タイタニック(映画)

登録日:2021/04/14 Wed 23:40:02
更新日:2021/05/15 Sat 15:06:52NEW!
所要時間:約 25 分で読めます



 


(運命の恋。)
Nothing on earth


(誰もそれを裂くことはできない。)
could come between them.



概要

『タイタニック』とは、1997年に公開された、レオナルド・ディカプリオ主演のアメリカ映画。
監督は『エイリアン2』や『ターミネーター』等を手掛けたジェームズ・キャメロン。

1912年4月14日から15日に掛けて発生したタイタニック号沈没事故を元に、ラブロマンスを描く。
貧しい青年と裕福なお嬢様が恋に落ちる恋愛ものとして有名だが、沈没する豪華客船と生き延びるために右往左往する乗客たちの描写も多く、パニック映画としての側面も持ち合わせている。
また印象に残るモブ*1や、シリアスな笑いが度々出てくるのもポイント。

世界全体での興行収入は少なくとも20億ドルを越え、当時の世界興行収入1位であった「ジュラシック・パーク」を追い抜いてトップの座についた。2021年4月現在歴代3位*2を記録している。
日本国内でも同様に大ヒットし、興行収入は少なくとも260億円を突破。国内で公開された映画の歴代興行収入ランキングでは『もののけ姫』を追い越して歴代1位となり、現在は3位*3となっている。
洋画での国内興行収入としては依然歴代1位であり、公開から20年以上が経った現在でも破られていない。

ヒット作故に作品の知名度は高く、カナダ人歌手のセリーヌ・ディオンが歌った主題歌「My Heart Will Go On」や、船の先端に腕を広げて立ち、「空を飛んでいる」あのポーズは余りにも有名。
本作を見たことは無いが、この曲やあのシーンだけは知っているという人も多いだろう。
歌詞的にもそれっぽいけど「えんだあああああ」ではないぞ

なお上映時間は194分(3時間14分)と非常に長く、気楽には通しで見られない尺の長さである。
何度かテレビ放送されているがこの長尺のお陰で大抵分割され、2夜もしくは2週に渡る前後編構成で放送される。*4
ビデオ版も、当時はVHSテープが主流だったため「2本組」での販売だった。

キャメロンのこだわりが細部に至るまで徹底的に突き詰められており、
中でも実際のタイタニックと同スケールのレプリカを作ってそれを巨大なプールに浮かべ、ついには実際に沈めてしまったエピソードは有名。


【以下ネタバレ注意】



あらすじ


時は1996年。トレジャーハンターのロベットはタイタニック号と共に沈んだ「青き海の心」*5と呼ばれた宝石を求めて、潜水艇での調査を行っていた。
マスコミも呼び、大々的に調査を行った結果、一等客室から一つの金庫を回収することができた。

テレビカメラの前で期待を膨らませながら金庫を開けたロベット達だったが、中から出てきたのはドロドロになった札束の残骸と、泥まみれのスケッチブックのようなものだけであった。
落胆する一行だったがスケッチブックに挟まれていた一枚の画用紙の汚れを丁寧に落とすと、美しい女性の裸婦画であることが判明した。その絵は沈没の前日に書かれた物であり、書かれていた女性には例のダイヤモンドが身に着けられていた。
集まっていたマスコミは、タイタニック号からこの絵を回収したことを報じた。

この報道を偶然テレビで見ていた一人の老婆は彼らに電話を掛ける。そう、この老婆こそ裸婦画のモデルであるローズ本人だったのである。
彼女は付き添いの孫娘と共にヘリコプターで調査船を訪れ、裸婦画を発見した経緯を聞く。

そしてローズは潜水艇が映し出す映像で約80年ぶりにタイタニック号と再開する。
タイタニック号の姿をその目にしたローズは、自身の体験を彼らに話し始める。


~~~~~~~~~~~~~~~


時は1912年。世界一の豪華客船タイタニック号はニューヨークへの処女航海へと出発するため、準備が進められている最中であった。
サウサンプトン港には大勢の人がごった返し、乗船する者や見送る者の興奮と歓声で溢れかえっていた。
出航の5分前、貧しい絵描きの青年ジャックは酒場のポーカーに勝ったことでタイタニック号のチケットを手に入れ、友人のファブリッツィオと共にタイタニック号へと乗り込む。

そしてジャックは偶然か、それとも運命に導かれたのか、ただ運良く乗ることができたタイタニック号で、ローズという美しい女性と運命的な出会いを果たす。
身分の違いや家の事情など多くの障壁が立ちはだかるが、それでも次第に惹かれ合う二人。

だが、その瞬間は刻一刻と近づいていた…



登場人物


★がついているのは実在の人物。
吹替版キャストは(ソフト版/2001年フジテレビ版/日本テレビ版/2004年フジテレビ版)の順で表記。

タイタニック号の乗客

主要人物

  • ジャック・ドーソン
演:レオナルド・ディカプリオ
(吹替:松田洋治/妻夫木聡/石田彰/内田夕夜)

画家を志す貧しい青年。生まれはアメリカだが、15歳のときに両親が他界し、それ以降はヨーロッパに渡って根無し草のような生活をしていた。
酒場でのポーカーで勝ったことでタイタニック号の乗船チケットを獲得し、友人のファブリッツィオと共にアメリカを目指す。

船上でのある夜、偶々デッキのベンチで煙草を吸っていたときに海へ飛び込もうとしているローズを発見し、間一髪のところで説得して救助した。
そのお礼として豪華なパーティーに招待されたり、「下々の連中」のもとで本物のパーティーに参加したりと、ローズとの距離を縮めていく。



  • ローズ・デウィット・ブケイター
演:ケイト・ウィンスレット
(吹替:日野由利加/竹内結子/冬馬由美/岡寛恵)

名家であるブケイター家の一人娘。芸術品が好きで、タイタニック号にもピカソという無名の画家の絵をたくさん持ち込んでいた。
また心理学についてもいくらか教養があるらしく、フロイトが唱えた「男性が何故サイズにこだわるか」という学説のことを知っていた。*8

同じ顔ぶれを相手に空しいお喋りをする毎日に絶望を感じ、精神的に追い詰められていた。
船尾から身を投げようとしていたところ、ジャックに説得されて一命と取り留めた。
絶望しか感じられなかった日々に埋もれていた自分を見つけてくれたジャックを愛するようになり、生死を共にすることを決意する。



  • キャル・ホックリー
演:ビリー・ゼイン
(吹替:山寺宏一/江原正士)

アメリカの鉄鋼王の息子で、ローズの婚約者。
実在していれば天文学的な価格であろう「青き海の心」を婚約者のために購入したり、婚約披露パーティーのための船旅に一等客室の中でも最上ランクの個室を用意したり、当時の上流階級の絢爛豪華な生活を体現したようなキャラクター。
貧乏人のジャックが自分の婚約者であるローズと仲良くしていることを快く思っておらず、彼に対しては常に見下した態度で接する。
それを抜きにしても、元から性根の曲がったヤなヤツで、ローズは彼に対してあまり愛を感じていなかった。
そしてジャックに惹かれていくローズに対して怒りを向けるようになっていく。



  • ルース・デウィット・ブケイター
演:フランシス・フィッシャー
(吹替:小沢寿美恵/鈴木弘子)

ローズの母。亡き夫が残した多額の借金によって破産寸前のブケイター家を立て直すために、ローズをキャルと結婚させようと画策した。
救命ボートに乗るときにも座席の等級にこだわり混み合うのは嫌だとワガママを言うなど、当時の階級社会をリアルに反映した典型的な傲慢金持ちキャラとして描かれている。


  • スパイサー・ラブジョイ
演:デビット・ワーナー
(吹替:青森伸/稲垣隆史)

キャルの命令に忠実に従う冷酷な執事。前職についてはローズが「元刑事かも」と言及していた。
常に冷静沈着で、頭に血が昇ることが多いキャルのストッパーにもなっている。
懐にはシルバーの装飾が施されたコルトガバメントを隠し持っている。



  • マーガレット(モリー)・ブラウン ★
演:キャシー・ベイツ
(吹替:谷育子/小林幸子/一城みゆ希/小林幸子)

一等客室の乗客。主人が西部で金鉱を堀り当てた、所謂新興成金と呼ばれた人々の一人。
一等客のおば様方からは下品な女と陰口を叩かれて見下されているが、
金持ちたちの豪華なパーティーに招待されたジャックに息子用の夜会服を貸してあげたり、海に投げ出された人々を救助しようと提案するなど人格者。
未公開シーンではボートを漕いだこともない船員に代わって自らボートを漕ぐという豪胆な場面もあった。
救難ボートに乗っていたことで事故から生還し、後に不沈のモリー・ブラウンと呼ばれるようになった。
史実では「モリー」は後世のあだ名で、生前は「マギー」と呼ばれていたが
本作では乗船時から既にモリーと呼ばれている。

本作の配役は主役級以外は中堅クラスのギャラで固める方針だったが
キャシー・ベイツは過去にアカデミー主演女優賞を受賞している大物クラスである。
にも関わらずキャスティングされた理由は「本人に似てるから」ギャラの一部はキャメロンが自腹を切っている。


  • ファブリッツィオ・デ・ロッシ
演:ダニー・ヌッチ
(吹替:檀臣幸/鳥海勝美)

ジャックの友人でイタリア出身。ジャックがポーカーでフルハウスを揃えたことでタイタニックの乗船チケットを手に入れた。*11
ジャックがローズに会いに行くようになってからは空気となるが、事故が発生してからは再び活躍する。

未公開シーンでは彼もノルウェー人のヘルガという女性*12と互いに惹かれ合っていた。



  • トーマス・“トミー”・ライアン
演:ジェイソン・バリー
(吹替:吉田孝/石野竜三)

ジャック&ファブリッツィオがタイタニック号で出会い、仲良くなった新たな友人。アイルランド出身で皮肉屋。
ファブリッツィオと同様に一旦フェードアウトするが、事故発生後に活躍する。



  • トーマス・アンドリュース ★
演:ヴィクター・ガーバー
(吹替:納谷六朗/小川真司)

タイタニック号を造り上げた設計士の一人。劇中ではローズ達にタイタニック号の案内をしていた。
彼曰く、デッキが狭くなる(見映えが悪くなる)という意見を唱える者がいたので、搭載する救命ボートの数を減らしたとのこと。
事故が発生した際には、スミス船長らにタイタニック号の沈没は避けられないことや、沈没までの猶予を説明した。
その後はローズにジャックの監禁場所を教える、もっと多くの乗客を救命ボートに乗せるように乗務員に指示するなどの活躍を見せる。
最期は「脆い船を造ってしまった」責任としてタイタニック号に残ることを決意し、ローズに救命胴衣を手渡した。


  • ブルース・イズメイ ★
演:ジョナサン・ハイド
(吹替:土師孝也/羽佐間道夫)

タイタニック号を建造したホワイトスターラインの社長。
タイタニック号のスピードを世界に宣伝するため、スミス船長に無理のある航行を指示していた。
また「タイタニック号は絶対に沈まない」ことを信じきっており、事故が発生した際にもタイタニック号が沈没することを受け止めきれない様子を見せた。
事故発生後は、特に何をするわけでもなくさっさと救命ボートに乗り込み、タイタニック号から避難した。

未公開シーンではカルパチア号に救助された際に生存者達から冷たい目線で睨み付けられていた。

史実では、事故後のイズメイは「責任は船長、自分は乗客」という態度を取って世間の猛バッシングを浴び、結局職を辞して隠遁生活を送る事となる。


その他の乗客

  • 老夫婦
演:ルー・ポルター(夫)、エルザ・レイブン(妻)

タイタニック号が沈没していくなか、二人で一緒に部屋のベッドで抱きしめ合いながらそのときが来るのを待っていた。
モデルはアメリカのメイシーズ百貨店を経営し下院議員も務めたイジドー・ストラウスと、その妻アイダのストラウス夫妻。
その最期の瞬間は映画と目撃証言とでは異なるので、準史実人物という所。*13
未公開になったが、イジドーがアイダに救命ボートに乗るようにうながしアイダがこれを拒否するシーンも撮影された。そこでははっきり「イジドー」「アイダ」と名前を呼んでいる。


  • ベンジャミン・グッゲンハイム★
演:マイケル・エンサイン

アメリカの実業家で恰幅の良い紳士のおじ様。船が沈没する際にも救命胴衣を装着せず、紳士らしく正装して海に沈むことを決めた。
史実では愛人との旅行という微妙に冴えない理由で船に乗り合わせていたのはナイショ


  • スロバキア人の親子
演:マーティン・ハブ(父親)、セス・アドキンズ(子)

キャルに追いかけ回され、下層に追い込まれたジャック&ローズが見かけた親子。
子供が一人で泣きじゃくっており、ジャックが救助しようとした。
しかしパニックになった父親が現れ、ジャックから子供を引き剥がし、出口とは逆方向へと走って行ってしまった。
その直後流れ込んできた海水に押し潰され、どこかへと流されていった。


  • トーマス・バイルズ神父★
演:ジェームズ・ランカスター

船が沈む際に船尾に居合わせた乗客たちに向かって聖書の暗唱を行っていた人物。周りの人々もすがるように祈りを捧げていた。
史実ではアメリカで行われる弟の結婚式へと向かうために乗船し、事件に巻き込まれた。
生存者の証言によると、ボートが全て出払ってしまい絶望する乗客たちの傍らで沈没する直前まで懺悔を聞き届け、赦しを与えていたという。


タイタニック号乗務員

  • ジョン・エドワード・スミス★
演:バーナード・ヒル
(吹替:大木民夫/久米明)

タイタニック号の船長。この航海を最後に引退する予定であった。
事故発生後は救命胴衣の着用を乗客に促す、救難信号を送信する、女子供を優先的に救命ボートに乗せるようにするなどの沈没に対する備えを乗務員に指示した。
最期はタイタニック号が沈没する際に操舵室へと一人籠り、タイタニック号と運命を共にした。

操舵室のガラスを割って大量の水が流れ込む最期のシーンは演じているのはスタントだが、カメラはダイビングスーツを着用したキャメロン自ら操作して撮影に臨んだ。監督曰く「二度とやりたくない」。

史実ではスミス船長の最後はよく解っていない。
映画のように操舵室に向かったという説もあれば、船内のホール、沈没後の海上で見たという説、カルパチア号で見かけたという生存説まである。


  • ウィリアム・マードック★
演:イワン・スチュワート
(吹替:田原アルノ/原康義)

タイタニック号の一等航海士。
船長が席を外した夜間に船の指揮を執っていたが、氷山の発見が間に合わず船体を掠めてしまった。
事故発生後は右舷で乗客に避難の指示をする。



  • チャールズ・ライトラー★
演:ジョニー・フィリップス
(吹替:諸角憲一/家中宏)

タイタニック号の二等航海士。
事故発生後はマードックとは反対側の左舷救命艇を担当した。制服ではなくセーター姿なのは事故当時非番だったから。

アンドリュースに空席だらけの救命艇を降ろしているのを叱られるが「満杯に乗せたら沈んでしまうかもしれない」と目を剥いて言い返している。避難訓練や救命艇に関する周知がいかに杜撰だったかを表す台詞である。
彼は婦女子優先を厳守して空席があっても男を救命艇に乗せなかったためキャルは上述の通り反対側のマードックを買収して席を確保する。

史実では沈没後転覆していた救命艇にたどり着き、一晩中逆さまのボートの上でバランスを取り続けて生還した。
映画の中でも裏返ったボートにしがみ付いている姿が一瞬映っている。


  • チャールズ・ジョーキン★
演:リアム・タオイー

タイタニック号の乗客に食事を提供する料理人の一人で、パン焼きの職人。
酒好きで、タイタニック号が徐々に浸水していく際にもスキットルを常に携行して酒を飲んでいた。
劇中ではジャックとローズが船尾に登ったシーンにチラッと登場する。

海に投げ出された人々の中でも生還できた数少ない人物。*15
生き延びた彼はタイタニック号沈没事故に関して多くの証言を残しており、本作の製作にも大きな影響を与えたという。
このことから、バラエティ番組等でタイタニック号のことが取り扱われる際に名前が出てくることも多い。


  • 音楽隊★
一等客向けのレストランなどで演奏を行う音楽隊。
(船会社の職員ではなく音楽事務所から派遣されて乗船していた楽団員であり、正確には乗務員ではなく2等船客の立場である。)
食事のときも、船が沈没するときにも誰も彼らの演奏を聴いていなかった。
???「溺れるときにも音楽が聴けるのか、贅沢だな!」
一通り演奏し終え、もう船が限界を迎えたところで避難を開始して解散した…と思いきや再び集結し、最期の一仕事を全うする。
『主よ御許に近づかん』を演奏する場面は沈みゆく船内での人々の様子と相まって涙なしでは見られない名シーン。*16
多数の証言によれば最後の最後まで演奏を続けていたという。

余談だがバンドマスターでバイオリン奏者のウォレス・ハートリーの使っていたバイオリンは本人の遺体と共に発見されて現存しており、
オークションにかけられた際は90万ポンド(約1億4200万円)という高額で取り引きされた。


現代

  • ブロック・ロベット
演:ビル・パクストン
(吹替:石塚運昇/堀内賢雄)

三年間タイタニック号に眠る宝石「青き海の心」を探し求めていたトレジャーハンター。
沈没したタイタニック号から美しい女性の裸婦画を発掘したことで、当事者であるローズと出会う。
演じているのはキャメロン作品ではお馴染みの俳優であり、エイリアン2ハドソントゥルーライズのスケコマシ男サイモンで有名。

ローズの話を聞き、タイタニックのことを何もわかっていなかったとして「青き海の心」を諦めた。
そして「青き海の心」を見つけたときに吸おうとしていた、とっておきの葉巻をタイタニック号に捧げた。


  • ルイス・ボーディーン
演:ルイス・アバナシー
(吹替:池田勝/岩崎ひろし)

ロベットの相棒のトレジャーハンター。
被災者本人を前にして沈没の過程を嬉しそうに語る無神経なデブメガネだが遠隔ロボットの捜査の腕はピカイチ。
当初ローズの事を世間の注目を浴びたい婆さんとしか見ていなかったが
徐々にローズの話に引き込まれて行く。

キャメロンが友人のタイタニック研究者をモデルに描いた人物で演じているのは本人である。


  • ローズ・カルバート
演:グロリア・スチュアート
(吹替:佐々木すみ江/京田尚子)

101歳となったローズ。一人の孫娘と一緒に暮らしている。
裸婦画が発掘されたことからロベット達と連絡を取り、彼らに過去の出来事を話す。




余談


ジャックは架空の人物ではあるが、偶然にも事故に巻き込まれた人物にイニシャルが同じ「ジョセフ・ドーソン」氏が実在しており、映画を見たファンが氏の墓所を訪れる事もあった様子。

ジャックを演じたディカプリオは当時23歳であり、端正な顔立ちから人気が爆発。日本でも「レオ様」と呼ばれてブームが起きるなど、一躍スターダムに躍り出た。

ローズの裸婦画を描くシーンを描いているのはキャメロン監督の手である。実際には利き手が逆なため左右反転している。

また当該シーンで服を脱いだローズにジャックがうっかり「ソファーに」と間違えて「ベッドに横たわって」と口走ってしまったのはアドリブ
……というよりディカプリオの素。
本来ならミスだったのだがキャメロン監督が「この方が『らしい』」と判断した事でそのまま採用されたという。

ちなみに本作のラブロマンスという作風はアクション系を主とする監督の作品としては異質と思われがちだが、男女の運命的な出逢いと交流、逆境に立ち向かう姿勢といったシナリオは出世作である『ターミネーター』と重なっていることから、実は原点回帰の作品ともいえる。参照→https://type-r.hatenablog.com/entry/20050131

本作が世界的ヒット作になった事で今日の日本で「映画タイタニック」と言えば特に断りが無い限り専ら本作を指すが、
「タイタニック」というタイトルのタイタニック号沈没事故を描いた映画は本作以前にも複数存在する。
タイタニック号沈没事故をモチーフにした映画自体は更に多く、中には1912年5月14日封切作品(タイタニック号沈没の一ヶ月後!)というものも。*19
敢えて呼び分けるなら本項目の作品は「1997年版タイタニック」「キャメロン版タイタニック」と呼ぶ事になるか。

映画アルマゲドンは本作のヒットの影響を受けて感動路線に変更、ラストの展開が当初の予定から修正されたとの逸話がある。

2001年にフジテレビで初の地上波公開となった本作だが、30%と高視聴率の割にジャックとローズの両主演の吹き替えキャストが案の定というべきか滑舌が悪いなどで評判が悪く、タレント吹き替えの悪例の一つとして引き合いに出される事が多い。



パロディ作品


本作のパロディ作品として、親指に服を着せ、顔をCG合成したキャラクターで進行する親指タイタニック(原題「Thumbtanic(サムタニック)」)が作られている*20
その他にも本作のヒットに便乗し公開後にタイタニック沈没をテーマにしたアニメーション映画が2作品公開されているが、内容は……。

2010年には「タイタニック2012」という、
タイタニック号沈没事故から100年後となる2012年にタイタニック2世号と名付けられた豪華客船がまたも氷山と衝突事故を起こすという映画が作られている。
原題はそのものズバリTitanic IIだが、本作とは一切関係無い。内容もロマンス要素は無く純然たるパニック映画である。
なおこのTitanic IIを製作したアサイラム社は数々のパロディB級映画やシャークネードシリーズで有名である。








貴方はここにいる

恐れるものは何も無い

私の心は貴方と共にあると確信している

私たちはずっとこの道を共に歩む

貴方はいつまでも私の心の中に

私の心は貴方と共に生き続ける






追記・修正は毎晩夢の中で出会える大切な人と共にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月15日 15:06

*1 実在の人物がモブとして登場している事もある。

*2 2位は『アベンジャーズ/エンドゲーム』、1位は『アバター』。

*3 2位は『千と千尋の神隠し』、1位は『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』。

*4 2021年現在、地上波ゴールデンタイムで全編通しで放送されたのは2004年のフジテレビ系での放送が唯一である。

*5 訳によっては「碧洋のハート」ともされる。ハート型の青いダイヤモンド、実在する宝石ホープ・ダイヤモンドがモデルと思われる。

*6 宝石関連はキャル達のマッチポンプだが、その辺にいた金持ちが置いていた上着と帽子を無断で借りパクするという犯罪を実際にやらかしていた

*7 一応、劇中では「二人で乗ろうとしたら沈みかけたので、ジャックがローズだけ乗るように促した」と描写されている

*8 この話を聞いたキャルやイズメイは、フロイトが誰なのかわかっていなさそうな反応をした

*9 最後の登場場面で頭から血を流していたのはこの時に負った傷

*10 船の底から水が入ってくるので下の階には絶対に行かないと心理を逆手に取られ階段の所でジャック達が下の階へ行ったのに対し、上の階へと行ってしまった。

*11 ちなみに彼と男Aの手札はブタ、男Bの手札はツーペアだった。

*12 ダンスシーンで彼と一緒に踊っていた女性。ジャック達と再会した際に離れ離れになり、彼女も沈没寸前まで生き延びたが、船尾が真上になった際に転落死した

*13 史実では甲板に二人で寄り添い、覆った波にさらわれたとの事で、その瞬間まで腕を組んでいたとも言われている。

*14 ただし、自殺説の証言も出ており実際に本作以外にこの説を取った作品も出ている。

*15 海に投げ出される寸前までアルコールを大量に摂取していたことで、冷たい海に浸かっていても体温を保つことができたと考えられている。但し、通常は「酒を飲んで体温を高める」メリットより「酔う」「眠くなる」デメリットが上回るため、海に投げ出された時の飲酒は推奨されない。あくまで例外、特別な事例と見るべきであろう。

*16 この曲を演奏していたというのが当時からの通説で楽団長の墓碑にも刻まれているが、当時から別の曲だったという証言もある。

*17 101歳という年齢を鑑みれば老衰でも全く不思議は無い。

*18 主題歌の歌詞の内容も「あなたをいつも夢の中で感じている」「あなたは私の中で生きている」という内容である。

*19 なお、この作品「Saved from the Titanic」はフィルムが火災で喪失しているため現在は視聴不可能。

*20 以前には同じく親指でスターウォーズをパロディしている作品もリリースされている。