トラウゴット

初出:第284話*1(時系列としては書籍十巻SS)

声(ドラマCD第3弾):内田雄馬

家族構成

父:ボニファティウスの第二夫人の息子
母:グードルーン

父方の親戚
曾祖父:先々代アウブ・エーレンフェスト(祖父方の曾祖父)
 祖父:ボニファティウス
  伯父:カルステッド(祖父の第一夫人の息子)
   従兄:エックハルト
   従兄:ランプレヒト
   従兄:コルネリウス
   従妹:ローゼマイン
   従弟:ニコラウス

 祖母:祖父の第二夫人(非ライゼガング系*2)

母方の親戚
曾祖父:三代目アウブ・エーレンフェストの第二夫人の息子(祖母方の曾祖父)
 祖母:リヒャルダ
  叔父:ユストクス

容姿

髪の色:濃い色合いの金髪
000000000
瞳の色:群青色
000000000
見た目はボニファティウスにもリヒャルダにも似ていない。
あまり表情が動かず、寡黙な雰囲気に見える。

地位

階級:上級貴族
職種:騎士見習いローゼマインの側近→解任に近い辞任

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+2*3
  • 誕生季:夏*4

トラウゴット視点の回

書籍版 貴族院外伝 一年生「トラウゴット視点 予想以上にひどい罰」

作中での活躍

上級騎士見習い。
グードルーンとボニファティウスの第二夫人の息子との間に生まれた子。
ローゼマイン式魔力圧縮法を知るためにローゼマインの側近となったが、側近としての心構えや忠誠心が全く感じられず、解任に近い辞任となった。
ターニスベファレンとの戦いでも巨大化させてしまったりと問題を起こしたが、後に周囲の言葉を聞いたり戦況を判断できるように成長した。
「血筋を聞くだけで強そう」

経歴

11年冬 ローゼマインの側近になる。
11年冬 ローゼマインの側近を辞任する。

作者コメント

2018年 10月06日活動報告 10月11日返答
>(トラウゴットの浅はかさは)あまり出てこなかった父親の影響でしょうか?
 そうですね。ボニファティウスが領主一族でカルステッドが途中まで領主候補生だったように、トラウゴットの父親も洗礼式直後は領主候補生でした。
 貴族院に上がるより前に上級貴族になったけれど。その時の特権意識を消せていないまま今に至る。+騎士団長になったカルステッドに対する僻みなどが、ね。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • その後、トラウゴットはどういう方向に進んだんだろう。騎士団でも窓際扱いかな。 - 2017-11-30 22:22:32
    • 領主一族の側近を辞任した傷があるとはいえ、魔力は多いしきちんと指揮系統の中で最大限努力出来るようになってるから、あからさまな左遷は無いと思う。嫁取りディッターの働きを見るとまともな方向に育ってるみたいだから、今後は自らの過ちを雪ぐために努力していくんじゃないだろうか (2018-04-07 18:32:45)
    • 聞き分けと素直さの足りないヴィルフリートみたいなものだからかなり周りに面倒臭がられてそう。ローゼマインの「こいつはもうどうでもいいや」は読者の総意だと思う (2018-04-22 05:55:51)
  • 適当に追加されてキャラが増えすぎて人格成長させる余裕もないしで護衛も足りてるしで作者からもこいつはもうどうでもいいやで切り捨てられたキャラ (2018-06-14 04:09:45)
    • あれだけ話に絡んでるのに適当に追加されたキャラなわけないだろ。役割が終わったから出番が減っただけで、本当にどうでもよければ後のディッターで存在自体を無視されていてもおかしくない (2018-06-15 06:06:03)
      • 「努力を認めず地雷さんの身内を見下したり傲慢がすぎたら、部下(リヒャルダ)の身内で悪人でなくとも、命さえ取らなければその後の進退は無関心というだけで本質は慈悲深いというわけではない」というのを作中の周囲や読者に教えてくれるキャラでしょ。その後も成長は認めるが、許すかは別と思っているし。 (2018-06-15 10:36:36)
    • 主従を結んで浅いローゼマインらにそれぞれの仕える動機や役割を考えさせる、キャラクター描写上重要な当て馬。 トラウゴットの辞任騒動は帝王学を身につけていくローゼマインはもとより、側近たちにも臣下としての在り方を学ばせる最初の試練に見える。 本人の言い分を聞く前に陰口を暴露してトラウゴットを追い込もうとしたハルトムートも、勧善懲悪する自分に酔った行動をしているので、 承認欲求をこじらせ周りが見えていないという点では、マインの注意を受けるまでトラウゴットと同レベルだった。 また、真心を以て献身できる忠臣の鑑リヒャルダと、趣味と任務の分別はイマイチだが義理を弁えているユストクスとの対比も見どころになるのではないだろうか。 (2018-08-26 05:34:15)
      • つまりトラウゴットの辞任後も、ローゼマインや側近たちが全く成長しなかった事で、当て馬どころかただの犬死レベルまで落とされた訳だ。そう考えると憐れなキャラだな。 (2018-08-27 22:53:13)
        • お前がそう思うんならそうなんだろう、おまえの頭と読解力ではなwww (2018-10-10 22:06:31)
        • 確かに憐れですね。貴方の読解力。 (2019-08-27 08:28:22)
      • 2年漬け物になったロゼマに付ける側近をエーレン上層部が選んだが、側近それぞれ忠誠心に斑がある。上は自推のハルトムート、下はリヒャルダコネのこいつ。ロゼマ本人に選ぶ権利を与えないとこうなる。シャル襲撃の原因の一つに、ロゼマの城の側仕えが廊下の窓の鍵を開ける共犯したからというのに、まるで反省していない。きちんと精査せず、上層部の親族なら大丈夫だろうと安易に選んだ結果があれ。 (2020-05-18 10:10:06)
        • 襲撃事件で、>「ロゼマの城の側仕えが廊下の窓の鍵を開ける共犯したから」って、公式のどこに書いてありました? 十分疑える事態ですが、具体的な記述はなかったかと。 (2020-05-18 15:15:02)
          • どこからロゼマの側仕えが出るのかすら不明。同行者はリヒャルダだ。複数個所から襲撃犯が入り込めるんだから事前に空けられていたと判断するべきじゃないかな。もし仮に同行者に共犯がいるとしても窓に寄ったのはシャルの側仕えだ。キャラ憎しが先に立って根拠薄弱な妄想並べてるように見える (2020-05-18 19:35:56)
            • 二次にあった話と混同しているのでは? 多分。 (2020-05-19 18:16:05)
        • トラウゴットも自己推薦みたいなもんだろ ローゼマイン式魔力圧縮で魔力を増やし誰よりも強い騎士になるために、ヴィルフリートやシャルロッテの側近になる道を断ってローゼマインの側近の声がかかるの待ってたんだから 問題はそこではない (2020-05-18 16:39:18)
        • 何を基準に選ぶんでしょう?ヴィルが名捧げ基準に選んだバルトルトは敵でしたが、ロゼマがもっと適切に敵味方識別できるとでも? (2020-05-18 18:24:58)
  • ターニスベファレン後も変わらずか?嫁取りでは成長してるっぽかったけど (2018-11-11 23:44:39)
    • 自分勝手で命令にも従わない役立たず→未熟者→周囲を見渡して自分で正確な判断が出来るようになるって感じで成長しているな。 (2018-11-12 21:10:11)
      • しかし中級貴族のアンゲリカから見て、「自分より弱い」と見下される上級貴族でしかないのであった。でもライバルたるエック兄やコル兄らがいなくなったから、わずかながら騎士団長になれる可能性が出てきたかも? (2018-11-12 21:23:06)
        • カルステッドが引退する頃には、メルヒオールの護衛騎士が頭角を現していると思う。場合によってはニコラウスかもしれない。(上級騎士+青色神官見習い勤めで加護沢山+灰色と接する生活なので圧縮イメージを得やすい+恐らく卒業時取得シュタープ) (2018-11-12 21:55:47)
          • 自分の将来が絶望的になっても腐らず性根を入れ替えて頑張ってるなら祖母は領主一族の信頼あるから騎士団の中核には入れるだろうけど、騎士団長は領主から名指しの指名でもない限りは無理だろうな (2018-12-10 04:51:24)
            • シャルが次期アウブになるならアレキとの政治的な蜜月アピールでロゼマ兄のランプを指名しそうだし、メルヒが次期アウブなら正規シュタープ世代で育つ自分の側近騎士を指名するだろうな (2020-05-10 10:41:24)
              • トラウがシャルの護衛騎士になることもありえないだろうが、同じぐらいランプ兄がシャルの護衛騎士になるのもないよ いくらランプ兄本人がフロ派貴族でロゼマの戸籍上の実兄でも、ヴィルとヴィルの側近がシャルの側近に喧嘩売って来すぎだし、これまで誠心誠意シャルに仕えてきた護衛騎士全員をないがしろにしてその上に筆頭としてヴィル側近だったランプ兄を据えるような愚かな主にはならないようシャル本人も十分に気をつけるだろう (2020-05-10 11:50:44)
      • 成長している>こち亀のネタにもあるが、元々まじめにリーダーに従い判断力学んでいる学生と、リーダーの指示を無視して戦況を乱した戦犯やらかしたこいつを比べ、どちらが信用できるかを考えるべきだよ。前科あるやつよりこつこつやってたやつが出世するべき (2020-05-18 10:14:54)
  • ヴィルフリートの側近スカウトを断ったのは入れない?(主を持たない騎士=領主候補生になりたい)だから危ない発言だよね。 (2019-03-30 03:14:43)
    • 主を持たない騎士なんかいくらでもいる。つか、なんで主を持たない=領主候補生になりたいになるんだよ。領主の子じゃないんだから、ロゼマみたく養子にでもならない限りなれない。 (2019-03-30 07:44:19)
      • 傍系とはいえ両親とも領主の血筋なので、騎士団長になれる確率は他の上級貴族よりは高い。ただし、領主の血を引くが為に身の程を弁えない発言をしたり、当時の次期領主の側近の打診を断ったりしているので、危険分子として見られている可能性もある。 (2019-06-01 13:58:01)
        • 騎士団は領主(もしくは領主一族)を主にしてると思ってたけど違う? (2019-06-06 00:54:51)
          • ここで言う「主を持つ」は「領主一族の側近になる」ということ。騎士団長は領主本人が自分の側近から指名するのが基本のハズ (2019-06-07 06:39:22)
          • で、例外として領主が「側近じゃなくて領主一族」を指名したケースもあるけどトラウゴットは何をどう勘違いしたのか、という話 (2019-06-07 06:46:24)
            • 単純も単純に「知らなかった」だけじゃないの? 主を持たずに騎士団長になれる領主一族が例外で、普通はアウブを主にいただく側近の筆頭騎士しか騎士団長になれないってルールを 枝元の書き方が「主を持たない騎士団長=領主候補生になりたい」だったら意味はまぁ通じる… (2019-12-28 09:31:53)
              • 親の教育不足だよね。本人の希望をしっかり聞いてもらってたら、「領主候補生じゃないから無理」と教えてもらえてた。親身になって考えを聞いてくれる保護者がいなかったことが最大の悲劇。ロゼマの側近に推薦したリヒャルダが詳しく聞き取りすべきだった。ロゼマ2年寝てたんだから、聞き取りする時間あったはずだろう (2020-05-10 10:36:46)
          • 騎士団長じゃなくて騎士団って事?それなら確かに騎士団は領主の固有武力だろうけど。あくまで領主の私兵じゃなくて領地の組織だから主と言っても間接的な関係なんじゃなかろうか。 (2019-06-11 21:25:20)
  • 最も、マインの逆鱗に触れたのは、自身への忠誠心の低さではなく、巫女見習い時代から側にいるダームエルを見下したから。 (2019-11-17 22:24:22)
    • ローゼマインがエーレンフェストから居なくなった事で立場もマシになるかもしれない。領主候補生に仕えるのは無理だろうけど。 (2019-12-03 22:29:10)
      • 領主候補生に仕えることができない範囲内であれば、ロゼマがいる頃から、それなりに回復してた。でなければ、エックハルトと婚約解消したアンゲリカの婿候補に復活していない。 <女装した叔父に放置プレーな側仕えをされてたことで同情されたり、本人もディッターで中級(マティアス)の指示に従うことができる位に成長したりした関係で。 (2019-12-04 06:45:37)
        • ロゼマがいる時点での立場回復がなかったら、ロゼマがいなくなっても、隣の大領地の領主の心情に配慮という理由で、立場の改善は起こらないと思う。 (2019-12-04 06:46:18)
          • どっちにしろ領主一族の護衛を交換条件をのむ代わりに辞任したから汚点に近いし、領主一族に仕えるべき騎士団長には尚更なれんから将来をつぶしてるのよね (2019-12-22 16:00:03)
        • 回復はしてないんじゃないかな。なぜなら中級貴族のアンゲリカの婚約拒絶が優遇されてるようだから。アンゲリカとの婚姻打診はボニやリヒャルダなど上位者の血縁であることを武器に、上位者からの命令を下してたにすぎない (2020-05-10 10:31:59)
  • 父親のせいで教育不足の12歳と考えると哀れではある。領主の側近でない騎士団長カッコイイって中二病的なものに感じられ、そんな若気の至りで将来をかなり潰してしまったのは切なくもある。思い違いを直して将来苦労人キャラとして活躍して欲しいところ。 (2019-12-27 16:55:45)
    • ポ二様が話す活躍をカッコいいと思ってそれを目指そうと思ったのもあるのだろうけれど、ロゼマではなく先に打診されたヴィルフリートの護衛騎士やってたら、いずれ圧縮を教えられたと思うと…色々焦っちゃった感はあるとは思う… (2019-12-28 07:35:30)
      • ヴィルフリートの護衛騎士やってたらやってたで、オズヴァルトのやり口に変な感化されてローゼマインやシャルロッテに対してかばえない不敬行為か危険行為かを働き解任なんつーのが見える気がする (2019-12-28 10:00:20)
        • それはそれで自己責任という…ヴィルなら悩まずバッサリ切れるけれど…ロゼマさんの時と騒ぎが比じゃない気がするなあ (2019-12-28 11:01:16)
          • ロゼマは周りへ影響が出ないよう配慮して穏便に済ませてるけど、ヴィルではねえ… (2019-12-28 21:59:07)
            • リヒャルダやポ二様にも絶対影響あるよなあ (2019-12-29 08:07:28)
              • リヒャルダやポ二様にも絶対影響ある>ライゼ派がヴィルを嫌うネタが加速するのか (2020-05-11 14:26:08)
  • 後半のディッターでは普通に強い上級騎士的な扱いだし、ヒーローでないだけで暗い将来という訳でもないのでは。 最初から分別があっても、ヴィルフリートやローゼマインの側近ではランプレヒトやコルネリウスを押しのけて筆頭にはなれないだろうし、失敗がなくても将来はあまり変わらなそう。 自分より上位のボニファティウスの孫がいない、メルヒオールの側近を狙っていたら違っていたかもしれないが。 (2020-03-02 14:41:40)
    • 領主/領主候補生の護衛騎士は着任不可、領主一族との関係がアレなので事実上貴族としての出世も不可、今は魔力が高いけれど将来的には後続に追い付かれるか追い抜かれるので「魔力の高い上級貴族/騎士」としてのアドバンテージも活かせるのは短期間。結婚適齢期にいい話が来るかどうかも怪しい(少なくとも貴族院エーレンフェスト寮内で相手を見繕うのはまず無理)、外部に婿入りするのも契約魔術のせいでまず不可能(契約に引っかかって死ぬ覚悟があるなら別) どう見ても真っ暗です本当にありがとうございました。 (2020-03-11 13:38:13)
  • ”SSローゼマインが不在の冬”のフェルの「トラウゴットには仕える者の心構えや覚悟が足りぬ」が総評だよね (2020-03-11 00:52:17)
    • だろうね…上級貴族としてのプライドの高さ、仲間であっても下位の者を見下す…慢心傲慢、物事を深く考える能力が足りない…上の者の指示をよく聞かないからね (2020-03-11 12:08:02)
      • 仲間でも下位を見下すとか、上の者の指示をよく聞かないとかいう点に関しては、SS時点で改善されていると思うが。(貴族院のディッターで指示にきちんと従っているし)  フェルは基準が非常に高いから、フェルが指摘する要素はあっても、客観的には中の上から上の下くらいは達成している可能性はあるかと。<でないとアンゲリカの婿候補に再度浮上することすら、リヒャルダが認めない気がする (2020-03-11 12:23:02)
    • 主の命より自尊心が優先で、忠誠心が無いっていうのが、アンゲリカやエックハルトとの違いだよねー ブリギッテも主のロゼよりイルクナー優先だったからエルヴィーラに護衛騎士失格だって切り捨てられちゃったんだし (2020-03-12 00:51:03)
      • ブリギッテの場合、忠誠心はあると思うよ? 優先順位こそイルクナーが上だったけど、女性の護衛騎士の常識の範疇だし。防衛戦で、ロゼマへ情報提供することに拘っていたし。 ロゼマが特殊だったからエルヴィーラにダメだしされたけど、トラウゴットと(忠誠心のなさでの)同列扱いはさすがに気の毒だと思う。 (2020-03-12 08:28:36)
        • イルクナーへのダームエル婿入りを想定(イルクナーを優先)したのも、ブリギッテのイルクナーへの気持ちも、ダームエルのブリギッテへの求婚も、両方ともロゼマが応援してくれていたという事実があったからだろうしね。 ロゼマが反対していたら、違う判断をしたと思う。<主命を優先するか否か (2020-03-12 08:44:11)
      • ブリギッテは護衛騎士失格とエルヴィーラに判じられて仕方ないけど、ロゼマの印象は悪くないんだよね。まあ、家族(兄)を支える道を選んだからだろうが (2020-05-03 17:26:39)
        • ここで語る話じゃないと思うがエルヴィーラからの評価も悪いわけじゃないぞ。要らん人なら婿なんぞ紹介しない。ロゼマの方は悪くなる理由がない。 (2020-05-03 17:50:04)
          • エルヴィーラは娘の不利益にならないように、婿をあてがって恩を売って放逐しただけでしょう。ブリギッテの優先順位が、イルクナー>結婚>ロゼマだもの。そんな心がまえで護衛騎士やるのはどうかと思う。領主候補生の側仕えという肩書き欲しさに城の側仕えを志願した人と同類。領主候補生の護衛ってそんな中途半端な気持ちで引き受けるものではないだろう。旦那が領主の護衛やってるエルヴィーラが引っかからない訳がない。だからこそ、娘が昏睡している間に娘の側から引きはなそうと婿を紹介した。ロゼマが目覚めたのに手紙などで本人からの結婚連絡がないのは、保護者ズに距離をおかされたんだと思 (2020-05-10 11:01:46)
            • そりゃそうだろ。土地持ちの貴族としての評価はあると言ってるだけなんだから (2020-05-10 18:09:57)
            • 結婚>主に関しては、女性の慣例なので問題視されてないと思う。 イルクナー>主は、問題視されただろうけど。 ついでに言えば、ブリギッテのイルクナーへの郷土愛 ≒ ダームエルやアンゲリカのロゼマへの忠誠心 > ブリギッテのロゼマへの忠誠心 ≧ 領主や領主候補生の、一般的な護衛騎士の忠誠心 >>> トラウゴットのロゼマへの忠誠心 な気がする。 防衛戦でのボニに褒められるような対応的に。 ちなみに、エックやマティアス等は、左側欄外ww (2020-05-18 23:32:51)
  • ブリギッテはロゼマ派閥だからトラウゴットと同列ではないぞ (2020-05-12 06:18:56)
    • ブリギッテはロゼマへの忠誠心より優先する事が有っただけで、アレキに着いて行けなかった側近達と同じく縁が切られた訳ではないしな (2020-05-12 12:41:02)
  • ロゼマが4年生でほぼ不在の時期に卒業したのか。その後が気になるな。騎士見習いには騎士団に入る以外に仕事はなさそうだから騎士団には入ったのだろうけど。境界門の門番辺りからスタートしそうな気がする。 (2020-05-21 02:40:38)
    • 門番って重要な仕事なんで無役の平団員からだと思う。有象無象扱いでしごかれてんじゃないかな (2020-05-21 03:48:14)
      • トラウゴットの下克上は葛藤が多そうで見てみたい気もする (2020-05-21 12:24:36)
    • 魔力が高くてディッターでも指示に従ってちゃんと動けるようになってたから、エーレンフェスト(首都)で普通に上級騎士やってる方に大銅貨1枚を賭けよう (2020-05-21 23:52:44)
      • カルステッドが騎士団長だからなあ。そこは世間体を考えて遠く離れた位置からスタートさせてる気がする。(神殿入りを罰と認識する感覚で) (2020-05-24 18:02:05)
        • ハルデンツェルの境界門の門番あたりは過酷そうだし、ハルデンツェル絡みの話が膨らみそうだから有力だと予想する。 (2020-05-24 18:04:13)