会津郡楢原組水抜村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 会津郡 楢原組 水抜(みつぬき)
大日本地誌大系第31巻 97コマ目

府城の南に当り行程6里26町。
家数13軒、東西1町・南北20間。
東は倉谷村に続き、南は戸石川に()ひ、西北は山に倚る。
村中に下野街道あり。

西7町・北3町、共に倉谷村の界に至る。
南30間小池村に界ひ戸石川を限りとす。その村まで8町。

山川

高倉山(たかくらやま)

村より戌亥(北西)の方9町にあり。
頂まで1里計。
衆峯に秀つ。

戸石川

村南30間にあり。
倉谷村の境内より来り、東に流るること5町、また倉谷村の界に入る。

神社

高倉神社

祭神 高倉宮以仁王の霊
鎮座 不明
村より戌亥(北西)の方6町、高倉山の麓にあり。
鳥居あり。
明應9年(1500年)に記せしという当社の勧進帳あり。その趣によれば、高倉宮以仁王の霊を祭しと見ゆ。具文明應の頃の物とは見えざれども、神職の家に伝わるままに左に録す。(※略)

神職 星河内

先祖は八瀬彌久太とて治承之頃より当社の神職たりしという。後に八瀬を改て星と称す。元文の頃(1736年~1741年)十太夫直国という者あり、今の神職直忠が3世の祖なり。

藤巻神社

祭神 面足尊(おもだるのみこと)惶根尊(かしこねのみこと)
鎮座 不明
高倉神社の西にあり。
星河内これを司る。




余談。
面足尊・惶根尊とは神世七代の第6代の神です。


余談2。
水抜地区から大内宿に行く県道131号下郷会津本郷線のこの辺りに階段と旗竿があります。試しに登ってみた所、結構長い山道が続いていました。途中鳥居がありますが、額字からは先に何があるのか判断ができません(「奉?」と書かれていました)。先は山道が左右(東西)に別れており両方の道の先にはそれぞれ社が鎮座していました。ただ何の建物か判断できるものがなく詳細は不明です。

両方の社の中には人形の彫り物が奉納されているようです。
東の社の中

西の社の中

推測になりますが…。
風土記の内容を当てはめると東の社は高倉神社、西の社は藤巻神社ではないでしょうか?

追記(2020/10/13)
東の社の写真を見ると、中に明治11年11月12日の日付と以仁親王と書かれた札がありますね。なので高倉神社で確定でしょう。
おおよその位置
最終更新:2020年09月28日 22:16