ミネルバ(ガンダムSEED DESTINY)

登録日:2012/02/21(火) 21:43:43
更新日:2020/05/01 Fri 23:59:09
所要時間:約 4 分で読めます




機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場する戦艦。




艦籍番号:LHM-BB01
全長:350m

武装:
陽電子破砕砲QZX-1「タンホイザー」
2連装高エネルギー収束火線砲XM47「トリスタン」×2
42cm通常火薬3連装副砲M10「イゾルデ」
40mmCIWS×12
ミサイル発射管
魚雷発射管×4
特殊装備:デュートリオンビーム送電システム
アンチビーム爆雷
ジャミング弾

乗組員:


ザフト軍が新たに建造した宇宙戦闘艦。
インパルスガンダムを初めとするセカンドステージシリーズのMSの運用を前提としている。

設計する際に地球連合軍で運用されていたアークエンジェル級強襲機動特装艦の影響をかなり受けたようで、これまでザフト軍が建造したどの戦艦とも異なり、宇宙はもとより大気圏内でも運用可能な万能艦となっている。
大気圏内を飛行する場合は巨大な翼を展開する。また、単独で大気圏突入も可能で、ブースターを取り付ければ大気圏離脱も出来る。

カタパルトは3基設置され、うち2基は通常のMS用、残り1基はコアスプレンダーや各フライヤーなどインパルスの各パーツの発艦用である。

本艦独自の機能として、ブリッジのスライド機構と「デュートリオンビーム送電システム」がある。
前者は戦闘の際にブリッジを丸ごと下の階層に移動させることでCICとし、さらに敵の攻撃からブリッジを守ることを目的としている。
後者はセカンドステージシリーズのMSに対してワイヤレスでエネルギー供給を行うシステムであり、ブリッジの両側に送信器が設置されている。これによって着艦せずにエネルギーの補給を受けることが可能になった。ただし、補給中のMSは完全に無防備になってしまう。



○武装
名前はアークエンジェル同様、ワーグナーのオペラから取られたものが多い。

  • 陽電子破砕砲QZX-1「タンホイザー」
艦中央に1門搭載されている陽電子砲。本艦の武装の中では最大の威力。
フリーダムやアカツキなんかによくブッ壊されていた。

  • 2連装高エネルギー収束火線砲XM47「トリスタン」
通常カタパルトの上部に設置されたビーム砲。
主砲はタンホイザーではなくこちらである。

  • 42cm通常火薬3連装副砲M10「イゾルデ」
艦の中央辺りに装備された副砲。その名の通り、火薬で弾を発射する。実弾砲はリニアキャノンなんかが主流なこの時代ではかなり珍しいんじゃなかろうか。
ジャミング弾も発射可能。
クレタ沖での戦闘ではババのムラサメからスイカバー…もとい、体当たりを受けて破壊されていた。

  • 40mmCIWS
対空用の武装。各部に全部で12基設置されている。

  • ミサイル発射管
各部に多数備えている。装填数は1基につき4発。
宇宙用の「ナイトハルト」、地上用の「パルジファル」、迎撃用の「ディスパール」などが用意されている。

  • 魚雷発射管
艦首に4門内蔵。水中の敵機に対して「ウォルフラムM25」を発射する。
オーブでアークエンジェルと戦った際に、相手が潜航するとタリアから「潜られたら、こちらに攻撃オプションはない」とか言われていた。もしかすると、当初は地球に降下する予定じゃなかったから整備されていなかったのだろうか?



○艦載機



○劇中の活躍
アーモリーワンで建造され、進水式が行われる予定だったが、カオスガイアアビスがファントムペインに強奪されたのがきっかけとなり、艦長のタリアの判断で進水式を待たずに実戦投入された。

ブレイク・ザ・ワールドが起こるとすぐさまユニウスセブンへと向かい、タンホイザーで落下する破片を破砕しながら自らも地球へ降下。
その後、各地を転戦しつつ地球連合軍やオーブ軍、そしてアークエンジェルと戦った。

エンジェルダウン作戦でアークエンジェルに大ダメージを与えるも逃げられてしまい、オーブ攻略戦では水中への迎撃手段が無い事が仇となり、バリアントの一撃でダメージを負い撤退する。

最終決戦でもアークエンジェルと交戦するが、タンホイザーをアカツキに弾かれてしまい、逆にビームライフルで砲搭を破壊される。
その後、アークエンジェルの主砲・ゴットフリートの2番砲を破壊するものの、ミサイルの爆煙を目眩ましにして突撃し、バレルロールしながら上をとるという戦法に虚を突かれてしまい(小説版だと、ミネルバには真上を攻撃できる武装が無いと言われている)、バリアントを受けてトリスタンを喪失。迎撃手段を失ってしまい、最後はアスランの∞ジャスティスにファトゥム-01でメインスラスターをブチ抜かれて(小説版ではムラサメに攻撃されている)月に不時着し、そのまま放棄された。




■ガンプラ
1/1700のEXモデルで発売。
デスティニーやレジェンド、フォースインパルスが付属している。




■ゲームでの扱い
特に目立った個性のない、標準的な母艦といったところ。
シナリオの都合で離脱するケースも多い(下手すると永久離脱の場合も)ため注意。

デフォルトでデュートリオンビーム送信機があり、一部機体を搭載しなくてもEN回復することが可能。
ただしラミネート装甲などの防御アビリティがないため、狙われると脆い。




追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/