大沼郡大谷組漆峠村

陸奥国 大沼郡 大谷組 漆峠(うるしたふけ)
大日本地誌大系第33巻 61コマ目

府城の西に当り行程6里32町余。
家数8軒、東西46間・南北33間。
山間に住す。
南は渓流に臨み三方に菜圃(さいほ)あり。

東8町滝谷組沢中村の界に至る。その村まで35町。
西7町大成沢村の界に至る。その村まで10町40間余。
南2町沢中村の山に界ふ。
北3町大成沢村の山に界ふ。

神社

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村東50間余山麓にあり。
鳥居あり。村民の持なり。



漆峠

現在の地理院地図に漆峠の記載はありますが、風土記本文にはありません。村名を見る限り漆峠自体はあったと思うのですが、江戸時代にはメジャーな道ではなかったのかもしれません。なお、明治時代の旅行地図に大成沢から四谷(沢中・高森地区)の南、岳山の北を経由して宮川(東尾岐組)に抜ける街道の記述がありました。大成沢から四谷の南に抜ける部分が漆峠で、岳山と大向山の間を宮川に抜ける道は現在無くなっているようです。
※最近會津旅行地圖(明治41年)より


添付ファイル