会津郡高野組下塩沢村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 会津郡 高野組 下塩沢(しもしほさは)
大日本地誌大系第31巻 110コマ目

府城の南に当り行程11里余。
家数14軒、東西1町30間・南北50間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東4町26間・南8町、共に田島組永田村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り7町20間余。
西1町上塩沢村の界に至る。その村は戌亥(北西)に当り2町30間。
北13町高野村の界に至る。その村まで14町30間。

小名

田中(たなか)

本村より寅(東北東)の方3町にあり。
家数7軒、東西1町・南北30間。
四方田圃なり。

根岸(ねきし)

田中より丑(北北東)の方3町にあり。
家数8軒、東西1町・南北30間。
北は山に倚り南は田圃なり。

宮下(みやした)

根岸より寅(東北東)の方5町にあり。
家数5軒、東西40間・南北40間。
西北は山に倚り東南は田圃なり。

山川

檜沢川

村南3町にあり。
福米沢村の境内より上塩沢村の地を過ぎ来り、丑寅(北東)の方に流るること17町計、高野村の界に入る。

関梁

村より未(南南西)の方4町20間余にあり。
隣村の通路檜沢川に架す。
土橋なり。
長15間。

神社

鷲神社

祭神 鷲神?
鎮座 不明
小名宮下の北山麓にあり。
鳥居拝殿あり。
『鷲大明神鰐口奥州長江庄田島郷二崎、永亮二二年王子(永享四年壬子なるべし)十一月廿一日敬白大旦那猪俣憲賴』と彫付し鰐口1口あり。
※永享4年=1432年

神職 大竹攝津

何の頃にか帯刀氏信と云うもの神職となりき。今の攝津氏廣は氏信が八世の孫なりという。


最終更新:2020年03月29日 17:56