいだろう。
また重量420という重さはGAX-エレファントやブレイザー・ロアーなどにも匹敵し、特に脚の速さが強みの強襲ではアセンにも影響が出るレベルである。
☆1のレアリティで☆3のヴァイパーやUK60の性能に迫るというのはそれなりのデメリットがあるということだろう。
逆に言えば、重量に余裕さえあればマテピの大幅な節約が可能ということでもある。
この辺は個人の裁量次第、手持ちやアセンと照らし合わせたうえで取り扱うといいだろう。

DBR52-コブラC

系統内では威力以外の性能が高められており、扱いやすい位置づけにある2段階目のモデル。
重量を犠牲に☆1でありながら☆2のUK57を比較対象にできるほどの性能を持っている。
決して高性能な武器とは言えないが、強化や入手の難度を考えるとコスパは悪くないだろう。

系統内では最多となる装弾数と最速の基準リロード時間を生かし、中距離からでも積極的に手数を増やしたいプレイヤー向き。
普段は(積載重視の脚部で)別兵装を使うが、リスポーン時に敵機が自陣に入り込んでいた際は強襲兵装に乗り換え追い立てる!
と言うような場合には少しでも敵機を削ってベースで待つ味方や自動砲台にお願いすることになることも少ないくない。
サブマシンガンや速射機銃は届かないこともあるし、ヴォルペやSTARはクリック連打で狙いが甘くなるし、電磁加速砲は追いついて近距離戦になった際に使いにくいし、
VOLTは終盤に敵コアへ突っ込まなければならなくなった際に悲しみを背負うし、掃射機銃は射線が一瞬だけ開いても撃つことすら叶わないから困る…
という悩み多きボーダーもこれなら一安心。レア度が低く、とりあえず持たせておくために強化するのが負担ではないのもGOOD。

逆に普段から強襲兵装を使うプレイヤーは自然とクロスレンジの戦いが多くなるため、この武器である必要はまったくない。

DBR69-ボアー

系統内最高の秒間火力を有する3段階目。「ボアー」はニシキヘビの近縁種である大蛇。一般的にはボアと表記することが多い。
大蛇のイメージからか単発火力を引き上げたモデルとなり、DPS5940、マガジン21120、と未強化でも高い火力を誇る。
2度の強化(実弾速射でもOK)でアケ時代からのメガロの聖域「秒間6000・マガジン20000」のラインに手が届き、最大強化ともなれば、なんと速式クラスの火力を3秒強維持できる破壊の申し子と化す。
高められた威力に引き換え、精度、反動はともに最悪。
長めのリロードを補うための腕部では反動吸収がまるで足りず制御不能。良くも悪くも近距離高火力という一点でまとまっている。
重量に余裕さえあれば一度手に取ってみるといいだろう。

余談だが、多くの人が耳にしたことがあるだろう大蛇、オオアナコンダはボア科である。

DBR52-クレイト

クレイトとはコブラ科アマガサヘビ属の総称。黒い身体に黄色の縞模様や白の縞模様を持つ種がおり、どれも猛毒を持っている。
初期型を順当に強化したハイバランスモデル。無強化の時点で初期型3凸とほぼ同等のスペックを誇り、マガジン火力は系統内最大。
最大強化すると強襲版ダイナソアに早変わり。秒間火力こそボアーに微差で劣るものの、弾幕形成、反動、および精度の面で勝る。また系統内最速の連射速度は実弾速射チップと相性がいい。

しかしリロードに3秒を要し、大容量マガジンにかまけてバカスカ撃ち込んでいると一転してピンチに陥る可能性も高まる。ボアー同様、高リロード腕ではフルオートもあいまって反動制御が厳しくなるが、反動吸収の高い腕は大抵リロードに難がある。そこのジレンマをどう解消するかが、この銃を採用する最大の焦点だろう。
リコイルコントロールに長けたプレイヤーにはかなり馴染む武器らしく、実装初日から高いシェアを誇っている。

ヴォルペ突撃銃系統

2019年1月14日実装。3点バースト射撃を採用した普及型アサルトライフル。
カタログスペックを見る限り、重量・リロードでサブマシンガン系統と速射機銃系統の間に入るような性能をしており、単発火力と射撃精度で上回っている。
しかしカタログスペック通りの実力を発揮するためには、『三点射』という上記系統にない射撃方式を理解する必要がある。
簡単に言えば、射撃ボタンを押した際に弾丸が3発までしか発射されない仕様であり弾幕を形成するためには射撃が終わったタイミングを見計らってボタンを連打する『目押し』と呼ばれるスキルが必要である。今までフルオートしか使ってこなかった人は戸惑うかもしれない。
特に『AIM』と『回避』に専念することができるフルオートと違い、これに『正確な目押し』が加わることで撃ち合いでは操作難易度が上がってしまう。火力面の数字は悪くないものの、やはりそれを近距離戦で発揮するには慣れが大きく絡む。弾幕密度のおかげでスムレラ投射長銃系統ほど当てるのに苦労はないだろう。
3点射の目押しは人によっては使いづらいことこの上ないので、もし既に他兵装で3点射武器を持っているならガチャを回す前に握ってみよう。
因みに目押しのタイミングは系統一律で1秒間に4.3クリック
また、実弾速射チップも効果はあるが、それを発揮するには手動で連射のタイミングを早める必要があるため、火力増強を期待しての採用はあまりオススメしない。もし採用するつもりであれば、元々の理論火力を出しやすくするためのお守りくらいに思っておくのがちょうどいいだろう。(通常だと完全にピッタリのタイミングで目押ししなければいけない所が、ほんのコンマ秒ながら余裕が生まれる)

上記の通り、かなり扱いに苦労する武器ではあるが、メリットも決して少なくはない。
系統自体が200台と軽いので、理論上の火力が出せなくても重量比では十分な攻撃力がある。
セミオートの都合上、連射の多少の遅れが指切りと同じ働きをするため、フルオートより精度の悪化は少なく、水平方向へのブレも少ない。
なにより射程がサブマシンガンや速射機銃の倍の350m(アーケード版基準、未検証)ある。
強襲主武器でも遠距離戦ができるというのが、この系統の大きな魅力ではなかろうか。
サブマシンガンでは当てづらかった滞空索敵弾の破壊や、UKでは散ってしまっていた遠距離の味方への援護射撃など、精度や射程という強みの活用方法は意外にも多い。戦場全体をよく見渡してみよう。
ちなみに近距離ロックズーム倍率は一番大きな1.50(アーケード版基準、未検証)なので、近距離戦も決して苦手なわけではない。

この系統を語る上で欠かせないのは、やはりどれだけ使いこなせるか、という一点。
アーケード稼働初期のプレイヤーの中には、これを手に個人演習(PS4で言うトレーニング)に籠った人も少なくはない。
遠・近共に隙の無い攻めができるというのは、それだけの価値があるということでもあるので、手に入ったら是非練習してみて欲しい。
ヴォルペ突撃銃系統  属性:実弾100%   射程350m
名称 型番 射撃
方式
重量 威力 装弾数 連射速度 射撃
精度
反動 リロード 性能強化
ヴォルペ突撃銃 V16 3点射 240
228
380
395
57×10 810/min D+ C 2.2秒
2.02秒
①重量 228
②リロード 2.02秒
③威力 395
ヴォルペ突撃銃C V16C 3点射 230
218.5
370
385
60×11 810/min C+ B- 2.1秒
1.93秒
①重量 218.5
②リロード 1.93秒
③威力 385
ヴォルペ・スコーピオ V16S 3点射 260
247
410
431
54×11 810/min B C 2.1秒
1.91秒
①重量 247
②リロード 1.91秒
③威力 431
ヴォルペ・メガロ V16M 3点射 270
256.5
430
456
51×10 810/min C- D 2.2秒
1.98秒
①重量 256.5
②リロード 1.98
③威力 456
ヤスミノコフ5000SD 3点射 270
256.5
400
424
54×10 810/min B+ B- 1.9秒
1.71秒
①重量 256.5
②リロード 1.71秒
③威力 424
※コラボ武器
ヴォルペ突撃銃 ヴォルペ突撃銃C ヴォルペ・スコーピオ ヴォルペ・メガロ ヤスミノコフ5000SD
V16 V16C V16S V16M -
©SEGA

火力比較(下は最大強化、*は理論値)
名称 連続射撃時間* 秒間火力* マガジン火力
ヴォルペ突撃銃 4.22秒 5130
5333
21660
22515
ヴォルペ突撃銃C 4.44秒 4995
5198
22200
23100
ヴォルペ・スコーピオ 4.00秒 5535
5819
22140
23274
ヴォルペ・メガロ 3.78秒 5805
6156
21930
23256
ヤスミノコフ5000SD 4.00秒 5400
5724
21600
22896

ヴォルペ突撃銃

系統初期にして秒間火力5000・マガジン火力20000越えを果たしておりカタログスペックだけなら脅威。ただし三点射の仕様上どうしても最大効果は出ない。
目押しやサブマシンガンより強めの反動を手懐ければ☆1故の強化のしやすさもあって無課金勢の強力な相棒になってくれるだろう。

ヴォルペ突撃銃C

単発火力減少、弾数&精度強化・反動軽減と取り回し重視の調整をされたよくある2段階目。
秒間火力が5000を切っているので三点射と相まって火力不足が否めないが、強襲主武器とは思えない長射程を誇るので対BR戦はもちろん、対施設・対ガンタレ・カウンタースナイプなどを意識していこう。
余談だがアーケード版では系統唯一連射速度が違ったが、PS4版では統一されたためアーケードで愛用していた人は注意。

ヴォルペ・スコーピオ

スコーピオは"サソリ座"の意。”サソリ”だとスコーピオン(scorpion)なので注意。
初期ヴォルペから威力とリロードと精度を強化しUK60に匹敵する火力と速射機銃とは比べ物にならない有効射程を誇る。
特に精度向上の効果が著しく、ロックオン出来ない距離からでも狙いさえ正確なら敵の耐久をガリガリ削ることが出来る。
メガロとは威力をとるか射程をとるかで選んでいける。目押しがしっくり来たなら課金する価値は高い。

余談だが
アーケード初期からの古参人気武器。
「取り合えずM99サーペントかこれを入手するのが最初の目標」
というのが強襲初心者向けのアドバイスとしてよく言われていた。
現在は武器系統も増えたので必ずしもそうとは言えないのだが、それでも一定の評価が得られる堅実な武器であろう。
某有名プレイヤーの愛用していた武器でもあり「ヴォルペ最強神話」はこのあたりの影響が大きい。

ヴォルペ・メガロ

メガロは"大きいもの"の意。
説明通り新型徹甲弾を採用した結果、重火力主武器と互角の火力を手に入れた。
3凸すれば秒間火力6000とマガジン火力20000を両立したハイバランス武器と化す。
スムレラ刻とはマガジン火力、リロード、軽さと属性による対コア性能で勝り、反動と目押しの難易度と奪ノックバック性能で劣る。
系統全体に言えることだが、とにかく目押しができて初めてその真価を発揮する上級者向け武器なので、運良く手に入れたならとにかく練習あるのみだ。

ヤスミノコフ5000SD

PSO2コラボガチャ(期間限定)でのみ入手可能な、ヴォルペ突撃銃系統のコンパチ武器。
出撃画面等では巨大な銃に見えるが、重量はヴォルペ系統と同等である。

ヴォルペ系統より先に実装されていたので、以前は性能に独自性があり採用について一考の価値があったが、ヴォルペ系統の実装により厳しい立場に追いやられている。

具体的には、性能が近似するヴォルペ・スコーピオと比べると、秒間火力とマガジン火力を少し下げて重量も少し重くした代わりに射撃精度と反動が1ランクずつアップという、正直見劣りすると言わざるを得ない性能になってしまっている。
しかもレア度も1ランク上なので、入手難度・強化難度ともにスコーピオより高い。

スコーピオ以上の精度を求めるほど正確なCSができるか、外見や射撃音が気に入っているのなら本銃を選択する価値はあるだろう。

+原作ネタ
本家PSO2においてチャレンジクエスト・始動を踏破したプレイヤーに称号ともに報酬として与えられるアサルトライフル用武器迷彩(武器の外見を変えるアバターのようなもの)。
チャレンジクエストは普段のクエストと違って専用クラスのレベル1からスタートし、武器や防具、アイテムや必殺技に至るまで全て現地調達という知識と技量が求められる高難易度クエストであり、加えて称号報酬は1度しか手に入らないためなかなかのレアアイテムである。

ちなみに「ヤスミノコフ」という名称は前作PSO時代のデザイナー・保村(やすむら)氏からとっており、この5000SD以外にも様々な型番の実弾銃シリーズが実装されている。
ユーザーからは「ヤスミ」「ヤスミ○○(型番名)」の愛称で親しまれており、コアなファンも多い。

STAR系統


2019年10月21日実装。セミオート式の大口径アサルトライフル。「STAR」は「Single Trigger Assault Rifle」の略称である。通称「星」。
ヴォルペの派生のような銃であり、重量に対して高い非常に秒間火力と程よい継戦能力、速いリロード、総じて高めで長距離戦も可能な射程や精度と一見隙の無い高スペックな銃に見える。
この系統の最大の難点はセミオートであるため、3点射武器と同様に目押しが必須なこと。
ヴォルペ系統ほどシビアにタイミングを計る必要はないが、毎秒5~6.7連打を求められるため、射撃中はひたすらカチカチし続けなければならない
瞬間火力はこの連打精度に依存するため、連打に失敗すると火力がみるみる落ちていく。
また、単発火力は高めだがKBを取れるほどでは無いため、紫電のようなCS特化の疑似狙撃運用も不可能。
目押しに集中する余り、操作がおろそかになっては元も子もないため、まずは対CPU戦で連打間隔を体に覚えさせることから始めると良い。

参考までに、紫電は毎秒4連打、ヴォルペ系統は毎秒4.5連打である。

コントローラーの初期配置ボタンでは目押し難易度が激増するのでコントローラー派の人は操作しやすいボタン設定に変更しよう。
目押し速度は10と20が秒間5連打、10Cと30Fが秒間6.7連打が理論値。AC版で後者のモデルの理論値は秒間8連打だったが、PS4では連射速度が下がって前者のモデルと差が小さくなった。
取り扱いは少し楽になったが以前のレートに慣れている人は注意。
STAR系統  属性:実弾100%
名称 型番 射撃
方式
重量 威力 装弾数 連射速度 射撃
精度
反動 リロード 性能強化
STAR-10 SR-10 単射 250
237.5
1080
1123
18×10 300/min A- B- 1.9秒
1.75秒
①重量 237.5
②リロード 1.75秒
③威力 1123
STAR-10C SR-10C 単射 300
285
820
853
30×9 400/min C+ D+ 2.4秒
2.21秒
①重量 285
②リロード 2.21秒
③威力 853
STAR-20 SR-20 単射 280
266
1200
1260
15×11 300/min B+ C- 2秒
1.82秒
①重量 266
②リロード 1.82秒
③威力 1260
STAR-30F SR-30F 単射 320
304
940
996
19×11 400/min A B+ 1.9秒
1.71秒
①重量 304
②リロード 1.71秒
③威力 996

STAR-10 STAR-10C STAR-20 STAR-30F
SR-10 SR-10C SR-20 SR-30F
©SEGA
火力比較(下は最大強化、*は理論値)
名称 連続射撃時間* 秒間火力* マガジン火力 CSノックバック
STAR-10 3.60秒 5400
5615
19440
20214
D-以下
D以下
STAR-10C 4.5秒 5467
5687
24600
25590
不可
不可
STAR-20 3.00秒 6000
6300
18000
18900
C-以下
C以下
STAR-30F 2.85秒 6267
6640
17860
18924
不可
不可

STAR-10

05がリストラされて系統初期型に昇格した。
カタログスペック的には同じ系統初期型の電磁加速砲・壱式に近いが、あちらよりも軽く、リロードが速く、精度も良い。
一部の軽量頭部相手にはKBが取れる。

反動や精度が30Fの次に緩く、目押しに慣れればマイルドで扱いやすい武器になりうる。
初期型で有りながら実用圏内の秒間火力に高精度短リロード低反動となかなか強い。
しかしながら、運用には毎秒5連打という壁が存在する。
しっかり目押しできないとカタログ通りのスペックにはならないので、系統通して言えることだが目押しを正確にこなせなければこの銃を使用する意義は薄い。
慣れない内は巡航や精度を活かした中遠距離からのしゃがみ撃ちなどで少しでも目押しに集中できる環境を作り出して戦うのが良いだろう。

STAR-10C

単発火力を落として連射速度とマガジン火力を引き上げた「いつもの二段階目」……というわけでもなく、精度は低下、反動は増加している。
愛称は10C→ten Cという連想から天使。
高いマガジン火力は上位系統にもない強み。系統内で唯一マガジン火力が2万を大きく超える。
秒間火力は落ちていないどころかわずかながら上昇したため、初期型と変わらぬ火力の弾幕をより長時間張ることが出来る。
欠点は系統内最長となったリロード、激烈な反動に平凡になった精度。集弾性はともかく、遠方になるほど反動ブレの修正に時間が取られるので、長距離戦にあまり向いていない。
インファイト全振りに近い装備になったが、そのためにはやや秒間火力が物足りないか。
最大の特徴でもあり、最大の欠点とも言えるのが跳ね上がった連射速度。目押しはなんと怒濤の毎秒およそ6.7連打。これを最大4.5秒間継続出来なければ火力が著しく低下する。

AC版では上述の通り指を壊しに来る秒間8連打を要求したが、秒間火力、マガジン火力共に飛びぬけて高性能。
実装当時は「別に理論値出なくてもこれ強いよね?」という評判で人気だった。
PS4版ではレア度もあってか、その分未凸時火力は見る影もないほど低下している。
同重量帯の電磁加速砲との使い分けは、射撃方式の好みで。

STAR-20

☆10からさらなる単発火力増加を図った三段階目。
頭部CS時威力3000(3凸時3150)、装甲C-(C)までノックバック可。

理論秒間火力6000の壁を越え、強化することでダイナソアに並ぶ6300へと上昇する。
代わりに取り回しに関係する能力がすべてダウンしかなりのじゃじゃ馬になったため、系統内でも使い込みがモノを言う武器と言える。
初期から落ちたとはいえ精度は良い部類で、軽量頭部からのKBを狙うこともできる。

STAR-30F

星10と天使を足して二で割ったような系統最終のハイバランス型。
系統内で最も取り回しの良い性能をしており、低反動、高精度、高火力を併せ持つ。
代わりに最大性能を発揮するには毎秒およそ6.7連打+動き回る相手へのエイミング能力戦闘機動の最中に求められる。
一回でも連打が減ると☆20との火力逆転が起こる。
全体的に見ると相変わらずピーキーな装備であり、使いこなすには練習が必須。
その分しっかり扱えればポテンシャルは非常に高い。

天使共々アケ版から連射速度が下げられ、理論値を出しやすくはなっているが、秒間火力、リロード速度ともに低下している。
加えてマガジン火力は増加しているので、使用感は大分異なる。
また、アケ版では30"S"という名称であった。

電磁加速砲系統

2019年3月11日実装。いわゆるレールガン。
カタログスペックとして、高精度低反動で火力にも優れている系統になっている。
そのため高射撃補正頭部やしゃがみと組み合わせればかなり遠距離まで攻撃することが可能。
反面連射速度は速式を除いてかなり遅い。連射で押す武器を運用する際の撫でるようなAIMではなく、点で当てていく正確なAIMが求められる。
最大の特徴は実弾50%ニュード50%の攻撃属性。
弾にニュードコーティングを施しているため攻撃属性にニュードが混じる。
ニュードの影響で施設や乗り物の破壊に5%相当の補正が入るのが利点。
逆にコア攻撃は1割引きとなるが、秒間火力が高い武器ばかりなのでそれほど問題にする必要も無かったりする。
この手の折半属性武器は相手の属性防御チップの影響を半減できるものの、それ以上にチップで攻撃力を上げにくくなるというのが問題点となる。
ニュード威力上昇はもちろん、実弾速射チップも効果がきっちり半分になるので相性は非常に悪い。
見方を変えると、防御や強化チップの適用範囲が広いとも取れる。スズメの涙程度でも効果が入るなら良しとするかしないかはプレイヤー次第だ。

また、ニュード武器にありがちなダッシュ時や連射時の精度の悪化がこの武器にも微妙に見て取れる。
純ニュードのスムレラ系ほどではないが、頭の隅に止めておこう。

前段の壱式、参式は、そこそこの連射速度でマイルドな仕上がり。遠距離攻撃もしたいけどヴォルペもスムレラも極端でしっくりこない、というときは試してみたい性能になっている。
後段の紫電、速式は非常に癖が強く、ある程度慣れが必要な上級者向け。壱式、参式どちらとも全く別の使い味となるので、一度トレーニング等で使用感を確かめておくといい。
全体的にリロード時間がかなり長いため、標的を決めたらワンマガジンで決着をつけることを心がけること。混戦でダメージを撒くような運用には向いていない。

電磁加速砲系統  属性:実弾50%ニュード50%
名称 型番 射撃
方式
重量 威力 装弾数 連射速度 射撃
精度
反動 リロード 性能強化
電磁加速砲・壱式 EM201 連射 290
275.5
1080
1124
18×11 300/min B- A+ 2.5秒
2.3秒
①重量 275.5
②リロード2.3秒
③威力 1124
電磁加速砲・弐式※ C-EM202 3点射 300
285
1080
1124
18×11 300/min B A+ 2.6秒
2.39秒
①重量 285
②リロード2.39秒
③威力 1124
電磁加速砲・参式 EM203 連射 320
304
880
916
24×10 360/min B+ A+ 2.7秒
2.48秒
①重量 304
②リロード2.48秒
③威力 916
電磁加速砲・紫電 EM204S 単射 330
313.5
1580
1660
12×11 240/min A- A 3秒
2.73秒
①重量 313.5
②リロード2.73秒
③威力 1660
電磁加速砲・速式 EM205 連射 360
342
700
742
17×16 540/min B A 1.8秒
1.62秒
①重量 342
②リロード1.62秒
③威力 742
※イベント配布
電磁加速砲・壱式 電磁加速砲・弐式 電磁加速砲・参式 電磁加速砲・紫電 電磁加速砲・速式
EM201 EM202 EM203 EM204S EM205
©SEGA

火力比較
火力比較(下は最大強化、*は理論値)
名称 連続射撃時間 秒間火力 マガジン火力 CSノックバック
電磁加速砲・壱式 3.60秒 5400
5620
19440
20232
D-以下
D以下
電磁加速砲・弐式 3.60秒* 5400*
5620*
19440
20232
D-以下
D以下
電磁加速砲・参式 4.00秒 5280
5496
21120
21984
不可
不可
電磁加速砲・紫電 3.00秒* 6320*
6640*
18960
19920
B+以下
A-以下
電磁加速砲・速式 1.88秒 6300
6678
11900
12614
不可
不可

電磁加速砲・壱式

初期型ながら無凸でも秒間火力5400と高い火力を持つ。マガジン火力も約20000と必要十分。
単発あたりの威力が高いため、低装甲頭部相手にクリティカルヒットさせるとよろけが取れることもある。
一度でもよろけが取れればそのまま高い秒間火力で押し切れることも多く、☆1故の強化のしやすさも考えるとレア度の割にスペックは高いと言えるだろう。

しわ寄せは連射速度とリロードにきており、低速連射に慣れないと、1マガジンで倒せずに長いリロードを迎えることとなる。
また、重量も重めなので、サブマシンガンやヴォルペから積み替える場合は注意。

余談だが、アーケードから単発火力が100以上下げられている。CSよろけ範囲もこちらでは3凸チップ無しで頭部装甲Dまでとなっているので、アケ側で愛用していた人は注意。その代わりに連射速度が上がっている。

電磁加速砲・弐式

2019年10月28日より始まったイベントにより実装された復刻品。
3凸することでアーケード版の頃に近いカタログスペックになる。

3点射が特徴の武器なのだが、PS4版では壱式とほぼ同じスペックなので、それ以外に何の特徴も無い銃になっている。
カタログスペックだけを比べた場合
重量+10、射撃精度1up、リロード-0.1秒
という、ほぼ誤差レベル。
3点射ゆえ秒間火力などで理論値が出ないというマイナス要素はあるが、そもそも低連射速度の武器なので当たるタイミングで弾が出せるほうが戦闘では有利。
正直好みの問題だが、実際に使ってみて「コレを使った方が敵によく当たる」という場合に採用するといいかもしれない。

電磁加速砲・参式

まさかのPS4版オリジナルモデル。
…と名前だけを聞けばそうなるが、アケ勢には「特式」といえばすぐわかるだろう。
「弐式」が復刻品扱いでガチャ入手が効かず、「壱式」の後にいきなり「特式」では意味が通じないため「参式」という名前に変更されたのだろう。

連射速度・射撃精度・マガジン火力を向上させた使いやすさ重視型。
引き換えに秒間火力がやや下がっているが、もともと秒間火力が高い系統なので、火力不足になるほどではない。
ただしマイルドが故に「壱式や紫電のよろけ取り能力」、「速式の圧倒的な秒間火力」といった尖った部分がないのが弱点と言えば弱点か。
一応3凸すれば秒間火力5500弱となるし、その3凸も300マテリアルで済むため十分と言うことも出来るが、
3凸の★3武器と正面から撃ち合うと流石に見劣りする部分があるのは否めない。

電磁加速砲・紫電

単発威力と射撃精度を高めたモデル。また、射撃方式が単射に変更されている。
連射速度が低下した上に目押しが必要なのでAIMのハードルは更に上がったが、装甲B+頭部にCSノックバックが取れるほど威力が上昇しているため、秒間火力は3凸時で6640と主武器ではトップクラス。
無凸でも3凸スムレラ刻をわずかに上回る秒間火力であり、タメを張れるのは速式やグラートγなどに限られる。
但し、この数値はあくまで「毎秒4発の単射目押しを最大12連続で1フレームの誤差も無く完璧に発射し続けた値」であり、実践で常に最大火力を出すのはほぼ不可能。
秒間火力だけでゴリ押し出来る様な武器ではなく、AIMと目押し精度の両方を鍛え、
ノックバックや高精度低反動による精密射撃といった利点を活かす丁寧な立ち回りをこなす事で、初めて高火力を実感出来るピーキーな銃である事を忘れずに。

相当のAIM力がないとろくに当てられず返り討ちにあうばかりとなってしまうが、使いこなした時のポテンシャルは非常に高い。

電磁加速砲・速式

連射速度を高めたモデル。
単発威力は下がっているが、それ以上に上がった連射速度により秒間火力は3凸時6678もあり、主武器ではトップクラス。
連射速度の上昇によりAIMも比較的楽になり、超高火力を安定して押し付けていくことができる。
リロード時間も一般的な強襲主武器の水準に達しており、系統内ではぶっちぎりの最速。

ただし瞬発的な火力こそ高いものの、マガジン火力は約12000と非常に薄い。
ボディショット狙いで新品の中量級を相手にした場合、全弾命中させてもN-DEF耐久値によっては倒せない可能性がある。
と言うより基本的に1マガジンでは倒せないので、相手に攻撃を仕掛ける前からリロードをどうカバーするか考えておく必要がある。
敵前でリロードしているようではせっかくの秒間火力も意味がないので、立ち回りでカバーできる上級者向けのモデルである。
+空手家の戯れ言、一言で言えば『デカいマゲバリ』
速式の特徴は、二秒以内にマガジン火力12000を全弾吐き出せることであり、それが高い秒間火力という利点と、低い継戦能力および集団戦闘適正という欠点に繋がっている。端的に言えば、中古品の始末や障害物を挟んでのゲリラ戦或いは仕切り直しての連戦、混戦での火力支援を得手とし、逆に正面切っての撃ち合いや面と向かってのタイマン、自衛を不得手とする、遊撃兵装主武器に近い性質を持つ。そこで、これを効果的に活かすため、少し強襲兵装から離れた話をしたい。
かつて一時代を築いたスナイパー空手という戦闘技術が存在する。ステルス状態からアクションチップ或いは狙撃銃による吹き飛ばしを行い、ダウンした相手にマゲバリなどで瞬間的に大ダメージを叩き込むことにより確実な抹殺を図る、というものだ。アクションチップの排除された家庭版では残念ながら完全再現は不可能だが、(アクションチップ導入されました。)ここで重要なのはチップではない。
吹き飛ぶようなダメージを受けたBRは当然中古品になる。そこに秒間火力6000オーバーを受ければ為す術なくスクラップに変化する。逆もまた然りで、1マガジン12000を受ければあとは副武器で十分処理できる。つまり、闇討ちを徹底して相手を轢殺するのが速式の効果的な使い方だろう。ACを吹かして不意討ちに副武器で焼くなり、格闘で虫の息にするなりしてから反撃の前に撃破すれば、相手に一方的な出血を強いることができる。無論他の主武器でも同じことが言えるが、同程度の秒間火力を持つ武器は操作性に難があり、それ以外は秒間火力において下回るため、この運用方法に限っては速式が最適だと言える。
とはいえ折角なので、速式ならではの立ち回りを記したい。それは即ちコア凸である。防衛相手に速式の得意な先手を打ってのタイマンを仕掛けることを強要しやすく、苦手な長期戦や真っ向勝負を避けやすい。短いリロードと射撃時間は手軽なお手玉を可能とし、例え防衛を撒くのに副武器を使いきっても十分なダメージを叩き込める。さらにニュード属性&高火力の相乗効果で余裕があれば瞬く間に施設を解体できる、とまさに至れり尽くせり。
無論これはあくまでも理論でしかなく加えて欠陥も多いが、全弾CS対処なんて曲芸運用よりは実用的だろう。

VOLT系統

2019年6月3日実装。ニュード弾を発射するアサルトライフル。
PS4版では珍しく、系統内で3点射と連射が混在している。

サブマシンガン等の純実弾系強襲主武器と比べると、単発威力が高めの代わりに連射速度が低めになっている。
射撃精度と反動の性能が良好でマガジン火力もやや高めなため、使用感はマイルド。
重量が200台前半なので、速射機銃やヴォルペ突撃銃よりも軽いというのもうれしい所。
他にもニュード100%かつマガジン火力があり、射程も長いので厄介な滞空索敵弾を容易に潰せるという利点もある。

一方で秒間火力はあまり高くないので、UK60やスムレラ刻あたりと真っ向勝負をすると撃ち負けるリスクがある。
積極的にCSを狙う、中距離戦を仕掛ける、1マガジンできっちり倒しきるなど、性能の強みをいかせる戦い方をしたい。

因みに、VOLT系統に限った話ではないが、このテの連射速度が遅い3点射武器の場合、
1射当たりの攻撃時間が長く、連射の速い3点射武器よりも秒間で発射出来る最大弾数が少なくなる為、
結果的に最速目押しが少し遅れても、秒間火力のロスは小さくなる。
極端な話、かなり頑張って連打すれば、目押しせずとも理論値に近い速度で連射出来るので、
「目押しは出来ないが、指先の強靭さには自信がある」
というゴリラタイプのボーダーは試してみても良いかも知れない。
(当然連打は連打で操作への負担が掛かるので、それでAIMが安定するかはなんとも言えない所ではあるが...)

また、ニュード100%で元から秒間火力があまり高くないので、コア攻撃の効率が非常に悪い
自動砲台やレーダーを破壊するのは得意だが、いざコア攻撃を開始するとさっぱり削れないということになる。
この系統を装備する場合は、基本的に副武器はコア攻撃に適したものを装備し、コア凸の際は副武器を温存しておきたい。


VOLT系統  属性:ニュード100%
名称 型番 射撃
方式
重量 威力 装弾数 連射速度 射撃
精度
反動 リロード 性能強化
VOLT-01 VL101 3点射 200
190
630
655
36×11 480/min A- A 2秒
1.84秒
①重量 190
②リロード 1.84秒
③威力 655
VOLT-R VL103R 連射 220
209
600
624
38×10 480/min B+ A+ 2.1秒
1.93秒
①重量 209
②リロード 1.93秒
③威力 624
VOLT-X VL104 3点射 230
218.5
790
830
30×11 420/min A A- 2.3秒
2.09秒
①重量 218.5
②リロード 2.09秒
③威力 830
VOLT-RX VL105R 連射 240
228
520
551
41×12 600/min A+ A+ 1.7秒
1.53秒
①重量 228
②リロード 1.53秒
③威力 551
VOLT-01 VOLT-R VOLT-X VOLT-RX
VL101 VL103R VL104 VL105R
©SEGA
火力比較(下は完全強化)
名称 連続射撃時間 秒間火力 マガジン火力
VOLT-01 4.50秒
4.50秒
5040
5240
22680
23580
VOLT-R 4.75秒
4.75秒
4800
4992
22800
23712
VOLT-X 4.28秒
4.28秒
5530
5810
23700
24900
VOLT-RX 4.10秒
4.10秒
5200
5510
21320
22591

VOLT-01

★1にしてはそこそこの秒間火力と高めのマガジン火力を持っている。
3点射だがヴォルペより連射速度が遅いので目押しの難度は低め。
お試しで握ってみるのもよいだろう。

VOLT-R

初期型の連射速度はそのままにフルオートにしたモデル。
目押しの必要がなく反動も1ランク向上したため非常にマイルド…なのだが、
単発威力の低下により秒間火力が5000を割り精度が1ランク落ちて弾が若干散りやすくなった。
パワー不足感が否めないため、積むならどういう立ち回りをするのか明確なビジョンが必要になるだろう。

VOLT-X

単発威力を高めた3点射モデル。01より連射速度が低いので持ち替える場合は目押しのタイミングに注意。
高めの秒間火力と25000に迫ろうかという大容量マガジンを併せ持つ。
3点射の扱いさえできれば、射撃戦で安定した戦果をあげることができるだろう。

VOLT-RX

Rを全体的ブラッシュアップしたようなハイバランスモデル。
フルオートなので目押しの必要はなく、そこそこ高めの秒間火力と十分なマガジン火力を持つ。
連射速度の上昇に加え、射撃精度と反動の両方が最高ランクのA+となっており、AIM負担が非常に軽い。ついでにリロードも高速化している。
射撃補正Eだろうが反動吸収E-だろうがダッシュしようがトリガー引きっぱなしだろうが弾が真っ直ぐに飛ぶ抜群の安定性。
機体や状況を問わずに射程をフルに活かした戦い方ができるのが魅力的な銃である。
「照準さえ合えば敵に当たる」ので、追いかけっこになる防衛では特におすすめ。
最低限のパワーを保ちつつマイルドな使用感を求める貴方に。

スムレラ投射長銃系統

イラストなどでハティの輝星・空式が持っている銃。PS4版オリジナル武装。
重量は速射機銃系統とほぼ変わらず、性能面で方向性が違う。
投射長銃系統は単発火力重視
速射機銃系統よりも秒間火力が高く、高精度、超低反動。反面、1マガジン火力はやや低く、リロードも遅いというモデル。
一撃のダメージが高いという性能もあり、一撃3300ダメージ以上でブラストはよろけるので、頭部に当ててクリティカルショットにすることでよろけを誘発できる。
この強力な射撃を高精度・低反動ということから中距離~遠距離でも積極的に当てていくことが可能。
ニュード属性なので自動砲台やレーダー施設へのダメージも高い。

ただし、近距離戦はサブマシンガンや速射機銃に比べて苦手。
特にダッシュやジャンプを伴うと途端に集弾性の悪化が目立ち、カタログスペックを疑いたくなるくらい散る。
高い秒間火力も1秒内に1発外すだけで見所の乏しい域までガクンと落ち、
ミリ残りの相手にも秒間3発~3.5発の射撃間隔の中で当てないと撃破できない。
リロードを挟んでしまった場合は3秒ほど射撃できない時間が続く。
また、ニュード属性の性として、コア攻撃への適正はかなり低い(コアダメージは20%減、0.8倍ダメージ)。
対コア効率だけで見ると、サブマシンガンや速射機銃に対し、初期型、改は秒間火力で、猟、刻はマガジン火力とリロード(=戦術火力)で大きく水を開けられることになる。
副武器をコア攻撃用に取っておく、要請兵器はバラム重機砲にしておく、等の対策をしておかないと、いざコア凸が必要になったときに充分な火力が出せないことになる、というのは、この武器を選ぶ際に頭の片隅に入れておきたい。
使いこなすことができれば理論上はよろけ連発&近距離~遠距離までカバーする強力な武器だが、
使いこなすためには立ち回り・AIMともに高いスキルが必要な玄人向けの武器でもある。
チップとしては「ニュード威力上昇」「プリサイスショット」との相性が良く、よろけを取ることができる範囲を拡大できる。

強襲自体に求められる役割が前線の押し上げや凸である事を踏まえると、近接戦闘と凸のどちらにも適性がないこの武器を装備すると味方の編成バランスにも悪影響が出る。デメリットを補って余りある活躍が常に求められる事を念頭に置くこと。

スムレラ投射長銃系統  属性:ニュード100%
名称 型番 重量 威力 装弾数 連射速度 射撃
精度
反動 リロード 性能強化
スムレラ投射長銃 EM501 330
313.5
1400
1456
14×11 220/min
229/min
B A+ 2.9秒 ①重量 313.5
②連射速度 229/min
③威力 1456
スムレラ投射長銃・改 EM501C 300
285
1320
1373
16×10 220/min
229/min
A- A+ 2.8秒 ①重量 285
②連射速度 229/min
③威力 1373
スムレラ投射長銃・猟 EM503 350
332.5
1800
1890
9×11 180/min
189/min
A A+ 3.1秒 ①重量 332.5
②連射速度 189/min
③威力 1890
スムレラ投射長銃・刻 EM507 380
361
1530
1622
12×12 220/min
233/min
A- A+ 3秒 ①重量 361
②連射速度 233/min
③威力 1622

スムレラ投射長銃 スムレラ投射長銃・改 スムレラ投射長銃・猟 スムレラ投射長銃・刻
EM501 EM501C EM503 EM507
©SEGA

火力比較(下は最大強化)
名称 連続射撃時間 秒間火力 マガジン火力 CSノックバック
スムレラ投射長銃 3.82秒
3.67秒
5133
5557
19600
20384
B-以下
B-以下
スムレラ投射長銃・改 4.36秒
4.19秒
4840
5240
21120
21968
C+以下
C+以下
スムレラ投射長銃・猟 3.00秒
2.86秒
5400
5954
16200
17010
A以下
A+以下
スムレラ投射長銃・刻 3.27秒
3.09秒
5610
6299
18360
19464
B以下
A-以下

スムレラ投射長銃

秒間火力はUK57弐並に高いが、リロードは長く、系統の中では精度は低め。
スムレラ投射長銃を使用する際はクリティカルショットや中~遠距離での射撃も狙い、速射機銃とは異なる持ち味を引き出したい。
リペアマシンや滞空索敵弾を1マガ以内で落とせるので見つけたらきっちり狙いたいところ。
よろけを取ることができるのは頭部装甲B-まで。

スムレラ投射長銃・改

プレイヤーレベル21で支給される。
初期スムレラの威力を下げたぶん、マガジン火力と精度を強化した取り回し重視のモデル。
良好な取り回しに加えて、無償で支給されるということもあり、投射長銃系の使用感を確かめるには適任。
重量も30軽減されておりアセンの制約も少ない。
リロードも0.1秒ながら改善されている。
よろけを取ることができるのは頭部装甲C+まで。

スムレラ投射長銃・猟

圧倒的な単発威力を得たことで、よろけが取れる相手を大幅に拡大したモデル。
装甲A(3凸で装甲A+)までの頭部パーツ相手によろけを取ることができる。
3凸しても「ロージーEVE」及び「3凸したロージーR・R+・LM」相手にはよろけが取れないので、会敵時に特徴的な横長頭が見えた場合はよろけが取れない可能性を考えよう。
精度も系統中最高だが、反面マガジン火力はサブマシンガン以下で、リロードも最長、連射速度も秒間3発と取り回しは悪化している。
CSを絡めなければ全弾叩き込んでもニュード防御を積んでいる新品の中量級を墜とせない事が有るほどで頭部への正確な射撃技能は必須。
頭部射撃・遠距離射撃共に、猟師のように少ないチャンスを行かせる玄人専用モデル。

スムレラ投射長銃・刻

重量こそかさむが、初期スムレラの上位互換のような超火力・高精度モデル。
初期スムレラ比で、重量以外で犠牲になったのはわずかなマガジン火力とリロード0.1秒だけ。
一発の威力でこそ猟に劣るが秒間火力は猟を超えており、3凸時はGAXダイナソア並の6299に達する。
空転が一切ないぶん遭遇戦では全武器中1位の火力と言えたが、現在では本銃を上回る秒間火力6600オーバーの武器が複数実装されている。
強襲兵装では電磁加速砲・紫電及び速式が該当するので、紫電にはフルオートによる操作性で、速式にはマガジン火力で差別化を図っていきたい。

よろけを取ることができるのは、頭部装甲B(3凸の場合はB+)まで。
全弾命中させてこその高火力武器なので相変わらず上級者向けだが、ボディショットだけでも相手に撃ち勝つだけの火力を手に入れている。
とは言え、ボディショットばかり狙っていると連射速度の遅さと引き換えに手に入れた奪ノックバック性能という長所を活かせなくなるので、可能な限りCSを狙っていきたい。

掃射機銃系統

2019年7月29日に実装されたPS4版新規武装。
初期型から秒間火力6000オーバー、マガジン火力35000超えと高い戦闘能力を持ち、重量は300弱と重いわけではない。
そしてフルオートでありながらもガトリング特有の高い精度と連射速度を持つため実際の戦闘力はかなりの水準にある。
しかしその代償に運用する上では劣悪な反動低いOH火力と付き合わなければならない。
そしてガトリング方式故に空転があるためノックバックに弱く、また索敵されていない敵機との突発的な戦闘には不向きなのが難点。
撃っている間は強いものの、OHまでの速さと冷却時間と空転時間が合わさるため実際に撃っていられる時間は想像以上に短く、取り回しは悪いと言わざるを得ない。
強襲の機動力を活かし、距離と射線の押し引きを制して空転とOHを適切に管理することで初めて強みの出る系統である。
色々と癖が強いので、まずは対CPUモードで感覚をつかむと良いだろう。気に入ったならばひたすら練習あるのみだ。

因みに射程は300m以上あるが、OH火力の低さと反動の強さの関係からそれを活かし切るのは難しい。

掃射機銃系統  属性:実弾100%
名称 型番 重量 威力 装弾数 連射速度 射撃
精度
反動 リロード 連続射撃 性能強化
G61掃射機銃 G61 270
256.5
410
426
88×10 900/min C+ E+ 2.6秒 2.2秒
2.31秒
①重量 256.5
②連続射撃2.31秒
③威力 426
G62C掃射機銃 G62C 280
266
370
385
100×9 960/min B- D 2.8秒 2.4秒
2.52秒
①重量 266
②連続射撃2.52秒
③威力 385
G66掃射機銃 G66 300
285
450
473
82×11 900/min C- E+ 2.4秒 1.8秒
1.91秒
①重量 285
②連続射撃1.91秒
③威力 473
G71A掃射機銃 G71A 290
275.5
400
424
86×10 960/min C+ D- 2.5秒 2.1秒
2.25秒
①重量 275.5
②連続射撃2.25秒
③威力 424

G61掃射機銃 G62C掃射機銃 G66掃射機銃 G71A掃射機銃
G61 G62C G66 G71A
©SEGA
火力比較(下は最大強化)
名称 空転時間 連続射撃時間 秒間火力 OH火力 マガジン火力
G61掃射機銃 約0.8秒 2.20秒
2.31秒
6150
6390
13530
14760
36080
37488
G62C掃射機銃 約0.6秒 2.40秒
2.52秒
5920
6160
14208
15523
37000
38500
G66掃射機銃 約1.4秒 1.80秒
1.91秒
6750
7095
12150
13480
36900
38786
G71A掃射機銃 約1.0秒 2.10秒
2.25秒
6400
6784
13440
15264
34400
36464



G61掃射機銃

系統初期型。空転時間は約0.8秒
無強化でいきなり秒間火力6150(フル強化で6390)という高い数字を弾き出している。
重量も系統内最軽量の270(フル強化で256.5)でありながら高い火力を出せるので軽量化と火力の両立をはかりやすい。
ただ、OH火力は最大強化でも15000を割り込むため新品の敵を撃ちっぱなしで仕留めるにはきっちり狙う必要がある。

射撃精度はC+でサブマシンガンや速射機銃より良いはずなのだが、
反動が強烈なので、少し距離が離れただけで狙いを定めるのが難しい。
テクニックで誤魔化すのもちょっと無理があるので、中距離戦がしたいのなら腕パーツから見直したい。

G62C掃射機銃

系統2段階目。空転時間は約0.6秒
よくある火力を犠牲に取り回しを良くしました、というポジション。
だがそれでも秒間火力5920(フル強化で6160)と十分な火力出せるので、取り回しの良さは十分なメリットとして機能する。
また、系統最高の射撃精度と反動から中長距離での援護射撃も得意としている。

G66掃射機銃

系統3段階目。空転は約1.4秒
いわゆる高火力型であり、フル強化で秒間火力70957000の壁を越える脅威の火力をフルオートで弾き出す。
しかしその代償に系統内最悪の反動と精度、そして2秒にも満たない射撃時間と取り回しの悪さが目立つ。
特に短い射撃時間はせっかくの圧倒的秒間火力を14000に満たないOH火力というキャップで塞いでしまい、新品の敵を撃ちっぱなしで仕留めるのを困難にしている。
そのため、実戦では麻の機動力を活かし上手く押し引きをしてOHと空転を管理しながら短時間で火力を押し付けるという繊細な立ち回りを要求される。

G71A掃射機銃

系統4段階目。空転は約1.0秒。最高レアらしくハイバランスモデルとなっている。
初期型と比較して単発火力こそ落ちたものの連射速度が上がっているおかげで秒間火力は無強化でも6400、フル強化で6784と高火力モデル並みの高い火力を実現している。
しかし、射撃時間は2秒ちょいなのでOH火力は最大強化でも15000をようやく超える程度しかなくきっちり当てないとやはり新品の敵を撃ちっぱなしで仕留めるには厳しい。
なので本系統らしく上手くOHと空転を管理してこそ本領を発揮する。