邪頭


「クク………
   ここまで、もろくない。

     アカゴの、腕。

        ククク………!」

名前: 邪頭(ジャズウ)
コピー: 謎のテロリスト
格闘スタイル: 邪呀殺法「極」
使用武器: カギ爪
誕生日: 不明
年齢: 不明
出身: 不明
職業: テロリスト集団「邪呀」の頭領
身長・体重: 188㎝(推定)・130㎏(推定)
血液型: 不明
趣味: 不明
大切なもの: 不明
嫌いなもの: 不明
大会参加目的: 参加はせず、傍観している
声優: 伊藤えん魔

「礼、気にいった……か?ククククク……」

風雲黙示録』の続編である『風雲スーパータッグバトル』のラスボス。
名前は「ジャズウ」と読む。
テロリスト集団「邪呀」の頭領だが、その存在を知る者は少ない。
普段はカラスの姿に化けており、「裏・獣神武闘会」を開いた真獅子王を監視していたが、
真獅子王が倒されると彼にトドメを刺し、「礼」と称してプレイヤーキャラのタッグに襲いかかってくる。

後に『KOF XI』にも、風雲代表としてショー・疾風と共にまさかの乱入キャラとして登場した。
ちなみに「邪頭」という漢字表記は、実はこの作品で初めて明らかになったもので、
『風雲STB』では常に「ジャズウ」と片仮名表記だった。


「クク…ワシ…ジャズウ…
 おまえたちの…おかげ…手間…はぶけた。
 くれてやる…ククッ!じょうとうな…死」
プロフィールは「不明」だらけで、口調は何故か片言。奇妙な仮面のせいで素顔も謎。
真獅子王の居城を謎の呪術でおどろおどろしい形に変えたり、こいつだけ世界観が違う
もしかしたら人間じゃないのかもしれない、と言うか明らかに人間じゃない

格闘スタイルは通常キャラの牛頭(ゴズウ)&馬頭(メズウ)と同じ邪呀殺法だが、言うまでもなく性能はこちらの方が格段に上。
ちなみに、真獅子王に殺されたと思われていた牛頭馬頭兄弟の弟・鹿頭(カズウ)は、実はこの邪頭によって殺されていたらしい。
その理由は、「ゴズウとメズウに(犯人を真獅子王と思い込ませて)執念で真獅子王を倒させるため」という非情なもの。
こんな理由で殺されたカズウと濡れ衣を着せられた真獅子王、そして利用されていたゴズウ&メズウが憐れである…。

 また、大きな特徴としてゴズウとメズウの必殺技である陽炎拳&陽炎脚を持っているのだが、
 その性能は二人の逆転技である邪呀乱撃掌及び邪呀乱撃脚のものになっている。
 流石に威力は劣るが、凄まじく強い判定とリーチの長さは健在。
 ただし、『KOFXI』では調整のためか超必殺技に格上げ(格下げ?)されている。

 全体的に技の出が早く、どれも性能が高いので『KOFXI』でも上位に位置する。
 ボスとしての性能は真獅子王と同じく、総合的にSNKボスの中でもかなり高めである。

TASさんによるSTB版の邪頭の即死コンボ集
(ただしタッグなので一人目は生かしてます)


MUGENにおける邪頭

+アフロン氏製作 KOFXI仕様
  • アフロン氏製作 KOFXI仕様
現在は公開停止。
基本的に技は原作再現仕様。
サクラカ氏や緋麿氏、mage氏のAIパッチがあり、動画でも中々活躍している。

この中で最初に作られたのは緋麿氏のもの。
現在はYahoo!ブリーフケースのアカウント消失で入手不可となっているが、かつては幾つかの大会で見ることが出来た。
某大会では、爪チームの一員として爪をほとんど使わずに大活躍し、視聴者に多大なインパクトを与えた。

サクラカ氏のAIは、例によって○作大会にて配布された。
やはりと言うか何と言うか、暇さえあれば挑発するのが特徴。
現在は公開を終了しており入手は不可能。再公開もしないとのこと。

mage氏のAIは、出来る限り爪を使おうとするのが大きな特徴なのだが、
それもそのはず(?)、mage氏は上記の某大会のうp主その人である。
やはり、爪があるのに使わないのがもったいないと思ったのだろうか?
で、そのコンセプトで「それっぽくに組んでみたらこれが普通に強かった」とのこと。

改変キャラとしては、STYM氏が「Death Crow」を公開している(元ネタはPCゲーム『Fallout』シリーズに登場する同名モンスター)。
『風雲』勢では初となる神キャラである。
他にも必殺技の硬直が短くEX必殺技が搭載された「神邪頭」が存在するのだが、AIの関係上ニコMUGENでは見かけないようだ。

+大会ネタバレ
オールスターゲージ増々トーナメントでは、 2000 を超える出場者の中、見事4位に輝いた。
邪頭はこの大会で4人しかいないストリートファイターEX勢と3度も当たり、内2は退けたが、準決勝で惜しくもシャドウガイストに破れ去った。

+アフロン氏製作 風雲STB仕様
  • アフロン氏製作 風雲STB仕様
アフロン氏による2体目のジャズウ。上記の『KOFXI』版との違いを探してみるのもいいかもしれない。
避けや回り込み、ラッシングコンビネーションなどの原作システムを完備し、勝利台詞や脱衣KOも実装済み
『STB』仕様なので陽炎拳&陽炎脚も当然普通の必殺技扱いであり、
逆転技の「邪呀絶命柱」も原作通りライフ半分以下で使い放題となる
また、原作には存在しなかったゴズウとメズウ風の勝ちポーズも搭載されている。
原作同様のやたら長い妖術イントロもあるが、原作を再現したステージを使用しないと意味不明かもしれない。
ちなみにこのイントロ、妖術を唱える前にジャズウへ変化するカラスが地面に突き刺さった真獅子王の剣、
「ソード・オブ・レオ」に乗っているのだが、たまに剣が真獅子王に突き刺さっており、
イントロを飛ばさなければそのラウンド中は剣に貫かれた真獅子王がステージに残る。
胸に剣が刺しっぱなしで放置されている姿は少し気の毒である。どっこい生きてる剣の下。

mage氏と壱鬼馬氏によるAIパッチが公開中。ちなみに両方共バグ修正も兼ねている。
mage氏版は絶望的とも言える凄まじい強さを持ち、ガードの困難な中段・下段各種飛び道具による圧倒的制圧力で相手を封殺する。
固められればガードキャンセルで瞬時に切り返し、チャンスがあれば的確にコンボを繋ぐ。超必殺技を使わないのが玉に瑕だが、強さに関しては申し分無い。
壱鬼馬氏版はmage氏版が使わない技やシステムも使ってくれる。大ポトレが変更されており、イントロに真獅子王やソード・オブ・レオが一切出てこない。
飛び道具をあまり使わず、隙の大きい前ダッシュで接近しながらひたすらショートレンジの格闘戦を狙うが、ガードレベルを最大にしてもあまり防御しない。
当て身投げのぶっぱが多く、キャラによっては成立するとバグる。また、通常投げと相手の攻撃がかち合うとバグることもある。
近付いて無敵対空技で削ろうとすることが多く、当然ガードされれば反撃確定である。そこに当て身のぶっぱが重なると、ハメられて完敗することも多い。

+mage氏製作 邪呀王 邪頭
  • mage氏製作 邪呀王 邪頭
上記アフロン氏の『XI』仕様の改変版。『風雲』勢では初の狂キャラである。
操作感覚はKOF+チェーンコンボと言った所。
ストライカーも実装しており、6ゲージの即死超必殺技も搭載。
デフォルトでAIも搭載されており、「AI.txt」の設定次第で弱体化も可能。


彼女彼女と戦っていると良く「鞍馬山でやれ」というコメントが付く。
いや彼天狗じゃないかr…いや、人じゃないかもだしやっぱ天狗なのか?


                    「クク…… おわり!

           ジゴク! いけ!


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み

出演ストーリー