金持ちキャラ

登録日:2012/04/06 Fri 09:34:57
更新日:2020/05/30 Sat 14:03:43
所要時間:約 7 分で読めます




ハハハハ! Wiki籠りのスーパー貧乏人諸君!
今日も貧しい食事の後に貧しい趣味のアニヲタWikiかい?
全く、貧乏人は感性すらも貧しくなるから困っちゃうよね!
しょうがないから恵んであげよう。浅ましく拾いたまえ。



あんまり哀れだから、今日は僕たち金持ちキャラについて解説してあげよう!


金持ちキャラとは、漫画やアニメ、ドラマ、小説などの創作物に出てくる文字通りお金持ちなキャラクターさ!
君たちには「お坊っちゃん」「お嬢様」なイメージが強いだろうが、
これは、やはり漫画やアニメは視聴者が感情移入しやすいように年齢層を下げられる事が要因だろう。
よって、大抵は「親(実家)が金持ちだから金持ち」と言う型になるわけさ!

あえてベタベタなステレオタイプを挙げるなら、


◆男子
  • 長髪もしくは七三分け。
  • 流し目で美形、ハンサム。
  • 私服がクラバットクリーズ。
  • 笑い声は「ハッハッハ!」と威風堂々たる高笑い。
  • 「おっとすまないねベイベー」とか「下がっていたまえセニョリータ」など外国語混じりで話す。
  • 大切に育てられてるせいもあり、素の性格は臆病・ヘタレ(一部除く)。
  • 18歳以上ならポルシェ・フェラーリ・ベンツといった高級車を乗り回している。
  • 猫舌(骨川スネ夫や赤司征十郎など)
  • チャラ男

◆女子
  • 縦巻きロールで不良でも無いのに金髪(ゴージャスさの視覚的表現?)、もしくは綺麗な和風黒髪長髪(いわゆるお姫様カット)。
  • 肩の部分が膨らんだドレス、あるいは大和撫子な着物姿
  • 笑い声は「オーホッホッホ!」の威風堂々たる高笑い。慎ましい方は口許を抑えて上品に「うふふ」。
  • 「~ですわ」といった丁寧な口調。
  • 大切に育てられているためか病弱の割合高し。
  • ピアノ、ヴァイオリン、茶道、華道、バレエ、ダンスなどを習っている。


■男女共通
  • 両親のことは「パパ・ママ」もしくは「お父様・お母様」、古風な家なら「父上・母上」と呼ぶ。
  • 家は大会社を経営している、もしくは貴族・王族(の子孫)といった由緒ある家柄。
  • 毎日リムジンで送り迎え。
  • 大体山一つぐらいの敷地の家。
  • 英才教育を施されたおかげでやたらとハイスペック。
  • 語学なら英語かフランス語、楽器ならピアノかヴァイオリンが得意。
  • スポーツならテニスが得意。格闘技を修めている人も。
  • ナルシスト。
  • 親の決めた許嫁がいる。

■中年以上
  • 葉巻を吸いながら執務机みたいな立派な机に座っているのが初登場。
  • 好きな酒はブランデー。
  • 夜はバスローブ。
  • 美食で肥えたのか中年太り。
  • 男性ならば立派で気品あるお髭。
  • 女性は高価な宝石を身に着けている。
  • 執事や秘書、あるいは「右腕」と呼ばれる存在の人物がそばに控えている。
  • お札で汗を拭く。
  • ペットは猫で、膝の上にのせていることが多い。

などが、まあ、貧乏人諸君から見てもわかりやすい金持ちキャラ像かな!?
ハッハッハ!


ついでに、

  • 家は勿論ゴージャス。
  • お客様は高級な紅茶とお菓子でおもてなし。
  • 専属の執事かメイドがいて、その人は武術の達人。
  • 長期休暇は軽井沢の別荘かハワイや地中海でクルーズ。
  • 外国人と知り合いだったり有名人とコネがあったりする。
  • 何かというと札束をバラまきたがる。
  • 意外と純朴だったり色恋沙汰にはウブだったりする。
  • カップラーメンの作り方を知らない。というか食べたことない。
  • 庶民の友人を気軽に海外に連れて行ってくれる。
  • 東京都内にどう考えても東京都の面積より広い土地を持ってたりする。
  • なんかの拍子に没落することもある(その後復活したりもする)。



などが挙げられるかな。

そんな彼ら彼女らが何故か庶民に混じって生活するのは、家のしきたりでとか、親の言いつけとかの理由が多いかな。
おっと、「学園の理事長の子(孫)」のパターンもあるな。
あ、庶民の主人公が我々金持ちの世界に混ざってるパターンも王道だね。

彼ら彼女らの性格は、猪狩守などのように傲慢で金持ちな事を鼻にかけるイジワルキャラな場合もあるが、
猪狩進などのように割りと気さくなイイヤツだったりもする。
そして、上流家庭の事しか知らない「世間知らず」だから、庶民の生活に一喜一憂する様もよく見られるね。
まあ、その様子を「おバカ」と取るか「純粋無垢」と取るかは君次第さ。
フィクションにおいては、主人公達の行動に「大量の資金や大がかりな施設がいる」時などに駆り出しやすい事もあってか、よく出される存在ではある。
「困った時の金持ち頼り」……
これは、小市民である主人公達だけでなく作者の思いでもあるのかもね!


■主な金持ちキャラ





後はこれを参考にしたまえ→お嬢様
そうそう、君たちにお似合いの項目を見つけたよ→貧乏キャラ

それじゃ、僕は乗馬のお稽古の時間だから、追記、修正は、暇な貧乏庶民諸君がやっていてくれたまえ!
ハッハッハ!





プルルル……
もしもし。

父「スマン麗次、倒産した」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/