大沼郡滝谷組湯八木沢村

陸奥国 大沼郡 滝谷組 湯八木沢(ゆやきさは)
大日本地誌大系第33巻 53コマ目

府城の西に当り行程6里22町。
家数28軒、東西50間・南北1町12間。
滝谷川を挟み山間に住す。

東10町25間大嶺村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り24町。
西13町大谷組砂子原村の山界に至る。その村は申(西南西)に当り18町。
南8町大谷組五畳敷村の界に至る。その村まで14町余。
北18町8間滝谷村の界に至る。その村まで28町。

山川

湯嶽(ゆのたけ)

村より申(西南西)の方1町30間にあり。
満山岩石にして滝谷川に臨めり。
またこの山の西に切伏(きりふせ)という山あり。
雑木多し。

東川(ひかしかわ)

五畳敷村の境内より来り、西に流れ中川南より来り注ぎ滝谷川となり、北に折れ村中を過ぎて滝谷村の界に入る。
この村の境内を経ること31町。広15間。

関梁

村中にあり。
長19間。
滝谷川に架す丸木橋なり。

神社

伊夜彦神社

祭神 伊夜彦神?
相殿 稲荷神
   山神
鎮座 不明
村東山足にあり。
鳥居拝殿あり。名入村二瓶大和が司なり。