ゲンガー

No.094 タイプ:ゴースト/どく
特性:のろわれボディ(30%の確率で受けた技をかなしばり状態にする)[第七世代以降]
   (ふゆう(地面タイプの技を受けない)[第六世代以前])
体重:40.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)

・メガゲンガー
タイプ:ゴースト/どく
特性 :かげふみ(相手が交代できなくなる)
体重 :40.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
入手可能ソフト:FRLG/DPt/HGSS/W/XY/SM/USUM
特攻130 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
GENGAR 60 65 60 130 75 110
ESPEON 65 65 60 130 95 110
LATIOS 80 90 80 130 110 110
MAGNEZONE 70 70 115 130 90 60
GLACEON 65 60 110 130 95 65
HEATRAN 91 90 106 130 106 77
KYUREM 125 130 90 130 90 95
VOLCANION 80 110 120 130 90 70
TAPU LELE 70 85 75 130 115 95
MAGEARNA 80 95 115 130 115 65
MEGACHARIZARD X 78 130 111 130 85 100
MEGABLAZIKEN 80 160 80 130 80 100
MEGASLOWBRO 95 75 180 130 80 30

メガシンカ HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
通常 60 65 60 130 75 110
メガシンカ 60 65 80 170 95 130

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) じめん/エスパー/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2) くさ/フェアリー
いまひとつ(1/4) どく/むし
こうかなし ノーマル/かくとう
※特性「ふゆう」により、じめん無効

雑談など

参照:ゴースト

第七世代では何とふゆう没収。メガシンカ前後で地面技が一貫するようになってしまった。
↑XYの頃からサザンと組んで使ってたけど、地面を誘えるようになったおかげで相性補完がよりよくなってむしろ歓喜した俺。
↑↑差し替え先はこの耐久性では活かしづらいようだが、どくびし回収可能になった点はどうプラスになっていくのだろうか

第六世代で技「ゴーストダイブ」が登場。
これにより進化前のゴース、ゴーストは自分の名前が付く技が存在する5体目、6体目のポケモンになった。
↑キングラーは無いぞ。キングシールドならあるが…
↑「クラブ」ハンマーのことじゃないのか?
↑アクロバットにクロスサンダーか。オクタン砲だけかと思ってたけど結構いるもんだな
↑第七世代にて新たに二体追加
ガーディアン・デ・アローラとシャドーアローズストライクか。Zワザなら他にブルームシャインエクストラもある
↑なんと盲点。これで三体だな。ピカチュートは微妙に違うからノーカンとした。

第六世代でタイプ相性による強化を最も受けたポケモン 
シャドボが鋼に等倍取れるようになりヘドロばくだんで新タイプフェアリーに弱点つけるため高いCSを生かせるようになってきたな
↑更にゲンガーのメガシンカが確定、
特性は第六世代でついに夢特性解禁と思えばすり抜けに変えられたあのポケモンもビックリな厨特性かげふみ
タイミングを見極めてメガシンカをして相手のポケモンを上手く縛る事が可能になるのか
その代わり地面技が抜群になってしまう、まるで初代の頃のゲンガーを体現したかのように見えなくもない
↑滅びの歌からの影踏みができるのか…おそろしや
↑↑↑つっても格闘読みで出してそのまま影踏みで倒すとか有利な相手に死に出ししてそのまま倒すって真似は出来ないから
今一つかみ合ってない気がする。
メガシンカしたあと一回引いておいて改めて有利な相手に後出しして狩るって感じか?

かげふみもそうだが、XYでほろびのうたとかなしばりを両立できるようになったことを忘れてもいけない。
ダブルの(トリプルも?)滅びパのメガ枠はだいたいこいつ。

ちなみにメガゲンガーの姿は図鑑でも確認できるが何故か真下(ついでに真上も)から覗く事が出来ず
闇に隠れた部分がどうなっているのか確認できない
だが、メガシンカさせてから戻して再び出した時に一瞬だけ小さな足が見える
同期の地面に体を埋めたポケモンでさえ下半身が明らかになるわけでは無いが図鑑で真下から覗く事が出来るのに…

ゲンガナイトを持たせて戦った感想としては、メガゲンガーがゴーストあくだったらどれほどよかったかと思った。
エスパーやゴースト技で殴ってくる相手にはメガで無効か等倍にし、
メガの弱点のフェアリー技で殴ってくる相手ならメガらずに毒で半減にしつつ一致ヘドロで攻撃。
読み合いにもなるだろうし、現状ではメガると地震が当たるようになる程度の差しかなくてメガらないメリットがあまりないし。
どこまで行けるかわからないけど、そのタイプ変更があれば楽しそうだなって思った。ギャラドスにあく与えるならゲンガーにもくれよ…。
↑金銀でカリンが使ってきたから、ギャラドスよりよっぽど悪になる権利はあったのになあ…
↑↑かげふみという凶特性を与えられただけでも十分強化と言えるのに、
その上タイプ変化による読み合いまで加わったらたまったもんじゃないと思う…

なおゲンガーの色違いはガブリアスほどではないが変化が微妙。ところがメガシンカすると…

ハロウィンを記念して通常では覚えないヘドロウェーブを覚えた色ゲンガーが配信された模様
http://www.pokemon.co.jp/ex/white-gengar/?a001=news
過去にもPDWで入手できたが所持している人は少なかったと思われる
↑色ヘドロウェーブはそれが初めてだな。臆病CSV固定くらいはしてほしかった物だが…
ってのはさておきゲンガーの配布XYでもう4回目だろコレw

ちなみにアニメポケットモンスタージ・オリジン序盤でテレビに登場したゲンガーはとっしん、すてみタックルというとんでも物理構成

図鑑説明の怖さに定評のある種族だが中にはちょっと可愛いものも混ざっている
ゴース
きょうふうを うけると ガスじょうの からだは みるみる ふきとばされ ちいさくなって しまう。
かぜを さけた ゴースが のきしたに あつまる。
ゴースト
くらやみにまぎれ ガスのてを のばし ひとのかたを たたくのが すき。 さわられると ふるえが とまらない。
ゲンガー
まんげつのよる かげが かってに うごきだして わらうのは ゲンガーの しわざに ちがいない。
まよなか がいとうの あかりで できた かげが じぶんを おいこして いくのは 
ゲンガーが かげに なりすまして はしって いくからだ。
ゲンガー(サンver)
とつぜん さむけに おそわれたら ゲンガーに ねらわれた しょうこ。 にげるすべは ないので あきらめろ

軒下にたくさん集まって風が止むのを待つゴース、暗闇で人を脅かして楽しむゴースト、人の影で遊ぶゲンガー。可愛いと思いません?
ちなみにゲンガーは部屋の気温を5度下げる能力を持つらしい。なんて優秀な冷房なんだ。一家に1匹欲しいですね。

メガゲンガー(色違い)「驚きの白さ!」

カントー地方の四天王、キクコの切り札
そしてエンジュジムのジムリーダー、マツバの切り札でもある。
そしてそしてヨスガジムのジムリーダー、メリッサの勝負所での切り札でもある。
切り札に抜擢された回数は全ポケモンでNo1!すごいぞーかっこいいぞー!!
↑再戦マツバのオボンのみ持ちはフワライド…いや!耐久型兼軽業発動用なだけであって切り札はゲンガーだ!

何気に霊使いの主なトレーナーでマツバは黒一点の存在。
ほかはキクコ、フヨウ、メリッサ、シキミ、アセロラと女性ばっかである。本編以外は知らん
↑ハヤト「俺も飛行使いでは黒一点なんだよな…」
↑まぁそうなんだけど、飛行使いは4人だから♂♀比1:3だし、マツバの1:5に比べたら特別感ないよねw
ちなみにジョウトはそういうヤツが多い。ハヤトは飛行で黒、ツクシは虫で紅、ミカンは鋼で紅、カリンは悪で紅など
↑まてまて、ツクシは男の子だぞww
↑↑わざとだろうwまあツクシはどう見ても野郎にしか見えないんだけどなぁ
全↑タイプ別に紅一点・黒一点をまとめてみました。たたんでおくので、問題あったら加筆修正お願いします。
+...
タイプ 男性 女性 紅一点 黒一点
無し 無し
無し 無し
無し 無し
カミツレ 無し
無し 無し
無し 無し
無し 無し
無し キョウ
無し 無し
無し ハヤト
無し 無し
ビオラ 無し
無し 無し
無し マツバ
無し 無し
カリン 無し
ミカン 無し
無し 無し
↑虫0に地味に吹いたwww 今まで虫使いの女性はいなかったんだね。
↑XYで、虫使いの女性がついに登場しました!
第六世代のジムリと四天王を追加してみました
↑虫使い男4人もいるのか…って数えててあれ?となった。これ、アデクさんいれてるだろ…w
あいつ別にデンジやオーバみたく専門タイプが足りなかったわけでもないのにバッフロンやバイバニラ使ってるし
虫使いでまとめられると違和感あるなぁ。
一応イッシュの虫はアーティだし。勘違いでもう1人虫使いいたらごめん。
↑アデクは虫が多いだけで虫タイプ使いではないから変えておく
↑↑↑↑↑鋼と竜の男性って3人づつじゃない?
↑↑↑↑↑↑妖は最近追加されたタイプだから男性0ってのは仕方ないけど
もし妖使いの男性トレーナーが出るとしたらどんな容姿になるんだろう?
↑フェアリーは見た目がファンシー系揃いだから、
トレーナー自身もパティシエとか画家とか、文化系な本業を持っている人がやってそうな個人的イメージがあるな。
↑↑アーティを悪い意味で進化させたような頭がファンタジックなちょっと吹っ飛んだ考えのやばそうな人を想像した。
↑勝手ながらサンムーンでのキャプテンと島キング/クイーンと四天王を追加
この為水と地面と岩が紅一点では無くなった、その代わりゴーストと電気、鋼の男女比率が1:5(ゴースト)or5:1(電気・鋼)とだいぶ偏った。

進化前であるゴースやゴーストは浮いているが、こいつはどうみても浮いていません。
ヨマワルがサマヨールになる時みたいに特性が変わらなくて良かったものである。
↑アニメのゲンガーは特性が出来る以前も浮いている描写あり。
↑(サトシのケンタロスのじしんに対して)シゲル「ゲンガー、宙に浮いてかわすんだ!」って場面があった気がする
欲を言えば夢特性で影踏み欲しかったけどな!
↑オレンジ諸島編最後のチートカイリュー使いのユウジ戦だよ。ゲンガーに対してケンタロスの地割れを飛んでかわすように指示した
ちなみに初代の一撃技の性質上、素早さが上の相手だとあたらないので
種族値上で同速のゲンガーとケンタロスだと特性関係なく当たらない可能性がある
↑全 SMで浮遊が没収され特性が呪われボディとなった。「浮いてないから」と言うより弱体化が目的だと思われる

進化前のゴーストは無印アニメにおいてナツメの性格(てか人生)を変えるのに一役買った
…が、初代ゲームにおいてはゴーストなぞでユンゲラーに挑もうものなら即返り討ちにされる
↑あるあるそれ!ゲンガーでフーディンに挑んだら、したでなめる効かずにサイキネで死亡。攻略本が恨めしかったぜ!
↑そういえばあの当時、公式の相性表と食い違ってたよな…
↑赤緑青ピカ全てに対応しており相性のミスも訂正済みの、恐らく初代で一番詳しく高価な攻略本である
ティーツー出版「ポケットモンスター大事典」を持ってた自分は勝ち組
まあ、あれもじばく系の威力を誤表記してたり、
こうげきが一番高いポケモンとしてカイリューでなく攻撃130組の奴らを挙げていたりと間違いも多少あったけどな

最終進化前のゴースは遺伝で3色pを覚えるけど、手がないのにどうやってパンチするのかkwsk
↑サイキネで上手い感じに煙を操って手の形にしてばしっと。
↑器用すぎwww ↑↑ゴーストのパンチが当たるのも疑問。
↑大丈夫。世の中には鉄拳制裁を行う入道雲とか磁場で魂だけぶん殴る雷帝だっているんだ。
キノココ「ナカーマ」
↑5 自分自身が拳となってアタック。

昔、別コロにあった某漫画では完全な悪霊の扱いをされていた。ある遺跡を支配しており、タケシ&カスミを拉致拘束。
更にサトシ達の説得も、邪な笑みを浮かべて拒否するなど、正真正銘の悪役であった。(結局最後は強引に封印された)
↑別のでナツメの魂を取り込んだ上に捕獲後にだいばくはつした巨大ゴーストもいたなw

進化前のゴーストは体長1.6m・体重0.1kgであるが、ゲンガーは体長1.5m・体重40.5kg。
ちなみにこいつのBMIは0,039で標準体重を達成するには474倍の重さが必要。
しかし気体(ガス)から影(シャドー)に変わった途端、体重が405倍に…。
DPtの男主人公が身長1.45m・体重38.0kgであることから、ゲンガーはヒトに非常に近い大きさであることがわかる。
影の大きさは測れないので、こいつが入り込んだ影を作っている人の身長と体重にしたのだろうか。
↑ゴーストに体重が半分になるかるいしを持たせて、さらに体重を100キロ下げるボディパージをものまねさせて限界まで使うと面白そう。
↑もし、それによって「マイナスの質量を持つ物質」になったら、質量がプラスしかないという大前提で成立している物理学が崩壊するぞw
↑3 都市伝説でしかないと思われるが、ゲンガーはゴーストがピクシーにとり憑いた姿ではないかって言われている。

ゴースト時代に本体は動かさずに手だけを使って食べ物などを取ったりと横着をしていて
それで太ってしまってゲンガーになったというネタが昔あった。

銀ゴースト図鑑説明より
「ガスじょうの したで なめられると
からだの ふるえが とまらなくなり
やがては し に いたるという」
確かアニメ無印でサトシだか誰かなめられていたような気が…
↑よくあるアレだよ。「やがて」ってのが何十年も後なんだよ。
↑そろそろじゃないか?
↑そしてまたもや幽霊になって幽霊のポケモンと戯れるんですね。ただし、今度は永遠に…。
↑↑↑↑時はXY。怖い家にてセレナという新たな犠牲者が誕生しました。
↑↑↑↑↑子(し)に至るんだから加齢と相殺されて10才のままなんだろ
↑↑↑↑↑↑そして時は流れサン&ムーンにて新たに双子の犠牲者が誕生しました。そして図鑑の説明通りに体の震えがしばらく止まらなくなった。

不定形グループの親に迷ったらとりあえず高個体値のコイツをキープしておくといいかもしれない。
複数入手がそれなりに面倒なマシンわざを2種(シャドボ・しっぺがえし)覚え、
大爆発やヘドロ爆弾もドガース・ベトベター・フワンテあたりから伝達可能。
↑…というのも第四世代までの話。竹篦返しはともかくマシン技は使用回数が無限になったのは美味しい。
高個体値ゲンガー自身は勿論有用だけど。

バトルタワーやバトルサブウェイ等の施設では大活躍するポケモン。
読まれることはまずないのでみちづれが高確率で成功する。ちなみにユキメノコと並びみちづれ使いとしては最速。
↑素早さに性格補正が少なかったタワーはともかく、
ゲンガー以上の素早さのポケモンには9割方素早さ補正のあるサブウェイでは無茶苦茶使い勝手が悪いぞ、ゲンガー。
それに火力の無さゆえに遅い奴は確3、早い奴は確2になるケースが多すぎて、いいとこ道連れで共倒れが限界。気合玉は論外。
↑トータルの種族値500くらいで一致技は100以下なんだから、バカみたいに使い勝手良かったら気持ち悪いわ。
どうにか一匹倒して道づれでもう一匹倒せるかな程度。
とか言われていたのだが、メガシンカにより130族化と高火力を再取得。
影ふみがNPC相手なのでほぼ死んでいるが、滅びの歌で逃げるルーチンなどもあるので一応意味はある。
速攻アタッカーとして実に優秀で、特殊受け等もきっちり道連れしてくれる。BP溜めのお供にどうぞ

本編でも初登場時から最強クラスとして大活躍のメガゲンガーだが、ポケとるではぶっちぎりの厨性能を誇る。
メガシンカ効果はメガゲンガーを全て消すという強力なものながらメガシンカスピードは最速。
発動後はメガシンカポケが暫く振りにくい仕様も合わさり擬似的にパズポケ-1状態となり大連鎖を起こしやすい。
欠点としてはバリアや鉄ブロックに無力なところだが、それらのないステージでは等倍でも活躍する。
↑ランキングステージでもタイプ不利じゃない限りメガゲンガーいっぱいいるね

容量確保のため、ネタ成分の薄い型はポケ録に運びました。問題あれば復元してください。


初代オープニングのゲンガー型

性格:俊敏なので素早さ↑
努力値:ネタにこだわるなら均等に85ずつ
持ち物:するどいツメ
技:シャドークロー(初代には無いけど…)、どくづき(初代には…)
 ゆびをふる(ひっかく系の技が出ると信じて)ものまね(きりさく、ひっかく)

初代で電源を入れてそのままにしておくと二ドリーノとともに登場。なぜあの組み合わせなんだろう。
↑初代ではもちろん、リメイクのFRLGでもシャドクロ覚える筈が無いがなwww
↑↑ゲンガーはプロデューサー?の一番のお気に入りポケだった気がする。それがOPに出た理由になるかはわからないけど。
↑↑↑初代ではノーマルタイプだったかみつくで狙われてたから、持ち物ねらいのまともありじゃないか?

ものまねできりさく(ひっかく)をコピー。そしてニドリーノを出す!懐かしきバトルが今ここに!

まさかのパンチ型(物理型)

性格:ようき
努力:攻素252,あと適当
持ち物:(ラッキー)パンチ
技:気合パンチ、シャドーパンチ、3色パンチ、爆裂パンチ、メガトンパンチ、グロウパンチ

拳で闘うゲンガー様降臨!!!!ハピナスがびっくりだぜ!
シャドーパンチと素早さでエビワラーより強いぜ

ちなみに3色パンチが遺伝技になったので、どう見ても手のないゴースでも3つまで埋められます。
↑一応アニメでゴースはガス状の部分が手に変化してたぞ

不一致二刀型

性格:せっかち or むじゃき
努力値:攻撃252 素早さ252 特攻4
持ち物:くろいメガネ こわもてプレート
技:ふいうち あくのはどう きあいパンチ さいみんじゅつorみがわり

半減されることが少なく、先制技にも対応可能。ただし、幅を広げる為に強さを削ぎました。
↑お前はヘラクロスとドクロッグを怒らせた
↑↑お前は俺の相棒のアブソルを怒らせた。
↑↑の対策のため催眠術と身代わりの所をサイコキネシスにしてみてはどうだろう

ポケダン型【ゴース】

性格:好きなの
努力:ポケダンには努力値なんてないので適当にどうぞ
持ち物:ポケダンにも出る道具(木の実とかピントレンズとか)
確定技:催眠術、メロメロ
選択技:舌で舐める、泥棒、八つ当たり、夢くい

初代ポケダンではゴースがレベル1ダンジョン優秀ポケモンの一角として輝いておりました。
初期のレベルアップの早さから序盤からサクサク進められピンチになれば壁、水路をすりぬけての逃走が可能、
さらに稼ぎの敵となる毒が効かない火傷は水路があれば治せる(ポケダンの火傷は水上にいると治る性質がある)、
強敵無力化手段の催眠術が初期技にあると持ち込みなしで有利な要素がこれでもかと詰まっているからである。
攻撃技がほとんどマシン頼みだったり深層の化け物ども相手はしんどく逃げの一手にならざるを得なかったりと
さすがに万能ではないがそれでも初心者でも安心して使えるポケモンといえるだろう。
フーディンカクレオンと比べるとスカウトの敷居がかなり低いのも利点。

これなら清らかな森突破も夢じゃない!つよいぞー!かっこいいぞー!
なおイジワルズゲンガーはひっかくやでんこうせっか、にらみつけるを覚えている。何で無駄にチート技を…しかもショボイ
↑しかも電光石火のせいで敵ポケから逃げない(よっていく)という連れてって依頼にあるまじきウザさ
コイツを連れてくのにどれだけ苦労したことか
俺は勝手について行くんだって…指令ぐらい聞きやがれぇぇぇぇ!!!!!

ちなみにゴースト、ゲンガーで挑戦すると初期体力が少し高くなるが
その代わりゴースの最大の長所である成長の早さがなくなるため難易度がガクッと上昇する。
ゴースじゃ簡単すぎて歯ごたえないと感じた人は進化させてみましょう。

流し型

性格:おくびょう or ようき
努力値:HP252 素早さ252 防御or特防4
持ち物:くろいヘドロ たべのこし オボンのみ クラボのみ キーのみ
確定技:のろい みちづれ ねごと
選択技:ほろびのうた だいばくはつ あやしいひかり ちょうはつ

相手を流すどころか、自分が三途の川を流れる型。挑発で止まりたくないなら大爆発を入れる

レベルダメージ型

性格:おくびょう
努力値:HP素早さ252特防4
確定技:ちきゅうなげ ナイトヘッド サイコウェーブ

上の三つを同時に覚えるのはこいつとドーブルだけ!!
↑この型にいのちのたま持たせたら「いのちのたまを最大限に生かせない型」に変貌するだろう

ドレイン型

性格:せっかち or むじゃき
努力値:素早さ252 残り攻撃特攻
持ち物:おおきなねっこ
技:ギガドレイン ドレインパンチ ゆめくい さいみんじゅつ

相手のHPを吸い取る技ばかり集めた型。ゆめくいはそのままじゃ使えないので催眠術を入れてみた
この構成に出来るのはこいつと某画家だけ!催眠術を抜くとミュウも覚えられる
↑XD経由か牧場産なら完全再現可能なんだぜ。

サキュバス型

性格:おくびょう
努力値:素早さ252 残り耐久
持ち物:ゲンガナイト
優先技:さいみんじゅつ/みがわり/メロメロ/ゆめくい
候補技:みちづれ/ちょうはつ/のろい/ほろびのうた/かなしばり/たたりめ/シャドーボール

眠らせて変身して誘惑して吸収しよう。影踏みなので誘惑から逃れること叶わず。起きても下手すると動けず再び夢の世界へ。

とぐろをまくをバトンして拘束プレイというのも。

影型

性格:「影の薄い」おとなしい等
努力値:お好きに
持ち物:ゲンガナイト
技:シャドーボール/シャドークロー/かげぶんしん/シャドーパンチ/

ギラティナを参考に…何故こいつの特性は影踏みじゃないんだ…ソーナンスとスキスワも有り
↑6世代にてメガ進化、もとい影踏みを取得。持ち物には是非ともメガストーンを。

どうでもいいがこいつの分類はシャドーポケモン。ギラティナ画伯とは違うのだよギラティナ画伯とは

かいりきネ申

性格:ようきがいいかも
努力値:お好きにアレンジ。
持ち物:チイラの実
確定技:さいみんじゅつ かいりき 
その他:サイコキネシスやシャドーボールが入ってれば消防っぽいかも?

12月2日にポケサンで全国にお目見えした。
1ターン目に高速催眠術で与えた秋山への恐怖と廃人たちの希望を次の流れですべて打ち砕いたゲンガー様です。

ゴースト型

NN:ドロりん推奨
性格:とりあえずおくびょうで
努力値:すばやさととくこうに252後は好きにして
持物:広角レンズとかタスキとか
技:さいみんじゅつ/シャドーボール/10まんボルト/みちづれ 他色々

99カップで大活躍したゴーストならダイパでもきっと活躍してくれるはずだ。ゲンガーよりくさむすびに強いよ!
↑そういやゴースとゴーストは0.1kgで全ポケモン中最も軽いな、だが草結び半減にけたぐり無効だよな。

GBAの型

性格:ようき
努力値:攻撃252 素早252
持ち物:ピントレンズとか?
技:シャドーボール/ヘドロばくだん/かわらわり/だいばくはつ

GBA時代のダブルのゲンガーはおそらく大半が物理型だったはず。シャドボが物理だった時代は攻撃特化なんて当たり前でした。
ダブルでは非常に強力だったのを覚えている…いまだと中途半端な二刀型に…
↑気合いパンチはどう?

のろい物理型

性格:いじっぱり
努力値:HP252 攻撃252
持ち物:カゴ、ラム、たべのこしなど
確定技:のろい
選択技:シャドークロー、どくづき、ねむる、ふいうち、だいばくはつ、3色パンチ、ドレインパンチ、さいみんじゅつetc

のろいを積む物理型。それなりに高い素早さと特攻が無駄になるがその分読まれにくいぜ!
のろいで素早さも下がるのでふいうちとの相性もいいぞ!

…あれ?
↑この型いいな、のろい積んだらハピ突破できちゃったぜ!
↑なんとのろい一回積むと気合いパンチで防御特化ハピが乱数一発だぜ!
カウンター無効を活かしてハピに一泡吹かせてやれ!!…あれ?
↑マジレスするとゴーストだから呪いをかける技になっちゃうだろ
↑ハピナスに突き刺さるのは事実だがなw

第六世代から「ミラータイプ」がタマゴ技に追加された。相手がゴーストタイプで無ければ積み型も可能になるぞ!

ゲンガーで詰む型

確定技:どくどく/おんがえしorはかいこうせんorだいばくはつ/きあいだまorきあいパンチ/めざめるパワー(地)

見ての通りゲンガーで詰みます。
「○○で詰む」というのはネタwiki定番のツッコミの一つではありますが、その中でも最も名前が出てくるのがゲンガー。
攻撃タイプ3つ&状態異常1つ無効化、しかもすべてメジャーな技!
その脅威の耐性は、多くのページにその名を刻ませる結果を生みました。
しかし肝心のゲンガー本人にはゲンガーで詰む型がないので作ってみました。
一応メタモンやへんしんドーブルなどを完封することができます。意味ないけどね!

マツバ型

ポケスタ金銀の型
性格:無振り
努力値:均等に
持ち物:不明
技:怪しい光、10マンボルト、サイコキネシス、炎のパンチ

裏で使用してきたこの型だが、今じゃ2刀流になるなこりゃw 表は全く分からん

HGSS再戦時の型
性格:?
努力値:?
持ち物:?
確定技:シャドーボール・きあいだま・さいみんじゅつ・あやしいひかり
    シャドーボール・10まんボルト・みがわり・みちづれ

ヤマブキの格闘道場で再戦すると使ってくる。同じレベルで二匹使ってくるため、どっちの方かがわからなくて困るときも。
ところで、エンディングのときにマツバがつれていた2匹のゴースがこいつらなのかな?

みちづれ気合パンチ型

性格:ようきorいっそのこといじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:みちづれ/きあいパンチ
選択技:ふいうち/シャドークロー/どくづき/だいばくはつ

ノクタスエルレイドで強力なみちきあをゲンガーでやる型。
しかし残念。火力が乏しい! 一応だいばくはつが使えるのだが…?

グロパン積み型

性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:ゲンガナイト
確定技:まもる/グロウパンチ
選択技:ふいうち/シャドークロー/どくづき/ドレインパンチ/だいばくはつ

グロウパンチを積む物理型。脱出アイアントからメガ状態のゲンガーに繋げるのが基本。当たり前だが読まれやすい。

vsソーナンス型

性格:せっかち
努力値:攻撃252、素早さ252、HP4(好みで)
持ち物:ヒメリのみ、他
確定技:シャドークロー/くろいまなざし(PPMAX推奨)
選択技:シャドーボールとか他定番

とりあえず、後だしか何かでソーナンスに出す。
んで、黒い眼差しをしてアンコールされてもPP8もあれば切れるはず。
運が良ければミラーコートを華麗にスルー。後は、シャドークローでカウンター無視で攻撃しまくれ!

お互いの特性が影踏みじゃない限り逃げれないはず。何かあったら消してください。
↑とりあえず、前のポケモンがきれいな抜け殻持ちじゃないと後出しできない気がする。
↑とんぼ・ボルチェンでもおk カウンター無効なのでトンボお勧め。

しんかのきせきゴースト型

種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ゴースト 45 50 45 115 55 95
性格:おくびょうorひかえめ/ずぶとい
努力値:特攻252 素早さ252 /HP252 素早さ252 /HP252 防御252
持ち物:しんかのきせき
技:シャドーボール/10まんボルト/おにび/いたみわけなど

ゲンガーより少し硬い。特攻、素早さともに中途半端ではあるが、終わっているわけではない。
もちろん耐性や特性は優秀だし鬼火も撒ける。役割が明確に決められればそこそこいけるか。
第七世代ではゲンガーと異なり特性がふゆうのままなので、そこがポイントになるだろうか。

Emバトルフロンティア型

その1
性格:おくびょう
努力値:HCS170
持ち物:たべのこし
技:ゆめくい/さいみんじゅつ/あやしいひかり/メロメロ

催眠夢食い型。あらゆる手段で行動を封じて夢食いを決めてくる。
悪タイプやラム持ちがいれば大丈夫だが無策だと最悪崩壊することもある。

その2
性格:いじっぱり
努力値:AS255
持ち物:たべのこし
技:ヘドロばくだん/シャドーボール/あやしいひかり/おにび

物理型。こう見えて物理型です。タイプ一致とはいえA65では特化しても火力はお察し。

その3
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:せんせいのツメ
技:サイコキネシス/10まんボルト/ギガドレイン/スキルスワップ

攻撃技は結構刺さりがよく強力。持ち物の恩恵に預かる機会はあまりないだろう。

その4
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ラムのみ
技:サイコキネシス/ほのおのパンチ/れいとうパンチ/みちづれ

鋼やドラゴンの弱点を突けるのが優秀で高い素早さからの道連れも決まりやすく強力。

その5
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ひかりのこな
技:サイコキネシス/シャドーボール/10まんボルト/ほのおのパンチ

多くの弱点を突けるフルアタ。ただシャドボはいらない気がする。

その6
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ひかりのこな
技:サイコキネシス/シャドーボール/10まんボルト/れいとうパンチ

その5のほのおのパンチをれいとうパンチに変えただけで他は全く同じ。

その7
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ラムのみ
技:サイコキネシス/10まんボルト/ほのおのパンチ/みちづれ

その4のれいとうパンチを10まんボルトに変えただけ。

その8
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ラムのみ
技:サイコキネシス/10まんボルト/れいとうパンチ/みちづれ

今度はその4のほのおのパンチを10まんボルトに変えたもの。

型は多いが似通っているものが多く判別が難しい。サイキネ、10万ボルト、炎のパンチ、冷凍パンチは全て持っているものと考えた方が無難。

DPバトルタワー型

その1
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ピントレンズ
技:シャドーボール/サイコキネシス/エナジーボール/スキルスワップ

普通の特殊型。技範囲はそこそこ程度だが1周目としては十分にまともな構成。

その2
性格:いじっぱり
努力値:AS255
持ち物:ウタンのみ
技:だいばくはつ/かみなりパンチ/どくづき/シャドークロー

高い特攻を活かせるようになったこのご時世に敢えての物理型。しかも前作より物理火力が下がっている…
技範囲が酷くエメラルドやサブウェイのような嫌らしさすら無い。

その3
性格:おくびょう
努力値:CS255
持ち物:ひかりのこな
技:さいみんじゅつ/ゆめくい/シャドーボール/きあいだま

恐らく全てのバトル施設中最凶最悪のゲンガー。技範囲に一切隙が無く性格も含めて最速仕様。
襷でないのは救いだが代用品がよりにもよって光の粉であり、別ベクトルの恐ろしさを発揮する。

ノーマルタイプとゴーストタイプを連れていれば気合玉とシャドボをやり過ごすことはできるので、何とかAIの隙を突けば勝機はある。

その4
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:いのちのたま
技:シャドーボール/ヘドロばくだん/10まんボルト/みちづれ

後の全シリーズに性格や持ち物が変更されつつ流用されている構成。火力は高いが最速ではないのでその3型には大きく引けを取る。

PtHGSSバトルフロンティア型

その1
性格:おくびょう
努力値:CS255
持ち物:ウタンのみ
技:シャドーボール/ヘドロばくだん/うらみ/あやしいひかり

1周目だが、必要な技が揃っておりかなり強力。
AIが宜しくないのか、1撃で倒せない相手にはやたら恨みを連打してくるので敵が使うとそこまで強くはないのだが。

その2
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:いのちのたま
技:シャドーボール/ゆめくい/さいみんじゅつ/みがわり

催眠夢喰い型。催眠頼りなためファクトリーで自分が使うと弱い…と思いきや控えめ珠シャドボの火力は凄まじく、
同周回には耐久型ポケモンが非常に多いためにみがわりも大活躍と、以外にも扱いやすい。当然、敵の場合は催眠に要注意。

その3
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ピントレンズ
技:サイコキネシス/エナジーボール/きあいだま/あやしいひかり

一致技が無いのは3周目ではお約束。某悪タイプ使いのゲンガーの主力技は気合玉だったが、このゲンガーのリスペクトだろうか。

その4
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ラムのみ
技:シャドーボール/ヘドロばくだん/10まんボルト/みちづれ

バトルサブウェイで出てきた型。

サブウェイ型

その1
性格:おくびょう
努力値:CS全振り
持ち物:きあいのタスキ
技:シャドーボール/ゆめくい/あくむ/さいみんじゅつ

スーパーシングルの一周目で出てくる型。
1周目に出てくるポケモンにしては圧倒的な強さを見せる。催眠術はアホみたいに当たるし襷で耐えるので反撃を喰らう。
催眠術+夢食いのパターンを決めてくるので交代するといい。シャドボ?知らんがな…

その2
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:たつじんのおび
技:ふいうち/ほのおのパンチ/れいとうパンチ/おにび

まさかの物理型。攻撃種族値65で一致技無しでは火力無さ過ぎ(実際一致物理技はシャドーパンチ止まりだけど)
↑ヨノワール「お前には毒技のどくづきがあるだろ…」
↑なんかこれと似てるか同じ型がツリーに現れて、ガブリアスが冷パンで殴り殺されてしまった。
A極振りの種族値65、言い換えればC極振りの種族値60ギャラドスにれいとうビーム喰らわされたようなもんだからそりゃ死ぬわ…

その3
性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ
技:シャドーボール/きあいだま/ちょうはつ/カウンター

サブウェイに出現するまさかのカウンターゲンガー。第3世代からわざわざ連れてきたのだろうか。
サブウェイのポケモンはネタ型が目立つ印象だが、こればかりはネタではない…と思う。ちょうはつがみちづれだった日には…。

その4
性格:おくびょう
努力値:CS全振り
持ち物:ラムのみ
技:ヘドロばくだん/10まんボルト/シャドーボール/みちづれ

割とガチな特攻型。先手を取らないとやられるし一撃で倒せないと道連れで殺してくることも。

バトルツリー型

その1
サブウェイその1と同じ。のろわれボディを発動されると厄介。

その2
サブウェイその2と同じ物理型。

その3
性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:ウタンのみ
技:シャドーボール/エナジーボール/マジカルシャイン/りんしょう

フルアタ型。ゴースト技を半減して耐えてシャドボを返してくるが…りんしょうって!?

その4
性格:おくびょう
努力値:CS全振り
持ち物:ゲンガナイト
技:ヘドロばくだん/10まんボルト/シャドーボール/みちづれ

サブウェイその4がメガシンカ。火力も耐久も上がり交代できなくなったのでより難敵と化した。

ファクトリーのカオス型(ゴースト)

性格:おくびょう
努力値:CS255
持ち物:キーのみ
個体値:オール0
技:ナイトヘッド/どくどく/うらみ/あやしいひかり

PtHGSSのレベル50ファクトリーをやった人ならまず見たことあるはず。
C115S95が臆病最速CS極振りという1週目にあるまじき強力なステータスを持つのだが技構成で全てを無駄にしてくれるハズレ枠である。
とりあえずHS振りに変えるかせめてめざパくらい入れてほしかった…
なお、この週は個体値がオール0なのでめざパは威力30の格闘。これくらいなら許されてただろう。
↑流石に威力30のめざパなんかよりナイトヘッドのほうがまだいいわ。1週目なら大抵のポケモンが2発で沈む程度には火力ある。
C振りが無駄なのは分かるが、ファクトリーでHSだったら敵が使ってきたとき地獄でしかないから進化後ハンデということで。

ゲンガーの歴史

第1世代

高い素早さと特殊が魅力、当時ゴーストタイプはこの系列のみ。ちなみにゴースト/毒の複合タイプも現在までこの系列のみである。
威力の高い破壊光線や毒々が無効という長所があり、メジャークラスの一角。
だがタイプ一致技の威力が皆無。当時はエスパーに無効だったため、攻撃は不一致のサブウエポン頼み。
主に使われたのはサイコキネシス、夢食い、10万ボルトなど。ナイトヘッドや大爆発を入れるケースも有った。
催眠術、怪しい光、影分身などの補助技は多彩で、当時最速で催眠術が放てたのは大きな強みだった。
地震やサイコキネシスで弱点を突いてくる相手も多かったが、この最速催眠とタイプの利点を武器に活躍した。

ノーマル技無効と言う利点は大きく、99カップでも進化前のゴーストの姿がしばしば見られた。
特に切り裂くを生命線とするペルシアン封じに有効だった。

第2世代

特攻・特防が分かれ、影分身の調整、シャドボの登場など、初代に比べると主に防御面で弱体化。
しかし高い特攻、ノーマル無効などの長所は受け継がれ、厄介さは相変わらずだった。
この時、ムウマというライバルが出現。黒い眼差し+滅びの歌のコンボはゲンガーでもできたが、
当時流行していたカビゴンやガラガラの地震に弱いのが致命的で、公式大会でもムウマの方が人気があった。
恐らくこの世代がゲンガーにとって一番辛い時期だったと思われる。
↑金銀考察勢による最近の考察だとそれほどでもないらしい
高い素早さからの道連れや滅び、爆発とニッチな役割ながらもこいつでしか出来ない事が沢山あるとか

シナリオにおいてはホウオウの鎮座する「スズのとう」のお膝元、
エンジュジムのマツバの手持ちとして、ゴース、ゴースト、ゲンガー全てが登場した。

第3世代

特性「浮遊」により弱点だった地面タイプを克服。こいつを安全に倒せるポケモンが大幅に減った。
しかし特殊技が一律不一致なのと防御の低さは相変わらず。
この時代までは三色パンチが特殊だったので、特殊技の範囲はそこそこ多かった。
催眠や身代わりを決め易かったので物理技とはいえ気合パンチと相性がよくそれなりに使われた。
今に至るまでゴースト+格闘は半減以下になるタイプがなく受けにくい組み合わせだった。
努力値の仕様変更で耐久力が目に見えて下がったので黒眼+滅びはほとんど使われなくなった。

地震に強くなったおかげでカビゴンなどを倒せるようになり、ゴーストタイプ仲間のムウマとの立場が逆転。
ダブルバトルにおいても凶悪無比な大爆発を無効化できる上に自分も爆発可能。
カイオーガグラードンのお供の草タイプに有利な毒技持ちと優秀で、物理ゲンガーの方が多かった。

余談だが、RSEのホウエン図鑑にはフーディン、ゴローニャ、カイリキーがいるのに対し、ゲンガーだけはいない。
また、フヨウは歴代のゴースト使いで唯一ゲンガーを使わない。

第4世代

シャドーボールやヘドロ爆弾と言ったタイプ一致技が特殊化。
気合球など新たなサブウエポンも充実し、三色パンチが物理化したことを差し引いても強化された。
格闘タイプの特殊技に気合球が登場したため気合パンチの使用率は激減、物理型はネタ化した。
ダブルバトルでも大爆発以外の目的で物理攻撃に特化するゲンガーはいなくなった。

また拘りスカーフや先制技が充実し、素早さ110でも先制出来ないことも多くなった。
脆いゲンガーは先手を取られるとかなり辛く、不意討ち、辻斬りといった技には注意が必要。

ダイパでは命中率70%まで強化された主力技の一つである催眠術だが、
プラチナにおいて再び60%に下落。睡眠の仕様も海外準拠となったためやや弱体化した。
しかしゴースト特有の「嫌らしさ」は健在で、今はゲンガーにとって有利な環境なのは間違いない。

第5世代

素早さインフレが加速した事や、連続技がタスキ貫通になった事で、以前に比べ若干落とされやすくなった。
さらにゴースト特攻ナンバーワンの座をシャンデラに明け渡すなど、火力の面でも一歩退いた。
長い間ゲンガーの代名詞であった催眠術はねむりの仕様変更に伴い割に合わない技として採用率を大きく落とし、
おにびの使用率が増加した。
サザンドラやウルガモスなど苦手な高種族値ポケモンが登場し、
その対策としてのヒードランが増加した事でガチ環境では動きづらくなった。
役割破壊のきあいだまが強力なのもあってポテンシャル自体は相変わらず高い。

また、ゲンガーをはじめふゆう持ちのポケモンは今作の目玉「夢特性」が存在しない。ふゆうも便利だが、
ゴースト仲間のシャンデラやヤミラミが、かげふみやいたずらごころ(シャンデラのかげふみは未解禁)など、
ゲンガーと相性抜群だったであろう特性を獲得するのは悔しい所。

第6世代

「フェアリータイプの追加」「メガシンカ」「ゴーストとあくタイプの相性変更」
「おにびの命中率の変更」「天候パの衰退(と共に理不尽な素早さのインフレがなくなったこと)」
といった追い風を受けて、ついに再び環境への浮上を果たす。
特にメガゲンガーは特性かげふみ、S130という脅威の性能であり、単体でかげふみとほろびのうたを可能としたポケモンでもあった。
無論かげふみを持つ高種族値なだけに受けループにとっては恐怖の対象でもある存在。
型は極めて多彩で、それに加えて前述の仕様を味方につけた事がゲンガー復権の理由である。

第7世代

通常ゲンガーの特性がふゆうからのろわれボディに変更。
のろわれボディは「攻撃を受けた相手の技を3割の確率で金縛りにする」というもので耐久のないゲンガーが生かすのは厳しい。
また、やけどによる定数ダメージが1/8から1/16になる、みちづれが連続で出すと失敗しやすくなるといった要素も弱体化である。
一方で、メガゲンガーの特性は変わらずかげふみであり、さらに素早さ判定の仕様変更により初手からS種族値130として動ける点は強化である。
また、強力なフェアリータイプは第6世代以上に増加しているため需要も高まっている。

対戦で使用されるゲンガーのほとんどがメガゲンガーとなり、
以前のようなメガシンカするかしないかの択を迫る戦法は取れなくなったが依然として強力なポケモンである。

覚える技

レベルアップ

RSE FL 4th 5th/6th 威力 命中 タイプ 分類 PP
ゴース ゴースト
ゲンガー
ゴース ゴースト
ゲンガー
ゴース ゴースト
ゲンガー
ゴース ゴースト
ゲンガー
1 1 1 1 1 1 1 1 さいみんじゅつ - 60 エスパー 変化 20
1 1 1 1 1 1 1 1 したでなめる 30 100 ゴースト 物理 30
8 8 8 8 5 5 5 5 うらみ - 100 ゴースト 変化 10
13 13 48 64 8 8 8 8 くろいまなざし - - ノーマル 変化 5
16 16 13 13 12 12 12 12 のろい - - ゴースト 変化 10
21 21 16 16 15 15 15 15 ナイトヘッド - 100 ゴースト 特殊 15
28 31 21 21 19 19 19 19 あやしいひかり - 100 ゴースト 変化 10
- - - - 22 22 22 22 ふいうち 80 100 あく 物理 5
- 25 - 25 - 25 - 25 シャドーパンチ 60 - ゴースト 物理 20
- - - - 26 28 26 28 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10
- - 36 45 29 33 29 33 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15
33 39 28 31 33 39 33 39 ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15
- - - - 36 44 36 44 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15
36 48 33 39 40 50 40 50 みちづれ - - ゴースト 変化 5
- - - - - - 43 55 たたりめ 65 100 ゴースト 特殊 10
- - 41 53 43 55 47 61 あくむ - 100 ゴースト 変化 15

技マシン

マシン タイプ 分類 PP 備考
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技09 ベノムショック 65 100 どく 特殊 10
技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15
技25 かみなり 110 70 でんき 特殊 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10
技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15
技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技36 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10
技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技46 どろぼう 60 100 あく 物理 10
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5
技53 エナジーボール 90 100 くさ 特殊 10
技56 なげつける - 100 あく 物理 10
技61 おにび - 85 ほのお 変化 15
技63 さしおさえ - 100 あく 変化 15
技64 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5
技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15
技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10
技82 まとわりつく 20 100 むし 特殊 20
技84 どくづき 80 100 どく 物理 20
技85 ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技88 ねごと - - ノーマル 変化 10
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技92 トリックルーム - - エスパー 変化 5
技94 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20
技97 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15
技98 グロウパンチ 40 100 かくとう 物理 20
技99 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10
技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15
秘06 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15

過去作技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考
第5世代
技19 テレキネシス - - エスパー 変化 15
第4世代まで
技01 きあいパンチ 150 100 かくとう 物理 20 教え
技19 ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10 教え
技48 スキルスワップ - - エスパー 変化 10 教え
技49 よこどり - - あく 変化 10 教え
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10
技60 ドレインパンチ 75 100 かくとう 物理 10 教え
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15

タマゴ技

3rd 4th 5th 6th 威力 命中 タイプ 分類 PP
おにび - 85 ほのお 変化 15 技61
だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 技64
サイコウェーブ - 100 エスパー 特殊 15
ほろびのうた - - ノーマル 変化 5
くろいきり - - こおり 変化 30
おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15
おんねん - - ゴースト 変化 5
ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15 教え
れいとうパンチ 75 100 こおり 物理 15 教え
かみなりパンチ 75 100 でんき 物理 15 教え
HS かなしばり - 100 ノーマル 変化 20
こわいかお - 100 ノーマル 変化 10
クリアスモッグ 50 - どく 特殊 15
スモッグ 30 70 どく 特殊 20
ミラータイプ - - ノーマル 変化 15

教え技

3rd 4th 5th 6th タイプ 分類 PP 備考
FL/Em メガトンパンチ 80 85 ノーマル 物理 20
FL/Em メガトンキック 120 75 ノーマル 物理 5
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
FL/Em カウンター - 100 かくとう 物理 20
ちきゅうなげ - 100 かくとう 物理 20
ものまね - 100 ノーマル 変化 10
FL/Em ゆびをふる - - ノーマル 変化 10
ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15 技85
FL/Em だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 技64
みがわり - - ノーマル 変化 10 技90
Em ばくれつパンチ 100 50 かくとう 物理 5
Em じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技77
Em いびき 50 100 ノーマル 特殊 15
Em こらえる - - ノーマル 変化 10
Em/XD いばる - 90 ノーマル 変化 15 技87
Em ねごと - - ノーマル 変化 10 技88
Em れいとうパンチ 75 100 こおり 物理 15 タマゴ
Em かみなりパンチ 75 100 でんき 物理 15 タマゴ
Em ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15 タマゴ
XD あくむ - 100 ゴースト 変化 15
XD じばく 200 100 ノーマル 物理 5
こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15
あやしいかぜ 60 100 ゴースト 特殊 5
トリック - 100 エスパー 変化 10
はたきおとす 65 100 あく 物理 20
ふいうち 80 100 あく 物理 5
うらみ - 100 ゴースト 変化 10 Lv
さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10
HS いたみわけ - - ノーマル 変化 20
HS なりきり - - エスパー 変化 10
HS ずつき 70 100 ノーマル 物理 15
あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 技97
イカサマ 95 100 あく 物理 15
ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10
スキルスワップ - - エスパー 変化 10
ドレインパンチ 75 100 かくとう 物理 10
よこどり - - あく 変化 10
ワンダールーム - - エスパー 変化 10
きあいパンチ 150 100 かくとう 物理 20

その他

威力 命中 タイプ 分類 PP 詳細
ヘドロウェーブ 95 100 どく 特殊 10 PDW・色違いのゲンガーをプレゼント!? 「ポケモン 白いメガゲンガーキャンペーン」開催!
(かなしばり) - 100 ノーマル 変化 20 PDW・タマゴ技

遺伝

タマゴグループ 不定形
孵化歩数 5355歩
性別 ♂:♀=1:1
成長タイプ 御三家型

遺伝経路

ほろびのうた ムウマ(Lv.46)
くろいきり ドガース(Lv.26)/デスマス(Lv.9)
おんねん ムウマ(Lv.50)/カゲボウズ(Lv.46)/デスマス(Lv.41)
ほのおのパンチ サマヨール(Lv.1)
れいとうパンチ サマヨール(Lv.1)
かみなりパンチ サマヨール(Lv.1)
かなしばり ベトベター(Lv.12)/ヨマワル(Lv.6)/デスマス(Lv.5)/フワンテ(卵)など
こわいかお デスカーン(Lv.34)/バケッチャ(Lv.4)
クリアスモッグ ドガース(Lv.15)/カラナクシ(卵)/フワンテ(卵)/ポワルン(卵)
ミラータイプ ドククラゲ(Lv.1)→オムナイト(卵)→マッギョ(卵)

リンク