大沼郡野尻組

陸奥国 大沼郡 野尻組
大日本地誌大系第33巻 62コマ目

この地府城の西南に当り本郡の南端にあり。
東は冑組に界ひ、西は会津郡和泉田組に隣り、南は会津郡高野組に交わり、北は大谷組に連なる。

東西4里18町(東は冑組下谷地村の山界より、西は和泉田組布沢村の山界に至る)。
南北3里10町(南は高野組大豆渡村の山界より、北は大谷組琵琶首村の山界に至る)。

四方に山(めぐ)り博士・船鼻の2山東南に秀で、大芦・両原・小野川等の村々その麓に住し、殊に深山なり。されば大谷・滝谷の両組よりは寒気(つよ)く雪深く大抵10月の初より雪積て3月の末に漸く消尽(しょうじん)す。然れども近郷の諸組に比すればやや平地ありて水田乏しからず。
村民耕作を業とし、また麻を植て余産とす。
山中より多く諸菌を出す。

この組の諸村野尻郷に隷す。
凡て9ヶ村あり。








添付ファイル