会津郡小出組大沢村

陸奥国 会津郡 小出組 大沢(おほさは)
大日本地誌大系第31巻 82コマ目

府城の南に当り行程7里14町。
家数22軒、東西1町20間・南北20間。
渓流に傍て畳山の間に散居し四方僅かに田圃(たんぼ)を開く。

東6町10間・北9町、共に湯原村の界に至る。その村は東に当り15町。
西15町楢原組桜山村の界に至る。その村は申(西南西)に当り1里。
南12町弥五島組弥五島村の界に至る。その村まで1里。

端村

上村(かみむら)

本村の西2町にあり。
家数12軒、東西1町20間・南北15間。
西は山林に続き三方に菜圃(さいほ)あり。

久景(ひさかけ)

本村の戌(西北西)の方2町20間にあり。
家数3軒、東西30間・南北15間。
四方田圃(たんぼ)なり。

山川

嶽山(たけやま)

村の戌亥(北西)の方4町にあり。
登ること13町余、西は楢原組大内村の山に界ふ。

殿上山(てんしやうやま)

村西18町計にあり。
山勢邐迤(りい)*1として登ること11町余、西南は大内・桜山両村の山に続く。

向山(むかいやま)

村南1町にあり。
東南は弥五島村の山に界ふ。

大沢川(おおさわかわ)

村南1町計にあり。
桜山村の山中より源を発し、東に流れ湯原村の界に入る。
境内を経ること21町余、広1間余。

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
鎮座 不明
村北20間計にあり。
鳥居あり。

神職 星大和

先祖を伊勢某という。
いつの頃にか伊勢国度会郡よりこの地に来り当社の神職となる。
今の大和勝儀は7世の孫なり。

山神社

祭神 山神?
相殿 天道神
   杉御前
   大明神
勧請 不明
村より戌亥(北西)の方2町20間にあり。
星大和が司なり。