会津郡松川組

陸奥国 会津郡 松川組
大日本地誌大系第31巻 89コマ目



この地府城の南に当り本郡の東にあり。
東は白川領岩瀬郡に界ひ二岐嶽を限とし、西は楢原組に隣り大川を限とし、南は下野国那須郡に界ひ大峠を限とし、北は弥五島組に交わり大川を限とす。
東西1里10町(東は岩瀬郡湯本村の界二岐嶽より、西は楢原組刈合村の界大川に至る)。
南北5里6町計(南は那須郡三斗小屋村の界大峠より、北は弥五島組白岩村の界大川に至る)。

東南に高山連なり西北に大川めぐり、村里大抵山麓に倚り水田稀にして多く煙草を種て生産とす。
落合・桃曾根・木原等の村々は之行の暇に竹籠を造り出し、あるいは(むしろ)糸楯(いとだて)を織り、小松川村・中妻村は(かや)実を(ひろ)って(ひさ)ぎ出す。
落合村・音金村・水門村より薪を伐り大川に流し府下に出す。

この組の諸村九九布郷に属し、長江荘と称す。



添付ファイル