大沼郡中荒井組入田沢村

陸奥国 大沼郡 中荒井組 入田沢(いりたさは)
大日本地誌大系第33巻 29コマ目

府城の西に当り行程3里6町。
家数22軒、東西2町25間・南北43間。
山間に住す。
村西に河沼郡牛沢組柳津村に通る裏道あり。

東48間・西9町48間・南20間・北は村際にて、共に出戸田沢村村の山に界ふ。その村は丑寅(北東)に当り8町。

山川

田沢川(たさはかわ)

村西3町にあり。
出戸田沢村の端村沼山の山中より出て、東に流れ村南をすぎ北に折れ、凡1里計流れ出戸田沢村の界に入る。
広3間計。

水利

村より辰巳(南東)の方5町にあり。
周150間余。
出戸田沢村、牛沢組勝方村、日度村3ヶ村の養水とす。

寺院

仙明院

村中にあり。
曹洞宗國應山と號す。勝方村勝方寺の末山なり。
寛文中(1661年~1673年)まで勝方村にあり、天正8年(1580年)葦名氏の臣大川原佐渡というもの祈願によりこの寺を開基し、真言宗俊光という僧を開山とす。寛文元年(1661年)勝方村の住感国を請て中興とし曹洞宗となる。
本尊観音客殿に安ず。