大沼郡野尻組佐倉村

陸奥国 大沼郡 野尻組 佐倉(さくら)
大日本地誌大系第33巻 64コマ目

府城の西南に当り行程10里26町。
家数15軒、東西5町・南北53間。
散居す。
北は山に倚り三方に田圃(たんぼ)あり。

東21町・南19町、共に飱丸村の山界に至る。その村は巳(南南東)に当り9町40間。
西8町・北22町、共に小中津川村の山界に至る。その村は戌(西北西)に当り6町30間余。

山川

大佛山(たいふつやま)

村より寅(東北東)の方25町にあり。
頂まで9町。飱丸村と峯を界ふ。

内川

村より未申(南西)の方2町10間にあり。
飱丸村の境内より来り、戌亥(北西)の方に流るること14町小中津川村の界に入る。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
鎮座 不明
村北1町山麓にあり。
鳥居あり。飱丸村五十嵐山城これを司る。

諏訪神社

祭神 諏訪神?
勧請 不明
村より辰(東南東)の方1町30間にあり。
鳥居拝殿あり。五十嵐山城が司なり。

熊野宮

祭神 熊野宮?
鎮座 不明
村東4町山麓にあり。
鳥居あり。村民の持なり。

寺院

観音寺

村中にあり。
曹洞宗示現山と號す。開基の年代詳ならず。
元和4年(1618年)より下中津川村正法寺の末山となる。
本尊十一面観音客殿に安ず。