大沼郡野尻組小中津川村

陸奥国 大沼郡 野尻組 小中津川(こなかつかは)
大日本地誌大系第33巻 64コマ目

府城の西南に当り行程10里34町。
家数24軒、東西2町・南北45間。
ここより北1町余に1軀あり。上田(うはた)という。
家数15軒、東西1町6間・南北57間。
その北50間余に1区あり。折橋(おりはし)という。
家数2軒、東西31間・南北6間。
共に東北は山に倚り西南は内川に傍ふ。

東35町佐倉村の山界に至る。その村は辰(東南東)に当り6町30間余。
西4町下中津川村の山に界ふ。
南25町大芦村の山に界ふ。
北2町58間下中津川村に界ひ折橋川を限りとす。その村は戌(西北西)に当り3町50間余。

山川

草履山(さうりやま)

村北1里にあり。
頂まで25町。
下中津川村及び大谷組大成沢村・琵琶首村・間方村と峯を界ふ。

喰名山(くひなやま)

村東30間計にあり。
頂まで15町。
雑木多し。

内川

村の西南1町にあり。
佐倉村の境内より来り、12町戌亥(北西)の方に流れ下中津川村の界に入る。
広6間。

折橋川(おりはしかわ)

村北2町50間余にあり。
この村の山中より流れ出、申(西南西)の方に流るること20町内川に注ぐ。

関梁

村北2町50間余折橋川に架す(下中津川村の条下に詳なり)。

神社

気多神社

祭神 気多神?
相殿 山神
鎮座 不明
村中にあり。
鳥居拝殿あり。

神職 束原石見

延寶2年(1674年)伊予長吉という者当社の神職となる。
今の石見長正が6世の祖なりという。

山神社

祭神 山神?
勧請 不明
折橋の東北5町20間にあいr。
村民の持なり。