会津郡楢原組原村

陸奥国 会津郡 楢原組 (はら)
大日本地誌大系第31巻 99コマ目

府城の南に当り行程8里20町。
家数5軒、東西1町18間・南北25間。
南は戸石川に()ふ。
四面に高山壁立し、(すこぶ)る幽僻の地なり。
仲秋に至れば終日日を見ざることありとぞ。

東10間日影村の界に至る。その村まで2町。
西5町戸石村の界に至る。その村まで15町。
南2町計日影村の山に界ふ。
北2町計磯上村の山に界ふ。

山川

戸石川

村南にあり。
戸石村の境内より来り、東に流るること8町、日影村の界に入る。

関梁

村南にあり。
長5間、戸石川に架す。
隣村の通路、土橋なり。

神社

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村より戌(西北西)の方20間にあり。
鳥居あり。村民の持なり。