シーナ・ビー




「勝ちました!」


 本名:パステル
 出身島:どんぶり島
 生年月日:どんぶり歴3402年3月21日
 趣味:スポーツ:音楽鑑賞/水泳
 特技:ピアノ
 血液型:B型
 身長:157cm
 体重:42kg
 バスト:86cm
 ウエスト:57cm
 ヒップ:82cm
 視力:右1.5 左1.5

ここでは『ツインビー』のパステル、およびそれをモデルにした『女帝戦記』のシーナを共に解説する。


原作『ツインビー』のパステル

コナミのシューティングゲーム『ツインビー』シリーズで、2P機体の「ウィンビー」に乗るパイロット。
シナモン博士の孫でツインビーのパイロット・ライトの従兄妹で、彼を「おにいちゃん」と呼ぶ。
優しく素直だが、たまに我を通す為頑固になったりする。
ライトが女の子にメロメロになっていると嫉妬してへそを曲げ怒りだす。


『女帝戦記』のシーナ


「大胆不敵のシーナさまだ!忠僕注目ぜんたいとまれ!」
元々は『ツインビー』シリーズのキャラで格闘ゲームキャラでは無いのだが、
(一度だけ3D格闘ゲーム『バトルトライスト』でタイムリリース隠しキャラ隠しボスとして登場した事はあるが)、
同人サークル「ライナーシステム」がX68000で製作した2D対戦格闘ゲーム『女帝戦記(じょていせんき)』に参戦していた。
同作では直接名前を使うのを避けて「シーナ」(パステルの声を担当したのが椎名へきるという事で、その「椎名」から)という名前だったが、
使う技はルガールクラウザーギースのものであり、
特にジェノサイドカッターを使う事から「ルガールBee」という愛称が付いており、もっぱらこちらの方で呼ばれていた。
+なんでルガールでBeeなのか
KOF'94』でルガールが初登場時、
SNKのオールスター軍団と一部その他)が三人がかりで挑んで簡単に返り討ちにされる凄まじい強さにプレイヤー達の注目が集まった。
しかし稼働当初はルガールの設定は詳しく明かされておらず、プレイヤーに与えられた情報はその圧倒的戦闘能力と「Rugal B.」という名前だけだった。
ゲーム中のアナウンスから「Rugal」はルガールと発音するらしいと分かったものの、「B.」が「バーンシュタイン」である事さえ分からなかったのである。
そのため、フルネームの「ルガール・バーンシュタイン」が浸透するより前の短期間、彼は「ルガール・B」と呼ばれていた
(後にゲーメストなどで情報が公開されてからは普通に呼ばれる事になった。
 また、翌年の『KOF'95』でディスプレイネームが「Omega Rugal」に変わった事で、ルガール・Bという呼び方は完全に消えていった)。
この「ルガール・B」に、ツインビーのキャッチコピーであった「合言葉はBee!」という台詞が重なり、「ルガール・Bee」という名前が誕生したのである。

使う技全てが高性能で、中々の強キャラではあるが、
「全ての技のリーチが短い」という最大の弱点があり、通常技等はかなり接近して当てないといけない。
ステージBGMは「Twin memories」。


MUGENにおけるシーナ・ビー

SFXVI関係のコンバートでお馴染みのにゃん☆鬼龍氏によるものが存在していた。
現在は氏のサイトがトクトクのサーバー障害復帰後に消滅したため、入手不可。
キャラ名は当初「ルガールBee」の方を採用していたが、後に「シーナ・ビー」となった。
性能はMUGEN用にアレンジとカスタマイズされている。
キャラの長所・短所も割と原作に忠実であり、その小ささ故に遠距離から烈風拳かカイザーウェイブの砲台と化すか、
あえて密接接近によるジェノサイドを決めるかという二択で攻めるキャラクターとなっている。

+シーナ・ビーの性能について
旧beeからの変更点としては
となっている。弱体化面が割と大きいが、1ゲージ消費して「カメンライド」し、
ルガールギースクラウザーの三つのモードにチェンジする事が可能。
変身中は専用のゲージを持っており、以下のような利点を持っている。

  • 全体として:
モードに対応した必殺技(キャラ毎に下記)が強化され、
更にボタン二つ同時押しで出す事で、専用ゲージを消費して強化技を使用する事が可能。
また、モードに対応した超必殺技は専用ゲージを消費(通常ゲージは無消費)する事で使用でき、
その代わり対応しない超必殺技は弱体化される。
更に1ゲージを消費する事で、対応したキャラに力を借りて強化版の超必殺技を出す事が可能。

  • キャラ毎の利点:
    • ギース:飛び道具が複数出せるようになり、防御力がUP。
    • クラウザー:通常技の攻撃力が上がり、通常技でも体力が削れる。また、投げの後一発だけ追い打ちが可能となる。
      • 強化対象技:レッグトマホーク、カイザーウェイブ
    • ルガール:通常技の攻撃力が70%になり、チェーンコンボが使用可能。
これらのモードは、画面下部に現れる独自のゲージがなくなれば終了する。

そして、隠しモードとして「パステルモード」があるが…これについては君自身の手で確かみてみろ!
「cnsを見れば一発で分かる」と氏が言っている通り、比較的分かりやすい隠しではある。
この状態のときは全てのモードの利点が適応され、更に弱体化超必を無ゲージで打てるようになり、
更に更に独自ゲージ無しで試合終了までパステルモードが維持される。
いわばボス性能、コンプリートフォーム的な感じだろうか、「ファイナルカメンライド」とか言ってるし。

基本的な戦い方としてはまずゲージを溜めてカメンライドする方が戦いやすいだろう。
初期状態でも戦えない事はないが、烈風拳などが旧beeに比べると弱体化しているので少々厳しい。
パステルモードに変身すれば正に無法の大暴れができるが、普通に戦うのであれば、
チェーンコンボが可能なルガールモード、飛び道具が強化されるギースモードをメインに、
カイザーウェーブ連発、投げからカイザーウェーブなどが可能なクラウザーモードをスパイスにして戦うといいかも。
参考動画

つづら氏のAIパッチが製作されていたが、本体公開停止時にAIを公開停止する方針に基づき公開停止中。
2011年1月22日の更新で、今まであったライドシステム制御用の3つのモードに加え、新たに、ライドシステムを
まったく使用しない「無印モード」、パステルモードのみを使用する「ファイナルクライマックスモード」が搭載された。
なお、「ファイナルクライマックスモード」を使用すると10割コンボを積極的に使用してくるようになるので動画使用の際には注意が必要。

ちなみにこのキャラの趣味は「倒した格闘家の三面図を取り、コレクションをする」というものである。
…銅像にしないだけ有情と言えよう。


「あなたのおかげですばらしい三面図を手に入れる事ができたわ」


出場大会



最終更新:2020年11月25日 16:12