ゲスラ

特撮『ウルトラマン』に登場する怪獣。別名「海獣」。
南米に生息するトカゲ「ゲスラ」がカカオを運ぶ船に紛れ込んで日本に来てしまい、
東京湾の水質汚染のせいで怪獣化してしまった存在である。
カカオ船の船長の話を見る限り、「ゲスラ」は怪獣名ではなく原種のトカゲの種別名のようである
(『ウルトラQ』のタランチュラやモルフォ蝶のようなものだろうか)。

原種は雑食性で、特にカカオ豆や豆に集るゲラン蜂を主食としており、
巨大化してもその習性は変わらず、カカオの匂いを嗅ぎつけて船を襲った際に大量のカカオを食えたことに味をしめて、
カカオ輸送船に狙いに定めて襲撃するようになった。
原種の頃から犬並みのサイズでありながらジャガーを殺せる猛毒のトゲを備えており、
巨大化したことでさらに毒が強化されたらしく、並の毒が効かないウルトラマンにも有効で、
変身して1分弱にも拘らずカラータイマーを点滅させる程に弱らせる毒性を見せた。
設定では口から発条光線を放てるらしいが劇中では未使用。
弱点は頭部のヒレで、ここを失うと急速に衰弱して、最悪死に至る。

間の悪いことに、ゲスラが目を付けた横浜のカカオの輸送船は、
宝石密輸団ダイヤモンド・キックが豆に紛れさせて隠したダイヤの密輸に利用されており、
さらに運悪く居合わせたホシノ少年と友人がダイヤモンド・キックに拉致されてしまい、
全くの偶然からその事態を知った科学特捜隊は下手に市街地でドンパチできなくなり、
ゲスラへの本格的な戦闘の前に、ホシノ少年の救出に対処しなければならなくなってしまった。
ムラマツ達が救出に奔走し、ゲスラが少年達が監禁されているカカオの倉庫に接近する最中、
ピッキングで逃亡を謀ったホシノ達だがどんな小学生だ、ダイヤモンド・キックのメンバーに見つかり、
彼らが放った銃声を聞いたゲスラは防衛本能から狂暴化。
スパイダーショットやスーパーガンの迎撃も物ともせず、神奈川県警のパトカーごと隊員達を踏み潰そうとするが、
そこにウルトラマンが割って入り阻止し、戦闘に移る。
猛毒のトゲでウルトラマンを苦しめ、さらに体当たりで海中に突き落とし、
ホームである水中戦に持ち込んで優位に戦うが、弱点であるヒレを毟り取られて衰弱死した。
何気にウルトラマンがスペシウム光線を使用せずに倒した初の怪獣*1である。


スーツは『Q』に登場したピーター(アリゲトータス)の改造。
脚本のプロットではモスラ(幼虫)のスーツを改造したハチの怪獣の回だったらしいが、
何らかの理由で変更になったらしい。
後述のキングゲスラが登場するまではウルトラ怪獣の中では知名度は高いとは言えなかったが、
その特徴的なインスマス面から印象に残りやすい怪獣である。

映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』で強化種のキングゲスラが登場して再度脚光を浴び、
以降の映像作品でもスーツの流用でキングゲスラが何度か登場しているのだが、
一方で通常種のゲスラは登場していない(『タイガ』の幼体はカウントできるかどうかが微妙)。
一応『ウルトラマンZ』第2話のモニターの画面でブラジルに通常種のゲスラが出現したことは書かれていたが、
映像内では出番はなく、第23話で登場したのも結局キングゲスラだった。

ゲーム作品ではニンテンドーDS『怪獣バスターズ』に登場。
プレイヤーが最初に遭遇するいわゆるイャンクック枠の大型怪獣で、
原種に加えて灼熱環境に適応したゲスラ(赤)、各種耐性が強化され大型化したゲスラ(青)、
通常の二倍ほどのサイズに成長した巨大ゲスラの四種類が登場する。
攻撃手段は長距離を進む突進、毒属性の短距離突進、口から吐く混乱属性を帯びた下水、背後に放つ毒針など。


MUGENにおけるゲスラ

カーベィ氏の製作したキャラが公開中。
ワンダースワンソフト『ウルトラマン 光の国の使者』のネロンガが元と思しきGesura505氏の提供したスプライトを用いて作られている。
機動力は遅めだが、発生の早い「尻尾攻撃」や「とびかかり」などの近接攻撃に加えて、
中距離攻撃の「くさい息」などの技を備えており、インファイトが得意な性能をしている。
超必殺技はいずれも1ゲージ消費で、「発条光線」、「毒突き」、
フィールドを海に変えて奇襲する「沿岸警備命令」の3つ。
AIもデフォルトで搭載されている。
紹介動画

出場大会

  • 「[大会] [ゲスラ]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
シナリオ上でトドメにスペシウム光線が使われており、一部書籍や円谷プロ公式ウルトラマン検定でもこちらが採用されている。


最終更新:2021年11月19日 02:59