セントリー


アメリカのマーベルコミックの作品群に登場するヒーロー。

アメコミの歴史の第二黄金期「シルバー・エイジ」の頃に活躍していた古参のキャラクター。
ハルクとは無二の親友であったり、デビュー間もないスパイダーマンに先輩ヒーローとして関係を結んでいたり、
ヒーロー達のコミュニケーションの中心的人物であったが、宿敵ヴォイドと相打ちになる形で連載が終了。
長らくマーベルユニバースの歴史から姿を消していたが、編集部も読者もセントリーの存在をすっかり忘れていた2000年に新シリーズがスタート。
数十年の沈黙を破り、マーベルユニバース最強のヒーローがここに帰ってきたのだ!



上記の新登場の癖に後付け設定を引っ下げ、数十年の積み重ねを持つマーベルユニバースの歴史に突然割り込んできた新キャラクター。
初出は2000年の『The Sentry #1』。シルバーエイジに連載を持っていたというのは編集部のタテマエ。
「実はこれまでの戦いは全て私が影から操っていたのだ」と突然現れる新登場の悪役キャラは多けれど、
「実はこれまでヒーローたちみんなと一緒に戦っていたんだ」と突然現れる
(みんなから見えない場所でこっそり支援していたんだ、という話ではない)新登場の味方キャラというのは前代未聞であろう。

……と、登場当時はいろいろと物議を醸したものの、2000年の初シリーズ開始の後は登場回数もかなり多い。
ヒーローたちとの交友関係も広いという後付設定を持って初登場したため様々な作品にクロスオーバーで登場しており、
地球を追放されたハルクが怒り狂って帰還、地球の全ヒーローを叩きのめした大決戦「ワールド・ウォー・ハルク」においては
アイアンマンファンタスティックフォーX-MENも全滅する中、怒れるハルクと互角に渡り合う戦いを見せた。

なお、セントリー(Sentry)とは英語で「番兵・歩哨」というような意味で、キャプテン・マーベルが戦っていたクリー帝国にも同じ名前の兵器がある。
そちらはデコの格ゲー『アベンジャーズ イン ギャラクティックストーム』でクリー側のサポートキャラクターとして登場していた。
勿論、たまたま名前が被っているだけで両者は全くの無関係である。
DCコミックの前例あるのにおたくらもかい


オリジン

本名はロバート・レイノルズ。
地球在住の中年のオッサンだったレイノルズは、ある日突然自分がヒーロー「セントリー」だった事を思い出す。
そして同時に強大な敵であるヴォイドが復活しつつある事を悟り、他のヒーロー達に警告を発する。
だが、他のヒーローたち一名を除いて誰も彼の事を覚えていなかった。
しかし彼と話をする内に、ヒーロー達も彼と過ごした記憶を思い出していく。
スパイダーマンはセントリーの写真でピュリッツァー賞を獲った事を思い出し、リード(Mr.ファンタスティック)も彼と親友だった事を思い出した。
そして皆が記憶を失った原因を調べた結果、セントリーの中には自身のダークサイド(暗黒面)である凶悪なヴィラン「ヴォイド」が存在しており、
誰もがセントリーの事を忘れない限りヴォイドは不滅。そのヴォイドを消し去るために、セントリーは自分を含めた全人類から自分に関する記憶を消していた……
という後付け過去が判明した。
復活しつつあるヴォイドを再び消すため、リードやDr.ストレンジの協力を得て、彼は再び全人類の記憶を封印した。
これにより、ヴォイドは消滅し、セントリーの名前は再び歴史から消えた……

……はずだったのだが、狂人犯罪者刑務所の大脱走事件を機に、彼は再び表舞台へと帰ってきた。
そしてエマ・フロストらの協力によりヴォイドを精神の奥底に封印する事に成功し、新しいアベンジャーズの一員として歩み始めた。
だが、自身の強大な力や自身の中のヴォイドについては強い怖れを持っており、そこを衝かれて戦えなくなってしまう事もあるなど、
メンタルの弱い面も強調されていく。

+セントリーの真実
ヴォイドがセントリーの暗黒面であるというのは誤りであり、
実はセントリーこそがヴォイドの中のわずかな良心、罪悪感から生まれた存在だったのである。
そもそも、元は薬物中毒者であったレイノルズが薬を求めてとある研究所へ侵入して、
そこで見付けた特殊な血清を飲んだ事がパワーを得たきっかけだったのである。
なお、この血清は何故かレイノルズにのみ作用しており、他者が飲んでもパワーが得られるわけではない。

後にヴォイドの一部がエマ・フロストの精神を経由してサイクロップスの中に入り込んで彼を支配しようとしたが、
逆にサイクロップスとの精神戦に負け、現在彼の精神内に完全に封印されてしまっている。
絶対その内何か起こす気だろ…いや、ひょっとしてもう起きているのか?

+「心の強さを持たないスーパーマン」の末路
そして、オズボーンがヒーロー社会の実権を握った「ダークレイン」の展開において、
オズボーンに件の血清を供給される事によりヴォイドが密かに目覚め、彼に従うようになった。
そして自身の本当の面であるヴォイドに引きずられるようにセントリーとしての彼もオズボーン側に付き、
新たに結成されたダークアベンジャーズに参加した。
普段はセントリーとして一応ヒーロー活動しつつも、裏では自身でも気付かない内にヴォイドと化し、
オズボーンの秘密兵器として、そのパワーで他者を従わせるために使われていたのである。

だが、そのような事を続ける内に彼は次第に精神の安定を欠いていき、
オズボーンのアスガード侵攻「シージ」において完全にヴォイドと化し、オズボーンの制御も受け付けなくなる。
そして圧倒的なパワーでヒーローたちを追いこむも、アスガードの秘石の力を得たヒーロー達に倒される。
いったん正気に戻った彼は自身の行いを知って死を懇願した。
だが、それを拒否されると再びヴォイドと化して襲いかかり、ソーの一撃を受けて息絶えた。

誤解の無いように言っておくと、あくまでもセントリーとしての彼は正しい心を持ったヒーローであった。
最期の時も敢えて攻撃を受けて倒された節がある。
その後はアポカリプスの継承者である双子、アポカリプス・ツインズが従える四騎士の一人として復活している。
アメコミには良くある事

+その死と連載誌に関する考察
あくまで推測に過ぎないが、上記のぽっと出後付け設定やあからさまに露悪的なスーパーマンのパロディと合わせて、
意図的に読者に反感を持たせるように設定した可能性がある。
というのもセントリーが登場・活躍した時期は、アヴェンジャーズが解散する事件を発端に、
「ハウスオブM」「シビルウォー」「ワールドウォーハルク」「ダークリィン」と言った
悪く言えば偽悪的で斜に構えた、良く言えばヒーローの存在価値を問う ようなシリーズが連続的に刊行され続けており、
それら一連のシリーズを締め括る大ボスを担う役割として誕生させたのではないか、という事。
実際、セントリーの退場と共にマーベルは王道ヒーロー物路線へと回帰していっており、
上記のシリーズのラストを飾る号もセントリー中心であった事から、可能性が無いわけではないだろう。

オンラインゲーム『Marvel Super Hero Squad Online』では、
「せっかく食べようと取り出したアイスを、気付かぬ内にヴォイドに食べられてしまい愕然とする」というコミカルな一面も見せている。

能力

ヒーローとしては、強い。アホのように強い。マーベル世界におけるスーパーマンと言える。
というか見た目からしてタイツにマント、そして「S」マークと明らかにスーパーマンを意識している。
ポジション的には「暗黒面を抱え、結局はそれに勝てないスーパーマン」と言った所か。
全般的に高い身体能力や五感、エネルギー投射、飛行、死からの復活、事象操作、精神投射など、
能力の範囲が広い上にどれもとんでもなく(爆発する太陽100万個分のパワーだとか)レベルが高い。
具体的には、たとえばパワーだと、惑星バージの支配者だったテラックスを難なく倒し、彼の武器である斧の柄を破壊したほど。
ちなみにテラックスの斧は、惑星をぶった斬れる
他にも無から有を作り出したり、触れただけで死人が蘇生したりと、
ここまでムチャクチャなのは、マーベルヒーローサイドではシルバーサーファーやソーぐらいである。
全能な連中やギャラクタスみたいな規格外を除けば、ヴィランを含めてもトップレベルであろう。
ちなみにウルヴァリン曰く、ギャラクタスとほぼ互角の強さだとか。

…が、上述したように精神を病んでいるためフルパワーで戦える機会は少なく、
本来の力を発揮出来るようになったのは、オズボーンに誘われ本格的にヴィラン化した後であった。


MUGENにおけるセントリー

アメコミキャラでお馴染み、「Infinity mugen team」のAcey氏が製作した物が公開されている。
流石に上記のような超絶チート性能ではないが、光を使用した攻撃は強力。
飛び道具や対空技など基本的な所は押さえている。

出場大会

  • 「[大会] [セントリー]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2020年06月11日 11:39
添付ファイル