耶麻郡


※国立公文書館デジタルアーカイブ「新編会津風土記48」より耶麻郡地理之図


【倭名鈔】この郡の下に分会津郡と註あればもと会津郡と一部なりしを、後日橋川の北を割て置れしと見ゆれども何れの頃なること詳ならず。
仁明天皇 承和七年(840年)三月庚辰『陸奥国琊磨郡大領外正八位上勳八等丈部人磨戸一煙に姓を上毛野陸奥公と賜ふ』と続日本後紀に見ゆれば、おれより前の事なるべし。
この郡は東西北三方皆山にてその間に村落あれば郡名これに依て起りしならん。されば【倭名鈔】にも山の字を以て註せしにや。慶徳組新宮村熊野宮・暦應四年(1340年)の神器にも山郡と彫附あり。琊磨・耶麻は音が()れるのみにて、その実は山の字の假字(かな)なるべし。
應永の頃(1394年~1428年)の文書には訛て那摩橋と称するあり。【拾芥抄】【節用集】もこの(あやまり)を承けしと見えて共に那摩に作れり。(耶麻郡と称せしことは五目組熱塩村示現寺永和二年(1376年)の寄附状を始とす)。

東は東嶽(あづまたけ)石筵峠(いりむしろとおげ)楊枝峠(やうしとおげ)を界とす。
西は越後国蒲原郡に隣り楢木峠(ならのきとおげ)高森山(たかもりやま)を界とす。
南は会津郡河沼郡に並び日橋川(につはしかわ)を界とす。
北は出羽國置賜郡に連なり檜原峠(あかくつれやま}{赤崩山}・&ruby(ひはら)と界とす。
また戌亥の方は出羽国置賜郡・越後国蒲原郡隣り飯豊山(いひてやま)を界とす。
丑寅の方は信夫郡・出羽国置賜郡に隣り吾妻山(あつまやま)の峯土湯峠(つちゆとおげ)と界とす。
辰巳の方は安積郡に連なり高森山(たかもりやま)陸坂(くかさか)を界とし、猪苗代湖の半を限れり。
東西11里30町余(東は安達郡の界沼尻峠(ぬましりとおげ)より、西は越後国蒲原郡の界楢木峠に至る)。
南北6里12町余(南は河沼郡笈川組濱崎村の界より、北は出羽国置賜郡の界檜原峠に至る)。

東西北に高山連なり南に大河流れ中央に広平の地多し。
その田は下の上、その畠は下の上なり。
塩川・小沼・熊倉・小田付・小荒井・慶徳・五目の7組は平衍(へいえん)にて田圃(たんぼ)多く、気候大抵会津郡平衍の諸組に同じ。木曾・大谷・吉田の3組は山中にて花候農務平衍の地よりは(やや)遅し。川東・川西の2組は磐梯吾妻の諸山に倚り猪苗代湖に臨み。
地勢高く風烈く9月の末に初雪ふり、3月の半まで消残り梅花漸く綻ぶ。桜花は4月の初に開く。
農業の時候は上の諸組より20余日の差あり。
習俗は全く会津郡に同じ。

清明の日(4月5日頃)川西組磐椅神社に五穀豊熟の祭りあり。郡奉行以下前日より潔斎(けっさい)し神殿に候し、村々の役人庭上に烈座す。孝悌忠義力田貞節の者その末に列る。祭畢て郡奉行善行の男女を賞して物を与ること差あり(この祭は天明八年(1788年)より挙行ふ所にて慶徳組慶徳村稲荷神社、五目組上三宮村三島神社、大沼郡高田組高田村伊佐須美神社、河沼郡牛沢組塔寺村八幡宮、野沢組野沢村諏訪神社、越後国蒲原郡下條組西村八幡宮にもあり)。

家集 源重之

みちのくににやまのこほりという所ありそこにて冬月を

雲晴て空にみかける月影をやまのこほりといひなおとしそ

此やまの郡に秋ならねともかのこまからに雪ふりけれは

秋くれはなくや小鹿のまだら雪やまの郡はおともせぬかな


郷名

倭名鈔に出る所

  • 津部
  • 量足
  • 分會
  • 津郡
    • 分會津郡は郷名にあらずそ説前に出す
  • 日量

今称する所 4

  • 百木(ももき)
  • 小布施(こふせ)
  • 野尻(のしり)
  • 奥川(おくかは)

荘名

  • 更級(さらしな)
    • 川西組磨上原に更級神社あり。荘名これに因て起こりしにや詳ならず。
  • 月輪(つきのわ)
    • 昔何つの頃にか猪苗代湖の水暴に洶涌(きょうゆう)し2荘の村落多く(おち)て湖となりしといい伝う。
  • 岩崎(いはさき)
  • 加納(かのう)
    • 府下寶相寺所蔵、康安元年(1361年)佐原十郎高明が寄付状にこの荘の名始て見えたり
  • 新宮(しんくう)
    • 慶徳組新宮村熊野宮、康暦2年(1380年)の鰐口に『奥州會津新宮荘』と彫付けあり

組名

川東組、川西組、塩川組、小沼組、熊倉組、小田付組、小荒井組、五目(こめ)組、慶徳組、木曾組、大谷組、吉田組

山川

吾妻山(あつまやま)

川東組酸川野村の北にあり。
奥羽の界にて耶麻・信夫・置賜3郡に跨る。
支峯連出数10里の外に亘り、満山の景象を知者稀なり。
東と東吾妻といひ、中を中吾妻といひ、西と西吾妻という。遠く望めば3山相並びいづれを高しとは知ざれども中吾妻尤も広大なりという。3山の前途に(めぐ)れる。諸峯みな吾妻を総號とす。双び少なき深山なれば路も通せず。ただ茂林豊草の中に猿聲鹿鳴を聞く。極めて幽邃(ゆうすい)の境なりとぞ。
また谷の中に九輪草福壽草あり。
東は信夫郡に接し(耶麻・信夫・置賜3郡に界ふ山を家形山といい、その南の峯を信夫分にて中吾妻と唱ふ。その東に東吾妻あり。みな本郡と峯を界ふ)、北は出羽国置賜郡に界ふ(西の峯を米沢領にて大日嶽といい、その東の山と烏帽子形の吾妻嶽という。共にその峯を界とす)。西吾妻は檜原村に属す。

磐梯山(はんたいやま)

猫魔嶽(ねこまがたけ)

高曽禰山(かうそねやま)

栗森山(くりもりやま)(黒森山)

高森山(たかもりやま)

飯豊山(いひてやま)

猪苗代湖(いなはしろのこ)

猪苗代の南にあり。
周17里計。
耶麻・安積・会津3郡を浸す。半を限り本郡に属す。
中に島あり翁島という(川西組戸口村の条下に出す)。
相伝て。大同元年(806年)暴に漲れりという。
澄波鏡の如く遠嶂寅(東北東)に聳ゆ。朝夕の変態一ならず実に一方の勝槩なり。中にも東北の湖濱は眺望殊に勝れ、安積郡布引山数里の外に綿延し、景状極めて秀麗なり。
白鳥・雁・鴨の類来り浴す。
鮒魚(ふな)・あめますを産す。また「まるた」という魚あり。春夏の際これを漁して多く(ひさ)ぎ出す。鮒魚尤美なり。近江の湖水の産に譲らずとぞ。大網を引きこれをとる。
また春水の時簾立・とら竹を編み、周5尺余の輪とし夜々舟を浮かべ松を燃やし鮒魚と捕ふ。これを「うかり鮒」という。

酸川(すかわ)

日橋川(につはしかわ)

大塩川(おほしおかわ)

一戸川(いちのとかわ)

雄国谷地沼(おくにやちぬま)


水利

今和泉堰(いまいつみせき)

狐堰(きつねせき)

駒形堰(こまかたせき)

八方堰(はつほうせき)


添付ファイル