カルステッド

初出:第126話

声(ドラマCD第1弾・第2弾):浜田賢二
声(ドラマCD第3弾):森川智之

家族構成

第一夫人:エルヴィーラ
 息子:エックハルト
 息子:ランプレヒト
  孫:ジークレヒト
 息子:コルネリウス
 娘:ローゼマイン*1
第二夫人:トルデリーデ
 息子:ニコラウス
第三夫人:ローゼマリー(故人)
 (娘:ローゼマイン)*2

父:ボニファティウス
母:ボニファティウスの第一夫人 (前ライゼガング伯爵の娘)
 異母弟:ボニファティウスの第二夫人の息子
  甥:トラウゴット

父方の親戚
祖父:先々代アウブ・エーレンフェスト(五代目アウブ・エーレンフェスト)
祖母:先々代アウブ・エーレンフェストの第一夫人
 叔母:ボニファティウスの妹*3
 叔父:先代アウブ・エーレンフェスト
  従妹:ゲオルギーネ
  従妹:コンスタンツェ
  従弟:ジルヴェスター
  従弟:フェルディナンド

母方の親戚
祖父:前ライゼガング伯爵
 叔母or伯母:初代ギーベ・グレッシェルの妻
  従姉:エルヴィーラの母
  従兄:二代目ギーベ・グレッシェル
 叔父or伯父:ギーベ・ライゼガングの父
  従兄弟:ギーベ・ライゼガング
  従姉妹:レオノーレの母(ギーベ・ライゼガングの同母の妹*4)
  従兄弟:レーベレヒト(ギーベ・ライゼガングの異母弟)

容姿

髪の色:赤茶
000000000
瞳の色:薄い青
000000000
ちょっと額が広めの赤茶の髪、薄い青の瞳。
鍛えられていて肩幅が広く、全体的に筋肉質な厚みがあるため、非常に貫禄がある。

地位

階級:領主一族(~前18 or ~前17年)*5→上級貴族
職種:領主候補生(~前18 or ~前17年)*6→騎士→護衛騎士・ジルヴェスターの側近→騎士団長・ジルヴェスターの側近

年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差:+31(春時点)*7
  • ローゼマインとの学年差:+30 or +31(誕生季による*8)

カルステッド視点の回

書籍第六巻 プロローグ
第173話 プロローグ ※第三部
書籍第八巻 プロローグ

作中での活躍

エーレンフェストの騎士団長で領主の護衛騎士。騎獣は騎士団長を表すグリフォンのような魔獣。
マインが騎士団とトロンべ討伐に出た際に登場。マインの護衛に就けたシキコーザが暴走したため、新人の教育不足を指摘され処分を受けた。
神官長から頼まれて、マインが十歳を迎えたら養女に迎えることを引き受ける。
マインを貴族階級に属する者から守るため、神官長と共に領主へ働きかけ、エーレンフェストへの貴族の出入りに制限をつけた。
祈念式ではジルヴェスターと共に、マインに同行した。襲撃を受けた時は、マインがシュツェーリアの盾を出したため軽く目を見張らせた。
また、マインからアングリーフの祝福を授かるが、技をいつも通り振うも予想外の威力になり、敵が粉微塵になってしまった。
マインが家族を守るために領主の養女になった際、ローゼマリーから名を取りローゼマインに改名させて、設定上の実父になる。
頼れるお父様だが、食が絡むと面倒になり、正妻の尻に敷かれたりもする。
感情的になる部分があり、過去にローゼマリーを庇うが、トルデリーデとローゼマリーの実家の確執にエルヴィーラが煩わされたことを知らなかった。
ただし、娘に妻に隠れて惚気ることがあり、夫婦関係は悪くない。娘がいなかったため、ローゼマインに懐かれて喜んでいる。
実父であるためローゼマインのトラブルに巻き込まれることは確定で、届いてくる報告書に頭を悩ませている。
フェシュピールは不得手と言っているが、横笛の名手。

ヴェローニカにより嫌がらせを受けていたエルヴィーラを孤立から守ろうとした、エルヴィーラの祖父の意向*9を受けた、エルヴィーラの親とカルステッドの親により、エルヴィーラとカルステッドの婚約が決められた*10
親同士で決められた婚姻に、カルステッドは不満を抱いており、エルヴィーラの兄であるクラウディオにその旨をこぼしたり*11、貴族院においてエルヴィーラと切ない関係になってヒルシュールにお節介を焼かれたりした*12

エルヴィーラと義務と役目を一番に置く関係を続けている中で*13先代アウブが病に伏し、ヴェローニカの権力が増すと、ヴェローニカの側仕えだったトルデリーデを第二夫人に、ヴェローニカ派のローゼマリーを第三夫人に娶り、第三夫人のローゼマリーに入れ込んだ*14
寵愛の影響*15か、ローゼマリーの兄であるジョイソターク子爵が面倒をかけてきたり*16、実家同士の確執でトルデリーデがローゼマリーに嫌味を言っているのをみたカルステッドが、騎士心を刺激されてローゼマリーをかばったりした為、それまで中立でいたエルヴィーラが、公平の為にトルデリーデの肩を持たざるを得なくなる*17状態までなった。
その結果、エルヴィーラによるハルデンツェルへの報告からカルステッドの話題がなくなったり*18、家庭での会話が険悪なものばかりになったり*19するほどに、夫婦間の関係が冷え込んだが、ローゼマインを引き取ったことにより、細目に訪問するフェルディナンドへの対応と、貴族の常識を知らないローゼマインの扱いに関する相談を通じて、カルステッドの自宅滞在時間と夫婦間での会話が増え、夫婦関係が好転した*20
更に、ローゼマインから指摘を受けたことで、エルヴィーラが騎士団長たる自分の第一夫人として得難い人物だと理解し、エルヴィーラの様子をよく見、ローゼマインに嫁自慢をするに至った*21為、ローゼマインからは「政略結婚なのに仲がいい夫婦」と思われていた*22

経歴

前30~前29年頃 誕生
前23~前22年頃 領主候補生として洗礼式を受ける
前20~前19年頃 貴族院に入学
前18~前17年頃 領主候補生から上級騎士へ変わる*23
前15~前14年頃 貴族院を卒業
前12年頃 エルヴィーラと結婚する*24
前01年頃 トルデリーデと結婚する*25
00年頃 ローゼマリーと結婚する*26
03~07年頃 騎士団長に就任*27
07年秋 マインとの養子縁組を了承*28
08年春 マインを実子として洗礼させることを了承*29
08年夏 ローゼマインの洗礼式を行う*30
09年冬 への襲撃発生時に大広間の騎士団を統率*31
12年冬 貴族院の表彰式への強襲発生時にフェルディナント・エックハルトと共にターニスベファレンを討伐*32
13年冬 旧ヴェローニカ派の粛清で実務処理を担当*33
15年春 エーレンフェストとアーレンスバッハの礎争奪戦でエーレンフェストの街全体の防衛を担当*34

作者コメント

2015年 12月21日 活動報告
カルステッドの髭は「取ることもできますが」と注釈付きで椎名様が送ってくださったラフで、私が気に入ったので採用しました。ダンディになったのでジルヴェスターやフェルディナンドより少し年上の雰囲気が出たと思います。

2017年 07月31日 返信
ネタといえば、第四部のキャラ設定を見直し中、ヒルシュールの項目に「どうでもいい裏設定」を発見しました。
カルステッドとエルヴィーラの先輩で、二人の結婚に対してちょっとしたお節介を焼いた。その関係で、この二人は他人が思うよりヒルシュールに弱い。実はその辺りの話が貴族院の恋物語に…。

2017年 07月31日 返信
うーん、実は甘酸っぱくないです。どちらかというと貴族院の恋物語の中では切ないお話に分類されると思います。

本好きの下剋上 設定等まとめ ふぁんぶっく3 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン
A.領主候補生として洗礼式を受けました。三年生で専門コースに分かれますが、その直前にカルステッドは領主候補生から上級騎士になりました。ですから、領主候補生コースは受講していません。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • *1 - 2017-07-18 18:39:22
  • 「ハルデンツェルの奇跡」で語られた、騎士団長第一夫人として得がたき資質と指摘云々って、本編でロゼマが実際にそれをした描写無いよね?どの時期に起きたことなのか気になる。騎士団長としての職務遂行中以外で父娘が会う機会がほとんどないことを考えると洗礼式前にカルステッド宅で教育を受けていた頃というのが第一候補なんだろうけど、その頃ってロゼマは宅内で行われた極小規模の内々のお茶会(オティーリエ参加のとか)くらいしか経験していないっぽいからお母様の凄さをまだ理解しきれていないんじゃないかという気もするし (2018-11-18 11:35:37)
    • 地の文含めて会話している描写はあるが雑談詳細は記載されていないという箇所はあるので、そういう場で話していてもおかしくないと思う。261-262話とか、317-318話とか。 その一方で、平民の子を自分の子として引き取り、きちんと母として接し、領主の養女にふさわしくなるよう教育を施している段階で十分凄いので、洗礼式前に(十分に凄いのだと)指摘をしていたとしてもおかしくないとも思う。 (2018-11-18 12:12:41)
      • ロゼマのお母様SUGEEは貴族社会におけるお母様の影響力を十分認識した後、それも最初の寄付金集め茶会より後ってイメージが強いんだよね。コンサート以前のお母様に対してはフェルディナンド狂信者ヤベぇという印象がメインに見えるんだよね。突然出てきた謎の娘を受け入れてくれた度量への感謝とか評価とか、本編で記述されるようになるタイミングが遅いだけなのか、当初は深く考えていなかったけれど色々体験している間に改めて思い返してみたらお母様凄すぎたってことなのか。リンクベルク家周りはこぼれ話結構ありそうなので補間してくれるようなSSを期待せずにいられない (2018-11-18 15:10:37)
        • 圧倒的インパクトは後から来るけど。洗礼式前の第175話でも、流行を作る側としての心構えとか、レシピに対する慎重な対応とか、腹芸必要とかのやりとりはしているから、そういうことをしているお母様は大変で凄いですねという会話があった可能性はあるかも。後は、同じく175話で母親の機嫌に関する会話をコルネリウスとしている描写があるから、そこで第二夫人とのやりとりの話を聞いて、カルステッドに何か言った可能性もある。 いずれにせよ、色々とありそうなのは同意。個人的にはいつかエルヴィーラ視点の話を読んでみたいと思う。 (2018-11-18 15:50:08)
    • ……むしろ洗礼前は、家の外の人を読んだお茶会に参加していないのでは? オティーリエも洗礼式で初顔合わせをしようとしていた位なのだから。 (2018-11-18 12:16:08)
      • 修正:×読んだ 〇呼んだ (2018-11-18 12:16:42)
      • SS42でエルヴィーラとの個人的お茶会から帰ってきたときに訓練中のロゼマを見たと発言している。お茶会にロゼマを参加させたかどうかはわからんけど、扉の隙間から覗き見るようなはしたない真似は……エルヴィーラならしそうだ。オティーリエもそそのかされてやったかもしれない (2018-11-18 12:35:27)
      • 183話冒頭のオティーリエ初出時のロゼマコメント(~という名前らしい)だと、そのときが初対面かどうか判断できないな。SS42に書かれている洗礼式で側仕えとして紹介されるはずだった云々も、ダームエルが護衛騎士として改めて紹介されていることを考えると、紹介はあくまで公式なもので、必ずしもそれが初顔合わせとは言えないと思われる (2018-11-18 12:46:59)
        • 貴族社会ルールから考えると、洗礼前の子供を広く公式に開催したお茶会に参加させることはなく、せいぜい非常に親しい友人が単発で遊びに来た時に会わせる位。そして親の非常に親しい相手、かつ、少人数での面会をしているのなら、初対面で名前の紹介がないのも、初対面の面談中に親同士が相手の名を呼ばないのも、更に貴族の名前を必死で覚えている最中のロゼマがその名を覚えていないというのも非常に考えにくいかと。……なので遠目で顔をみた経験位ならあるかもしれないけど、お茶会同席はしていないと思う。 (2018-11-18 13:21:49)
        • まあ、後は322話ではじめてオティーリエとエルヴィーラの仲の良さと側仕え就任経緯をしった位だから、洗礼前の個人的な面会はなさそうというのもある。 (2018-11-18 13:37:06)
  • 家庭の平穏が金で買えるなら良い 書かれてた当事はネタ交じりで読んでいたがガチでまったく笑えない話で震える (2019-08-23 21:54:27)
  • シキコーザの件とか、城の襲撃で領主候補生がさらわれかけたりとか、粛清で第二夫人が処罰されたり、騎士の育成は父親のほうが目立っても、ずっと騎士団長であり続けた人。まあ後任がいなさそうではあるが (2019-08-23 22:04:37)

*1 洗礼式上はカルステッドとエルヴィーラの実子/生さぬ仲であることは隠していないが、触れ回ってもいない為、知る人ぞ知る状態

*2 非公式設定上はローゼマリーを生母とするカルステッドの実子。エルヴィーラとローゼマインが生さぬ仲だと知る者の内、大多数はローゼマリーが生母と思っているが、コルネリウスやリヒャルダ等の極一部の人間にしか、ローゼマリーの子と説明していない上、リヒャルダには嘘だと見破られている

*3 2018年11月10日活動報告 11/12感想返し/ベルケシュトックの上級貴族に嫁ぎ、02年冬にフェルディナンドをエスコートした後(恐らく政変の粛清で)処刑された

*4 第430話の「伯父」様呼びより弟妹+ふぁんぶっく2家系図より同母の姉妹→妹

*5 ふぁんぶっく2 Q&A/ジルヴェスターが生まれるまで領主候補生、本好きの下剋上 設定等まとめ ふぁんぶっく3 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン/三年生で専門コースに分かれる直前に領主候補生から上級騎士になった

*6 ふぁんぶっく2 Q&A/ジルヴェスターが生まれるまで領主候補生、本好きの下剋上 設定等まとめ ふぁんぶっく3 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン/三年生で専門コースに分かれる直前に領主候補生から上級騎士になった

*7 ローゼマイン6歳春/08春に37歳 第173話

*8 春生まれなら+30、春以外の生まれなら+31

*9 第322話

*10 書籍版第四部IV「ハルデンツェルの奇跡」、第562話

*11 書籍版第四部IV「ハルデンツェルの奇跡」

*12 本好きの下剋上 設定等まとめ Twitterまとめ その2

*13 第562話

*14 書籍版第四部IV「ハルデンツェルの奇跡」

*15 故人である故に好き勝手に設定できたという背景があるものの、第二夫人の第一子が洗礼式を迎えていない状態で、第二夫人とほぼ同時期に娶られた第三夫人の第一子が洗礼式を迎えるという状況に、周囲が違和感を覚えない程度には、寵愛していた模様

*16 第222話、第272話、本好きの下剋上 設定等まとめ 人物設定 第三部他

*17 第173話、本好きの下剋上 設定等まとめ 人物設定 第四部

*18 書籍版第四部IV「ハルデンツェルの奇跡」

*19 書籍第三部I「妹の護衛騎士」

*20 第562話、書籍版第四部IV「ハルデンツェルの奇跡」

*21 第353話、書籍版第四部IV「ハルデンツェルの奇跡」

*22 第562話

*23 ふぁんぶっく2 Q&A/ジルヴェスターが生まれるまで領主候補生、本好きの下剋上 設定等まとめ ふぁんぶっく3 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン/三年生で専門コースに分かれる直前に領主候補生から上級騎士になった

*24 エルヴィーラの貴族院卒業後=前12年夏以降、エックハルト誕生の10か月以上前=前11年夏以前

*25 頃(ロゼマ誕生公称年より一年以上前=00年以前、かつ、先代アウブが病に伏した後(書籍版第四部IVSS)=フェル高学年(SS17話)=前01年以降。一度に結婚するのは一人かつ第二夫人の方が先とするならば、前01年夏

*26 頃(ロゼマ誕生公称年より一年以上前=00年以前、かつ、先代アウブが病に伏した後(書籍版第四部IVSS)=フェル高学年(SS17話)=前01年以降。一度に結婚するのは一人かつ第三夫人の方が後とするならば、00年夏

*27 ボニファティウスという例外以外は、領主の護衛騎士が騎士団長になる(第312話)ことから、ジルヴェスターが領主に就任した03年以降。07年秋には就任済(第137話)なのでそれ以前。ボニファティウスの引退時期が不明なので、この期間のどこかで就任

*28 書籍第二部IIIプロローグ、第137話

*29 第166~167話

*30 第175話

*31 第272話

*32 第420話

*33 第472話

*34 第594話