ランプレヒト

初出:第175話

声(ドラマCD第1弾):鳴海和希

家族構成

第一夫人:アウレーリア
 息子:ジークレヒト

父:カルステッド
母:エルヴィーラ(カルステッドの第一夫人)
 兄:エックハルト
 弟:コルネリウス
 妹:ローゼマイン(非公開設定では異母妹。貴族社会の慣習上、同母妹)

 異母弟:ニコラウス(カルステッドの第二夫人の息子)

父方の親戚
曾祖父:先々代アウブ・エーレンフェスト(祖父方の曾祖父)
曾祖父:前ライゼガング伯爵(祖母方の曾祖父)
 祖父:ボニファティウス
  叔父:カルステッドの異母弟(第二夫人の息子)
   従弟:トラウゴット

母方の親戚
曾祖父:初代ギーベ・グレッシェル(祖母方の曾祖父)
曾祖母:前ライゼガング伯爵の娘(祖母方の曾祖母)
 祖父:前ギーベ・ハルデンツェル*1
 祖母:前ライゼガング伯爵の孫娘
  伯父:ギーベ・ハルデンツェル
   従兄弟:*2
   従兄弟:*3

容姿

髪の色:赤茶
000000000
瞳の色:明るい茶色
000000000
お父様譲りの赤茶の髪に明るい茶色の瞳。
エックハルトに比べると頭一つ分くらい背が低い。
大人の平均くらいの身長。まだ成長期。
肉付きも父や兄に比べると薄く見えるが、かっちりとしている。

地位

階級:上級貴族
職種:騎士・ヴィルフリートの側近

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+10*4
  • ローゼマインとの年齢差:+9(夏)*5
  • 誕生季:上記より秋か冬と推測される

ランプレヒト視点の回

書籍第十巻購入特典SS 私の進む先(書籍短編I ランプレヒト視点 私の進む先)
書籍第十巻SS 冬のお披露目と子供部屋

作中での活躍

ヴィルフリートの護衛騎士。ダームエルとは同期。
ヴィルフリートが度々抜け出したり隠れるため、振り回されている。
洗礼式でローゼマインが倒れ、血に染まったため、トラウマを負う。
ローゼマインにとっては日常茶飯事で気にしなかったが、死にかけの目に遭わされても許された事で、寛大で慈悲深いと感動した。
カルステッドコルネリウスにローゼマインの料理の自慢をされたため、理由をつけて神殿に訪れ、料理を食べに来た。
お菓子を前にしたらコルネリウスと全く同じ表情をし、料理はものすごい勢いで食べた。
ヴィルフリートの勉強待ちの際は、勉強から抜け出すヴィルフリートと一日中本を読みたいローゼマインを、絶対に分かり合えない二人だと頭を抱えた。
ヴィルフリートの更生計画に巻き込まれ、フェルディナンドからその間にローゼマインが担当していた仕事を積み上げられた。
叱咤されるヴィルフリートを庇うが、愚か者に育てたのが周囲の者だと自覚させられ、崩れ落ちる。
トラウマになるほど脅されて、主と共に勉強していくことになった。
ヴィルフリートの洗礼式の後、アレクシスハルトムートイグナーツトラウゴットをヴィルフリートの側近になるように勧誘した。
貴族院在学中にアウレーリアと恋仲になる。魔力が低かったためアウレーリアの父親に難色を示されていたが、ローゼマイン式魔力圧縮法で魔力が伸びたことで認められる。
しかしアーレンスバッハとエーレンフェストの情勢が悪く、父親と領主から即座に却下され、別れの手紙を送った。
後に政略が絡むがアウレーリアと結婚することができた。
アウレーリアとの結婚後は、実家であるカルステッドの屋敷の離れを新居として暮らしている*6。エックハルト、コルネリウスが家を出たため、事実上カルステッド家の跡取り状態である。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
前09年 誕生
前02年 洗礼式を迎える
06年冬 貴族院を卒業する
06年冬~07年冬頃 ヴィルフリートの護衛騎士になる*7
12年夏 アウレーリアと結婚する*8
13年冬 ジークレヒト生まれる。同時期の粛清の関係で家族以外には誕生したことは隠されている。*9

作者コメント

2017年 09月07日 活動報告 2017/09/18 感想返し
>カルステッドの息子三人の中で将来誰が祖父や父に一番似るのか
 見た目はランプレヒトが一番似るでしょうね。でも、性格はエックハルトの方が似ているかもしれません。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 571話 「いつも一番近くにいたランプレヒト兄様の位置が遠い。名捧げをしたバルトルトの位置がずいぶん近くになっている。名を捧げられると信頼感が違うのだろうか。」以降、ランプレヒトへの言及なし。バルトルト含めてどうなったのか知りたい。 - 2017-03-09 23:54:37
  • ヴィルがギーベになる場合は付いてく事になるのかな?領主候補生じゃなくなったら側近解散?ボニは団長と候補を兼任してたけどギーベと兼任もありえるのか? (2018-10-27 06:21:38)
    • 主が落ちぶれても付き従うのが真の護衛騎士、ってのは置いといて、ギーベにも護衛騎士や側近は必要でしょ。奥さんが旧アーレン出身騎士だから、国境地帯警備の役に立つし。ただ、この場合カルステッド家は跡取りが誰もいなくなることに……あ、ジークレヒトの成長を待って跡を継がせればいいか。 (2018-10-27 13:36:12)
      • アウレーリアは魚を贈ったことでロゼ魔さんからの覚えもいい奥さんだし、今後極端に増えるエーレンーアレキ間の貿易拠点として重要になりそう。 (2018-10-27 13:44:24)
        • 場所的に無理じゃない?グレッシェルは境界門あったから可能だったんじゃ?遠回りになりそうな位置だし (2018-10-29 20:13:54)
          • 平民はわざわざ境界門を通らなくても行き来できるんじゃなかったっけ?魔獣だって行き来できてるようだし。そして侵攻ルートであるビンデバルドとゲルラッハ間は多分密約に基づく秘密の街道も整備されていたと思われ。 (2018-10-29 23:07:44)
      • ギーベ騎士団がいるからこそ連れてけないでしょ。いちギーベ領に上級騎士ぞろぞろ連れてったら混乱直轄の戦力が落ちすぎる。フェル・ロゼマの側近いなくなって戦力ガタ落ちでボニまで復帰してんのに。それに外からは女神の実家を冷遇してるようにしか見えないし、ライぜ系もライゼガング筆頭の跡取りを!って怒ると思う (2018-12-02 12:04:07)
        • 普通のギーベ騎士団なら連れて行きにくいけれど、ゲルラッハ領はグラオザム他の侵入を受けて騎士団その他がボロボロになってしまったから連れて行かないと困る。夏の館に籠っていた文官や側仕え達もあの調子では皆殺しに近い状態だっただろう。それを早急に立て直すための策が『ヴィルフリートのギーベ指名』だったと思う。当然ヴィルフリート一人で立て直せるわけもなく、普通のギーベ任命の場合は親族や知人を連れて行ったはずで、その代わりにヴィルフリートは側近を連れて行くのでは。とはいえ、上級貴族が多く人数もいる側近を全員連れて行けるわけもなく、希望者を選ぶとしても人数制限もしくは期間限定があるのではないか? もっともランプレヒトがどうするつもりかは読めないが。 (2018-12-02 15:11:15)
          • 襲撃を受けてからヴィルがギーベになるまでに最短でも2年ある訳だし。ヴィルのギーベ就任前に、直轄地扱いで立て直しがされるのでは? 館の立て直し用の金粉をロゼマから貰ってる以上、何もしない訳にはいかないだろうから、少なくとも整備は早々に済ますのではないだろうか。(ゲルラッハはアレキサンドリアから丸見えの地だし)   領地を治める為の人手は必要だと思うけど、粛清の後にライゼガング系が人員を引き連れてゲルラッハに乗り込んだ時と似たような程度には回復している気がする。 (2018-12-13 22:40:56)
            • ヴィルフリートが成人して正式に「ギーベになるまでに最短でも2年ある」が、5年生の春頃から1年前倒しでゲルラッハ領を任せよう、とジルヴェスターが考えつくかもしれない。何せエーレンフェストは人材不足だし、ジルヴェスターは丸投げに慣れてるし、未成年でもローゼマインやメルヒオールは神殿長の役目を負ってたし。 (2018-12-14 03:14:41)
              • う~ん……。 ジルは丸投げする人だけど、丸投げする相手は、凄くできると判じた相手だよ。(まずはフェル。有能と理解した後のロゼマ) 神殿長もジルの当初想定では、実運用はできると判じた相手に行わせる予定だったし。(フェルとか、ロゼマやハルトムートにじっくり教育された後の成人側近文官とか)  ヴィルとヴィル側近に対し、フェルやロゼマレベルの評価をしているとは思いにくい…… (2018-12-14 08:22:46)
                • どちらかというと、ギーベ後任事情はそれほど逼迫していないけど、ヴィルの今後の身の振り方はかなり悩ましい問題だから、その辺りの事情を半ば伏せた上で誘導的にギーベの道を示したという方がまだ理解できる。<ロゼマと婚約するときの説明のように (2018-12-14 08:29:54)
                • 領地を支えるべき新産業を、予備知識がほとんどない文官に丸投げするつもりだったから、ジルの丸投げ意識にそれほど信を置いていないんですが…。それに自分の支持基盤を切り捨てたジルに、ゲルラッハを立て直せる人材が残っているかどうか。まあ、ギーベの任命は政治の根幹で領主の責任なので、肝心なところでは手を抜かないジルヴェスターは、失敗しないよう直轄地としてゲルラッハを十分下準備させていた…かもしれない。 (2018-12-14 09:11:13)
                  • 印刷業を文官に云々の件は、丸投げ相手の判断にしくじっている(人の能力に対する判断問題)というより、印刷業に要する能力を理解していなかった(事業の成功案件に対する判断問題)というクチだから……。 さすがにギーベやギーベ領運営に必要な能力は何かは理解していると思いたい。 (2018-12-14 19:57:50)
  • アウレーリアの短編343ページで薄い青の瞳って書いてるけどカラー絵は茶色だしミスったんかね (2018-12-11 23:45:13)
    • カラー口絵だけでなく第三部で初登場した時にも明るい茶色って書いてあったから間違えたんだろうな。多分エックハルトの瞳の色と。 (2018-12-14 03:01:58)
  • 叱咤されるヴィルフリートを庇うが、愚か者に育てたのが周囲の者だと自覚させられ、崩れ落ちる。ってところ、ヴィルフリート視点だから分かりづらいけど、神官長に魔力当てられてるのが原因だよね。 (2019-02-18 02:51:02)