会津郡田島組水無村

陸奥国 会津郡 田島組 水無(みつなし)
大日本地誌大系第31巻 104コマ目

村東に水無川あり。(ゆえ)に名くと云う。

府城の南に当り行程10里23町。
家数12軒、東西36間・南北2町11間。
東は川に臨み西は山に倚る。

東3町田邊村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り13町。
西8町計田島村の山に界ふ。
南21町25間栗生沢村の界に至る。その村まで1里2町。
北11町54間田島村の界に至る。その村は戌亥(北西)に当り1里。

旧辰巳(南東)の方20町計山中に渡實(わたさね)隔澤(へたさは)とて2区の端村あり。今はなし。

この村山間に住して五穀乏しければ、材木を伐出し白朮(びゃくじゅつ)*1を採て生計の資とす。

小名

須巻(すまき)

本村より未(南南西)の方12町にあり。
家数3軒、東西20間・南北18間。
山間に住す。

端村

多摸沢(たもさは)

須巻の東2町計にあり。
家数9軒、東西1町30間・南北20間。
山麓に住す。

山川

水無川

村東にあり。
栗生沢村の境内より来り、北に流るること1里計、田島村の界に入る。
この村より下流、夏秋の際は土中を伏流して大川に入るまでの間水なし。
故に名けり。

原野

小出原(こいてはら)

村南20町余にあり。
東西5町・南北20町計。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
鎮座 不明
村南山腰にあり。
鳥居あり。田島村渡部但馬が司なり。