ザクウォーリア/ザクファントム

登録日:2010/02/17 (水) 00:06:33
更新日:2020/05/18 Mon 23:07:11
所要時間:約 10 分で読めます





こんなところで、
君を死なせるわけにいくか!


機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するモビルスーツ(MS)。


目次




Zaft
Armored
Keeper of
Unity

鎧に身を固めたザフトの統一の保護者



ザクウォーリア


基礎データ

型式番号:ZGMF-1000
全高:17.19m
重量:73.09t
装甲材質:不明
動力:バッテリー
武装:
MMI-M663 ビーム突撃銃
MA-M8 ビームトマホーク
対ビームシールド
ZR20E 高性能炸裂弾×4

  • パイロット


機体解説

ユニウス条約締結後、ザク量産試作型を基に開発された「ニューミレニアムシリーズ」に属する機体。
ザフト系量産機伝統のモノアイの他、右肩の湾曲した大型スパイク、左肩の大型シールドなどの特徴を持つ。
一般機は緑色に塗装されている。

前大戦でNジャマーキャンセラー(NJC)を実用化したザフトは、今後のMS開発でのNJC標準装備化などを検討していた。
しかし、ユニウス条約で『NJCの軍事利用禁止』、更に『MS運用数の制限』という条件を課されたことでこの方針を転換せざるを得なくなった。
特に「数」の制限は保有戦力の低下に直結する問題であり、その対策としてジンゲイツといった従来機以上の基本性能を持つ新型の主力量産機の開発が行われることとなった。
そうして提示された多数の新世代MS案の中から、次期主力機として実用化されたのがこのザクシリーズである。

量産性を考慮したものでありながらもスラスター類や関節部の改良を重ねた結果、ゲイツRなどを上回る運動性を獲得しており、
装甲材などを除いた基本性能はなんとストライクガンダムを初めとする初期GAT-Xシリーズと同等以上。
エースパイロットが乗れば最新のワンオフMSとも渡り合えるほどのポテンシャルを誇る。

そして、最大の特徴は背部に装備された「ウィザードシステム」。
このシステムにより様々な戦況に対応できる高度な汎用性を獲得。局地戦への対応もある程度可能となり、保有機体数の制限をクリアする一助となった。

なお、装甲材はPS装甲やラミネート装甲ではないが、堅実な設計により理論上は単独での大気圏突入が可能となっている。
(あくまで理論上の話であり、実際は一か八かの賭けに近い)

またバリエーション機も多く、中には同時期に開発されていた次世代実験機群「セカンドステージ」の技術検証用の改造機も存在するなど、新世代ザフトMSの基礎となっていたことが窺える。


武装

  • MMI-M633 ビーム突撃銃
ザクシリーズのメイン武装。
ゲイツRのビームライフルなどと比べると短銃身なので精度は少々低いが扱いやすく、優れた速射性能を誇る。
エネルギーは本体電力ではなくパンマガジン型の弾倉で供給するという、世界観を考えると相当理に適った仕様なのが最大の特徴である。
弾倉は着脱交換式になっている。

  • MA-M8 ビームトマホーク
本機の格闘兵装。
普通に切りかかるのは勿論、名前が示す通り投斧としても使える。
なお、投擲時には対ビームコーティングシールドに突き刺さるほどと地味にすごい威力を発揮する。

  • 対ビームシールド
右肩に装備されたシールド。
在来の手持ちタイプと違いボールジョイント基によって半自動的に可動するため、
両手をフリーハンドにして行動できるほか、3本の衝角を使った突進攻撃も可能。
内部にビームトマホークが収納されているほか、裏面にはビーム突撃銃の弾倉を2個マウント可能なラッチを備える。
アスランのザクが大気圏突入を試みた際には摩擦熱を完璧に近いレベルで遮り、
本体とパイロットは見事に護るなど名称通りの耐熱性とかなりの堅牢性を見せた(流石に無謀過ぎたせいか盾自体は突入成功・完了後、空中分解した)。

  • 高性能炸裂弾
MSサイズの手榴弾。
サイドアーマー左右に2発ずつ、計4発マウントしている。
弾頭は変更可能で「ZR271テルミット焼夷弾」「ZR30F通常榴散弾」「ZR11Q閃光弾」「ZR13Q発煙弾」などいろいろ種類があるが、どれが標準の物なのか分からない。
ぶっちゃけ、そんなに使ってないしね。

他にも、ジンなどの無反動砲・重突撃機銃を用いることもできる。


劇中の活躍

◇C.E.73(『SEED DESTINY』)

待機中に爆風に巻き込まれ倒れていた機体にアスランとカガリが搭乗し、カオスガイアアビスと戦闘。
腕を切断されピンチになるが、シンインパルスにより助けられる。
ルナ機もその後出撃するが、すぐにエンジン不調で離脱。

ユニウスセブン破砕作業ではアスランのブレイズザク、ルナのガナーザク、ディアッカのガナーザクが出撃。ルナ機はガイアガンダムに一撃を与え、アスランとディアッカ機はテロ部隊やファントムペイン相手に善戦した。

戦闘以外ではライブ仕様のショッキングピンクカラーのザクも登場。
ミーアが掌に乗って歌い踊った。
最終決戦では塗り直しが間に合わなかったのか、そのままで出撃している。
実は他の機体と違ってモノアイが 青白く光る(プラモやゲームでも同様なのでスタッフのミスなどではない様子)。

水中戦ではバズーカを装備して出撃した事も。
ルナ機はクレタ沖の戦闘でムラサメの集中砲火を浴び大破。
以後はインパルスに乗り換える。

この他、ハイネ隊カラー(通称 オレンジショルダー)等も登場している。

終盤には対空掃射砲で焼かれたり、ドムに斬られたり、
アカツキにビームを跳ね返されたり、キラに瞬殺されるなど専らやられ役になる。
まぁ、ザクだから仕方ない。

また、作画を使い回しているのか、毎回同じ挙動が見られる。
まぁ種死だから(ry




ザクファントム


基礎データ

型式番号:ZGMF-1001
全高:19.37m
重量:74.7t
装甲材質:不明
動力:バッテリー
武装:
MMI-M663 ビーム突撃銃
MA-M8 ビームトマホーク×2
対ビームシールド×2
ZR20E 高性能炸裂弾×4

パイロット:
レイ・ザ・バレル
イザーク・ジュール
ディアッカ・エルスマン
ハイネ・ヴェステンフルス
イライジャ・キール
カイト・マディガン


機体解説

ザクタイプの部隊指揮官仕様。
基本はウォーリアと同じだが、頭部にブレードアンテナを持ち、右肩はスパイクから左肩と同型のシールドに変更。
外観からは判らないが装甲材や内部メカも1ランク上の物を使用しており総合的性能は若干向上している。
武装はウォーリアと共通で、各種ウィザードも装備可能。

ウォーリアが一般兵用とされたのに対し、ファントムは主に部隊指揮官やエースパイロットへ優先的に配備された。
そのためほとんどはパイロット毎のパーソナルカラーで塗装されており、ノーマルカラーと呼ぶべき緑色の機体はほとんど登場しない。


劇中の活躍

C.E.73(『SEED DESTINY』)

初登場は第2話のレイ機。インパルスと共にカオス、ガイア、アビスと戦う。
レイのパーソナルカラーが白であるため、ネオには「白いボウズ君」と呼ばれていた。

ユニウスセブン破砕作業にはレイのブレイズザク、イザークのスラッシュザクが出撃。
アスランとイザーク、ディアッカの連携でカオスとアビスに圧倒的な力の差を見せつけたが、これは一重に彼らの実力によるものだろう。

え?後半?ただの的ですがなにか?

地球に降りてからは特に目立った活躍は無し。ひたすらにミネルバの甲板で対空迎撃に徹していた。
ムラサメのミサイル斉射に左腕を取られつつも戦闘終局まで持ちこたえていたが、オーブ軍空母タケミカヅチを攻撃している最中にフリーダムから狙撃を受け遂に退場。

終盤にはディアッカ機も登場。設定的にはイザークのものを譲り受けたそうだ。
作画が間に合わなかったのでまさかのブレイズ装備。レクイエムの第一ステーション破壊作業をするストライクフリーダムガンダムを護衛するなど地味な活躍をする。
ちなみに幻のガナー装備は漫画版で拝める。また、FPやSEにも一瞬だけ映ってたりする。まさかの新規映像で被弾する事になるが。

ハイネ機は本編に一瞬だけ登場。SEやHDリマスター版では、戦艦を撃沈させるシーンもある。



バリエーション


当該項目を参照。



デザイン・名称について


言うまでもないがデザイン・名称共に元ネタはザクⅡ
ザクウォーリア、というかニューミレニアムシリーズは宇宙世紀シリーズのジオン系MSをモデルとしている。
こうなったのは監督が「ガンダムが何種類もいるんだから、アナザーザクがいてもいいのでは?」と極めて必然的な発想に思い至ったからである。

トータルデザインではザクⅡをイメージさせつつもボディは箱型、脚部周辺はどちらかというとジンに近いデザインになっているなど、
キチンとしたザフト系の、単なる宇宙世紀ザクの模倣ではない独自色の強いデザインとなっている。
また、頭部はフェイス部分と頭頂部が独立したヘルメットタイプで、ノーマルザクよりザクⅡ改のフリッツヘルムに似ている。



ゲームでの活躍


  • VSシリーズ
連ザⅠから参戦。
コスト420な生ザクとガナーザク、コスト450のレイ機とルナ機、イザーク機が登場した。
どれもパッとしない性能だったが、Ⅱからはだいぶ改善された。
Ⅱではライブ仕様(コスト200)、さらに家庭機ではハイネ機とディアッカ機が隠し機体として登場。

同じコストでも多くはガンダムの方が強いが、それらとは違った面白みを味わえる機体ばかり。
万能機や高コスト機ばかり使って飽きが来たなら、是非ともザクシリーズを使ってみては如何だろうか?

ブレイズはミサイル弾幕、スラッシュは高火力格闘、ガナーは長距離砲撃と使い勝手は良い。
ただし、スラッシュは格闘が大振りでBR弾数が少なく、ガナーは武装切替が遅い。ブレイズは低耐久で火力不足(手数は多いが決定打に欠ける)。
つまりどの機体にも独特の癖が存在する。
特に数が多いブレイズザクファントムだが、レイ機はミサイル弾幕と格闘に優れ、ディアッカ機はビームライフルがカートリッジ性だが連射に優れる、ハイネ機はトマホークブーメランやキャンセルで出せる広範囲シールドなど個性がある。

ライブザクは生ザクの半分以下という超低コスト機体で、常に女の子を思わせる独特な動きをする。
「どうせあれだろ? プロトジンとかと同じなんだろ? 雑魚雑魚w」等と馬鹿にする輩もいるだろうが、腐ってもザク。
特に超コストの相方として現れると何気に厄介。 
彼女(?)の主武装はハンドグレネード。
単発、横に広がる4発、縦に広がる4発と3種類の投げ方を持ち、その巻き込み率はハンパない。
格闘はビームトマホーク……ではなく素手。
ビンタ、ボディアタック(通称おっぱいアタック)、旋風脚といった女の子らしい(?)攻撃をする。

そして彼女の真の能力は“踊る事”である。
突然ミーアを手に乗せて舞い降りたかと思えば、踊り始める。ザクが踊り始める。
しかもその際にはBGMが『Quiet Night C.E.73(歌入り)』に変わる。完全に『あたしの歌を聞けぇぇぇっ!!』状態である。

踊りは何の意味もないように見えるが、踊っている間は自分の覚醒ゲージを味方に分け与える事ができる。しかし、その間は完全に無防備になるので相方はこれを全力で死守すべし。
なお、対戦でいきなり飛び上がり手を振ったり、踊ったりするが、これは一種の儀式みたいなものなので攻撃は終わるまで我慢しよう。

まぁ、撃っても構わないが………紳士なら待とう!


  • EXVS
ルナマリアのガナーザクウォーリアが参戦。コストは2000。

射撃寄り万能機で、オルトロス、ビームトマホーク、ハンドグレネードと原作の装備全てを使える。OPなどで見せるビームトマホーク投擲も可能。
アシストではレイのブレイズザクファントムを、覚醒技ではシンのインパルスガンダムをそれぞれ召喚し、
前者はミサイルを敵めがけて発射し、後者はエクスカリバーを構えて特攻する。

ダウンを奪えてそれなりにダメージも高いオルトロス、起き攻め・けん制・護身用・アラート鳴らしと色々と使えるハンドグレネード、ミサイルをばら撒いてくれるアシストと、
死に武器と言われるような使えない武器が一つもなく、加えて格闘も自分から振るまでではないがまあ悪くはない…ということで、
稼動初期は扱いやすい2000コストと評判になり、前線で暴れまわる3000コストの相方にぴったりだったことで、結構よく見る機体であった。

しかし、研究が進むにつれ、機動力は並程度であり全ての武器で足が止まってしまうことやメインであるオルトロスの回転率の悪さ(弾数が少ない上にリロードも遅い)ことなどが問題視され、
だんだんと評価は下がっていき、最終的には中堅程度の機体の認識に落ち着いた。
また、コスト2000唯一の砲撃機ということもあって、砲撃機以外のタイプの他の機体(特に格闘機)を使う際にはこの機体で培ったテクニックの応用が利きにくい。
多くの機体に必須な『ズンダ』の練習ができないのも痛い。
性能そのものは初心者向けなのだが、ガチの初心者は(ルナザク以外使う気がないというなら別だが)ルナザクを使わない方がいいという声もある。
あくまでも『相手の動きを見ながら着地をとる』『向かってくる相手を迎撃する』『メイン以外の武装もきちんと使う』といった基本テクニックを学びつつ、対戦の経験を得て本当に使いたい機体の為の下積みと割り切るのがベターか。

なお、覚醒技のシンによるインパルス特攻だが、実は命中したところにメインを撃ち込んで爆発させた方がダメージが高いということが発覚し、旦那をメインで撃ち抜く鬼嫁が急増。
インパルスの誘導も強いため、見られてなければまず当たる為によくみられる光景となった。そして「旦那砲」というあんまりといえばあんまりな呼ばれ方をされるまでになった。
「ごめんねシン☆」

「MAXI BOOST」では、レイに加えてシンのブラストインパルスもアシストで召喚できるように。
ケルベロスによる照射ビームを撃つが、銃口補正が優秀でダメージもそれなりなため、自身もメインCSを撃てば「一人L字ゲロビ」なんて芸当も可能になった。
しかし、新システム「オーバードライブ」との相性が良くないため、相性が抜群で一気に最強機体の一角にのし上がった旦那のデスティニーガンダムとは対照的に評価が低下している。旦那を撃ち抜きまくったツケだろうか
とはいえ使いやすさは据え置きのまま使いやすいアシストが追加されたということもあり、オーバードライブシステムとの相性の悪さから火力不足は少し気になるものの、割と使っているプレイヤーは多い。

「EXVS2」では、アシスト配置されていたレイやアスランが消えてシンのインパルスのみになった。とはいえ全形態をレバー操作で変更して召喚できる上、軒並み性能は良い。
以前より問題視されていた武装の回転率に関しても、3連射のビーム突撃銃がサブ射撃に配置されたため相応に武装を回しやすくなっている。
覚醒も後衛向きのL覚醒が追加されたため、前衛へ覚醒ゲージや弾数回復をして援護が可能になったなど追い風になる要素が増えている。


PortableよりDESTINYが本格参戦したため、それに準じて参戦している。
当初は換装機能持ちでブレイズ・ガナー・スラッシュに換装できた。しかしWARS以降は名有りパイロットが乗らないとウィザード無しでしか登録されておらず、換装機能は事実上形骸化している。(OVERWORLDではザクウォーリアの換装機能はブレイズ限定だが可能)
CROSS RAYSでは換装機能こそ無いが、それぞれの形態ごとに機体登録がされている。いちいち用意する手間こそあるが、これで原作以外のキャラクターでもウィザード装備のザクを扱えるようになった。

また別個の機体として、ライブザクウォーリアが存在する。
作品によってはミーアもしくは赤ハロを乗せないといけない。
なんといってもMAP兵器のラクス・クラインLIVEは強力。範囲内の味方MPを上昇させるため、クリティカルヒットを狙いたい状況では重宝するだろう。
CROSS RAYSでは効果範囲が『LIVE』の文字に沿ったもので若干扱いづらいが、元々がネタ機体のようなものなので甘受しよう。


Zではガナーザクウォーリア(ルナマリア機)とブレイズザクファントム(レイ機)が自軍運用可能。ザコ敵としても数多く登場。
レイ機はレジェンドに改造を引き継ぐため、あらかじめ改造しておいた方が得。
デスティニーとレジェンドを入手した後でも機体自体は残るが、わざわざ使う意味はあまりないだろう。

Lではレイ機に加えハイネ機のブレイズザクファントムも登場し、セイバーが登場しないためアスランもブレイズザクウォーリアで当初加入する。
ただし、同作のアスランは序盤で入手できるガイアガンダムに搭乗している場合が多いだろう。

UXでは原作終了後だが、序盤はデスティニーがオーバーホール中であるためシンがインパルス、ルナマリアがガナーザクウォーリアで加入する。
性能が追いついていないためか、遂にガナーザクに修理装置が付いてしまった。


  • BATTLE DESTINY
ウォーリアはC.E73のザフトルート初期機体として登場。
GAT-Xシリーズと同等とされるスペックがほぼそのまま再現されており、その性能は初期機体にしてはかなり高い。
初期時点で強化前のストライクや限界近くまで強化した105ダガーと同等の性能であり、
アクションのガンダムゲーにしては珍しい高性能な量産MSと言える。73年連合ルートの初期機体となるダガーLと比べると一目瞭然。

換装機能を持っており、いつでもブレイズ・スラッシュ・ガナーの三種に切り替えが可能。ケルベロスウィザード装備機も別で登場している。
やはりストライクと同様、ガナーのオルトロスとSP攻撃はかなり強力で、エース機やボス機を相手に活躍する。
またストライクやダガーなどと異なり、全ウィザードでビーム突撃銃が使用可能なため、使い勝手ではこれらに勝るとも言える。
なお解説ではビームマシンガン的な装備とされるビーム突撃銃だが、普通に他のビームライフルと同様の仕様となっている。
劇中ではあまり使われなかったグレネードもしっかり再現されている。
意外にもパワーがあり、劇中でもよくエターナルなどに投げつけられていたように対艦装備として優秀。またウィザード毎に仕様が微妙に異なっている。

ストーリー中盤ではファントムも入手可能。
原作同様大差は無いが基本性能が底上げされており、相変わらず量産機にしては高性能で使いやすい。
劇中では一部専用機以外は専らブレイズウィザードでの登場であったが、本機も問題なくウィザード交換が可能。

また中盤以降でルナマリア・レイ・イザーク・ディアッカ・ハイネなどの専用機も登場している。
これらも、劇中では一種類のウィザードしか使用していなかったがウィザード換装が可能。
劇中では見られなかったルナマリア専用ブレイズザクウォーリアや、ディアッカ専用ガナーザクファントムなども使用できる。
また一部機体は武装の仕様が微妙に変更されており、例えばブレイズハイネザクのミサイルはマルチロック仕様になっている。
強化限界も高くなっているため、各専用機は概ね元機体より高性能である。



立体化


ガンプラ

1/144コレクションシリーズ、HG SEED DESTINYと1/100、MGで発売された。

HGはザクウォーリアが通常量産機、ガナーザク、ルナ機、ライブ仕様で、ザクファントムはレイ機とディアッカ機が発売した。
MGはルナマリア機が2019年9月に発売。プレバン展開しやすい量産機のため、おそらく多くの派生機が出ると予想される。
1/144コレクションシリーズは通常期、ルナ機、レイ機、イザーク機が発売。
1/100ではザクウォーリアが通常/ブレイズ&ガナーとルナマリア機、ザクファントムはレイ機とハイネ機が販売した。

余談だが
  • 緑ウォーリア
  • ルナ機
  • レイ機
  • ハイネ機
  • ライブ仕様
  • ディアッカ機
は少なくともHGか1/100で全て出たのに対し、イザーク機はコレクションシリーズのみ。
バンダイはイザークに何の恨みがあるんだ。


ROBOT魂

ルナマリア機が発売。
プロポーション、可動共に良好で突撃銃とトマホーク、ガナーウィザードが付属。
また、専用のジョイントを付ければストライカーやウィザードなども装着できる。




勇敢なるWiki籠もりのみなさぁ~ん、ラクス・クラインで~す。
今日は私の歌を聞きながら追記・修正していってくださいね~。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/