舊事雑考

舊事雑考(きゅうじざっこう)とは、会津旧事雑考(または会津事略)の事。

昔の会津の出来事を記録した資料。
時々、風土記の本文中に引用元として出てきます。

寛文12年(1672年)完成。
著者は向井吉重。会津四家合考の著者でもあります。

国立国会図書館デジタルアーカイブで公開されているので参照されたし。
参照:会津旧事雑考


蛇足。他の有名な歴史書。
著書名 著者名 完成時期
会津四家合考 向井吉重 寛文2年(1662年)
会津風土記 友松氏興 寛文6年(1666年)
会津旧事雑考 友松氏興 寛文12年(1672年)
新編会津風土記 田中玄宰 文化6年(1809年)

蛇足の蛇足。
他にも会津温故拾要抄という明治に入ってからまとめられた資料もあります。
難文なので読み進めてはいないのですが…。
国立国会図書館で公開しているので興味のある方はどうぞ。
参照:会津温故拾要抄
添付ファイル