JR東日本の車両(通勤型・近郊型)

登録日: 2009/12/11(金) 14:41:16
更新日:2020/03/14 Sat 18:33:29
所要時間:約 14 分で読めます




ここではJR東日本に在籍、及び在籍していた車両について記載する。


◆過去の車両

●クモハ12形
鶴見線で運行されていた車体長17mの旧型電車。昭和初期に製造され、1996年まで走り続けた。

●101系電車
元祖高性能電車。
JR東日本発足時は中央・総武緩行線南武線、南武支線で運行されていたが、中央・総武緩行線、南武線からは数年で撤退。
唯一残っていた南武支線の運用も2003年で終了した。
一部車両が秩父鉄道に譲渡されて運行されていたがこれも2014年をもって廃車となり、現在は静態保存車両が一部残るのみである。

●103系電車
製造両数国鉄一。
首都圏の多数の路線や仙石線で走っていたが、次第に後継車両に置き換えられ、2006年に常磐快速線成田線から撤退したのを以って首都圏での運行を終了。仙石線でも一時姿が見られなくなったものの、高架化工事に伴う運用数増加を補うために放置されていた編成を1編成復活させた。こちらは2009年まで運行された。
なおJR西日本では2020年現在も運行中であり、JR九州にも顔つきが違う103系が運用されている。

●105系電車
仙石線に存在した。外見は103系とほぼ一緒。というか103系から改造された車両だったりする。営業運転からは1998年に撤退したものの、車両そのものは訓練センターの実習教材として使われていた。

107系電車
栃木県群馬県の電化ローカル線で活躍していた通勤車両。2両編成。
両毛線でも走るが、ほぼ独壇場の働きが見られる日光線の方がお馴染みかもしれない。
日光線車はレトロ調のカラーリングにされている。
会社からは日光アクセスで日光線より東武鉄道直通特急の方に力を入れられたり、
アニオタwikiでは本項で忘れられていたり名前を間違えられたりと、何かと見えない位置で不遇にさらされている模様。
なお、日光線での運転は2013年3月のダイヤ改正で終了し、205系に置き換えられた。群馬エリアでの運用も2017年に終了。一部が上信電鉄へと売却された。
アニメ日常で時定行の電車として登場していた。

●113系電車
通称湘南電車
惜しまれながら千葉エリアからも2011年9月に定期列車が終了し、全車両が引退となった。
JR四国に一部編成が譲渡されているが、かなり派手に手を入れられている。

●123系電車
愛称:ミニエコー。荷物車からの改造車。中央本線辰野~塩尻間折り返し運行についていたが、2013年に運行終了。

●201系電車
101系・103系の後継車両として登場。当時は省エネ電車として注目を浴びたが、製造費用が高すぎてそんなに普及しなかった。
東日本管内からは、2010年10月17日のさよなら運転で中央線、2011年6月20日には京葉線から、それぞれ引退した。
豊田車両センターにトップナンバーの先頭車1両がいる。
五星戦隊ダイレンジャーでは必殺技の一つに201系の幻を見せる技が存在し、実在した総武緩行線と、計画だけ存在していた山手線の幻が披露された。

203系
201系を地下鉄仕様にしたもの。車体を普通鋼製から301系と同じアルミに変更。
常磐緩行線~東京メトロ千代田線直通運用に使用される。
小田急線には入れない。E233系2000番台の投入に伴い引退し、インドネシアとフィリピンに譲渡された。

●207系900番台
JR西日本の207系とはあまり関係のない車両。
この車両は後の209系などのVVVF車両開発のために国鉄時代末期作られた試作車両で日本に1編成しかない。
常磐緩行線~地下鉄千代田線で運用されていたが、残念ながら2009年度に廃車された。
車体は地下鉄直通の為の貫通扉があること以外、205系とほとんど変わらない。

●301系電車
地下鉄東西線直通用として中央・総武緩行線を走っていた。アルミ車体・エアサス台車という製造当時の国鉄通勤電車としては豪華な仕様。2003年廃車。

●E331系電車
京葉線に先行投入された。
3ドア連接14両編成だが、長さは一般の10両編成に相当する(1両ごとの長さが短い)。
ただし、14両すべてが連接されているわけではなく、7両の連接編成を2本繋げた形になっている。
1編成しかない車両。

モーター音が驚くほど静かだが頻繁に故障するため滅多に乗れない。
別名「千葉のスペランカー」
一応試験車両なのでそこは大目に。

そんなレアな車両だが、2014年3月25日に長野車両センターへ配給回送された。
廃車の為の回送なので、現在は見たくても見ることはできない…。

●715系電車
583系から改造された食パン電車。
東北本線の仙台地区を中心に運行されていたが、1998年までにすべて廃車された。

●717系電車
東北本線の仙台地区や常磐線のいわき以北で運行されていた。
2008年までにすべて廃車済。

●415系電車
113系の交直流Ver。
普通鋼製の車両は2006年までに全車引退し、晩年は211系のようなステンレスボディを持つ1500番台のみが水戸地区で活躍を続けていた。しかし老朽化には勝てず2016年3月のダイヤ改正をもって撤退。
一部編成はJR九州に譲渡されている。
415系は元々交流50Hz/60Hz両方に対応する電車なのだが、1500番台の一部は50Hz専用車として製造されていた。

●417系電車
415系と比べるとスカートが長め。阿武隈急行へ譲渡された編成は2016年3月に運用を終了した。現在は岩切駅そばで乗務員の訓練教材として使われている。


◆現役の車両

●115系電車
山岳地帯用に111系を調節したもの。
形式上では113系より先に登場した。
長野・松本地区では211系3000番台が、新潟地区ではE129系がそれぞれ導入され、置き換えの気配がなかった高崎地区でも211系へ置き換えが始まり、2020年現在は新潟地区にわずかに残るのみとなっている。
しなの鉄道に一部編成が譲渡された。

●205系電車
関東地方ではお馴染みの車両。 東京メガループ の一部である武蔵野線系統と八高線(電化区間)、川越線相模線鶴見線、南武支線、埼京線、日光線、宇都宮線(小金井以北)にて使用される。
東北地方では直流線区の仙石線のみで使用される。
前面が201系っぽいのがほとんどだが、「メルヘン顔」と呼ばれる京葉線と武蔵野線に導入された車両や、
転属に伴い付随車(サハ)を先頭車に改造したものがある(1xxx番台など)。
南武支線・鶴見線・八高線・仙石線用は全て先頭車改造車。
仙石線用は一部がロング/クロスシート転換の2WAYシート車となっている。
石ノ森先生のキャラクターが描かれた「マンガッタンライナー」も走っている。
相模線用の500番台は当初より独特なデザインの車両となっている。武蔵野線ではVVVF改造をしたものがある(モハ5xxx番台)。
ちなみに量産先行車の一部は富士急行線に譲渡されている。時々特急料金を取る特急列車にも使われる。ロングシートのままで。
最近では武蔵野線以外の東京メガループ路線、埼京線にE233系が導入している為、一部の車両は宇都宮エリアに転属したり海外譲渡、廃車が進んでいる。

0番台…武蔵野線系統
500番台…相模線
600番台…日光線宇都宮線(小金井~黒磯)
1000番台…南武支線(但しJR西日本阪和線にも同じ番台が在籍している)先頭車のみ。
1100番台…鶴見線 先頭車のみ。
1200番台…南武線(廃車)
3000番台…八高線~川越線西側(廃車)
3100番台…仙石線
5000番台…武蔵野線 中間車のみ

●209系電車

JR東日本になってから最初に製造された車両である。元祖「E電」と呼ばれる。
本格的にVVVFを採用し、車両設計を根本的に見直しをした。
コンセプトは「電力半分、コスト半分、寿命半分」
私鉄にも大きな影響を与えた。

0番台…南武線(廃車)
500番台…中央・総武緩行線、京葉線系統、武蔵野線系統
900/910/920番台…廃区分(元々は209系の試作車901系であった。それぞれ一編成ずつ京浜東北線に存在したが現在は全て廃車)
950番台…中央・総武緩行線(現在のE231系900番台)
1000番台…中央快速線(常磐緩行線、地下鉄千代田線から転属)
2000/2100番台…房総各線(編成両端車はクロスシート)
2200番台…南武線
3000番台…八高線~川越線西側
3100番台…八高線~川越線西側(元々はりんかい線の70-000系)

が在籍、及び在籍していた。

現在浦和電車区に所属する0番台のVVVF更新をし2000/2100・2200番台にして幕張車両センターや中原電車区への転属が進んでいる。

2010.1.24、京浜東北線でのラストラン。デビュー路線から遂に姿を消した。
ちなみに寿命半分というのは、製造から13年を迎えたら廃車にしてさようならという意味ではなく、その時点で解体しておしまいにするか、機器類を更新して継続使用するかを選べるという意味である。

●211系電車
上越線(水上以南)・両毛線と甲信地区等で運用されている車両。
205系の近郊型Ver。セミクロスシート編成とロングシート編成に分けられる。
かつてはグリーン車が付いていたがE233系の投入によりなくなった。
房総地区は209系に明け渡して、幕張車全編成が転属した模様。
その後、長野・松本地区での運転を開始した。

●215系電車
415系1900番台を元にしたオール二階建て車両。
ホームライナー、ホリデー快速等で使われる。

●E217系電車
209系の近郊型タイプ。
それまで近郊型=3ドアを払拭し4ドアで登場。
なかなか格好いいデザインである。

貫通扉は機能しているものとしてないものがある。
横須賀線総武快速線用は基本11両・増結4両。
かつて運行されていた東海道線用は基本10両・増結5両。
どちらも基本編成の4・5号車はグリーン車。
横須賀線用の9~11号車と、東海道線用の基本編成両端2両と付属編成の両端はセミクロスシートで、それ以外はロングシート。

●E231系電車
中央・総武緩行線、地下鉄東西線直通、武蔵野線、常磐快速線成田線(我孫子支線)、東海道線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ラインにて運用されている。
E231系は通勤タイプ・近郊タイプの二種類がありそれらを纏めて一般型と称される。
通勤タイプは8両/10両/増結5両/11両(山手線用。運用終了)。
近郊タイプは基本10両(グリーン車連結)・増結5両。
JR東日本の標準型車両で形式名のEはEAST(東)の意味
0番台前期…中央・総武緩行線(導入当初は6ドア車連結。一部編成は組み換えにより4ドア車に統一)
0番台後期…常磐快速線、成田線(我孫子支線)
500番台…中央・総武緩行線(山手線は2020年1月20日運用終了)
600番台…500番台6扉車から置き換えの4扉車。E233系ミックス仕様。
4600番台…500番台6扉車から置き換えの4扉車。E233系の先頭車に合わせたドア位置が特徴。生産されたのは600番台と同数だが、E231系として必ずしも同数にはならない(理由は後述)。
800番台…地下鉄東西線直通
900番台…中央・総武緩行線
1000番台…近郊タイプ(東海道線の国府津車両センター所属車と宇都宮・高崎線の小山車両センター所属車がある…湘南新宿ラインにはどちらも入る)

0番台前期・800番台・900番台・1000番台小山車は車内のLEDが一段
0番台後期・1000番台国府津車はLEDが二段

500番台はLCD(液晶ディスプレイ)を2つ装備している。
殆どの車両を自社の新津車両工場で生産した。

●E233系電車
E231系と同じく通勤・近郊の両タイプが存在する一般型電車。故障対策として重要な電気回路が二重化されている。

通勤タイプは基本10両で、0番台・5000番台の一部は4両と6両に分割可能で、外房線東金線直通や青梅線&五日市線直通など要分割の運用に対応。
1000番台・6000番台・7000番台は205系・209系と異なり、車体幅が広がった分収容力もアップしたので6ドア車は製造されていない。
2000番台は地下鉄直通対応のため、他の番台とは異なり通常の車体幅となっている他、貫通扉付き。
近郊タイプの3000番台は基本10両・増結5両で10両編成側にグリーン車が2両連結。
また、3000番台のみ車内表示がLED表示になっている(他の番台はすべてLCD搭載)。

0番台…中央快速線・青梅線五日市線
1000番台…京浜東北線・根岸線
2000番台…常磐緩行線(地下鉄千代田線直通)
3000番台…東海道線、宇都宮線・高崎線
5000番台…京葉線
6000番台…横浜線
7000番台…埼京線
8000番台…南武線

通勤・近郊タイプ共にロングシートの座り心地は良好。

●E235系電車NEW!
山手線に新しく導入された。
運行開始早々にINTEROSの不具合が原因で運転中止となり、しばらくの間試運転を重ね、2016年3月に運転を再開。その後着々と増備が続いている。
アニメアクティヴレイド -機動強襲室第八係-では中央線快速電車にも投入されている姿が描かれている。
一部を除き、10号車はE231系4600番台から編入されている。
2020年度より横須賀線・総武快速線用の車両を導入予定。

●E127系電車
701系の直流Ver。
新潟地区はロングシートだが新潟地区の人口も増えているので通勤型として全うしている。
信越地区では運転の多い大糸線が観光路線ということを考慮し、片側がロングシート、反対側がクロスシートの車両が登場した。

0番台…新潟地区
100番台…大糸線南側を中心とした長野・松本地区

新潟地区の編成は北陸新幹線開通に伴う信越本線の三セク移管に伴い、多くの編成がえちごトキめき鉄道へと転属した。

●E129系電車 NEW!
2014年12月から新潟地区に導入された一般車。
E233系に倣った新機構に加え、耐寒耐雪仕様にもなっている。
車体はE721系に似ている。
車内のモニターで短編アニメが放映されていた。

●701系電車
東北地方に大量に存在する209系0番台の寒冷地&交流仕様。
90%ロングシート…短距離利用客が多いのと、車内の見通しをよくするためにロングシートとなった。
路線により狭軌仕様と標準軌仕様の2種類がある。
ワンマン対応は標準装備?

狭軌仕様
0番台…東北本線(新白河~一ノ関・岩切~利府)、奥羽本線(新庄~青森)、羽越本線(酒田~秋田)、津軽線(青森~蟹田)
100番台…0番台と同じ
1000番台…東北本線(仙台・盛岡地区)、常磐線(浪江以北。2020年3月14日以降は原ノ町以北)

標準軌仕様
5000番台…田沢湖線
5500番台…奥羽本線(米沢~新庄)

狭軌仕様についてはIGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道に一部編成が譲渡されている。

●719系電車
211系をベースに製造された交流専用の近郊型車両。
仙台地区では初めての3ドア車(ただし仙石線を除く)。
狭軌仕様の0番台と標準軌仕様の5000番台がある。
0番台は1編成だけレストラン列車「フルーティアふくしま」用として700番台に改造されている。

0番台…東北本線(新白河~一ノ関・岩切~利府)、常磐線(浪江以北)
700番台…磐越西線(郡山~喜多方)
5000番台…奥羽本線(福島~新庄)

かつて0番台は仙山線でも運転されていた(2013年3月のダイヤ改正で運転終了)。
0番台はE721系によって置き換えが開始された。

1990年生まれでありながら221系など同世代の他社車両に比べて国鉄らしさが多数見られ、転換クロスシートも185系のトラウマがあるのか採用されなかった。

●E721系電車
701系の反省からか、セミクロスシートになった車両。
車体もE231系・E233系のような裾絞りの幅広となった。
導入当初は2両編成のみだったが、2016年秋以降には4両固定編成の1000番台が製造された。

0番台…東北本線(新白河~一ノ関・岩切~利府)、常磐線(浪江以北)、仙山線、磐越西線(郡山~喜多方)
500番台…仙台空港鉄道直通専用
1000番台…東北本線(新白河~一ノ関・岩切~利府)、常磐線(浪江以北)、仙山線

磐越西線用にリクライニングシートの一部指定席を設置した改造車が導入された。2020年3月13日までは自由席として利用可能。
仙台空港鉄道に500番台と同様の車両、青い森鉄道、阿武隈急行に同形式をベースにした車両が製造されている。
ある出来事で凄惨な姿が全国に広まった時は、自然の脅威をまざまざと見せつけられた瞬間だっただろう。

●E501系電車
209系の交直流Ver.。
基本10両・増結5両で上野~土浦間を走っていたが、TX開業により水戸地区の運用のみとなった。
かつてはシーメンス社製の制御装置を採用していた為歌う電車を楽しめたが現在はすべて更新されている。

●E531系電車
E231系の交直流Verであるが、130km/h運転に対応するため足回りが強化されている。
基本10両(うちG車2両)+増結5両
常磐線品川~竜田間、増結5両単独で水戸線と東北本線(黒磯~新白河・白河)で運用に就いている。

●EV-E301系電車
リチウムイオン電池を搭載し、電化区間で充電しつつ走行することで非電化区間での走行も可能にした。
急速充電も可能。
烏山線系統で運行中である。


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/