マティアス

初出:第311話*1or 第285話*2名前の初出:第367話

声(ドラマCD第3弾):梅原裕一郎

家族構成

父:グラオザム(ゲオルギーネに名を捧げている)
母:ロイエーア(ゲオルギーネに名を捧げている)
 兄:*3(13年にゲオルギーネに名を捧げた)
 兄:ヤンリック(13年にゲオルギーネに名を捧げた)

容姿

髪の色:濃い紫
000000000
瞳の色:青
000000000
濃い紫の髪に青の瞳。

地位

階級:中級貴族
職種:騎士見習い→騎士・ローゼマインの側近

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+2*4
  • 誕生季:冬*5
  • 洗礼時の属性(適性):火風土*6
  • 加護の再取得:武勇、退魔*7
  • 534話以降の属性:全属性

マティアス視点の回

書籍第十七巻 プロローグ
第456話 閑話 選択の時

作中での活躍

ゲルラッハ子爵の末息子で、上級に近い中級騎士見習い。
ラウレンツと共に旧ヴェローニカ派の子供達の中心にいる。
家族内で唯一ローゼマインと間近で接しており貴族院での活躍や方針から、領主一族の鑑と思っている。
アウレーリア達の星結びの儀式で旧ヴェローニカ派がローゼマイン達の強襲を計画した際、ローデリヒを通じて情報を流して未然に防がれた。
ターニスベファレン討伐時に名捧げに十分な品質の素材を得ていたが、親には隠す。
あまり期待をかけられずに育ったせいか、冷静に家族を見ている。名を捧げて、それに翻弄される者を知っているため、慎重*8

――目の前にいて話をしているのに、自分ではなく、別の何かを見据えている。
これまで特に褒めてもくれなかったのに、マティアスが優秀者になったことをゲオルギーネに得意げに語る。――そのような父親をもった反動か、
真っ直ぐに相手を見、次代の育成に力を入れ、敵味方関係なく公正に評価し、敵対派閥の出自であっても受け入れて大事にするローゼマインに
強い思い入れを持っている*9
その為、貴族院で、自分と旧ヴェローニカ派の子供達の未来を決める選択をする際に、
「私が仕えたいと思うのはゲオルギーネ様ではなく、ローゼマイン様だ」という基準で心を定め、
旧ヴェローニカ派の子供達の命を助けるために、ゲオルギーネの集会での情報を流し、ローゼマインに名を捧げた*10
その後も、洗礼前の子供達に対する救済を知ったこと、名を受け入れ命を救ってもらったこと、表彰に際して誇りを守る言葉をかけてくれたこと*11
ゲルラッハ救出戦に乗り出しグラオザムに対して予想外な策を打ち続けた*12ことなどから、ローゼマインを主と思う心を強めている。


名を捧げて側近入りした後、ローゼマインの要望を叶えられなかった自分に落ち込んだり*13
表彰の場に向かう直前にローゼマインに対し跪き最大の感謝の意を示したり*14
「一生ついて行くつもりで名を捧げていますから、返すと安易に言われずによかった」とローゼマインに告げたり*15
父親に対して「神々に愛されている私の主」とか「貴方は平民と呼びますが、私の主はローゼマイン様以外にあり得ません」とか宣言したり*16と、ハルトムートのようには目立たないがその能力はもちろん自身や敵対派閥の者も含め周囲に心を配るローゼマインに心から忠誠を誓っている。
一方、魔力を捧げたことはあっても酬いられたことはなく部下の誇りや身を守ったりすることもなかったゲオルギーネへの父の忠誠は、「何故ここまで……」と父の最期においても呟くなど最後まで理解することはなかった*17。とはいえ、グラオザムもゲオルギーネは部下にきちんと報いているかと問われると反論せず激昂し、最期にはマティアスからの問いかけを厭うような素振りからゲオルギーネに不満がなかったわけではない様子が散見された。

器用であちらこちらに指示を出しつつ、弓矢で援護したりする。
初心で、録音の魔術具に愛の言葉を吹き込むことになると、気の毒なくらいに動揺した。
貴族院の寮食で、ローゼマインの考案したスープや野菜煮込みを食べて、野菜のうまさに開眼した。
肉より野菜料理の方が好きだが、少しでも体格を良くしたくて頑張って肉を食べてる。*18
4・5年生の表彰式で優秀生に選ばれた。
罪を犯したグラオザムの息子であることや、ローゼマインと共に中央へ向かう事を考えて、婚約相手を探さなかった。
卒業式のエスコートはオティーリエに引き受けてもらった。*19

15年春に勃発したアーレンスバッハとの礎争奪戦では、ローゼマインと共にアーレンスバッハへ乗り込む。
ランツェナーヴェの銀の船の攻略に参戦し、エーヴィリーベの剣で凍らせた。
ローゼマインの体調が治ってからは、ゲオルギーネ一派を追ってエーレンフェストへと向かう。
故郷であるゲルラッハ領へ侵攻した旧ベルケシュトック騎士団やギーベ軍、そして暗躍するグラオザムに怒りを募らせた。*20
ゲルラッハの夏の館をグラオザムに奪われ、後釜のゲルラッハの貴族達を壊滅させられたことから、自身の手で討つことを決意する。
館の防衛機能で血族と領主一族しか入れなくされたため、ローゼマインと共に夏の館へと潜入した。*21
グラオザムと対峙するも、ボニファティウスとの戦闘を前提としていた高度な魔術具に圧倒される。*22
ローゼマインから神々の祝福を受けて、グラオザムと対等に戦って消耗させた。

経歴

前01年 誕生
06年  洗礼式
09年冬 貴族院に入学
12年頃 父親がゲオルギーネから教えられた魔力の圧縮方法(二段階)を伝授される。*23
12年夏 強襲計画の存在をローゼマインの側近に密告する。*24
12年冬 ターニスベファレンの素材の取得権を得て、名捧げ石に使用可能な魔石を手に入れる。*25
     4年生の表彰式で優秀者に選ばれる。*26
13年夏 ゲオルギーネと初面談する。名捧げに関しては時期尚早と辞退する。*27
13年冬 エーレンフェスト寮でゲオルギーネの礎簒奪予告を告発する。*28
     ローゼマインに名を捧げ、側近に就任する。*29
     5年生の表彰式で優秀者に選ばれる。*30
     ギーベの館の調査に同行し、血族限定の扉を開放する。*31
     エーレンフェスト神殿で加護の再取得の儀式を行い、全属性になる。*32
14年冬 貴族院を卒業する。
     ゲルラッハへ罠の確認に赴く*33
15年春 アーレンスバッハの礎取りディッターに同行する。*34
     アーレンスバッハの神殿に先行し清めを行う。
     ランツェナーヴェの船攻略戦で、エーヴィリーベの剣をシュタープで作り出し攻撃する。*35
     ゲルラッハ攻防戦に参加する。*36
     貴族院防衛戦に同行する*37
     アレキサンドリアに移籍する。

作者コメント

第456話 後書き
旧ヴェローニカ派の子供達の中心にいるのはマティアスとラウレンツです。
二人が名捧げをし、ローデリヒが言葉を重ねることで旧ヴェローニカ派の子供達は命を長らえることができました。
2015年 11月29日 活動報告
どうでもいい設定が結構あります。
マティアスは貴族院の寮食でローゼマインの考案したスープや野菜煮込みを食べて野菜のうまさに開眼した。肉より野菜料理の方が好きだけれど、少しでも体格を良くしたくて頑張ってお肉を食べているとか。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ゲオルギーネに関する「名捧げした部下であろうと~といった行為がない」という説明は、余計かな?と思う。「~」で示す内容を認識する前から理解できないと思っていたようなので、マティアスの「父親が理解できない」という考えに、ゲオの人間性は関係ない。逆に、ゲオの説明をつけると、条件が制限されるので、そういう人間でなければ、理解できるということになってしまう。 - 2018-03-14 07:26:42
    • 時系列的に、ゲオルギーネを中心にした父親の考え方は理解できないと考えている13年冬時点では、さすが父上の主という認識(第456話)であり、ゲオルギーネが自分の野望を達成する道具としてしか扱わない、部下に報いない人間であるとの判断に至っているようには見えない。流れ的に、そのような印象を抱くに至ったのは、15年春の故郷を襲わせ、身体を改造させという有様を目にしたことと、ロゼマのあり方を身近で見て対比するようになったことからだと思われる。 - 2018-03-14 07:27:06
      • 「さすが父上の主」というのは貴族特有の婉曲な言い回しでしょ。友達との会話でも他人を悪し様に言うタイプでもないし、 - 2018-03-14 08:15:19
      • 「さすが(自分の主しか目に入ってない)父上の主」という意味でしょ。「狂おしいほどに主を求める父上の目にそっくりだった。目の前にいて話をしているのに、自分ではなく、別の何かを見据えている。それ以外の何も見えていない目だ。」って評価してるんだから。 - 2018-03-14 17:37:40
        • なるほど。「さすが(自分の主しか目に入ってない)父上の主」という解釈はありだね。その一方で、「ゲオルギーネ様の寵臣とも言える父上と私達一族が主流に返り咲くだけの話」という述懐もしている(第456話)から、この時点では、ゲオは臣下に報いてくれる(忠誠にこたえて重用し主流に据えてくれる)人物と認識しているとも言える。 - 2018-03-15 06:38:35
          • 忠実な部下を重用し主流に据えるのは至極当然のことだから、たぶんこの時から本来は自分の職務外のことで魔力を捧げるという本来ありえないことをしている父に少しも魔力でもって応えようとしてないゲオに思うところはあったんじゃなかろうか?魔力とは自分の一部で他人のために使うなんてまずありえないって価値観みたいだし。 - 2018-03-16 23:22:40
    • 横からですが、余計ないし冗長というのには賛同します。コンパクトにまとめました。 - 2018-03-14 19:13:42
      • お疲れ様でした。 - 2018-03-15 06:57:58
        • 個人的には、13年冬時点では、主第一(主至上主義)な考え方自体が理解不能と考えていたと解釈しています。エックハルトやハルトムートも同じ括りに入る範囲が、「理解不能」の対象的な。  主至上主義な父親が理解できないと思っていた息子が、長じて(別の相手とは言え、父親同様に)主至上主義の気が出てきたというところに、話やキャラとしての業的な面白さを入れているのかな~と思いながら読んだという感じですね。 - 2018-03-15 06:58:29
  • マティアス達の将来性はどうなんだろう。領主に名捧げしてるとは言え、粛清を受けて連座になる筈だった貴族···結婚とか望めるのかな。父親グラオザムはアーレン亡命してゲルギオーネにまた爵位貰ってたんだっけ?領地移ったら経歴とか関係ないの? (2019-10-23 15:36:20)
    • ゲオルギーネは、マティアスの父親・グラオザムに身元を詐称させて、側近として仕えさせていた模様。グラオザムの犯罪はエーレンフェストに於いてのものが多く、アレキサンドリアにその被害者はほとんどいない。「父親はマティアスの汚点ではない」と断言はできないが、「アウブ・アレキサンドリアの信任篤い側近」という名声はそれを補ってあまりあるだろう。アウブとアウブ配双方が重用し、厄介な親族を持たず上級貴族並の魔力を持つ側近と、アレキサンドリアで将来性が今一つな中級貴族と、 (2019-10-23 18:36:31)
    • ゲオルギーネは、マティアスの父親・グラオザムに身元を詐称させて、側近として仕えさせていた模様。グラオザムの犯罪はエーレンフェストに於いてのものが多く、アレキサンドリアにその被害者はほとんどいない。「父親はマティアスの汚点ではない」と断言はできないが、「アウブ・アレキサンドリアの信任篤い側近」という名声はそれを補ってあまりあるだろう。「領地トップに重用されており、厄介な親族を持たず上級貴族並の魔力を持つ。優秀者で実戦経験もあるアウブ側近」と、「アレキサンドリア出身だが普通の成績・無名な中級貴族」。どちらが将来性があって、縁談が持ち込まれると思いますか? (2019-10-23 18:43:45)
    • 三代連続上級貴族並の魔力を持つ三代目なので順当に行けば上級へ昇格可能。そして上級貴族になれば筆頭側仕えリーゼレータの婚約者としても有望。あの可愛い顔からしてさぞやウサ耳も似合うことでしょう(笑) (2019-10-23 19:02:18)
      • 書籍版第四部Vプロローグで、長兄の子が上級貴族並の魔力を示せばと,仮定形で (2019-10-24 00:05:13)
        • (途中送信、失礼)記されている=過去形ではないことから、長兄=グラオザムの長男=マティアスの一番上の兄となる。その長兄の子が三代目なので、マティアスは二代目。 (2019-10-24 00:10:44)
          • 長兄シドニウスがギーベ・ヴィルトル(シドニウス)と同一人物なら、その子(ラウレンツ)は上級貴族並の魔力を示し済なので、仮定形(示せば)ではなく過去形(示したので)になる。 (2019-10-24 00:13:05)
            • 主題と関係なくて失礼。ギーベ・ヴィルトルの後継は長男フロイデンと定まっていたかもしれない。中級貴族と星を結んだ長男が上級貴族並と認められたという記述はない(G式魔力圧縮法を教える許可を得たのは、彼の卒業後)。ラウレンツは上級貴族並の魔力はあるが、名捧げを強いられるのを警戒して、控えめに示していたかもしれない。すべて仮定と憶測だが。 (2019-10-24 09:11:08)
              • 領地の礎に魔力登録をするのは洗礼式の時なので、家系の子が上級貴族並みかどうかの判断は、その時にされるのだと思う(推定だけど)。 ちなみに電子版では「長兄シドニウスの子」が「長兄の子」に改定されされているとのこと(グラオザムの頁のコメント書き込み有)なので、グラオザムの長兄(=長男)とギーベ・ヴィルトル(シドニウス)は別人で確定かと。 (2019-10-24 21:21:42)
      • フロイデンと同世代のシキコーザが側近の孫世代であることから、ガブリエラの曾孫(三代目:アルステーデ(ロゼマ+10歳程度)以降)と、ガブリエラの側近達の孫(二代目)の世代が重なるとみて良いかなと思う。 (2019-10-24 22:07:24)
        • ×ガブリエラ  ○ガブリエーレ (2019-10-24 22:11:10)
        • ガブリエーレの嫁入り ⇒ ガブリエーレが領地に馴染もうとしなかったことから(※1)次期領主候補だった夫と共に上級貴族落ち ⇒ 領地内の上級貴族が側近の嫁入り拒否(領主の抑え込み指示に協力(※2)) ⇒ 中級貴族を懐柔 ⇒ 側近が中級貴族に嫁入り という段階を踏んでいるので、ガブリエーレの結婚・出産時期に対し、同行した側近達の結婚・出産時期は大幅に遅れているのは妥当かなと。 ※1 本好きの下剋上 設定等まとめ「ふぁんぶっく4 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン」 ※2 本好きの下剋上 設定等まとめ「ふぁんぶっく3 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン」 (2019-10-24 22:16:52)

*1 第376話で「トラウゴットと同じように魔力圧縮の方法を知らないことで魔力の伸びが良くないことを嘆き、成人するまで自分で派閥を選ぶことができないことを悔しがっていた記憶がある」とあることから、第311話の該当台詞の発言者はマティアス

*2 旧ヴェローニカ派の中心人物であることから、「ローゼマイン様、私が集めた情報でも公平に評価してくださるのですか?」「疎まれている者の立場もお考えください」の発言はマティアスの可能性が高い

*3 書籍版第四部Vの初版第一刷でのみ、プロローグにて、シドニウスと記載されている。電子版では名前が削除されたことから、長男にギーベ・ヴィルトルの名を貰ったのではなく、単純な誤記と考えられる

*4 ローゼマインが3年生の冬に5年生 第456話

*5 ふぁんぶっく4 キャラクター設計資料

*6 第534話

*7 第534話

*8 第376話

*9 第456話

*10 第456話

*11 第514話

*12 第617話、第618話

*13 第505話

*14 第514話

*15 第560話

*16 第618話

*17 第456話、第618話

*18 http://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/372556/blogkey/1289824/

*19 第587話 帰ってきたわたし

*20 第615話 ゲルラッハの戦い その1

*21 第616話 ゲルラッハの戦い その2

*22 第617話 ゲルラッハの戦い その3

*23 第456話、第577話

*24 第393話

*25 第395話、第456話

*26 第425話

*27 第456話

*28 第456話

*29 第473話

*30 第514話

*31 第523話、第527話

*32 第534話

*33 第589話、第592話

*34 第600話~

*35 第610話

*36 第613話~

*37 第636話~