七瀬留美


「乙女にしかなせない技よ」

プロフィール

誕生日:8月8日
血液型:A型
身長:161cm
スリーサイズ:B84/W59/H86

Tactics製作のPCゲーム『ONE~輝く季節へ~』のヒロインの1人。
主人公の浩平の通う学校に転校してきた生徒。
前の学校の制服が気に入っているらしく、転校後も前の学校の制服を着続けている。
一応今の学校の制服も持っていて、椎名繭シナリオで意外な登場を果たすことになるが、それはまた別の話。

普段は「乙女」を気取って猫を被っているが地はかなりがさつと言うか、喜怒哀楽のはっきりした何というか 男らしい 性格。
転校当日の通学路でよりによって浩平と激突してしまい、地の性格を出してしまったために、それ以降彼に対してだけは地の性格丸出しになる。
まぁ、全ては浩平がそんな七瀬を面白がって過剰に悪戯したりからかったりするせいなのだが。
なお、そもそも初日に素の性格が出たのも、激突した際 浩平が豪快に吹っ飛んだ七瀬を放置して立ち去ろうとしたからである
「去ろうとした」と言うか、結局 本当に放置して立ち去った のだが。
取り敢えず、基本的には一本気で素直な少女である。


「ところで今朝はすごい剣幕だったな」
「…………」

ちなみに、彼らはその数日後にも同じように激突しているが、その際浩平は 七瀬の鳩尾に肘鉄を打ち込んでいる
どこまでも外道な主人公である。

また、同時に複数のことを考えられないような、ちょっとドジというか抜けている一面もある。
嫌がらせで椅子に画鋲を仕掛けられた時、画鋲の存在に気付いていたにもかかわらず 外すのを忘れてそのまま座ってしまったり
茶道部や美術部の見学に行こうとしたら浩平に「お前にそんな部は似合わん」と茶化され、

「100ぺん死んで、ウジ虫にでも生まれ変わって、肥溜めで過ごしてろっっ!!」

などと、 部室の扉を開けてから 叫んで案の定断られたりしている。
ちなみに上の台詞、流石に過激すぎたのかPS版では「100ぺん死んでこいっっ!!」に変更されている。

+ 彼女が乙女にこだわる理由(本編ネタバレ)
元は剣道に打ち込む熱血少女で剣道部の主将も務めていたが、ある時体を壊して剣道を続けられなくなってしまう。
それでも部長として後輩の指導にあたっていた七瀬だったが、引退の際前主将からかけられた「これからは違う人生を生きろ」という言葉に従い、
転校を機に乙女として生きていくことを決意する。
最初はステレオタイプな「乙女」という形に拘っていたため、かなり無理をしている上にクラスの女子の反感を買ったりもしたが、
とある事件で助けてくれた浩平に惹かれていくことで、真の「乙女」に目覚めていく。

CVはPS版は 横山智佐 女史。ドラマCDは 大本眞基子 女史など。
ちなみに下の名前で呼ばれることは本編中一度も無い。ストーリー動画などに起用する時は注意した方が良いかもしれない。
え?OVAでは瑞佳とお互いをちゃん付けで呼び合っていたって?OVA?知らんな~。


「怒りを通り越して、呆れたも通り越して、もう一回怒りに戻ってきたわっ!!」


Eternal Fighter Zero』での性能

元剣道部部長という設定からか基本的に竹刀を持って戦うキャラとなっている。
このキャラ一番の特徴は特定の技を使うことで竹刀モードと素手モードを切り替えられること。
これら2つモードは通常技だけでなく使える必殺技や超必殺技も異なる。

竹刀モードでは技の大半がかなり大振り(中攻撃以上はスカると反確)な代わりに単発火力が高く、
ほとんどの通常技にリコイルアーマーがついているという典型的なパワーキャラ。
特に立強攻撃は異常なまでに発生が遅い上に硬直も長い(至近距離だとヒットさせても反確)が、
アーマーがついている上にヒットすると超必並みのダメージになるなど、七瀬のパワーキャラ振りを良く表した技と言える。

必殺技に関してはコマンド投げの「乙女富嶽」と昇竜技である「紅蓮竹刀」が使える。
前者は神崎十三の「ぶんナゲ(一幕では富嶽)」のパロ技で、相手を空高く放り上げた後追加コマンドで追撃する。ただし投げ自体はダメージ無し。
この技は発生5F、短いながらも何故か無敵時間が存在する弱版と、発生が遅いが間合いの広い中版、
さらに発生が遅いが発生までアーマーが付く強版があるので、臨機応変に使い分けていくことが重要。
さらにここからの派生技の「爆裂フルスイング」とそのゲージ消費版にあたる「ビッグバン打法」は、
十三の「かっトバシ」・「ほうむラン!」のように非常にタイミングがシビアなものの、
入力タイミング次第で大ダメージ( 最大4割5分 、ただし1P側限定)となる。
しかもこの手の技にありがちなスカった際の隙も皆無なのでそのまま起き攻めにいける余裕すらある。
他の派生技としてはタイミング関係なくダメージを与える「乙女バント」があり、こちらはダメージが雀の涙なもののIC後追撃可能。
ダメージ効率はあまり良くないが、確定ダメージをとりたい場合や拘束時間の長さを生かしてRFブレイク中の相手のRFゲージを削る場合、
こちらの青ゲージを吐き出して青コンを叩き込む際の始動技など、使い道は結構多い。
後者の「紅蓮竹刀」は発生保障のある中版が強力。おもに切り返しに使うのだが、それ以外にも相手の起き上がりに
暴れ潰しの中紅蓮竹刀と弱乙女富嶽の二択を迫れるほか、通常技をリコイルされた際に使うことでリコイルからの反撃を狩ることが出来る。
が、紅蓮竹刀は飛び上がった後竹刀を放り投げてしまうため、
竹刀を手放す前にICし、ヒットした時はコンボ、ガードされた時は逃げる、というのが常套手段。

一方の素手モードはアーマーが付く技もあるものの、技の振りがコンパクトになりリーチも短い。
こちらのモードでは乙女富嶽からのコンボが強力だが、いかんせん竹刀モードに比べると
火力が低い・リーチが無い・判定が弱い・必殺技および超必殺技が一種類ずつしかないため立ち回りが苦しい。
特に打撃が弱いのはかなり辛く、赤ICコンボも火力が無いだけでなく、ICできないと地上チェーンでダウンを取ることすらままならない。
よって基本的に竹刀モードで立ち回ることが多い。

ファイナルメモリー「耐える乙女の美学」は原作で登場したキムチラーメンの辛さをやせ我慢することで、
一定時間中常時スーパーアーマー化する 技。(通称「キムチアーマー」「ラーメンインストール」)
この間被ダメージも半分になるものの、体力三分の一以下でしか発動できないので、
アーマーで無理やり攻めていて気付いたら負けていた、ということも多い。
しかもこの間はガードできないため、強力なアンチアーマーを持つ相手に対して発動すると逆に死亡フラグが立つことも。

以上のような点からアーマーや無敵対空を使った一部択の拒否や牽制狩り性能は優秀なのだが、
全体的に振りが大きく(通常技ですら出が遅く硬直の長い技がほとんどでガードさせて有利なのが立弱のみ)、
「ICでのフォローに必要なRFゲージが無い時は弱攻撃と弱富岳以外の技を振ったら死ぬ」とすら言われる始末。
しかし、RFゲージさえあればコマンド投げによる崩しと昇竜による暴れ狩りの択一攻撃
さらに投げの裏択として空中リコイルガードしづらい屈中や、D屈強によるジャンプ狩りの択を仕掛けられる。
そして持ち前の火力故に読みが当たればゲージが無くても赤ICコンボで最大5割強、各種ゲージを全て吐き出せば7割~ 即死 なんて芸当も可能。
とはいえRFゲージはICでガンガン消費する上、単発火力キャラにありがちなコンボの短さ故にゲージが中々溜まらないのが悩みの種。
プレイヤーには相手の動きを読んだ上での繊細な立ち回りが要求される。
……なんだかガサツな彼女も中身は乙女なのだから繊細に扱えと言わんばかりである。

なお、キャラランクでは中堅~中堅下位とされることが多いが、キャラによる得意不得意(特にアンチアーマー技の有無)や、
使っている人間のプレイヤー性能、相手のキャラ対策(特にアーマー対策)が露骨に出るキャラなのであまりアテにならない。
ただパワーキャラという側面からほとんどのキャラに微不利~不利が付く。
といっても通常の相手に対しては立ち回りで負けても持ち前の火力で巻き返せるのだが、
3強相手ではリーチで負け判定で負けアーマーをぶち抜かれと散々。
特に最上位の長森相手ではアーマーがまともに機能しない、牽制で勝てない、火力差が付かない、紅蓮竹刀で起き攻めを拒否れない
(技が当たっても音符の共鳴に引っかかって切り返し切れない、空ぶって素手になろうものなら 本気で詰む )といった事情から、
全体的にバランスのいい『EFZ』の中でも数少ない 3:7ダイヤ と言われる。
原作じゃ二人とも仲良かったのに……。あれか浩平の取り合いになると話は別ということか。女の心変わりは恐ろしいのォ!

ちなみに紅蓮竹刀にはちょっとしたバグが存在する。
紅蓮竹刀で放り投げられた竹刀を相手がガードポイントで受けている最中に暗転すると、
どういうわけか 相手の体力を物凄い勢いで削る 。具体的には 体力残り1ドットまで
紅蓮竹刀自体はFICが効くため、相手がGPで取った際にFICしてしまうととんでもないことになる。
しかしこのような状況は滅多に起きない為大会などでも普通に解禁されている。
まあガードポイント持ったキャラ自体皆無だし使用状況もそんなにないしそもそも七瀬使う人いないし

+ 参考動画
読みが噛み合うとこうなる
対空から9.5割。これなんて世紀末?(2:00くらいから)
『EFZ』最悪のダイヤ。暴力vs暴力
竹刀を手放したらそこで試合終了ですよ


ぐあッ!? こ、腰がぁ…」


ドッペル七瀬

コンパチキャラとして「ドッペル七瀬」というキャラが存在する。
別にドッペルゲンガーというわけではなく、『ONE』開発当初七瀬に設定されていた没カラーである。
時代を先取りした金髪ツインテールのツンデレキャラになるはずだったのだが、結局は現在の形に落ち着いた。
金髪っつーか黄土色だけど。


「一撃必殺の境地はまだ遠い……」
こちらは素手モードを強化したようなキャラで、通常七瀬がパワーキャラならばこちらは投げキャラのような性能。
派生可能なコマ投げ「乙女キャプチャー」を持っているが、こちらは神崎十三の「すりツブシ」のパロ技であり、
相手を掴んだ後コマンド入力で派生→さらに追加入力で超必殺技に派生→そこにさらに追加入力でもう一回超必殺技に派生するという技。
よってゲージさえあればノーゲージで出せるコマ投げからノーリスクで大ダメージを与えられる……かと思いきや、
これまた元ネタ通りに「相手側の入力次第で派生を回避可能」という性能を持つ。
そのため投げるより殴った方が早いという始末。
よって、実戦では攻撃判定が大きく半身無敵のある「乙女タイフーン」で相手の牽制へ突っ込み、そこからダメージを奪っていく形になる。

なお、このキャラのファイナルメモリーはかなり特殊で、「3ラウンド目にゲージMAX+体力1/6で自動発動」という変わった条件で自動発動する。
内容も動作が高速化+ゲージが自動回復するようになるという特殊なもの。ぶっちゃけるとジン・サオトメの明鏡止水の変形版。

参考動画


MUGENにおける七瀬留美

七瀬留美

+ 馬の骨氏製作
  • 馬の骨氏製作
現在氏のOneDriveに接続できない状況にあるため、foxy氏によって代理公開されている。
後述の竹刀ホルダー以外は原作再現仕様の七瀬。
コンボダメージとコンボ補正数字の表示も完備されているのでアドリブコンボもやりやすい。
「竹刀ホルダーとなるヘルパーを予め用意しておき、ステートを奪われたら一度素手にして復帰と共にヘルパーに竹刀を投げてもらう」
という方法でやられスプライトの表示バグを回避することに成功した模様。
ちなみに、青3ゲージあれば原作でも根性補正込みで最低6割は減るので、動画中の即死コンボはほとんど原作通り。
根性補正の無いキャラや、原作に無い装甲キャラはひとたまりもない。
586氏のUNKNOWNの「たるのなか」にも対応している。
AIもデフォルトで搭載されており、更新でPS版のボイスも追加された他、ドッペル七瀬をバイトとして雇うようになった。

+ おすすめコンボ(竹刀モード)
  • 地上コンボ
レシピ 備考
(立弱or屈弱>)近中>遠中>爆砕鉄拳(弱) 超基本コンボ。始動が地上ヒットした時限定。爆砕鉄拳をICすれば相手が浮くので後述の空中コンボがさらに入る。
遠中orD中or屈中orD屈中or立強or屈強(いずれも地上ヒット)>IC>D中>ちょろちょろすんなぁ! 牽制狩りなどから。遠中やD中始動だと1ゲージ3割5分、立強始動だと1ゲージ5割弱。最後をLv2やLv3にすれば追撃可能
屈強>乙女牙突(弱)>IC>屈強>乙女牙突(弱)(>乙女桜) 硬いアーマーのある屈強での暴れから。4割弱。乙女桜は竹刀を投げてしまうので殺し切れる時のみ。
  • 空中コンボ
(屈中orD屈中>)紅蓮竹刀(中orRF)>IC>空中ダッシュ>J弱orJ強>… 無敵対空始動、もしくは中央で対空の屈中やD屈中が当たった時。中央ならJ弱(スカしでも可)、端ならJ強。紅蓮竹刀ICがFICにならないように注意。
屈中(空中ヒット)>jcJ強>dcJ強>… 画面端付近限定。J狩りや対空から。七瀬で特に火力の出る始動。
…>立弱>近中(>遠中)>立強 浮いた相手を中央付近で拾うパーツ。端が近ければ遠中も入る。近中が空ぶったり遠中が出ないようにするため立弱はなるべく相手の近くで当てること。全体的に要ディレイ(受け身を取られるため)。
…>(立弱>近中)×N>立弱×N>受身狩り 端付近での拾いパーツ。↑に比べるとダメージが少し高い上RFゲージを回収できる。
ループ回数は補正と相談しつつ(青ICしてなければ1、2回)。立弱×Nはキャンセルが効かないので目押し
…>立弱>近中>乙女桜(Lv2以上)>(ここから素手)(立弱>近中)×N>jcJ弱>J中>jcJ強 殺しきりたい時に使うが難易度高め。(立弱>近中)×Nは要ディレイ。最後のJ強はスカることもあるが受身狩りとして機能したりするので取り敢えず出す。

+ 烈空氏製作
  • 烈空氏製作
現在は公開停止。
ボイスが付いている他、竹刀モードと素手モードが切り替えられない、「紅蓮竹刀」が未実装などを始めアレンジ要素が強い。*1
またカラーパレット一つ一つごとに性能が変わり、カラーによって竹刀のみ、素手のみなどが使い分けられる。
しかし、そのパレットシステムのためにvarを全て使い尽くされており、AI製作は困難と思われる。

+ 烈空氏製作 七瀬留美(&ドッペル七瀬)&椎名繭
  • 烈空氏製作 七瀬留美(&ドッペル七瀬)&椎名繭
フリーティケットシアター終了に伴うサイト消滅を以て公開終了。
上記のもののリメイク版で、氏のキャラらしく大幅なアレンジが施されている。
お馴染みとなったスタイリッシュアーツの他、待望の「紅蓮竹刀」やドッペル七瀬の技、さらにオリジナル技が追加されている。
最終的にはストライカーとして椎名繭が使えるようになる予定だったらしいが未実装。

+ うる氏製作 MVC風七瀬留美
  • うる氏製作 MVC風七瀬留美
MVC2』風のエフェクトやシステムで戦う七瀬。
素手モードを完全に廃しており、代わりに新技やPS版のボイスが追加されるなどかなりアレンジされている。
ボイス元がギャルゲーだというのにほとんど違和感が無いのは流石というか何というか。
なお、インパクト絶大のやられボイスは、 肛門から刺さった鉄パイプが口まで貫通した時の悲鳴 (主人公の妄想だが)である。
そのボイスから「ぎゃあ子」と呼ばれることも。
ボイス元(4:00~)※実況注意
断末魔のボイスが嫌というほど堪能できる動画

また、原作と仕様は違うものの、フルスイングするタイミングによってダメージが変わる「乙女富嶽」も搭載されており、
「耐える乙女の美学」でアーマーを付けてから乙女富嶽を狙うという戦法が非常に強力。
kzn氏及びおまけの人氏によるAIパッチが製作されているが、現在公開されているのは後者のみ。

+ あのにん氏製作 七瀬留美カプコンスタイル
  • あのにん氏製作 七瀬留美カプコンスタイル
現在は公開先であった「Megaupload」の閉鎖に伴い入手不可。
竹刀モードのみ・ボイス付き・『MVC』風のヒットエフェクトと上記のMVC風七瀬を彷彿とさせるが、
こちらは前転や避け、ゲージ溜め等が使えるようになっている。
他の七瀬達以上によく喋り、飛び道具としてタライを落としたりと、面白いキャラとなっている。
AIは10段階に調整可能なものがデフォルトで搭載されている。

ドッペル七瀬

+ ふるれ氏製作
  • ふるれ氏製作
原作再現仕様のドッペル七瀬。
2019年のYahoo!ジオシティーズ終了に伴いサイトが消滅してしまったが、改変・転載自体は自由とのこと。
現在は後述の簡易AI共々、hamer氏および「MUGEN初心者用簡易AI講座」にて代理公開されている。

ファイナルメモリーの使えるラウンドを設定できるので、1ラウンドのみの試合があったりするMUGENではありがたい。
12Pだと常時ファイナルメモリー状態になる。
また、同氏による簡易AIも存在し、簡易ながらも中々の強さである。
外部AIとしては、海外のNetyzh氏による10段階に調整可能なものが氏のOneDriveにて公開されている。

+ 栗氏製作
  • 栗氏製作
現在は公開停止。
かつて(2008年まで)のニコMUGENで一番有名だったのはこちら。
ディスプレイネームの「EX NANASE」から「EX七瀬」と紹介されることもある。
栗氏製作のキャラの例に漏れず、リコイルで回復したりサイクバーストがあったりとアレンジ要素が強い。
またこのキャラ、 2ラウンド目以降は勝敗関係なく覚醒してくる 上、覚醒後は即死攻撃をも使ってくる。
よって凶キャラに含まれるのだろうが、1ラウンド目は先述のアレンジ要素くらいしか改変点がない上、
チーム戦であれば覚醒しないため、チーム戦では通常キャラとして登場することもある。
AIもデフォルトで搭載されている。


かつてはAIの有無等の関係で、彼女のドット改変キャラであるこの男に出番を取られがちであったが、
MVC七瀬等の登場により、現在は動画での出演回数も増えつつある。
よろしく「乙女の~」コメも見受けられるようになってきており、MUGENにおける乙女の定義を揺るがしつつあるようだ。
そして、2011年12月には七瀬留美オンリー大会が開催された。
最終回。サムネの画像と投稿日にも注目


「ナメないでよ……七瀬なのよ、あたし」*2


出場大会

+ 一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
凍結
更新停止中
【ドッペル七瀬】
削除済み

出演ストーリー



*1
通常七瀬は原作再現しようとすると、相手にステートを奪われた際にやられスプライトを正しく表示できないというバグが不可避なため。
回避方法もあるにはあるが、それはそれで別のバグの原因になる。
まあ見た目の問題なので表示がバグっても特に実害は無いのだが。

*2
七瀬を象徴する名(迷?)台詞として知られており、『EFZ』でも勝利台詞として採用されているが、実は 七瀬自身が言ったわけではない
「男ですら完食するのが困難なキムチラーメンを七瀬ならおかわりまでして一滴も残さず平らげるに違いない。 なぜなら七瀬だからだ
という、浩平の勝手な想像の中で七瀬が言い放った台詞である。
で、実際はどうなったのかというと……まぁ、「好きな男からクリスマスイブの夕食に誘われ、行ってみたらキムチラーメンだった」
乙女の心境をお察し下さい……とだけ言っておく。


最終更新:2021年01月01日 15:41