会津郡楢原組水抜村

陸奥国 会津郡 楢原組 水抜(みつぬき)
大日本地誌大系第31巻 97コマ目

府城の南に当り行程6里26町。
家数13軒、東西1町・南北20間。
東は倉谷村に続き、南は戸石川に()ひ、西北は山に倚る。
村中に下野街道あり。

西7町・北3町、共に倉谷村の界に至る。
南30間小池村に界ひ戸石川を限りとす。その村まで8町。

山川

高倉山(たかくらやま)

村より戌亥(北西)の方9町にあり。
頂まで1里計。
衆峯に秀つ。

戸石川

村南30間にあり。
倉谷村の境内より来り、東に流るること5町、また倉谷村の界に入る。

神社

高倉神社

祭神 高倉宮以仁王の霊
鎮座 不明
村より戌亥(北西)の方6町、高倉山の麓にあり。
鳥居あり。
明應9年(1500年)に記せしという当社の勧進帳あり。その趣によれば、高倉宮以仁王の霊を祭しと見ゆ。具文明應の頃の物とは見えざれども、神職の家に伝わるままに左に録す。(※略)

神職 星河内

先祖は八瀬彌久太とて治承之頃より当社の神職たりしという。後に八瀬を改て星と称す。元文の頃(1736年~1741年)十太夫直国という者あり、今の神職直忠が3世の祖なり。

藤巻神社

祭神 面足尊・惶根尊
鎮座 不明
高倉神社の西にあり。
星河内これを司る。