大沼郡中荒井組出戸田沢村

陸奥国 大沼郡 中荒井組 出戸田沢(てとたさは)
大日本地誌大系第33巻 29コマ目

府城の西に当り行程2里30町。
家数38軒、東西3町12間・南北2町3間。
西南は山に()ひ東北は田圃(たんぼ)なり。

東8町11間小沢村の界に至る。その村まで11町50間余。
西13町15間河沼郡牛沢組勝方村の山に界ふ。その村は戌亥(北西)に当り11町余。
南11町小沢村の山に界ふ。
北4町牛沢組日度村の界に至る。その村は丑寅(北東)に当り6町。

端村

沼山(ぬまやま)

本村より未申(南西)の方1里10町入田沢村の境内を隔て山中にあり。
家数11軒、東西1町・南北52間。
山上に住す。
地面東西20町・南北20町。
東は蕎麦目村の小名槻曽根の山に界ひ、西は牛沢組大野村の山に連なり、南は高田組逆瀬川村の山に隣り、北は勝方村の山に交わる。

山川

田沢川(たさはかわ)

村西3町にあり。
入田沢村の境内より来り、7町北に流れ勝方村の境内に入る。

水利

堤3

一は村南2町にあり。
周300間余。元禄中(1688年~1704年)これを築き日度村の養水とす。
一は村西8町にあり。
周240間余。また元禄中に築き牛沢組牛沢村の養水とす。
一は村より5町未申(南西)の方にあり。
周160間余。

神社

八幡宮

祭神 八幡宮?
相殿 八幡宮
   稲荷神
   白山神
鎮座 不明
村西8町にあり。
鳥居幣殿拝殿あり。宮下村渡部出羽が司なり。

寺院

龍澤寺

村中にあり。
米白山と號す。天台宗高田村龍興寺の門徒なり。
開基の年月詳ならず。亮源という僧建立すという。その後堂宇頽破(たいは)して遺跡(わずか)に存せり。
寛永13年亮仲という僧中興すという。
本尊弥陀客殿に安ず。

地蔵堂

境内にあり。