第3採掘島 ~夕暮れの戦火~

第3採掘島 ~夕暮れの戦火~
©SEGA
https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/ps4borderbreakimage/attach/21/994/%E7%AC%AC%EF%BC%93%E6%8E%A1%E6%8E%98%E5%B3%B6%20%E5%A4%95%E6%9A%AE%E3%82%8C%E3%81%AE%E6%88%A6%E7%81%AB1.jpg
https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/ps4borderbreakimage/attach/21/995/%E7%AC%AC%EF%BC%93%E6%8E%A1%E6%8E%98%E5%B3%B6%20%E5%A4%95%E6%9A%AE%E3%82%8C%E3%81%AE%E6%88%A6%E7%81%AB2.jpg
https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/ps4borderbreakimage/attach/21/996/%E7%AC%AC%EF%BC%93%E6%8E%A1%E6%8E%98%E5%B3%B6%20%E5%A4%95%E6%9A%AE%E3%82%8C%E3%81%AE%E6%88%A6%E7%81%AB3.jpg
https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/ps4borderbreakimage/attach/21/997/%E7%AC%AC%EF%BC%93%E6%8E%A1%E6%8E%98%E5%B3%B6%20%E5%A4%95%E6%9A%AE%E3%82%8C%E3%81%AE%E6%88%A6%E7%81%AB4.jpg
https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/ps4borderbreakimage/attach/21/998/%E7%AC%AC%EF%BC%93%E6%8E%A1%E6%8E%98%E5%B3%B6%20%E5%A4%95%E6%9A%AE%E3%82%8C%E3%81%AE%E6%88%A6%E7%81%AB5.jpg


概要

編集者不在のため>アケ版のを参照してください
以下、アケ版概要
マップそのものの特徴に関しては臨海決戦と同じ。
昼間から夕方に変わっているため、やや視界面での状況は異なるか?
敵陣向きカタパルトの設置、ガン・ターレットの配置変更に伴う活用範囲の拡大により、更に激しい戦いが予想される。

作戦領域がL字になっているのが最大の特徴。角までは東・GRF側の方がやや近い。

採掘島の一角の港湾施設が戦場らしく、クレーンや給水塔など高層人工物が多く設置されている。
整地されているため地形は平坦。港湾部と内地の間に緩やかな勾配があり、内地の方が鉄橋の高さだけ高い。
鉄橋や廃工場など中や下に潜める場所が多数あり、渓谷や旧市街地と比べ立体的な構造になっている。
中間地点にある給水塔は、リフトで登れば戦場の大半を見下ろすことが可能。何とベースまで丸見え。

陣営間を繋ぐように多数の鉄道線路が敷設されており、複線の鉄橋が侵攻ルートの一つとなりえる。
同時に、線路が高架となる部分ではこれが壁となって山側~海側間の見通しが非常に悪い。
また、コンテナの他倉庫などの建造物が大小にわたって多く設置されており、細かい高低差や屋根がある部分が多い。
それらの隙間として、ブラスト一機分の幅しかない路地があちこちに存在する。一旦敵機を見失うと探し出すのに苦労するだろう。
これらの都合から、マップそのものの広さの割には狭く感じるプレイヤーも多い。

ベースには両陣営ともに塀と同じぐらいの構造物が隣接しており、ベース内への突入が安易。またベース内施設も狙えるため油断するとレーダーを含め破壊しつくされることになる。

なお、港湾という立地上、当然ながら海が近い。
落水してもダメージはブロア河と同じだが、ブラストが頭まで沈むほどの水深があることに注意。少し沖に出ると完全に水没する。

ちなみに、山側では一部の場所から領域外に出られそうだが、不可視の壁に阻まれる。

設置施設一覧


戦術

Cプラントの位置が海側に変わり次のプラント向けのカタパルトが設置。これによりCプラントを確保した側が陸路に加えカタパルトを利用した豊富な攻め手を得られるため優位に立てる。
防衛側はCプラント奪還のためにB・DプラントからCプラントに行く際にCプラントから侵攻する敵とすれ違いになりやすい上に、カタパルト侵攻ではプラントの目の前まで上空から急襲される形になるため他のMAPよりもプラントが守りにくい。そのため役割分担や足並みの統一といった意思疎通が出来なければ延々と凸とプラント侵攻の波状攻撃を受け続ける厳しい展開となる。
とにかくCプラントを確保するのが重要であり、Cプラントを確保している側が主導権を握るMAP。開幕でCプラントを確保した側がそのまま押し切るケースも頻繁に起きるため、開幕凸警戒の人員以外は開幕はCプラント確保に向かうこと。最悪だけど確保出来なくてもCプラントで敵を抑えておきたい。
ただ、Cプラントを確保し押し込む展開になっても両軍共に自軍ベースから第4プラントまでカタパルト乗り継ぎが可能であり、第5プラント近くまで行けばルートも射線を切る手段も豊富だったりするのでカウンター凸が狙いやすいMAPでもある。なのでプラント情勢が有利だからと油断するとあっさり凸を通されて逆転も十分起きるので警戒と早期の対処は怠らないこと。
凸は障害物が多く機動力に差があると振り切られやすいが、ルートは読みやすいので防衛麻であれば対処は難しくないはず。むしろ対処に人員を割いた隙にプラントを押し込まれる方が怖いので防衛は麻が積極的に行い他の兵装は戦線維持に努めること。過剰防衛は他のMAP以上に致命的である。