ユーリ/仮面ライダー最光

登録日:2021/01/22 Fri 16:58:29
更新日:2021/03/03 Wed 20:55:06
所要時間:約 ? 分で読めます






神山飛羽真、またお前に会えた…。今日は最高の日だ!

だから……(だぁれ)

俺はユーリ。世界を守る、最高の剣だ!


ユーリとは、特撮テレビドラマ『仮面ライダーセイバー』の登場人物である。
本項目では、彼が変身する仮面ライダー最光についても記述する。

演:市川知宏




【概要】

第7章にて、異世界『アヴァロン』で神山飛羽真を待ち構えていた謎の青年。
大いなる力=キングオブアーサーを手に入れようとする飛羽真に対し、「『無い』と思えば無い。『ある』と思えばある。大いなる力は探すな!」とアドバイスを送っていた。
その後、第16章にて再登場。
神代玲花の戯言に惑わされたソードオブロゴスのライダー達に袋叩きにされる飛羽真を変身して救い、以後、彼や須藤芽依と行動を共にするようになる。


【人物】

一人称「俺」または「私」で、変身後の名前に掛けているのか、事あるごとに「最高だな!」と口にしている。

性格は冷静だが、どこか飄々として掴みどころがなく、1000年もの間『アヴァロン』にいた所為で現代の知識や文化について何も知らないという、新堂倫太郎以上の世間知らずであったが、
第17章では「ファンタジック本屋かみやま」にある大量の本を読み漁ってある程度知識を得ると同時に飛羽真の作品についても高く評価している。
それでも自分の知らない事物には大きな興味を示すなど非常に好奇心旺盛だが、上記の気質と相俟って飛羽真や芽依を振り回してしまう事も多い。

一方で「登場人物が悩んでばかり」の作品には難色を示した事から、戦う事や使命を果たす事に当たっての姿勢は良くも悪くも硬派なもので、
メギドにされてしまった人間とまともに戦えない飛羽真の姿を見て(なっさ)けないなぁ…」と苦言を呈したり、
自分自身が戦ってそのまま「斬ろう」としたのを止められた際には「今の剣士は、俺とは相容れない存在のようだな!」とまで断言しており、全てを救いたいと思っている彼と対立する事も少なくない。
こう見ると冷たい合理主義者のように思えるが、実のところ「斬る」というのは「光剛剣最光の力で人とメギドを斬り分けて解放する」という意味だった事が第18章ラストで判明。
合理的というよりは寧ろ真面目が過ぎた結果の天然といった方が正しかった模様。
そしてイエティメギドを巡る一件を経て飛羽真と本格的に共同戦線を取り始め、サウザンベースに実質乗っ取られているソードオブロゴスの現状を正す事を現状の目標と定めるのだった。

また、悠久の時を生きてきた事からも分かる通り、普通のホモ・サピエンス人間ではないらしく、
普段はボロボロのローブを身に纏っているが、他人の服装をコピーする形で自分にも着せるという特殊能力を持つ他、飲食も出来ない身となっている。
また、施錠の有無に関係なく、あらゆる場所に神出鬼没に出現出来る能力を備えている模様で、上記のように「ファンタジック本屋かみやま」に不法侵入して泥棒の如く派手に荒らした出没した他、
対象の頭を掴んで揺する事で特定の記憶のみを消去したり、手をかざして光を放つ事で相手の怪我を完治させるといった芸当も可能。
そして第18章にて「元は人間の剣士だったが、光剛剣最光が悪しき者の手に渡る事を恐れ、自ら聖剣と一体になる事で剣の守護者となった」とユーリ自身が明かしている。
つまり、現在の彼は「人間の魂を持ってその姿になった光剛剣最光」と言うべき存在であり、飲食が出来ないのはそのため(剣であるため、不可能であると同時に不要)。

本作の語り部にして、現段階では登場人物達と面識のないタッセルとは知り合いらしいが、現状どのような関係性なのかは不明。


【仮面ライダー最光】



俺が剣で、剣こそが俺だ!


スーツアクター:荒川真(最光シャドー、エックスソードマン時)

ユーリが変身する仮面ライダーで、名前はそのまま「最高」と「光」の掛詞となっている。
その姿は対応する聖剣である「光剛剣最光」と全く同じ……つまり、「剣そのもの」という『セイバー』は勿論、歴代『仮面ライダー』シリーズを通して見ても異色過ぎる存在。

完全な剣ではあるが、宙に浮いて自立行動出来る他、他者にそのまま武器として使わせる事も可能。
剣単体で動き回る姿はかなりシュールだが、聖剣の力やユーリ自身の経験値もあり、その戦闘能力はブレイズ・バスター剣斬スラッシュを同時に相手取って蹴散らすなど、かなりの高水準。


装備

使用するワンダーライドブックの詳細についてはこちらを参照。

  • 聖剣サイコウドライバー
最光の変身ベルト。
聖剣ソードライバーや邪剣カリバードライバーとも異なる形状をしており、装填スロット「サイコウシェルフ」の形状の都合上、対応するワンダーライドブックは金の武器 銀の武器ワンダーライドブックのみ。
変身時には光のベールを展開する障壁発生器「サイコウクリスタ」を備える黄金の刃と一体になった覚醒器「アラウザルト」を手動で展開して金の武器 銀の武器ワンダーライドブックを装填した後、
そのまま「聖剣サイコウドライバーバックル」から抜刀する事により、変身ページが開いて光剛剣最光が完成し、変身者を吸収して一体化させる。

「聖剣サイコウドライバーバックル」の形状はカリバードライバーと同形状だが、カラーリングが銀を基調としたものとなっており、
装填したワンダーライドブックから引き出された力は二基のエネルギー生成器「ソーリスフルゴル」で「ワンダーオール」に変化され、最光を活性化させる。
また、バックル上部には金色に輝く始動スイッチ「トラーディオライド」が設置されており、後述のエックスソードマン時には光剛剣最光のグリップエンドに備えられた打刻器「ライドシグヌム」で押し込んで使用する。
バックルにも装填スロット「シャドーシェルフ」が設けられており、光剛剣最光の鞘としての役目を果たす他、変身後にはワンダーライドブックの能力を最光本体、及び最光シャドーに伝達する。

聖剣と変身アイテムが一体になっている点や、力を引き出すバックルの存在など、後に生まれる土豪剣激土や風双剣翠風、音銃剣錫音といった変身アイテムと一体化した聖剣に仕様が近い。
一方で「普段はバックルに納刀され、抜刀する事で変身する」というアクションそのものはソードライバーや覇剣ブレードライバーと同様であると言える。

  • 光剛剣最光
ユーリが所持する変身アイテム兼光属性の聖剣
1000年以上前に失われたとされていたもので、上記の聖剣サイコウドライバーはその一部分に過ぎない。

聖なる光を放つ刃「カラドルークス」は、光の放出量を増大すれば目には見えない存在すらも切り裂き、邪悪なる存在と人間とを「斬り分ける」力を持つとされている。
仮面ライダーカリバーが使用する闇黒剣月闇と対を成す最古の聖剣の片割れで、フォルムこそ全く異なるものの、共通する仕様も少なくない。

そして現在は仮面ライダー最光そのものでもあり、変身時には展開されたこの聖剣にユーリが吸収・融合される事で一体となる。
これによって戦闘中は自律稼働するが、柄となる「ソードグリップ」には引き金「サイコウトリガー」及び打刻器「ライドシグヌム」など、本来人が持つ事を前提としたであろう機能も備わっている。


金の武器 銀の武器



聖剣は世界の平和を守るためにある。今の状況は良くないな…。

この人……誰!?


聖剣サイコウドライバー!

俺は世界を守る…剣だ!


金の武器 銀の武器!

GOLD or SILVER?


最光発光!

変身!


Who is the shining sword?


最光一章!

金銀の力を得た輝く剣……


最光!!


身長:121cm
体重:23.2kg
突 / 斬衝撃値:50.3t
最高時速:約30万km(亜光速*1


金の武器 銀の武器ワンダーライドブックをサイコウシェルフに装填して変身する最光の基本形態にして、光剛剣最光そのもの。聖剣としての概要は上記を参照。

ワンダーライドブックの変身ページをよく見ると、頭部と上半身が造形されており、
これとサイコウシェルフ周辺の装飾、及びグリップ部となる脚部「ライドソードレッグ」を合わせる事で仮面ライダーとしての姿が組み上がるようになっている。
その姿の関係上、ライダーキックなどの格闘戦は不可能だが、亜光速にも及ぶ超スピードで飛び回りつつ、変幻自在の凄まじい斬撃を繰り出す戦法を得意とする。

胸部に設けられた「X」字型の装飾「トリアストラルーン」は聖なる光の源であり、眩い光で周囲を照らす事で邪悪な存在を暴いて幻術を打ち破り、人々の記憶を消去するなどの多彩な能力を持つ。
金色に輝く右半身「アウルムサイド」には物語「金の武器 銀の武器」の力を宿し、最光に様々な武器を使いこなす技巧を与える他、後述の最光シャドーを召喚し、操作する中枢でもある。
一方で銀色に輝く左半身「アルゲンタムサイド」も同様に物語「金の武器 銀の武器」の力を宿すが、こちらは光剛剣最光本体とユーリの魂を一体化させる役目を担っている。
これにより、頭部「サイコウヘルム」にユーリの意識が宿り、剣士となる。
なお、会話などの意思疎通を行う際には、サイコウヘルムに備えられた複眼を点滅させる。

柄「ソードグリップ」と一体化した脚部「ライドソードレッグ」は機動力の根源であり、その身で古の剣技を繰り出す他、全身を光に溶け込ませる事で光速跳躍を可能にしている。
また、爪先にも光を放つ「トゥーラーミラ」という刃が設けられており、飛行中のバランス調整や、回転攻撃の威力増加を担っている。

これだけでも十分強力な存在だが……?


最光シャドー



いいアイデアだ。だがどうかな?


Who is this?


最光二章!

光から生まれし影……


シャドー!!


これが光の剣の力だ。


身長:195.3cm
体重:51.3kg
パンチ力:9.5t
キック力:18.8t
ジャンプ力:ひと跳び19.5m
走力:100mを4.4秒


最光が右半身「アウルムサイド」を起点に眩い光を放つ事で、自らの影から召喚する人型の影分身
その名の通り、飾り気の一切ない漆黒の体が特徴で、腰には変身前に装備していた「聖剣サイコウドライバーバックル」が装着されている。
これ自身に意思はなく、本体である最光の意のままに操られるもう一つの肉体でもある。
このため、胴体部の装甲「アーテルローブ」から横一線に走る受光器官「アーテルレシーバー」は、ワンダーライドブックと同化した最光の胴体部の継ぎ目と同じ造形であり、
あくまで影であって剣士自身ではないため、頭部「最光シャドーヘッド」には剣士の証たる「ソードクラウン」が存在しないという、ライダーとしてはかなりシンプルな見た目となっている。

単体でも十分に強い最光であるが、この最光シャドーに自らを振るわせる事でその太刀筋に磨きがかかり、
受けた光の強さでパワーが変化する腕部及び脚部「最光シャドーアーム」「最光シャドーレッグ」、グローブ「アーテルグロー」及びブーツ「アーテルブーツ」による肉弾戦もこなせるようになるなど、戦闘能力が大幅に上昇している。

カタログスペックは上記の通りだが、本体同様に亜光速で移動出来る他、その体「最光シャドーボディ」は影であるが故に光の強さによって能力が変わるという特性を備えている。
このため、光の強い環境では密度が増えてパワーや防御力が上昇するが、逆に光の弱い環境では物質をすり抜ける程に密度が低下する。
要するに相手側からの物理攻撃を無力化出来る一方、自分の攻撃は相手に命中するという反則級の理不尽仕様になっている。
また、地面の影に入り込んで高速移動したり、体を伸ばすといった芸当も可能。



  • 光あれ。


最光発光!

Good Luck!

単体では金の武器 銀の武器ワンダーライドブック側面のボタンが自動的に押され、最光シャドー召喚時は最光シャドーが押す事で発動。

単体では刀身に聖なる光を纏わせ、高速回転しながら突撃する。
刀身全体から強烈な光を放つパターンもあり、単に敵を倒すのみならず、大規模な氷を瞬時に溶かしてしまう事も可能。

最光シャドー召喚時は最光シャドーが最光本体を突き出した状態で独楽のように回転し、突進する。


以下の技はゲーム『仮面ライダーバトル ガンバライジング』にて使用。

  • ビッカーチャージブレイク
ダブル探偵日誌ワンダーライドブックを起動し、仮面ライダーWの能力を使用して放つ。

  • オーズバッシュ
オーズアニマルコンボ録ワンダーライドブックを起動し、仮面ライダーオーズの能力を使用して放つ。


エックスソード



すまん!待たせたな!

えぇーーーーーッ!?

ユーリ早く!!飛羽真が食べられちゃった!!

俺に任せろ!!


GOLD or SILVER?


エックスソードマン!

エピソード1:全ての色で戦え!


最光発光!


Get all Colors! エックスソードマーン!!


私は世界を守る剣……

エピソード1!

フルカラーで参上!ババババーン!

……いや、剣士だ!


身長:212.3cm
体重:110.3kg
パンチ力:32.4t
キック力:63.4t
ジャンプ力:ひと跳び71.1m
走力:100mを2秒


聖剣サイコウドライバーバックルにワンダーワールド物語 光剛剣最光ワンダーライドブックが変化したエックスソードマンワンダーライドブックを装填して変身する、最光の強化形態。
変身プロセスとしては一度金の武器 銀の武器及び最光シャドーへの変身と同様のプロセスを取り、上記の手順の後にライドシグヌムでバックル上部のスイッチ「トラーディオライド」を押し込む形となる。
ユーリが実に1000年ぶりに取り戻した「剣士としての実体」の姿でもあり、頭部「最光ヘルム エックスソードマン」には最光シャドー時にはなかった剣士の証「ソードクラウン」が存在。
金の武器 銀の武器ワンダーライドブックのページが更に開いて最光の姿が消え、最光シャドーの全身を覆う色とりどりの装甲「フルカラーアーマー」に変化して装備され、完全な「聖剣を持つ仮面ライダー」に変化する。
これに伴い、ユーリの意識も聖剣側から最光シャドー側に移動する。

装甲を纏ったシャドーの外見は金の武器 銀の武器ワンダーライドブックの変身ページをそのまま等身大の仮面ライダーに落とし込んだような姿をしているが、
金銀を基調としたシンプルな配色だった金の武器 銀の武器と比較すると、変身音声の通り非常にカラフルで漫画……とりわけアメコミチックな配色になり、全体的に鎧武者を彷彿とさせるビジュアルになっている。
この外見はユーリの愛読書となった飛羽真所有のヒーロー漫画『ソードマンX』をそのまま模倣したもの。

両肩の「ヴァリアスカラーボールド」を始めとした全身の装甲「フルカラーアーマー」はスペクトル変換した光のエネルギーを利用し、発色や模様の変化に合わせて強度や属性も変化させる他、
特殊フレームで区切る事により、ある箇所が酷く損傷してもその衝撃を受け流して被害を最小限に抑える事が出来る。
「X」の字を象った胸部装甲「エックスソードブレス」は物理現象を超えた「極彩色に彩られた最高のヒーロー」としての力や、全身の「フルカラーアーマー」を下記の形態に応じた形に再構成する力を秘めている。
また、前腕部の「マルチカラーブレーザー」は書物などから会得した剣技をそのまま取り込んで使用出来るようになるという、好奇心旺盛なユーリならではの機能が備わっており、
これによってユーリ自身の経験による熟練の剣術に加え、現代の漫画などで読んだ技を取り入れて放つ事も可能。

腰部を覆う装甲「イエロータセット」は相手の攻撃を滑らせる形で受け流したり、逆に相手を吸着してしまう柔軟な平滑度を備え、
超光質粒子による脚部装甲「バイカラーグリーヴ」は足捌きを阻害せず充分な力を発揮するためのウエイトバランスや、キック時に掛かる自身へのダメージを最小限に抑える働きがある他、
爪先部に備えられた「カーマインソール」は瞬間的に赤化・膨張させる事で受けたダメージを瞬時に無効化し、元の状態に回復させる機能を備えている。

頭部「最光ヘルム エックスソードマン」は金の武器 銀の武器ワンダーライドブックの変身ページに造形された「サイコウヘルム」の形状ほぼそのままだが、上記の通り「ソードクラウン」や「フルカラーアーマー」が備えられた他、
感覚を研ぎ澄ませ、相手の攻撃を見極める力を持つ「サイコウマスク」やシャドーとの意思疎通も行うレーダーアンテナ「サイコウセンス」、
暗闇の中でも希望を照らす達人の眼差し「ルーンバイザー」といった機能が追加されている。

ユーリの意識が宿っているとはいえ、あくまで最光シャドーが装甲を装着した姿であるため、光が強い程密度が高まる特性はそのまま。
ただし、実体であるために光の弱いところで密度が弱まり、攻撃を透過する特性が失われている……
即ち、相手の攻撃が通じるようになり、その結果、ダメージを受けた際の痛みも感じるようになってしまうという弱点も存在する。
また、この関係で金の武器 銀の武器ワンダーライドブックも必須となる。

なお、「グリップエンドを押して必殺技を発動するようにワンダーライドブックと剣が設計されている」関係上、変身音と必殺技音が重なる形となるが、
変身音に〆の爆発音が重なる事により、「爆発を背景に現れるヒーロー」的な構図を連想出来るとも取れる。


◇必殺技
  • エックスソードブレイク


フィニッシュリーディング!

サイコーカラフル!

エックスソードマンワンダーライドブックを一度閉じてストーリーページを開いた後、
光剛剣最光の「ライドシグヌム」でドライバーの「トラーディオライド」を1回押し込み、エピソード1の変身ページを再度開く事で発動。
光剛剣最光を構えた後、全身を回転させながら「X」の字型の斬撃を叩き込む。
その際は背景などにアメコミ風の絵柄やオノマトペ、斬撃の軌道がエフェクトとして出現する。
また、第22章のように単純に光剛剣最光で「X」の字型に切り裂くパターンも存在する。

エックスソードマン



移動最光!


腕最高!Full color goes to arm!!


エピソード2!

フッ、飛羽真を返してもらおう。

カラフルソードで、ズバズバーン


身長:212.3cm
体重:110.3kg
パンチ力:44.4t
キック力:63.4t
ジャンプ力:ひと跳び71.1m
走力:100mを2秒


光剛剣最光の「ライドシグヌム」でドライバーの「トラーディオライド」を押し込み、エックスソードマンワンダーライドブックの変身ページを更に開く事で変身する派生形態。
全身を覆う「フルカラーアーマー」が最光シャドーの左腕及び左肩に集約・再構成された形となり、左腕の武装「パワフルエックスソード」と光剛剣最光による二刀流を得意とする。

左腕の「パワフルエックスソード」に備えられた刃「エックスソードエッジ」は変身者のイメージを具現化させた斬撃で対象物を思うがままに変化させる他、
光剛剣最光の「カラドルークス」同様に邪悪なる存在と人間とを「斬り分ける」力を秘めている。
なお、頭部「サイコウヘルム」もパワフルエックスソード中央部へ移動した事でユーリの意識も同様に左腕側に移動しており、
その都合上、頭部「最光シャドーヘッド」の機能も通常の最光シャドー時と同程度のものに収まっている。

左肩に装備された「フルカラーアーマー」が再構成された装甲「パワフルカラーボールド」で全エネルギーを集中して上昇させた腕力を左腕全体に供給し、
更に左上腕部の腕輪「マッシブレス」でパワフルカラーボールドから生み出された腕力を一切取り零す事なく剣技に伝達させる事により、パワフルエックスソードのポテンシャルを最大限に活かす事が出来る。

それ以外の主だった能力については、ユーリが剣士としての体を取り戻した都合で攻撃を透過する機能が失われた点を除けば通常の最光シャドーとほぼ同様。


◇必殺技
  • エックスソード


フィニッシュリーディング!

サイコーパワフル!

エックスソードマンワンダーライドブックを一度閉じてストーリーページを開いた後、
光剛剣最光の「ライドシグヌム」でドライバーの「トラーディオライド」を2回押し込み、エピソード2の変身ページを再度開く事で発動。
すれ違いざまにエネルギーを纏ったパワフルエックスソードと光剛剣最光を振るい、「X」の字型に切り裂く。
命中すると「BAGOOOOO!!!」というオノマトペと共にアメコミ風のエフェクトが出現する。

ソードマン ワンダフル



移動最光!


最高!Full color goes to leg!!


エピソード3!

カラフルキックで、ドカドカーン!


身長:212.3cm
体重:110.3kg
パンチ力:32.4t
キック力:81.3t
ジャンプ力:ひと跳び71.1m
走力:100mを2秒


光剛剣最光の「ライドシグヌム」でドライバーの「トラーディオライド」を押し込み、エックスソードマンワンダーライドブックの変身ページを更に開く事で変身する派生形態。
全身を覆う「フルカラーアーマー」が最光シャドーの右脚及び右腰に集約・再構成された形となり、右脚の武装「ワンダフルエックスソード」を利用したキック技で戦う。

右脚の「ワンダフルエックスソード」には脛と爪先に刃「エックスソードエッジ」が設けられており、主だった機能は上記のエックスソードマン パワフルと同様で、
右腰に装備された「フルカラーアーマー」が再構成された装甲「ワンダフルカラータセット」で全エネルギーを集中して上昇させた脚力を右脚全体に供給する事により、
必殺技を放つ際にそのエネルギーを利用し、キック技と剣撃双方の威力を最大限にまで高める役目を果たす。

なお、頭部「サイコウヘルム」もワンダフルエックスソード中央部へ移動した事でユーリの意識も同様に右脚側に移動しており、
その都合上、頭部「最光シャドーヘッド」の機能も通常の最光シャドー時と同程度のものに収まっている他、
それ以外の主だった能力についてもエックスソードマン パワフル同様、ユーリが剣士としての体を取り戻した都合で攻撃を透過する機能が失われた点を除けば通常の最光シャドーとほぼ共通している。


◇必殺技
  • ソードブレイク


フィニッシュリーディング!

サイコーワンダフル!

エックスソードマンワンダーライドブックを一度閉じてストーリーページを開いた後、
光剛剣最光の「ライドシグヌム」でドライバーの「トラーディオライド」を3回押し込み、エピソード3の変身ページを再度開く事で発動。
その場で跳躍した後、ボレーキックの要領で跳び回し蹴りを放つと同時に、エネルギーを纏ったワンダフルエックスソードによる斬撃を叩き込む。
命中すると「BOOOOOM」というオノマトペと共にアメコミ風のエフェクトが出現し、エックスソードマンに戻ると同時に「CHAKIIINNNN」のオノマトペで締める。


【余談】


  • 初登場回となる第16章は「光」に掛けてか、それとも同エピソードの演出担当が坂本浩一監督だったためか、『ウルトラマンジード』の一部レギュラーキャストが数名ゲスト出演していた。

  • 最光単体での演出はCGも使用した合成処理であり、更にアフレコ時はCG加工なしの状態のため、アフレコ初経験の市川氏はいきなり超難易度のアフレコを求められる事態になった。

  • 東映公式サイト『仮面ライダーWeb』内の不定期連載「仮面ライダーセイバー 巻末付録」によれば、出身は現在のウクライナに当たるキエフ大公国。
    当時は戦乱の世だったために飛羽真との価値観の齟齬が起こったとの事。


この追記・修正が項目を良くする。光の中に消えろ!


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年03月03日 20:55