アニヲタWiki(仮)

ウソップ

最終更新:

skeleton

---,--- view
だれでも歓迎! 編集
登録日:2009/08/22 Sat 22:48:18
更新日:2022/06/27 Mon 17:25:07
所要時間:約 8 分で読めます


タグ一覧
ONE PIECE ONE PIECE登場人物項目 いざという時は漢 お調子者 そげっプ そげキング ウソップ エイプリルフール生まれ オーバーオール カブト ゴッド ゴーグル サポート向き ネガティブ パチンコ ヘタレ時々漢 ワンピース 八千人の部下 口八丁手八丁 名刀『鼻嵐』 嘘つき 嘘を現実に変える能力 器用 多才 山口勝平 技巧派 東の海 海賊 涙腺崩壊 狙撃 狙撃の王様 狙撃手 臆病 覇気使い 見聞色の覇気 賞金首 足手まとい→欠かせない仲間 長鼻 非能力者 麦わらの一味 麦わら大船団 鼻キング 鼻ップ



…男には…どうしても戦わなきゃならねぇ時がある…仲間の夢を、笑われた時だ!


漫画『ONE PIECE』の登場人物の1人。

●目次

【プロフィール】

CV:山口勝平
所属:ウソップ海賊団→麦わらの一味
役職:船長→狙撃手
懸賞金額:3000万ベリー(そげキング名義でかけられている→後述)→2億ベリー
悪魔の実:無し
覇気:見聞色
誕生日:4月1日(エイプリルフール)生まれ
年齢:19歳
出身:シロップ村(東の海(イーストブルー))
通称:『ホコリのウソップ』(自称)『狙撃の王』『ゴッド・ウソップ』

【概要】

元ウソップ海賊団船長、麦わらの一味のメンバー、役割は狙撃手・ツッコミ役。
夢は『勇敢なる海の戦士』になること。
母親譲りの天狗のように長い鼻と、父親譲りの天然パーマ、タラコ唇、三白眼に下睫毛が特徴的な若者。

世界政府の秘密諜報機関CP9カクとは鼻が長いという一点のみそっくり。
なのに周囲からはカクとよく錯覚される。
ちなみにカクとウソップの鼻の長さは、丸みのぶんウソップが勝っている(SBSによる公式設定)。


【人物】

自身を誇り高き男と称しており、初登場時には『ホコリのウソップ』を自称していたが、実際は根がかなり臆病でネガティブ。
島に上陸するのを反対したり、何かにつけて逃げようとする。あまりにも駄目な方にすごい自信を持っていたため、敵にすら励まされてしまったことも。
本人もその性格は誰よりも自覚しており、実力と度胸を持つ仲間達が増えていくに連れ、次第に劣等感を大きく抱くようになっていた時期もあった(それが一因となり一時期一味を離脱している)。
しかし、ネガティブなお陰でスリラーバークで一味全滅の危機から免れた。

とはいえ、本人が思っている以上にその「誇り」と「精神力」は本物。
弱くて、意気地なしで泣き虫な奴に会うと、お約束のように「お前のこと嫌い」宣言を面と向かってするルフィを持ってして、
初対面時に恐怖を押して村から海賊を守ろうとする姿に「器は大物」と見抜き、「嫌い」宣言をしなかった数少ない人物。

臆病でネガティブな点を除けば一味の中では年齢が同い年であることもありルフィと波長が合うようで、
下らないことで遊んでいる時や危険じゃない所へ行く時は一緒にいることが多い。
作者曰くアホのルフィが覗きを働いたり、柄でもないおしゃれをしたりするのは大概ウソップの入れ知恵とのこと。
また、自身のホラ話を真に受けてくれるため、トニートニー・チョッパーとも仲が良い。
動転してトンチンカンな発言をするチョッパーや天然すれすれなクルー達の発言にツッコミを入れるときは彼の独壇場。
サンジブルック程ではないがそれなりに女性にも興味がある年頃。ハプニングでナミの裸を見たときは「ありがとうございます‼︎」とお礼を言ってしまっていた。

手先が器用でゴーイングメリー号(以下GM号)の帆のマークを描いたり、ナミ天候棒(クリマ・タクト)、自身の武器を作成している。
また、フランキーが仲間になるまでは船大工も兼任しており、フランキーの加入後も修理や装備の整備などの手伝いをしている。
美術センスも中々のもので、扉絵等では彫刻や絵画を行っているシーンが多い。
因みに麦わらの一味の海賊旗は彼によって描かれたものである(デザイン案はルフィ)。

地元の村では有名な大嘘つきであり、彼の村ではウソップの『海賊が来たぞ~!!』の掛け声が朝の合図・挨拶になっていた程。
しかし他人を傷つけるような嘘は好まない。むしろ大抵は他人を思うがためのウソをついており、村の名家の娘で病弱なカヤに対し、様々なホラ話で彼女を励ましていた。
村人達もウソップが嘘をつくようになった経緯や嘘の真意を知っていたため、敢えて黙認していた。
日頃のウソつきがたたったのか、本物の海賊が攻めてきた時には誰にも信じてもらえないという、イソップ童話のオオカミ少年のような事態になってしまった。

故郷には慕ってくれるチビッコ、なんだかんだで優しい村人、なにより心やさしい医者志望のお嬢様な嫁がいるなど、麦わら一味きっての勝ち組。








以下ネタバレ








嘘をつくようになったのは2歳の時。

この頃、ウソップの父親・ヤソップが赤髪のシャンクスに誘われ赤髪海賊団に入る。

その後、母バンギーナが病気になり衰弱する一方だった。
子供ながら『父親が来た、と言えば母親が元気になるかもしれない』と考え、床に伏す母親に向かって
「海賊が来た!!父ちゃんの船が帰ってきた!!」と叫び続けた。
その甲斐虚しく母は亡くなってしまうが、同じように両親を亡くした村の資産家の娘カヤに出会う。
同じ境遇である彼女を慰めるために『冒険潭』を聴かせるようになっていった。


因みに、ウソップが最も尊敬する人物は父ヤソップ。
幼い頃から家族を置いて海に出ていった父だが、それでも父の愛情を十分受けていたこともあってそんな彼を最も偉大な『海の戦士』と考えている。
故にカヤの執事が「家族を捨て村を飛び出した家族より財宝が大事な大馬鹿親父」と父を侮辱した際には即座に激怒して殴りかかっていた。
このヤソップも一流の狙撃手で、ルフィが「ヤソップが的を外したのを見たことない」と評するほどの腕を誇る。

ヤソップに限らず戦士としての姿に憧れと誇りを抱いており、旅先でも誇りを持った生き様の人々に感銘を受けやすく、Mr.4とに4tのバットで顔面を粉砕される重症を負わされ、ミス・メリークリスマスにルフィの海賊王になるという夢をバカにされた際はその怒りから立ち上がっている。

またシャンクスや白ひげの名前にいち早く反応したりと海賊についての知識もかなり豊富。


◆そげキング

ウソップの友人で『狙撃の島』の住人。

………というのは嘘でウソップ本人。
フランキー共々CP9に捕縛された姿をサンジに目撃された事で、ロビンのついでとはいえ結果的に救出され、ロビン救出に力を貸してほしいと懇願されるも、
仲間達に対する複雑な感情や、自分は足手まといにしかならないという負い目が原因で意地を張ってしまい、『一味を抜けた俺には関係無い』と言って姿を消す。

しかし苦楽を共にした仲間を見捨てることはできず、さりとて脱退した自分が助力するのは罰が悪すぎる…と考え、
別人に成りすますことで助太刀の名目を得ようとした。

仮面を被り、マントを着ているが…いかんせんその立派な鼻と服装のせいでバレバレ。しかしルフィとチョッパーは何故か最後まで気づかなかった*1
一時チョッパーの前で仮面が取れてしまうが、間一髪で正体がバレずに済んでいる。
CP9のメンバーは撃破していないものの、ロビン救出に貢献した高い狙撃能力、海軍勢力であった巨人族二人を寝返らせた実績、そして政府の旗を燃やした張本人ということで初懸賞金が3000万ベリーという破格の数字をたたき出した。

その後はあまり出番がないが、スリラーバーク篇ではウソップを励ますために自己内対話という形で再登場した。

ウソップとの違い(?)は技名に英語を使用すること。
例)
火薬星→ガンパウダースター


因みに原作では登場時に歌を歌っていたが、アニメではかなり気合いを入れてアニメのオープニングのように、しかも2通り作られている。『狙撃戦士 そげキング』。
スタッフGJ
外国人に大好評だったのか、中の人は海外イベントだと歌う機会が多いらしい。
なお、メロディは中の人のアドリブであり、作者も初めから歌詞だけ用意してメロディはアドリブに任せるつもりだったとのこと。


【戦闘能力】

純粋な戦闘力は低く、単純な腕力や運動能力では恐らく作中の一般人に毛が生えた程度*2(ただし、体型は細身ながら腹筋バキバキの細マッチョである)、一味の男の中でもブッチギリで最弱。相手が悪いところはあるが。
もっとも、4tものバットを勢い良く顔面に食らおうが、至近距離で能力による爆発を食らおうが、地面が砕けるほどの勢いで殴られようが、ギリギリの所で立ち上がって戦闘続行できる等、タフネスに限っては一級品である。

しかし弱いがために頭を使った戦闘は得意。
幼い頃から自然と他人を騙す練習をしていることもあり嘘やハッタリ、強力な玉を駆使して格上の相手(ルフィ)とも互角に渡り合ったことがある。
なんだかんだで策を弄して強敵を何人も倒しており、戦績は決して悪くない。
むしろその頭一つ抜けた「弱さ」が詰み寸前の状況を打開する切り札になったこともある。

“狙撃手”を名乗るだけあって狙撃の腕は超一流。父親に負けず劣らずの正確性を誇る。
パチンコの射程圏内であればどんな長距離でも殆ど誤差が出ず、外した場面は集中力を乱されたときのみである。
本人も「狙撃手は援護が花道」と語っている。
殺傷力に劣るので直接的に敵を倒す手段にはなりにくいが、「超長距離への干渉手段」としてのウソップの狙撃がなければ詰んでいた戦いも少なくない(エニエス・ロビーでのロビン救出、ドレスローザでのシュガーへの狙撃など)。
超遠距離戦・狙撃が必要となる場面において、ウソップの右に出る者は一味にはいないのである。
基本的にターゲットとの位置関係を正確に認識出来ればどんな射撃武器でも弾を正確に当てており、射撃能力の精度は作中でも指折りの存在である。
しかもまだまだ狙撃手としては伸び盛りの最中であり、いずれは規格外の狙撃手になってもおかしい話ではない。

第2部では身体能力も上がっており、常人の10倍の身体能力を持つ魚人を翻弄したり、パンクハザードの警備兵を全滅させて部屋を制圧したりしている。
ドレスローザでは1㎞以上の超長距離狙撃を言伝だけで狙撃ポイントを見定め打ち込むという無茶な狙撃を行う最中、
極限の集中状態によるものか、偶発的ながら見聞色の覇気に覚醒した様子。


また、一味の戦闘力底上げのアイデアマンとしても重要な存在。
特に
など独創性は目を引くものがある。
力不足なりの戦いを熟知していることこそがウソップの強さの根源と言える。

●主な技(カッコ内はそげキング名義での技名)

上述のパチンコによる狙撃の他にも一味最多の装備を駆使し、時にはこざかしく、時には大胆に攻め立てていくのが彼の戦闘スタイル。
あまりに数が膨大なため、全ては載せきれないので一部を紹介する。

普通のパチンコ玉をを撃ち出す。ウソップの基本技。

火薬玉を撃ち出し、着弾と同時に爆発。
初期のウソップの決め技で中盤以降も主力技として活躍。

着弾すると燃え上がる玉を撃ち出す。
酒や油と組み合わされば更に威力が増大する。

火炎星の強化版。どこぞの大魔王よろしく、炎が鳥の形を取る。

煙幕を張る。

上空に向かって赤い煙の狼煙を打ち上げる。攻撃ではなく連絡用の技。

ケチャップを込めた玉を撃ち出し、大怪我を負ったと敵に誤認させる。

タバスコなどの刺激物を混ぜた玉を撃ち出す。
口に入れると大量の火を噴き出すほどの辛さである。
ちなみに初の犠牲者となったのは本人*4で、威力は身をもって立証済み。
戦闘以外では、自分の分の食事を取ろうとしたルフィに使用。

腐った生卵を撃ち出す。

新鮮な生卵を打ち出す。

黒いアイツのオモチャを撃ち出し、精神的ダメージを負わせる。

金槌で相手の脳天を殴打する。ウソップの技の中では珍しい直接打撃技。
アーロンの部下チュウに対しては最初の1発ではまだ動けたため、続けて13発ほど連続して叩き込んだ。

5tもの巨大な金槌を相手の頭部にたたき込む。
…のだが、実際はフライパン二枚を厚手の黒ビニールに包んだ総重量たった2kgの折りたたみ式ハンマー。
派生種に10t表記のウソップゴールデンパウンドがあるが、こちらは柄以外はただの風船である。

「逃げるんだよォォォーーーーーッ!」

どこからともなく取り出した黒板を爪でひっかいて不協和音を出す技で、小学生の頃誰もがやったことがあるいたずら。
複数の相手も行動不能にさせる(ある意味で)強力な技。海軍大佐クラスすら行動不能に至らしめる威力を持つ。
なお使用時には本人も耳栓着用。

所謂、考えただけでも痛い叉は恐ろしい状況を叫び(例:指と肉の間に針が深く刺さった)、嫌悪感を煽る技。
本人曰く「下手すりゃ死ぬ」らしいが、ノリの悪い相手には全くの無力。

相手の眼前で輪ゴムを引っ張って怯ませる。
時々ゴムパッチンとして攻撃に使用している事もある。

ベルトからフック付きロープを射出し、高いところに引っかけ、ターザンのようにぶら下がって移動する。ロープがベルトに固定されているため、飛び移れないという欠点がある。

空島で入手したガジェット。相手の攻撃の衝撃を吸収し、逆に放出することでダメージを与える。

新世界編から使用するウソップの代名詞。
急激に成長する植物の種「ポップグリーン」をパチンコで射出する。着弾と同時に植物は一気に成長し、変幻自在な攻撃と化す。
ハエトリグサのような植物で相手を呑み込む「デビル」や強烈な悪臭を放つ大輪の花を咲かせる「ラフレシア」などバリエーションが多彩。
船など非戦闘でも応用が可能。


●装備

何の変哲もない片手サイズのパチンコ。
一見子供のオモチャだが、狩猟用パチンコの威力に関しては『ドーベルマン刑事』や『SKET DANCE』、スリングショットに詳しい。
まあ実際のところはマンガ的な補正もあるので作劇上は殺傷力に乏しい扱いではある。

エニエス・ロビー戦から装備した巨大パチンコ。
見た目は先端部が大型のパチンコになった杖。
5本の支軸が追加され、風貝(ブレスダイヤル)を内蔵した結果安定性と射程距離が大幅にパワーアップ。
弾に回転を加えることで弾道を曲げた変化球も撃てるようになった。
エニエスロビーでは強風が吹く上に長距離と言う悪条件下で安定感の悪いパチンコを使い、一方的に正確な攻撃を当て続けたり、手錠のカギを纏めて送ると言う離れ業を披露した。*5
また、メリー号の大砲やサニー号のガオン砲もぶっつけ本番一発目で正確に当てている。
加えて(ダイヤル)を交換すれば様々な戦局に対応可能と汎用性にも優れている。

第2部ではカブトを改造した新兵装。
見た目はパックンフラワーが付いた巨大パチンコ。
普段は小さいが水を与えることで本来の大型パチンコの姿になるため携行性が強化。与える水の量次第ではウソップの身体を軽く上回る超巨大サイズにまで大きくなる。
ボーイン列島原産の「バクン草」と呼ばれる植物が仕込んであり、自律移動して標的に食らい付くようになった。
またバクン草が食べた瓦礫をパチンコの要領で撃ち出し弾丸にできるため、その場で弾丸を現地調達可能。
弾丸としてポップグリーンの種をTS号のガーデンで栽培し弾丸に転用。よりトリッキーな攻撃ができるようになった。


【来歴】

◇東の海篇

東の海のシロップ村で村の少年たちを集めて『ウソップ海賊団』を作り、『キャプテン・ウソップ』を名乗って「海賊がきた」というホラを振りまきながら、にんじん、たまねぎ、ピーマンの三人の子分を従えて冒険ごっこを繰り返す日々を送っていた。
しかし、気に掛けていた資産家の娘のカヤがクロネコ海賊団に狙われていることを知り、ルフィ達と共闘して、この一団を撃退。
その後、ウソップ海賊団を解散させて、改めて麦わら一味に加わった。

アーロンパーク篇ではアーロン一味の幹部のチュウを撃破した。

◇偉大なる航路篇

◆ウォーターセブン篇

ゴーイングメリー号に対して誰よりも深く愛着を感じ、
神・エネル青キジとの戦いなどで自分の実力不足をうすうす感じていた彼は、
すでに航海不能にまで損傷していたゴーイングメリー号をウォーターセブンで別の船に乗り換えるという話を聞いて激高。

フランキーの子分達に一方的にボコられた直後もあってかゴーイングメリー号の状況に自分を重ね、もはや実力不足である自分は麦わらの一味にとって足手まといだと今まで抱えていた劣等感を吐露し、
船を降りることを宣言するとともに、ゴーイングメリー号をかけてルフィと決闘。
ルフィの性格を熟知しており、まきびしによる斬撃や、ダイヤルなどを駆使して圧倒的な戦力差をカバーするも地力の差は覆せず敗北。

一度船を降りたが、CP9からのニコ・ロビン救出作戦の話を聞いて、一味を抜けた以上バツが悪いのでそげキングとして参戦。

エニエス・ロビーでは、巨人族であるオイモ&カーシーを裏切らせる*6、ルフィの指示で世界政府の旗を撃って焼き払うなど活躍。
しかしながらCP9のジャブラにいたぶられ、戦闘員としてはあまり出番はなかったものの、サンジから「お前にしかできないことがある」と叱咤される。

その言葉で自分にできることに気づき、超遠距離狙撃でロビンの窮地を救ったり、ロビンのもとに彼女の拘束を解くための手錠のカギを届けたりした。

ロビンを救出し、ゴーイングメリー号の最期を看取った後はウォーターセブンに帰還。
新しい船『サウザンドサニー号』でウォーターセブンを出航する際に麦わら海賊団に復帰を決意する。
最初は『副船長になるなら戻る』と上から目線だったが、事前にゾロの『勝手に決闘を挑み負けたのだから、戻るなら謝罪。それ以外は無視』という意見により皆は無視。
その後ウソップが大泣きして謝罪したので無事に戻ることが出来た(数秒後にはいつものノリに戻っていたが)。

◆シャボンディ諸島・頂上戦争編

王下七武海バーソロミュー・くまによって追い剥ぎの森『グリンストン』*7に飛ばされ、激太りする。

ルフィの境遇を知り、島から出ようとするも、グリンストンは島の中央から離れれば離れるほど猛獣が強くなり未だに出られなかった。
そこで新聞にてルフィのメッセージを受け取ると、無理に出るのを止め、力をつける為にヘラクレスンに弟子入りし2年間の修業を重ねることとなる。

◇新世界篇

新世界編では、多種多様な植物からなる新たな弾『ポップグリーン』を修得。
あごひげを生やしダイエットにも成功し以前以上に腹筋が割れてる。ライザップに挑戦したわけではない

かなりパワーアップしていてチョッパーとの最弱コンビも解消したと豪語しているが、
根っこがネガティブかつ臆病でチョッパーやルフィとの漫才、そしていざというときの漢気も相変わらずである。

実力が上がったため相対的にウソと事実のスケールの差が縮まり、
二年前は出来ないことを言っても敵に信じさせることができたのに
新世界篇では出来ることを言っても敵が本気にせず
「俺のウソも衰えたもんだな…」と皮肉っていた。


◆ドレスローザ篇

トンタッタ族に協力し、決死の覚悟でトレーボルに挑むも、接近戦で彼に勝てる道理もなく敗北。
しかし、ほぼ悪運ながら、シュガーに食べさせて気絶させる手はずだった激辛タバスコを食べさせられたショックのすさまじい形相によって
ドンキホーテファミリー幹部の一人・シュガーを失神昏倒に追い込み、ルフィ達を危機から未然に救った。ごっつぁんゴールとはこのことである。

全ての人間たちをオモチャの呪縛から解放し、解放された海賊たちの扇動者として、事件でも最大の知名度を上げ、"ゴッド"ウソップと讃えられる。

その後はシュガーが再び目覚めたことを知り、ルフィとローのオモチャ化を狙う彼女を超遠距離から狙撃。
前人未到の離れ業を成し遂げ、トラウマを呼び起こすことでシュガーを再び気絶させてルフィとローにすら気づかれることなく二人の危機を救った。
また一時的にとはいえ、ドフラミンゴが発表した受刑者ランクでは、自分を最も怒らせた男「ゴッド・ウソップ」としてまさかの最高額の5億ベリーの懸賞金をかけられる。

ドンキホーテ・ドフラミンゴがルフィに敗北し、ドレスローザ事件の終結後、
扇動者としての知名度も相まって、世界政府から2億ベリーという超高額の懸賞金を「ゴッド・ウソップ」と本人名義で付けられ、
何の因果か一味で3位という結果に…(ビッグマム戦後は4位に変動している)。
おしくも億越えになれなかったフランキーからは嫉妬されていた。

「狙われる~~!! でも嬉しい~~!! けど写真*8がイマイチ~~~!!!」(本人の感想)


【ウソップ海賊団】

ウソップがシロップ村の少年たちを集めて作ったチーム。
海賊への憧れから勝手に海賊を名乗っているものの、実態はただの悪ガキの集まりでしかない。
ウソップのこさえたホラ話を元に冒険ごっこを繰り返していたが、クロネコ海賊団の陰謀を知ると決起し、麦わらの一味と共にカヤを守るため戦った。
この一件を経て「勇敢な海の戦士になる」ことを決意したウソップは自らウソップ海賊団の解散を宣言し、以降は『ウソップ自警団』を名乗ることとなる。
その後も、たまに扉絵連載などで登場。医学生として勉強しているカヤと共にウソップの活躍を応援している。

CV:寺田はるひ(東の海編)→川庄美雪(CP9編以降)
年齢:9歳⇒11歳
前髪が目で隠れている男の子。
ウソップの世話焼きな所を尊敬している。
夢は酒場を経営すること。武器はフライパン。

CV:吉竹範子(東の海編)→日比愛子(CP9編以降)
年齢:9歳⇒11歳
髪型がピーマンというよりもりんごに近い。
三人の中で一番の熱血漢で、漢気のある性格をしており、率先して一番最初に行動するタイプ。
ウソップの仕切り屋な所を尊敬している。
夢は大工の棟梁になること。武器はバット。

CV:大本眞基子
年齢:9歳⇒11歳
名前の通りたまねぎのような髪型をしている眼鏡の少年。
基本たまねぎ、ピーマン、にんじんの三人で行動しているように思われるが一番最初に何かを発見するときはいつもたまねぎである。
ルフィ達やジャンゴがシロップ村に来たときも一番最初に見つけた。
ウソップの法螺吹きな所を尊敬している。
夢は小説家になること。武器はシャベル。


【余談】

ローグタウン(グランドラインに入る前の町)でウソップが新しいスコープを手に入れる話があったが、
原作ではカットされ(単行本にネームは掲載)、アニメ版と小説版で描写がある。
原作では100話で偉大なる航路突入にしたいというページ上の都合もあったため。

『笑う犬の発見』とのコラボコーナー『犬PIECE』ではネプチューンの原田泰造が演じた。
コスプレのクオリティは妙に高い。

ジャンプフェスタ2003にて、尾田栄一郎氏は「来年は麦わらの一味から、一人が船から降ります」と爆弾発言。
ゾロ役の中井氏は「ミホークと戦って死ぬのか」と不安になったり*9、当時の担当編集者である土生田高裕氏(アラバスタ編担当)は、
周囲からなぜか「ウソップっていなくなるの?」などと聞かれて大変だったと「偉大なる座談会(グランド・トークショー)」(東京ワンピースタワー2017年8月23日開催)にて語っている。
そして、その約3年後ゴーイングメリー号は麦わらの一味から離脱することとなった。

連載開始前の初期構想では彼に似た顔立ちをした「副船長/狙撃手」が存在する。つまり初期設定ではウソップが副船長の予定だった……のかもしれない。
またウソップとは似つかないが、バンダナを付けた特徴的な「植物好き」というキャラも存在しておりこちらにも線で消されているが「狙撃手」と描かれていた。
現在のウソップが植物で戦っている事を考えるとこれらの2人を統合して生まれたのがウソップという可能性もある。


◇ウソが現実になるジンクス

物語が進むにつれ、彼がよく言うウソやカヤを元気づかせるために話していたホラ話よく現実になっている


















恋するワンピース

現代日本が舞台だが、ウソップになりきれていないけどなりきる怪人物「中津川嘘風」が登場。
ワンピースが好きなあまり、ベガパンク並の科学力でワンピースに登場するものを再現していたりする。

作者は4巻おまけコーナーにて、子供の頃弱いながらも勇気を持って戦うウソップが好きになり、ウソップの作った架空の武器と思って木の枝でパチンコを真似て作って遊んでいたが、
それを見た友達がちゃんとしたパチンコを見せてやるとしてビー玉を発射しビー玉は壁に当たって粉々に。
パチンコの威力にドン引きしたという。




-まいった。俺も衰えたな…
昔はもっと追記・修正をぶちかましたもんだが…。今はそれが、できちまう!-

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

人気記事ランキング
最近更新されたページ

atwikiでよく見られているWikiのランキングです。新しい情報を発見してみよう!

新規Wikiランキング

最近作成されたWikiのアクセスランキングです。見るだけでなく加筆してみよう!

注釈

*1 あのゾロでさえ「あいつらは一体なにをもってウソップと認識してるんだ?」と疑問符を持っていた。

*2 本人曰く「5kgでギブアップだ!!」

*3 アラバスタ編ではほぼ宴会の小道具でしかなかった

*4 サンジに吹っ飛ばされたルフィが激突し、大量に目にかかってしまった

*5 一般海兵が銃を使って数人掛かりで反撃したのだが、強風と長距離のせいで弾が流されて全く当たらなかった

*6 正確には世界政府が海賊の彼らをだましていたのだが。

*7 島の中央に近づくほど美味い食べ物が多く配することで獣を誘いだし、定期的にガクを動かして捕食する巨大な食獣植物でできた島。通称『脱出不可能の島』。

*8 負傷で血塗れになり、白目を剥いて意識を失っている顔

*9 実際ゾロはバーソロミュー・くまとの戦いで死にかけたりと戦闘員として真っ先に命を張るポジションである。