大沼郡滝谷組沢中村

陸奥国 大沼郡 滝谷組 沢中(さはなか)
大日本地誌大系第33巻 55コマ目

府城の西に当り行程6里。
家数3軒、東西30間・南北25間。
東は山に倚り西は東川に()ふ。

東20町冑組大岩村の山に界ふ。
西22町大谷組漆峠村の山界に至る。その村は申(西南西)に当り28町。
南9町21間高森村の界に至る。その村まで18町。
北1町6間遅越渡村の界に至る。その村は亥(北北西)に当り6町10間余。

山川

貉畑山(むじながはたやま)

村より未(南南西)の方15町にあり。
頂まで14町。

幣剥曽禰山(へいはくそねやま)

村の辰(東南東)の方15町にあり。
この山の北に続き高平という山あり。

大沢(おほさわ)

村より未(南南西)の方1里2町にあり。
高森村の境内より来り、北に流れ大谷組大成沢村の界に入る。
広4間。

高森川(たかもりかわ)

村より未(南南西)の方1町30間にあり。
高森村の境内より来り、北に流るること10町遅越渡村の界に入り東川と唱ふ。

魚留川

村の辰(東南東)の方32町山奥にあり。
高森村の境内より来り、北に流るること22町遅越渡村の界に入る。

水利

村西5町にあり。
周40間。
元禄元年(1688年)築く。

神社

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村南にあり。
名入村二瓶大和が司なり。