ドンキホーテ・ドフラミンゴ

登録日:2014/09/30 Tue 23:34:35
更新日:2020/06/06 Sat 22:03:54NEW!
所要時間:約 19 分で読めます


タグ一覧
ONE PIECE ONE PIECE登場人物項目 SMILE イトイトの実 サングラス ジョーカー スパイダーマン ドフィ ドレスローザ ドンキホーテファミリー ドンキホーテ・ドフラミンゴ ドンキホーテ海賊団 フラミンゴ ブローカー マッチポンプ ワンピース 七武海 七武海で最も危険な男 不老不死←超欲しかった 世界政府 勝てば官軍 国王 国盗り 外道 天夜叉 天竜人 小物 小物界の大物 復讐鬼 悪のカリスマ 悪魔の実 意外と厚い部下の信頼 暴君 武器商人 武装色の覇気 死の商人 海賊 独裁者 王下七武海 生まれついての悪 田中秀幸 簒奪者 糸人間 能力者 船長 覇気使い 覇王色の覇気 賞金首 超人系 長身



海賊が悪!!? 海軍が正義!!?

そんなものはいくらでも塗り替えられてきた…!!!


“平和”を知らねェ子供(ガキ)共と

“戦争”を知らねェ子供共との価値観は違う!!!


頂点に立つ者が善悪を塗り替える!!!

今この場所こそ中立だ!!!!


正義は勝つって!? そりゃあそうだろ


勝者だけが正義だ!!!!



週刊少年ジャンプのコミック『ONE PIECE』の登場人物。


○目次

【プロフィール】

本名:ドンキホーテ・ドフラミンゴ
異名:天夜叉(海賊としての通り名)、ジョーカー(闇のブローカーとしての異名)
呼び名:ドフィ、若(若様)、兄上(幼少期のロシナンテが使用)、ミンゴ(ルフィが使用)
年齢:39歳→41歳
身長:305cm
懸賞金:元3億4000万ベリー
肩書き:元王下七武海、元ドレスローザ王国国王
所属:世界貴族ドンキホーテ海賊団船長
所属船:ヌマンシア・フラミンゴ号
種族:元天竜人
悪魔の実:イトイトの実(超人系(パラミシア  ))
覇気:覇王色、武装色、見聞色
出身:聖地マリージョア
誕生日:10月23日
血液型:X型
好きな食べ物:ロブスター
嫌いな食べ物:バーベキュー(嫌な思い出があるから)
CV:田中秀幸、半場友恵(幼少期)


【概要】

王下七武海の1人で、偉大なる航路"新世界”に存在する国家「ドレスローザ」を治める国王であり、同国を拠点とするドンキホーテ海賊団の船長も務める。

海賊でありながら出自により世界政府と強い繋がりを持ち、世界貴族直属のCP0を動かす程の影響力を有している。
また、新世界の裏世界では闇のブローカー「ジョーカー」と呼ばれ、新世界の大物たちと武器などを裏取り引きしており、特に四皇の一人である百獣のカイドウに対してシーザー・クラウンが製造している人造悪魔の実「スマイル」を提供。同時にワノ国と海軍及び世界政府とのパイプ役も務め、裏で海軍に兵器を流す仕事も担っていた。


モンキー・D・ルフィからは「ミンゴ」と呼ばれていたが、ルフィの怒りに触れた際にはフルネームで呼ばれた。
ドフラミンゴの配下達からは「若様」と呼ばれているが、最高幹部4名には「ドフィ」と呼ばれている。中の人が同じで発音の似ている一番上のお兄さんは多分関係ない
ネット上でよく使われる愛称は「ドフラ」。ちなみにジャンプの煽り文句でも「ドフラ」と略されている。上述の配下からの呼び方が明かされて以降はこちらの呼び方も用いられている。


◆容姿

金色の髪をした短髪の男。身体こそ細身だがワンピース世界の住民に漏れずかなりの長身。
サングラスをかけ、フラミンゴの羽を思わせる派手なピンクの上着をアロハシャツの上から纏っている。
常に不敵な笑みを浮かべているが、激昂した際には眉間に深いシワが刻まれる。


【人物】

「七武海で最も危険な男」「悪のカリスマ」と称されるように残忍かつ狡猾な人物であり、自分のシンボルを汚した者や裏切り者に対しては容赦なく制裁を加える。これには幹部級以外の部下に対しても同様で、ルフィに無様な敗北をきしたベラミーたちにも制裁を加えた。
その一方で、幹部以上のメンバーを「家族」として大切にしている。仲間の過去を重視しており、悲惨な境遇から仲間入りした者に対しては情を見せるが、反面ベラミーのような恵まれた環境から軽い理由で仲間入りした者に対しては内心露骨な嫌悪感を抱いている。
シーザー奪還の失敗等、彼らの失態については自身に責任があるとして一切咎めず、
彼らに万が一死が迫るような場合はその人物に対して侘びや労いの言葉を送る。
このため、幹部級以上の部下たちとの絆は非常に強く、幹部たちも作戦の為なら死を恐れずに行動する。

───おれは8歳で母を失い、10歳で父を殺した……

『幹部』以上のメンバーは……長く苦楽を共にしたおれの“家族”だ

おれにはこいつらしかいない……!! 家族を笑う者はおれは許さん……!!! いいな

しかし、基本的には仲間を手厚く保護するものの、仲間の命よりも自身の目的を優先することもあるようで、
オペオペの実をローが食べたことを知ると「ローを俺のために死ねるように教育する必要がある」と言い切っているなど歪んだ部分があり、
これを直接聞いたローは後に「ドフラミンゴが自分にとって都合のいい奴を家族と呼んでいるだけ」と嘲笑している。

もっとも、ローの預かりしれぬところでは実の弟であるというだけで信用し幹部待遇で迎えたコラソンの裏切りが状況から濃厚になっても「実の弟を疑いたくない」とオペオペの実の情報という自身の計画にとっても重要な情報を伝えたり、「家族」について身勝手な面を持ちがらも複雑な感情を抱いている節がある。
ファミリーを壊滅させようとしていた重大な裏切りが発覚した際も「何故俺が実の家族を2度も殺さなきゃならないんだ!」と激しい感情を覗かせている。


経歴故かプライドは非常に高く、他人に見下されることを嫌う。
自身にモリアの暗殺を依頼した謎の人物(現在も正体は不明だがセンゴクより上と語っているため世界政府の天竜人クラスの存在と思われる)に「面白みが無くなれば七武海をいつ辞めても構わない」と強気な姿勢を見せる。
元々の生まれと後述の過去から、歪んだ選民思想も持ち合わせる。


そんな彼を突き動かすのは世界への憎悪
天竜人というだけで民衆から拷問を受けて殺されかけ、
天竜人に戻ろうとするも天竜人はそれを受け入れないどころかドフラミンゴを殺そうとした。
その時に誓った「天竜人の牛耳る世界を壊す」ことがドフラミンゴの目的である。
海賊をやっているのもそのための手段でしかない。

もっとも、海賊であること、天竜人であること、七武海であること、ドレスローザ国王であることなど様々な権力を利用して目的に進む上でかなり綱渡りもやっているため、
カイドウとのスマイルの取引は七武海の立場でないと出来ないため脱退=四皇を敵に回す羽目になる状況なことを利用したローの脅迫で七武海脱退宣言をさせられそうになった際は天竜人とのコネクションを利用して脱退宣言の「誤報」を流すことで回避するなど、
「七武海などいつでもやめれる」という言葉に反して自分の保身を忘れられない一面も垣間見せる。


【戦闘能力】

超人系悪魔の実「イトイトの実」の糸人間。
特性は「身体(主に指先)からを発生させる」
技の名前は(一部の例外を除き)語尾に「~イト」と付く。
一見、殺傷能力や危険性の高い能力ではないように感じるかもしれないが、ドフラミンゴの研鑽によって非常に多種多様な機能を持つ。
ピアノ線や殺人ワイヤーなど殺傷用のものから防護ネット、縫合糸などその応用性は非常に高い。
その戦闘能力は同じ七武海のトラファルガー・ローを時間も稼がせずに圧倒し、ルフィ相手にも『ギア4』を使われるまで優位に戦闘を進めていた程。
その他、覇王色と武装色の覇気も使いこなすことができ、純粋な身体能力も極めて高い。
攻撃・移動はもちろんのこと、その異常な耐久力の高さは、ローのガンマナイフを受け内臓をボロボロにされ、
(緊急的な延命措置をしたとはいえ)その後もルフィの必殺級の攻撃を何発も直撃してなお戦闘不能にならないほどであった。

また、作中で『覚醒』と呼ばれる悪魔の実の新たな能力を披露した人物の一人でもある。
イトイトの実の場合覚醒すると周囲の建造物や地面を軒並み糸化し、それらの糸を自在に操ることができる。

◆使用技


物体切断
基本の技。
銃や岩を切断する程の切れ味を誇り、主に引っかくように切り裂く。

空中移動
雲に糸をかけ、ブランコの要領で空を移動する。このことから、ドフラミンゴは雲の事を「空の道」と呼ぶ。

五色糸(ゴシキート)
指先から5本の糸を出し、相手を切り刻む。
アニメやゲームでは名前通りに五色の糸になっている。

超過鞭糸(オーバーヒート)
手の平から発生させた赤く太い糸を鞭のように操る斬撃技。
非常にリーチが長く、離れ小島のグリーンビットからドレスローザまで攻撃が届き、直撃したビルを真っ二つに切断した。
アニメ、海賊無双3などでは炎を纏っているかのように描写されている。

降無頼糸(フルブライト)
糸を雨のように降らし、敵を串刺しにする。

弾糸(タマイト)
指先から糸を弾丸のように飛ばし、相手を撃ち抜く。
実弾に匹敵する殺傷性を持ち、連射も可能。

鳥カゴ
ドフラミンゴの技の中でも際立って強力(というより最早チート級)と評判の技。
上空から無数の糸を降らせ、島一つ(大陸とは呼べないまでも決して小さな島ではない)を覆うほどの超巨大な半球状の檻を形成する。
糸には切断能力がある他、電伝虫による通信波まで遮断してしまうため外部との連絡が取れなくなる。
作中ではこの技でドレスローザ全域を覆い、時間が経つと徐々にカゴを内側に向かって狭めていくことでドレスローザ全体を恐怖に陥れた(収縮速度はドフラミンゴの意思次第で調節が可能)。
鳥カゴを形成している糸の耐久力や収縮力は尋常では無く、藤虎の隕石を受けてもびくともせずに輪切りにし、ゾロや藤虎も破壊を諦めている程*1で、
ドレスローザにいる多くの強者や多くの住民、人間を遥かに超える力を持つ小人族などが力を合わせても短時間狭まるのを遅くするのがやっとである。
使用者であるドフラミンゴの意思で解除できる他、彼が気絶すると効果が消える。
SBSでの尾田先生の解説によると、道化のバギーはバラバラの能力で問題なく通過できるとのこと。
……真に恐るべきは、ルフィやローとの死闘で数々の大技を繰り出していた間も、同時併行でこんな規格外の大技を長時間にわたって常時展開させていたドフラミンゴの能力キャパシティだろう。

寄生糸(パラサイト)
作中で最初に披露した技。
糸で他人の体の自由を奪い、マリオネットを操るかのごとく自在に操る。
主に同士討ちや仲間割れといった形で使用するが、単に拘束という形でも使える。
ただし欠点として、
  • 気絶している相手は操れない
  • 身体能力が糸の強度を超える敵には糸を引きちぎられ無効化される
  • 見聞色の覇気持ちなら寄生糸を回避できる
といった点がある。
藤虎は寄生糸を覇気を用いて感知し、防いでいる。
この技で10年前に起きた『ドレスローザの悲劇』を引き起こした。

影騎糸(ブラックナイト)
糸によって作られたドフラミンゴの分身体。
分身体は弾糸など技が使えるが、キュロスに首を落とされたり、ルフィにあっさり倒されるなど本人よりは弱い。
どちらかというと遠くへの用事や不意打ちや本体との連携で使用し、本編ではキュロスに首を切り落とされた個体が鳥かごを発動させていたり、
ドフラミンゴの煽動に乗せられたケリー・ファンクたちによってルフィとローが窮地に陥った際に彼を斬り捨てて助けに入ったりあっさり騙される無様を晒したルフィたちに文句を言ったりしている。

蜘蛛の巣がき
蜘蛛の巣状の糸を張って敵の攻撃を防ぐ防御技。
見た目とは裏腹に、ルフィの象銃やローがタクトで飛ばした巨大な瓦礫を軽々と受け止める程の防御力を持っている。
また、蜘蛛の巣の形をした糸の盾なので糸の隙間から遠距離攻撃を仕掛けることができ、作中では後述する「神誅殺」を併用して攻撃していた。

糸ノコ
足の部分から糸を出し、ギロチンの要領で切断する足技。
ローはこの技で右腕を切り落とされた。

足剃糸(アスリート)
糸による斬撃効果を加えた蹴り。
覇気で防御したルフィを吹き飛ばせる程の強烈な威力を誇るが、ギア4のルフィに攻撃した際には覇気とゴムの弾性で無効化されてしまい、逆に弾き飛ばされた。

内臓の修復
損傷した内臓を体内で発生させた糸で縫い合わせ、修復させる。
本人曰く「回復とは違う」らしく、ローのガンマナイフで内臓を破壊された時はこれでダメージを軽減して戦闘を続行していた。

荒浪白糸(ブレイクホワイト)
イトイトの実の能力の『覚醒』段階の力。
相手の周囲の地面やガレキを糸に変えて相手を包み込み、押しつぶす。

海原白波(エバーホワイト)
イトイトの実の能力の『覚醒』段階の力。
周囲の建造物や地面を糸に変え操る。
ギア4を発動したルフィに対して使用して下記の技を発動させた。

盾白糸(オフホワイト)
イトイトの実の能力の『覚醒』段階の力。
地面から分厚い糸を出し攻撃を防ぐ防御技。

大波白糸(ビローホワイト)
イトイトの実の能力の『覚醒』段階の力。
建物を大量の糸に変え、触手のように動かして相手を突き刺す、殺傷能力と精密動作性に優れた技。
ルフィを守ろうとするコロシアムの戦士たちを一方的に血祭りにあげた他、
広域アナウンスで自分への反逆を煽り立てるギャッツ(かなり遠く離れた位置にいた)を串刺しにした。

羽撃糸(フラップスレッド)
イトイトの実の能力の『覚醒』段階の力。ドフラミンゴ曰く「千本の矢」。*2
周囲の地面を大量の糸に変え、無数の鋭い糸を敵めがけて一斉に突き刺す包囲・集中攻撃の技。
復活したルフィに対して使用したが、決定打にはならなかった。

神誅殺(ゴッドスレッド)
ルフィとの死闘において最後に使用した、おそらく切り札的な必殺技。
ドフラミンゴ曰く「16発の聖なる凶弾」*3
ルフィの“ゴムゴムの大猿王銃(キングコングガン)”に一方的に打ち負けたため、正確な威力は不明。
外見は、あえていうなら武装色の覇気で黒くなった羽撃糸(フラップスレッド)に見えなくもない。
アニメ版ではルフィの大猿王銃の右腕を突き刺し、多少ながら拮抗する描写が追加された。



【来歴】

◆過去

実はドフラミンゴは元天竜人であり、幼い頃は他の天竜人と同じ喋り方をしていた。
33年前、天竜人の横暴で傲慢な生き方に嫌気が差したドフラミンゴの父であるドンキホーテ・ホーミング聖が、
「人間らしい暮らしをしたい」という理由で天竜人の地位を放棄したために、家族と共に北の海の世界政府非加盟国に移住してきたのである。
しかし、正体がバレてしまい*4、その後は天竜人に恨みを持つ人々から逃げ回りながら、文字通りゴミを食うなど劣悪極まりない生活の中で生きることを余儀なくされる。
逃亡生活を送るうちに母が病気で他界。更に追っ手に捕まり、彼らから凄惨なリンチを受けるも、殺される直前に覇王色の覇気が覚醒し、難を逃れた。


覚えてろオマエら

おれは死なねェ…!!!

何をされても生きのびて…

おまえらを一人残らず

殺しにいくからなァ!!!!


この時のことは相当なトラウマとなっているようで、後にローをファミリーに迎える際は悲惨な迫害にあった彼にかつての自分を重ねたためかこの時の悪夢を見て大量の冷や汗をかいて呼吸を乱し、
またプロフィールでも嫌いなものがバーベキューになっている(前述のリンチの際に親子三人で磔にされ下から火で炙られている)。

2年後既にヴェルゴと知り合っていたドフラミンゴは、彼のボスであるトレーボルに引き合わされる。
トレーボルに「王の資質」を見出されたドフラミンゴは、「イトイトの実」と拳銃を与えられ、それによって父を殺害
そして父の首を手土産にマリージョアに赴き、自身を天竜人に復帰させるよう要求するも拒否され、マリージョアの国宝について知っていることから逆に彼らに殺されそうになってしまう。
その後、天竜人たちからなんとか逃げ延び、トレーボル達の元に帰還する。
これを機に「天竜人が牛耳る世界を破壊する」と誓っている。
(なお天竜人もこの後も何度もドフラミンゴを殺そうと追手を差し向けるが殺せず、遂にはドフラミンゴの要求をある程度の飲まなければならない立場に追いやられている。)

トレーボルはマリージョアから生還したドフラミンゴを賞賛。
ヴェルゴ、ディアマンテ、ピーカを束ねるボスの地位をドフラミンゴに明け渡すと、自身は彼の参謀という立場に収まった。
そしてトレーボル、ヴェルゴ、ディアマンテ、ピーカに教育されたドフラミンゴは、狂気と怒りを内包する夜叉へと成長したのだった。

教育の甲斐あってか、拾われた当初はピンチの時*5以外は街のチンピラにも勝てず、道が悪ければ転ぶなど年相応の子供程度の力しか無かったが、
現在では七武海の一角を張る程の実力者にまで成長した。
正直な話、「ドフラミンゴ自身を教育した最高幹部3人を遥かに凌駕する程の力を持つに至るまで成長する」という、
トレーボルも評するように「無限の才能を持つ」と呼ぶにふさわしい潜在能力の持ち主である。

ただ、実力を上げること以外に関してはかなり過保護に育てられており、
当時のドフラミンゴが勝てない相手や気に入らないものに対してはトレーボル達が代わりに報復や排除を行っていた。その内容が物凄く小さい。
  • ドフラミンゴ「チンピラに殴られた、あいつ死ねばいいのに」⇒トレーボルがそのチンピラを射殺
  • ドフラミンゴ「道が悪くて転んじまった」⇒トレーボル達が街を焼き尽くす
こんな具合である。結果的に、精神的には天竜人の如く持ち上げられた生活を送っていたと言える(もっともその過保護っぷりに対してドフラミンゴが調子に乗っていた描写もないが)。
アニメではトレーボル達の手で幾つかのドフラミンゴが支配する街を所有し、住民たちを恐怖に陥れた。

その後は北の海を中心に略奪や取引を行っていた。
13年前、弟のロシナンテ海軍スパイということが判明し、銃殺する
10年前には天竜人の貢ぎ金「天上金」の輸送船を襲い、政府を脅して王下七武海に加盟
同時期にドレスローザの国王であるリク王に対し「100億ベリー用意出来なければ力ずくで国を奪う」と脅迫する。
さらに国民から金を集めていたリク王軍の軍人たちとリク王を寄生糸で操ることで彼らに町を襲わせ、
国民からの信頼を失墜させた所で救国の英雄としてリク王軍を倒し、ドレスローザの王位に就く
即位後はトンタッタ族と部下であるシュガーのホビホビの実の能力でオモチャにした人間たちを奴隷にし、10年に渡り強制労働させていた。


空島

本編初登場。サー・クロコダイルの後任の七武海を決める聖地マリージョアの会議に出席する。
海軍の中将を操って同士討ちさせようとしたが、おつるに「いい子だからおやめ」と制止される。
その後はジャヤで自分のシンボルを汚した傘下の海賊ベラミーに、彼の部下であるサーキースを能力で操って制裁を下した。

フッフッフ!! ――やがて始まるぞ

急げ!! 急いで準備を整えろ!!!

力のねェ奴ァ逃げ出しな!!!

手に追えねェうねりと共に豪傑共の…

"新時代"がやってくるのさ!!

◆シャボンディ諸島編

白ひげ海賊団との全面戦争の召集に応じる。
人間オークションのオーナーである司会のディスコに助けを求められるがあっさりと見捨てた。
その時のやり取りは奇しくもかつて父親を裏切り者として見捨てたマリージョアを彷彿させる。
ちなみに上記のシーンでディスコが「あのロズワード一家の事だ、俺達にも難癖つけて来るに違いねェ…!!」と身の危険を口にしていたが、
新世界編の扉絵にてすっかり落ちぶれながらも存命しているディスコの姿が描かれている。


◆マリンフォード編

リトルオーズJrの片足を切断したり、白ひげ13番隊長アトモスを操り仲間を襲わせるなど要所要所で活躍。
インペルダウンから脱獄した元七武海クロコダイルに、「俺と手を組まないか」と誘うも拒否された。
終戦後、政府上層部からゲッコー・モリアを始末するよう密命を受け、数体のパシフィスタを引き連れてモリアを瀕死に追い込むも、モリアが突如消えたため失敗に終わる*6
モリアの始末に失敗したことで政府の者に咎められたものの、「いつから俺の上司になったんだ」と迫り、
「おまえら(世界政府)との取引に面白味がなくなればいつでも七武海を脱退する」と宣言した。


◆パンクハザード編

元世界政府科学者シーザー・クラウンの兵器開発を支援していた闇のブローカーとして登場。
終盤ではルフィに敗れたシーザーを奪還するために部下のベビー5とバッファローを派遣するも、
2人は敗れ、研究所爆破を命じたモネの応答が無くなった事を受けて自らパンクハザードに向かう。
その途中でローの能力で首だけにされたベビー5とバッファローを乗せたイカダを発見して降り立ったところ、
イカダに置いてあった電伝虫にローから連絡が入り、シーザーの引渡しと引き換えに明日までに王下七武海を脱退し、ドレスローザの王位を放棄するように要求される。
これにブチギレたドフラミンゴはパンクハザードに上陸し、スモーカーと海軍Gー5を口封じに始末しようとするが、
突如現れた元海軍大将クザンに阻止され、バッファローらと共にドレスローザに帰還した。


◆ドレスローザ編

翌日、CP0を動かして「ドフラミンゴが王下七武海を脱退し、ドレスローザの王位を放棄した」という偽の情報を流すことでローらを欺く事に成功。
  • エースが持っていた能力であるメラメラの実を賞品にしたコロシアムを催すことでルフィを足止めする。
  • ヴァイオレットを差し向けてサンジから情報を引き出す。
  • ジョーラにサニー号を急襲させる。
などといったローの計画に対する妨害工作を行い、自身は取引場所であるグリーンビットにてローを襲撃。大将藤虎と共闘して彼を追い込む。
隙を見てシーザーを連れて逃走しようとするローに追い討ちをかけ、グリーンビットで待機していたサニー号を襲撃するも、
サンジの横槍とナミ達の逃亡によってシーザーの身柄確保に失敗する。
その後、ローを一騎打ちの末に瀕死に追いやり、王宮に連れ去って身柄を拘束する。

しかし、ウソップの活躍によってシュガーが気絶し、彼女のホビホビの呪いを受けたオモチャ達が元の姿に戻ったことによって国中が大混乱となる。
今までの悪事が国外に漏れることを防ぐために『鳥かご』によって国内にいる者達を閉じ込め、ルフィやキュロスなど自身と敵対する12人の人物に懸賞金をかける。
そして、自分と賞金首の命をかけたサバイバルゲームを仕掛け、さらに寄生糸で国民や海兵を操り無差別に殺戮を行う。

それでもルフィらの進撃を食い止めきれず、王宮の最上階でローとルフィから戦いを挑まれる。
不意打ちでローに内臓を潰されながらも倒したが、連戦でルフィとの戦闘を行う。
ルフィのギア4に圧倒されながらもなんとか耐え抜き、時間切れとなったルフィを葬ろうとするが、闘技場の司会ギャッツを筆頭にルフィを守ろうとする戦士たちと交戦。
フラつきながらも覚醒したイトイトの能力によって軽々と戦士達を捌くが、レベッカヴィオラに遭遇し、ヴィオラに自身との決別を告げられる。
自身を裏切ったヴィオラへの懲罰としてレベッカを寄生糸で操ってレベッカにヴィオラを殺害させようとするも、ヴィオラを倒し切る前にルフィが回復し、彼との戦闘を再開する。


おれを相手に空中を選ぶとはいい度胸だ!! ハァ…見せてくれるのか!? 一発KOってやつを!

フッフッフ…!! おれの頭上に立つとは気分が悪い!!!


何でもかんでもお前は手の中に閉じ込めて…!! どいつもこいつも操ろうとするから!!

おれは息がつまりそうだ!!


血を恨め…!!

お前たちは操られるだけのゴミとして生まれたんだ!!!

お前ら人間とおれとは違う!!


二人の闘いはドフラミンゴが得意とする空中戦へともつれ込み、ドフラミンゴは「蜘蛛の巣がき」で防御を張った状態で「神誅殺」を発動させてルフィを迎え撃とうとするも、ルフィの「ゴムゴムの大猿王銃」によってついに撃墜されて地下の武器密輸港に叩き落とされて敗北した。
その後、海軍により他の幹部と共に海楼石の鎖で捕縛され、インペルダウンに連行された。
連行される際にも、おつるに対し「新聞があれば退屈しねェ」と不敵に笑い、世界の行く末を呪っていた。
ドフラミンゴ逮捕の一件は、イッショウのある行動があったために、政府から情報操作されることなく新聞で報道された。

◆万国編

旱害のジャックの妨害を乗り越えて無事に護送され、インペルダウンレベル6送りになった旨が88巻のSBSに書かれている。
ちなみにおつるさんに「新聞を毎日牢に入れな」と無心していたが、インペルダウンでは当然ながら認められていない。
ただ作者によればドフラミンゴは獄中に知り合いも多く「小ズルい手を使って時々新聞を手に入れていることでしょう」とのこと。

◆世界会議編

インペルダウンLEVEL6の牢の一つにおいて、床に鎖で縛られている姿が描かれている。
どうやらこれはドフラミンゴを守るための措置であり暗殺のための刺客か何かが来たらしいが、大して気に留めるでもなく「権力は足が早い」と語り、秘密はいずれバレるものだと高笑いしていた。そして、直後のシーンで描かれたマリージョアの宝物庫には、巨大な麦わら帽子が置かれていた……。

また世界会議後には新聞を実際にどうにかして手に入れたようで内容を読んでこの世界は退屈しないと不敵に笑っていた。


【余談】

  • ワンピースファンブックのグリーンで記載されていた初期設定画にはヘッドホンをしており、ラッパーという設定があった。
  • FILM Z」のエンディングで七武海の幼少時のイラストが流れた際には、ゴミ山で達観したように笑うドフラミンゴが描かれていた。本編でドフラミンゴの回想があった際には全てを憎むようになった経緯が描かれているため、多少の設定変更があったものと思われる。
  • ロジャーの処刑の瞬間を見た一人で、その時は現在よりやや長髪でサングラスとは別にゴーグルを装備していた。
  • 海軍のスパイだったロシナンテの密告により海軍のおつるにはかつて散々追い回されており、腐れ縁に近い関係となっている。
  • ドフラミンゴが現在の天竜人に強い繋がりがあるのは「マリージョアの国宝」と呼ばれる代物を知っているため。どうやら世間で知られてはいけない物らしく、これを使って天竜人たちを脅迫した。*7
  • 初登場した空島編から、ルフィに倒されたドレスローザ編までの現実時間が13年と『裏切った弟であるロシナンテを殺害したのが13年前』と皮肉めいたことになっている。
  • ヴィオラとは互いに「ドフィ」「ヴァイオレット」と呼び合うシーンが存在するが、82巻のSBSいわく「かなり濃密な裏設定があり、担当には教えたが、少年誌に載せる話ではないので教えられない。大人の読者は想像してください(意訳)」とのこと。
  • ドレスローザで国民たちに仕掛けたサバイバルゲームでは自分を最も怒らせた(自分の支配体制を崩壊させた)としてウソップに最高額の5憶ベリーの懸賞金をかけた(他のメンバーはルフィ、ロー、サボ、リク王が3憶ベリー。ゾロ、キュロスが2憶ベリー。レベッカ、ロビン、錦えもん、ヴィオラ、フランキーが1憶ベリー)。因みに演じた田中秀幸氏はウソップ役の山口勝平氏とは某探偵作品役で共演している。
  • ドフラミンゴの懸賞金3億4千万ベリーが名言されたのは25巻。61巻にてルフィの懸賞金が4億ベリーとされるまでは(パシフィスタのスカウター的描写から推測)歴代最高額であった。作中で名言された懸賞金の中で最高額を最も長く維持したキャラでもある。


フッフッフ!! ――やがて始まるぞ

急げ!! 急いで準備を整えろ!!!

本物のwiki篭り(アニヲタ)だけが生き残れる時代がやってくる!!!

力のねェwiki篭り(アニヲタ)は逃げ出しな!!!

手に負えねぇ追記・修正と共にアニヲタWiki(仮)の…!!


“新時代”がやってくるのさ!!


フフフフフフ!!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/