アンゲリカ

初出:第182話

声(ドラマCD第1弾・第2弾):浅野真澄

家族構成

父:先代アウブの側仕え*1→城の側仕え*2。アンゲリカの留年を回避させ卒業まで導いたローゼマインに感謝している。
母:フロレンツィアの側仕え。同上。
 妹:リーゼレータ

婚約者:エックハルト

容姿

髪の色:淡い水色
000000000
瞳の色:深い青
000000000
淡い水色の髪に深い青の瞳。
女性の側仕えならともかく、どこからどう見ても騎士には見えない。
小柄で細身の少女。可憐な美少女である。美少女なのである・・・

地位

階級:中級貴族
職種:騎士見習い→騎士・ローゼマインの側近

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+5*3
  • 誕生季:夏*4
  • 洗礼時の属性(適性):火風*5
  • 3年生時に得られた加護:火のみ(風は得られなかった)*6
  • 加護の再取得:火風、武勇、導き、疾風*7

アンゲリカ視点の回

書籍版 貴族院外伝 一年生「アンゲリカ視点 神殿の護衛騎士」

作中での活躍

小柄で細身の脳筋美少女。外見詐欺のため、茶会や宴で護衛するのに向いている。
側仕えを多く輩出する家系に生まれたのにもかかわらず、勉強嫌いで側仕えにまったく適さないため、騎士の道を選ぶ。
ローゼマインが領主の養女になってから、貴族街にいる間の護衛になった。
ローゼマインの護衛騎士に引き立てられたことで家族以外の一族に存在を認められ、そのことに対して感謝するとともに主であるローゼマインを最上に考えている。

11年冬の奉納式時に、貴族院からエーレンフェストに戻ったローゼマインに同行した後、神殿で護衛騎士任務を遂行することを強く希望し、騎士団長と領主から成人式前の神殿通いの許可を得た。*8
更に奉納式の期間は、両親の許可を得た上で、神殿へ泊まり込んだ。*9
アンゲリカを外してローゼマインの健康診断を断行しようとしたフェルディナンドのすすめを受け、ローゼマインの許可なく、エックハルトと訓練へ行ってしまったが*10、その夜ダームエルより、アンゲリカの行為が護衛任務の放棄にあたることと、必ず主の意見を求めるようにすれば他者の口車にのせられずにすむと教わった*11後は、事前にローゼマインの許可を得ることを徹底している*12
更に、少しでもローゼマインの役に立とうと考え、二コラに仲良くしてくれと頼んだり、モニカの助言を受け来客のベルの音を覚え、取り次ぎ役の仕事もできるようにしたり*13ボニファティウスと魚の解体訓練をたくさんし、アーレンスバッハの魚解体でその腕を披露したり*14した。

スピード特化の戦い方を得意としていて、中級貴族にしては魔力多め。
騎士はシュタープを武器に変形させて戦う者が多いが、その分の魔力を身体強化に割り当て、武器は魔剣を使っている。
あまりにも成績が悪く、アンゲリカが補講を乗り切るために、アンゲリカの成績を上げ隊が結成された。
説教臭い魔剣シュティンルークの主で、ローゼマインの魔力を得て魔剣が意志を持つようになってからは、余計に思考をしなくなった。
ローゼマインが襲撃を受けユレーヴェで眠ってからは、ボニファティウスの弟子となり、鍛えられた。
上級騎士でもあまりいない身体強化の魔術を使える騎士になっている。
基本的に何も考えない分、躊躇わない。誰が相手でも武器を向けて主を守る。
コルネリウスにフェルディナンドからもローゼマインを守るように言われていたことから*15、フェルディナンドにも躊躇なく剣を向ける*16

アンゲリカを気に入ったボニファティウスの後押しにより、トラウゴットと婚約した。
11年冬の貴族院でローゼマインの側近となったトラウゴットが、解任に近い辞任をした為、婚約は解消となり、親族会議の結果、第二夫人の立場でエックハルトと婚約することになった。*17
貴族院の卒業式でのエスコート役はボニファティウスに任せたつもりだったので、実は内心ちょっとガッカリした*18
エックハルトやフェルディナンドからトラウゴットでは強さや心構えでも相手にならないと評されており*19、中級貴族にかかわらず領主候補生のボニティファウスすらひやっとさせる*20など上級貴族以上の戦闘能力を持っている。

ローゼマインに対する忠誠心は高く、「ローゼマイン様以外の主に仕えられる気がしません*21」と言い切っている。

アーレンスバッハの礎取りディッターでは、
ランツェナーヴェ兵の武装解除をしながら「後のことも考えて攻撃方法を選択せよ」と注意するエックハルトに
「はい。わかったような気がします」*22と返事をしたり
船を凍らせるために冬を呼ぶというフェルディナンドの非常識作戦に度肝を抜かれたハイスヒッツェを感動させた
「難しいことを要求された時は、理解することよりも自分の割り振られた役割をいかにこなすかが大事なのです」*23等の名言がある。

エックハルトのアーレンスバッハ行きに伴い婚約を解消した*24が、ローゼマインとフェルディナンドの婚約でエックハルトとの婚約話が再度浮上。婚約式の後に双方の意思確認後、あっさり再婚約を決定した。*25
ローゼマイン視点では恋愛要素は確認できず。


経歴

前04年 誕生
03年  洗礼式
06年冬 貴族院に入学
08年夏 ローゼマインの護衛騎士に就任する。*26
08年冬 冬の間に3年生の授業を合格できず、補講が決定する。*27
09年春 加護の取得で、適性のある大神の加護を得られないという稀な例となる。*28
     補講を合格し、貴族院留年を回避する。*29
     ローゼマインから魔剣に魔力を拝領する。*30
09年秋 ローゼマイン式魔力圧縮法を知る為の契約魔術にサインをする。*31
09年冬 ボニファティウスの弟子となる。*32
10年冬 貴族院の卒業式の剣舞役に選抜される。*33
11年冬 エックハルトと婚約する。*34
     卒業式では剣舞を奉納する。*35
     貴族院を卒業する。
     ローゼマインの護衛騎士に正式に配属される。*36
12年春 ローゼマイン式魔力圧縮法の第四段階を伝授される。 *37
13年春 エックハルトとの婚約を解消する。*38
13年冬 神殿で奉納式を行う。*39
     エーレンフェストで加護取得の儀式を実施した結果、適性のある大神の加護と眷属の加護を得る。*40
14年春 領主会議中の星結びの儀式と奉納の儀式で、青色神官(に扮した護衛)を担う。 *41
14年冬 貴族院で奉納の儀式の青色神官(に扮した護衛)を担う。 *42
15年春 ローゼマインのアーレンスバッハの礎取りディッターに同行する。*43
     アーレンスバッハの神殿で、対ランツェナーヴェ戦を行う。
     ランツェナーヴェの船攻略戦で、ローゼマインの護衛を担う。*44
     ゲルラッハ攻防戦に参加する。*45
     貴族院防衛戦に同行する*46
     アレキサンドリアに移籍する。
     エックハルトと再度婚約する。 *47

作者コメント

2015年 09月30日 活動報告
アンゲリカは主のためならば躊躇わない騎士と対比して設定していました。最初から勉強は苦手設定でしたが、ここまで残念な脳筋になる予定はなかったはずなのです。どうしてこうなったのでしょうね? 不思議。
2017年 07月20日 返信
エックハルトとアンゲリカもそうですね。周囲には理解できなくても、二人なりの距離感を大事にする夫婦になるでしょう。
2018年 10月06日活動報告 10月14日返答
>自己肯定感が低く、能力が活かせていなかったアンゲリカ
 自己肯定感の育つ環境ではありませんでしたからね。だからこそ、神殿へ通えたわけですが。
>貴族の婚姻として見るなら十分に幸せになれそうな、アンゲリカ&エックハルト
 私もそう思います。利害関係はガッチリ合っているので。
>騎士適正があるのだから適材適所の教育を親がしてやれば良かったのに……(難しそうだけど)
 アンゲリカは座学が本当にダメだし、指示や注意をすぐに理解できないので、騎士の適正と言われると「うーん」という感じですね。噛み砕いて理解するまで教えてくれるダームエルがいて、わかりやすく命じてくれる主がいるから優秀な護衛騎士でいられるのです。両親に何とかできることではありません。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ~に見えるが騙されてはいけない から始まる繰り返しのアンゲリカギャグは作中でも屈指の笑いポイント。小説という形態で最も即興で映える面白キャラの描き方だったと思います。とても良キャラ。 - 2018-03-13 18:14:35
  • 「排出」じゃなくて「 輩出」 (2018-03-31 22:28:18)
    • 修正しておきました。 (2018-06-13 21:36:59)
  • アンゲリカって上級寄りとはいえ中級なのに、提示される婚約者候補は上級ばかりって事は魔力が多いんだな (2018-09-01 08:02:02)
    • そうじゃなくて、アンゲリカを弟子にしたボニ爺が、自分の一族に縁づかせようとしているから、上級ばっかりになってるだけ。ローゼマイン式魔力圧縮法で、上級と釣り合うだけの魔力は持っているだろうけど。 (2018-09-01 17:56:32)
  • 鈴華先生のアンゲリカを待ってたら、ツイッターアイコンが変わってた。 (2018-10-06 21:07:32)
  • エックハルトとの子ができたら全属性なのかな?元々の属性だけ? (2018-10-16 13:20:23)
    • どうなんだろう・・・仮に名捧げで全属性の子が生まれる可能性があっても確率は低そうだけどね。元々全属性のツェントから属性欠けた子が生まれているし (2018-10-16 14:49:38)
      • 母親が属性欠けてたのでは? (2018-12-06 14:02:16)
  • アンゲリカって騎獣がどうしても想像できない。天馬ってイメージじゃ無いんだよな。そもそも王族やダンケル・クラッセンは何に乗ってるんだろ?ドラゴンはいなさそうだし、頭3つのライオン以上がわからない (2018-10-26 01:42:44)
    • みんなと違ったら、ユストクスみたいに何それって聞くと思うけど。クラッセンは狼で、ダンケルは鷹。 (2018-10-26 06:00:09)
  • 王族は剣?なんか股痛そう。でもサーフィンみたいに乗るなら貴族っぽくは無いがかっこいいかも。エウレカみたいな感じを想像したw (2018-10-26 23:22:17)
    • アンゲリカとは最早関係ないし、上のコメとも大して繋がってないから、騎獣のページに書きなよ。 (2018-10-26 23:37:27)
  • 結婚したら騎士引退だけど、アンゲリカから騎士を取ったらルックス以外何も残らない…いやまぁ騎士としてもかなり歪なんですけどね。 (2019-02-03 09:02:54)
    • アンゲリカのことだから「妊娠するまでは騎士を続けます!」とか言ってリーゼレータが頭を抱えそう (2019-02-03 11:23:33)
      • ママでも騎士! (2019-03-31 19:04:33)
      • アンゲリカ・リーゼレータ姉妹、特にリーゼレータには結婚したからといって仕事辞めてもらったら困るので、貴族の常識・慣習ぶっとばしてアレキサンドリア城内か神殿内に保育園作って、早期復職させそう (2019-05-20 18:42:03)
    • 結婚というか妊娠と子育てで引退だからエックハルトが子供望まなさそうだし引退しないんじゃないかな (2019-04-18 00:02:54)
      • そうすると、フェルディナンドとローゼマインの子供の側近が少なくなるだろうしそれはないだろ。平民のように生んだ後、また復職するなら有り得そうだけど。 (2019-04-25 11:27:15)
        • 強くなることと護衛することが第一のアンゲリカからするとその間訓練とか護衛できないってだけでも無理じゃないかな。子供の側近は現地採用したりまた作るんじゃないか? (2019-04-27 22:25:18)
          • アーレンスバッハでも孤児がたくさん出たから養子の手があるし (2019-05-19 03:37:32)
            • 孤児じゃなくても信者夫妻によって教育(洗脳)済みの貴族もいるしな (2019-05-20 01:22:04)
  • お魚解体スキルがあることも追記してほしいな シュティンルーク包丁のところでもいいけど (2019-07-04 00:52:13)
    • 追加しました。 (2019-07-04 07:32:43)
  • アンゲリカが魔剣を使うのって、もしかしてシュタープの呪文覚えてないから? (2019-08-26 11:38:53)
    • 身体強化を使うから。あとアンゲリカは座学がダメなのであって、実技は問題ない。 (2019-08-26 17:35:51)
      • 実技は受かったとしても、俺でも「メッサー」しか思い出せないのだから、アンゲリカが覚えてるはずがないw (2019-08-27 17:00:29)
        • 俺でもw 俺さんは残念ですね。アンゲリカは強くなるためなら裁縫だって出来る娘ですよ。興味がある分野に関してのみ記憶力が良いのは、現実でも例があります。 (2019-08-27 17:42:21)
      • 神の加護を得る『実技』は、神々の名前を覚えられなくて失敗して加護を受けられなかったはず。記憶力が必要な実技は問題ありでは? (2019-09-03 07:44:23)
        • 実技の前に座学の試験があります。あと512話で覚える意味をやっと理解しました。 (2019-09-03 17:46:25)
          • 座学合格直後の『実技』で失敗しましたよね?加護の再取得もシュティンルークの復唱で「シュティンルークのおかげ」って言ってますから意味を理解しても覚えてないですよね? (2019-09-04 12:30:55)
            • 「やはり全ての神々の名前を覚えなければならないのですか。残念です」楽をしようとしました。 (2019-09-04 18:45:12)
              • 神々の名を全員分列挙する必要のある座学を合格している=覚えること自体はできているので、後は覚え続けようと努力する動機があるかどうかの問題。 その一方で、エーレンの神殿での加護再取得の儀式の結果をもって、「自分の欲しい能力に関係ない神々も含めた、全ての神々の名前を言えることが重要」ということを初めて認識したので、それ以前(=儀式実施前)は全ての神々の名前を覚え続ける動機が弱い=忘れて当然。 (2019-09-04 22:54:54)
                • 逆に言えば、覚える(アンゲリカ的)動機があるものは覚えられるので、騎士の実働に直結するシュタープの呪文は、問題なく覚え、かつ、覚え続けていると思われる。……文官活動や側仕え活動専用のシュタープの呪文は全く覚えていないだろうけど。 (2019-09-04 22:57:05)
            • 【ミッション:試験に合格する】 全員分覚えていることが合格要件なのは座学だけで、実技は異なる(加護が得られなくても不合格とはされない) ⇒ 座学時には覚えていて、実技時には忘れていた ⇒ (一応)ミッション達成 (2019-09-04 23:22:03)
            • 【ミッション:欲しい加護を取得する】欲しい加護に関わる神々の名をあげ祈りを捧げることは必須であることは示されていたが、欲しい加護に関係ない神々の名を口にすることも必須であるかは明確にされていなかった ⇒ 最高神と五柱の大神と自分が欲しい能力に関わる眷属神達の名前は暗唱した<神々の名前を全く言えなかった貴族院での儀式時より大幅進歩w ⇒ ミッション開始前に必須とわかっていたことは達成 (2019-09-04 23:22:27)
              • どちらも、本人が必要性を理解し、達成すべく努力したことはクリアしている。 (2019-09-04 23:23:37)
    • 上級騎士並の魔力に圧縮できただろうから、ぜひ魔剣とシュタープ剣の二刀流で戦ってほしい。 (2019-08-27 19:22:06)
    • 議論が変な方向に行ってるけど、何故アンゲリカがオーソドックスなシュタープスタイルではなく、魔剣+身体強化スタイルを選んだのか?という意味では「状況に応じたシュタープの使い分けとか考えるのが嫌だから」って可能性はあるかもしれない。 (2019-09-06 00:44:30)
      • ただ、個人的には誰かにスピード重視にする助言を受けて「はい!わかったような気がします!」で、魔剣+身体強化になったのではないかと… (2019-09-06 00:49:05)
        • そういう意味だと「速さを重視した戦いをします。そのために戦闘中は魔力のほとんどを身体能力の強化に当てているのです(第228話)」が全てかと。 そもそも一族全員側仕えの家系(=縁故は当てにできない)、かつ、両親に騎士になることを反対されている中で、小柄で細身の可憐な少女(=筋肉や手足の長さは当てにできない状態)だったアンゲリカが初志貫徹しようとしたら、身体強化を用いたスピード特化以外に選択肢はなかったと思う。 (2019-09-06 20:51:57)
        • シュティンルークって過去に戻ったローゼマインからもらったんだったりして、フェルナンドたちの失われた3日間に関することで手伝ってもらったお礼にウサギに入れる予定で作ってた魔石と助言を授けていたんだよきっと。フェルナンドやヒルシュールが研究材料として欲しがらないのはこの時に干渉があったせいもあるのかも。 (2019-09-06 23:34:25)

*1 書籍版第四部I「有意義な土の日」

*2 ふぁんぶっく2 家系図

*3 ローゼマイン7歳冬に3年生 第228話

*4 適性から夏か秋生まれと確定し、初出の182話はローゼマイン7歳夏であり、公式人物まとめ第三部でアンゲリカの年齢が12であることから、夏の時点で12歳であったと推測されるため。/書籍版「貴族院外伝 一年生」で口絵の指輪の色が青

*5 第242話

*6 第242話 第466話

*7 第533話

*8 第318話

*9 書籍版外伝1「アンゲリカ視点 神殿の護衛騎士」

*10 第321話

*11 書籍版外伝1「アンゲリカ視点 神殿の護衛騎士」

*12 第533話

*13 書籍版外伝1「アンゲリカ視点 神殿の護衛騎士」

*14 第428話

*15 書籍版外伝1「アンゲリカ視点 神殿の護衛騎士」

*16 第321話

*17 書籍版外伝1「アンゲリカ視点 神殿の護衛騎士」、第334話

*18 第334話あとがき

*19 SS35話

*20 第534話

*21 第560話

*22 第602話 アーレンスバッハの神殿

*23 第610話 ランツェナーヴェの船 後編

*24 第440話

*25 第676話 家族に繋がる道

*26 第182話、書籍版第四部I「有意義な土の日」

*27 第228話

*28 第466話。冬の講義中ではなく、春の補講中に儀式を行った

*29 第241話

*30 第242話

*31 第267話、第271話

*32 第271話、書籍版第三部V特典SS「妹を守るために」

*33 第297話

*34 第334話

*35 第334話

*36 第342話

*37 第358話

*38 第437話

*39 第455話

*40 第533話

*41 第543~544話

*42 第578~583話

*43 第600話~

*44 第610話

*45 第613話~

*46 第636話~

*47 第676話