スターミー

No.121 タイプ:みず/エスパー
特性:はっこう(野生のポケモン出現アップ) 
   しぜんかいふく(戦闘から引っ込めると状態異常から回復)
夢特性:アナライズ(一番最後に攻撃すると技の威力が1.3倍になる。相手の交代時でも発動)
体重:80.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
入手可能ソフト:RSE/LG/XD/DPt/HGSS/ポケウォーカー/BW/BW2/X/ORAS/SM/USUM/GO/LPLE/SWSH(鎧)
ヒカリの巨人たち HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ウルトラマン 60 75 85 100 85 115
ミスターファイヤーヘッド 115 115 85 90 75 100
ウルトラセブン 68 125 65 65 115 80
ウルトラマンタロウ 65 125 100 55 70 85
ウルトラマンレオ 50 120 53 35 110 87
ウルトラマングレート 90 130 80 65 85 55
ウルトラマンティガ 80 135 130 95 90 70
ゴモたん 35 55 30 50 40 90
↑ミスターファイヤーヘッド自重www
バードン「ゾフィーさんかっけー」
↑↑ヒカリ!?ガタッ

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) でんき/くさ/むし/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/こおり/かくとう/エスパー/はがね
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

ヒトデマン関係はヒトデマンのページでお願いします。

雑談

ハナダジムジムリーダーカスミの切り札。
初代とFRLGではゲーム序盤の未進化のポケが多い状態で
能力の高いスターミーを相手にしなければならず、プレイヤー達の行く手を阻む大きな壁として登場。
パートナーに相性の良いフシギダネ、リメイクでは悪技を覚えるゼニガメは兎も角
ヒトカゲを最初に選んだ場合、タケシ以上の苦戦を強いられる。
技構成は威力の高い「バブル光線」、リメイク版では同じく威力が高い上混乱付きの「水の波動」等攻撃力も高く、
自己再生&傷薬という極悪回復のおかげでせっかくギリギリまで削ったのが、水の泡に。
ピカチュウや草ポケで頑張った人も多いはず。

カスミは第六世代までは水使い(カスミ、ミクリアダンマキシコーンシズイズミ)の中で唯一の女性だったが、
サン・ムーンにてスイレンの登場により唯一ではなくなった。
↑剣盾でルリナも登場したな。

剣盾でメテオビーム習得
こいつを宇宙生物と疑った地元は正しかった?

Pokemon Go 初期にはなんと電光石火を覚えたスターミーが存在した。ギャラドスの龍の息吹とは違い過去作で覚えられたことはない。
↑ちなみにズバットも電光石火覚えてたり。
↑ズバットはGBA時代からタマゴ技で使えてたから何らおかしくないぞ

BWでのコイツのグルグルモーションがかわいい。ブイゼルの尻尾がグルグルするのもかわいいけど。
↑激しく同意。ほんとかわいい。上下にぷにょぷにょ伸縮しながらスクリューが回ってるのがものすごくかわいい。
ところでひざも曲げずにどうやって伸縮してるんだろう?さすがなぞのポケモン。
↑硬そうなコイツ見てると忘れがちだけどヒトデってもともと結構プニプニしててグニグニ動いてる生き物だからな。
水族館とかのふれあいコーナーとかに行けばわかるが思った以上に動くし柔らかい。
きっとスターミーも見た目以上にぷにょぷにょで伸縮性に富んでるんだろう。

分類はなぞのポケモン。…コイツより謎なポケモンはたくさんいる。
↑謎な部分が多いんじゃなく、身体の構造とかが謎だから分類できないってコトじゃないか?まあ謎な部分も多いだろうけど。
↑それにしても適当すぎやしないかw子供心にこれはねーやっておもった覚えがある。
↑うちのじもとでは宇宙生物ではないかと疑われてたわ
↑あえてなぞ「の」ポケモンなんだな、なぞポケモンでいいのに。というか~のポケモンって分類の奴どれくらいいる?
↑分類が連体詞のポケモンはスターミーだけなはず。
↑全スターミーの名前の由来がミステリーのアナグラムだからじゃないのか?
↑どこ情報?スターミーは英語で「starmie」だけど、「mystery」とどうしてもつながらんのだが。
無理やりそれっぽくして「stermyy」的な?
なぞのポケモン、スターミー≒なぞの美少年、★君

まさかのこっちの世界に適応したウルトラビースト説。

覚える技上、子供によくある御三家統一パほとんどの天敵。
↑ホント、こいつに勝てる御三家はジュカインとカメックスくらいなもんだ、今やラグラージをも草結びで持ってけるからな
↑ちなみにサトシのDP版パーティーはピカチュウを除くと全部弱点突ける。
↑↑↑6世代相手も相変わらず有利。やっぱりほとんどの奴を上から叩けるのがでかい。
ただ、素でもサイキネショック無効、それ以外も10万結び以外は半減に抑え、
攻撃する前にタイプをコロコロ変えてきて一致影討ちまで飛んでくる御三家内で唯一の天敵みたいなゲッコウガも登場したが。
↑↑↑↑7世代ではジュナイパーガオガエンを一撃で倒せなかったときかげぬいやDDラリアットで手痛い一撃を受け、
アシレーヌは特防が高くて倒しきれないと一転して不利気味に。

ちなみにアニメ初期において、カスミの手持ちとして登場するが
第9話、第10話と連続でかませ犬な扱いを受けたり、ハナダジムに預けられた出番終了と扱いがずいぶん悪い。
ちなみに第9話では「レベルの差」という理由だけでゴローン相手に水鉄砲をありえないような耐え方をされる。
ちなみにサントアンヌ号の回でも別個体のスターミーが登場したがこちらもかませ犬な扱いだった。
↑なんという薄幸の星…。ゴローンに負けるとかカスミはどんな育て方してんだよw。
↑ちなみにその直前にカスミのスターミーはウツドンをエスパー技も氷技も使わずに倒している。
いくらレベルの差とはいえ水半減のウツドンを倒した後に水4倍のゴローンに負けるのは極端だと思う。
↑真面目に計算すると、スターミーが無補正特攻V努力値252で技は水鉄砲でゴローンがHP振りでLv50だと仮定すると、
スターミーがLv40以上の時に乱数1。それ以下の時は確2。
スターミーが上と同条件でLv39の時、HP振りウツドンに水鉄砲すると、ウツドンがLv14から乱数1。いらないと思ったら自由に消してくれ
↑ちょっと待てw Lv14のウツドンなんて存在しないんじゃないか?マダツボミはLv21で進化だぞw
↑あの世界にはきっと野生のLv14ウツドンがいるんだよ
↑↑↑所でカスミのスターミーは何時から努力値252振ったんだ?
ゴローンの方はトレーナーが育て方云々言ってたから問題ないが(まさか特殊には振ってないだろうし)ウツドンの方もその点では謎。
↑きっとスターミーの分類はこの「謎」を見越して…
↑↑初代の仕様と同じだと考えれば、ゴローンの特殊の努力レベルが63(RS以降の努力値252相当)でもまったく不思議ではない
↑5 いや、とある世界には全員Lv1からスタートな場所があるからLv14が居ても不思議ではない。
↑×6 ポケウォーカーでLV 13のウツドンが出現しましたとさ。
↑全 第4世代の話題だってのはわかってるが、第5世代から頑丈がオート襷になったせいで特に違和感のない光景にはなったな

XYの四天王ズミの手持ちでありバトルシャトーでも使ってくる。
だが技がレベル技のみになるシャトー強化版では石進化であるせいで所持技がとても悲しいことになっている。

左右非対称なポケモンはドット絵が反転されないという特徴がある
例えばBWの図鑑は通常のドット絵が反転されたものが映し出されるのだが、外見が非対称的なポケモンは通常通り左向きで映し出される
こいつの進化前のヒトデマンもその非対称なポケモンの1匹
ドット絵ではどこが非対称なのか分かりづらいが公式絵で確認してみると…?

マグナゲートでは何故か施設限定ではっこう仲間のチョンチーと共に登場したなぞのポケモン。
あの世界ではビクティニ並に珍しいポケモンかもしれない…

こいつのメガシンカが出たらストーリー中に懐中電灯型のキーストーンを使うやつが出してくるぐらいの悪ノリがあってもいい


薄幸型

技:スキルスワップ/その他はターゲットによる
特性:はっこう
性格:ターゲットによる
努力値:ターゲットによる
持ち物:ターゲットによる

スキルスワップで非戦闘用特性「はっこう」を押し付け、相手を薄幸にする型。
うまい具合に相手が自分のポケモンが無意味にてかてか光る姿を想像してくれればこっちのものだ。

  • 使用例集
(使用例1)非力なマリルリはまさに薄幸だ。でもマリルリがてかてか光ったらちょっと可愛いかも。
(使用例2)ケンタロスにスキスワ。なぜか体毛が光りだし赤いつぶらな瞳に威嚇までされ、とても薄幸だ。
(使用例3)突然に頭が発光し出したランターン。おまけに蓄電機能付きの水晶体に回復のサービスまでしてしまいとても薄幸だ。
(使用例4)根性型のヘラクロスやカイリキー、ハリテヤマ相手のときにスキスワ。こっちが根性。
      相手は攻撃力ダウン。そして光り始める。意味もなく光るところがとても薄幸。
(使用例5)電気を呼び寄せるようになったスターミー、電気を浴びて特攻上昇するなぞの水晶体の前に唖然とする輝く電気ポケは誠に薄幸だ。
(使用例6)ポイズンヒールのグライオンにスキスワ、相手は猛毒で一方的にダメージを負う。自ら傷つくところが薄幸だ
(使用例7)ダブルでダークライにスカーフスキルスワップwithクロバット、
      相手のナイトメアを奪い、さらにクロバットの催眠術で眠らせる。相手は悪夢に魘されつつ発光、薄幸。
(使用例8)あきらかに「闇」と名がつけられてるヤミラミ。しかしその闇を打ち破るように光りだし薄幸だ。
(使用例9)雨状態ですいすいキングドラにスキスワ。キングドラは素早さを失い輝きだす。
      こっちは素早さ2倍+水技1.5倍の恩恵を受けられる。エースがたかが一発の変化技で一気に弱体化するのが薄幸だ。
(使用例10)はっこうポケモン(ツボツボ)が発光しだして薄幸だ。
(使用例11)砂パか霰パのランクルスにスキルスワップ。
      相手は「天気くらう」「毒くらう」「火傷くらう」そしててかてか輝きつつ自滅して薄幸だ。
(使用例12)エレキブルにスキスワ。電気を動力に素早く動けるエンジンを備えた謎の水晶体。
      そして電気を移動ではなく発光に使う薄幸なエレキブル。
(実用例13)おおっ、スターミーが浮いている!!
      私の相方が宇宙人だという噂があることは知っていたが、まさか本当だったのか…?
      ところで、相手のゲンガーがてかてか光りながら涙目でこっちを見ているような気が…。
      けどうっとうしいし地震でも使っちゃえ!!(by先生)
(実用例14)ノクタス「クッ、貴様何をした?なぜ俺の体が光る?なぜ砂嵐が俺を襲う?て、どこだ、どこだスターミー!?」
      スターミー「これで貴様は襷という命綱を失った…。眠るがいい、己の故郷と同一の気候が再現されたこの闘技場で!」
(実用例15)スカタンク「ぐはあっ!ば、ばかな…なぜ俺のHPがゼロに?」
      スターミー「自分のHPが残り少ないことに焦ったね。
      辻斬りをする前に、なぜ自分の体がてかてか光るのかについて考える余裕を持っていたら、君は私に勝てたんだよ。」
(実用例16)サメハダー「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
      スターミーにかみくだくを使ったらおれがさめはだで傷ついた』
      な…何を言ってるのかわからねー と思うがおれも何をされたのかわからなかった…
      ハピでとまりますとかずっと俺のターン!とかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ、
      もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」
(実用例17)たったの1ターンでヨガをマスターし、パワーが2倍になるスターミー。そして力が半分になって光り出すインド人が右に!
(実用例18)相手に能力を下げられない無敵の装甲を持つメタグロス先生…と出会うなぞのポケモン。
      するとメタグロス先生が急に光りだし見る見る弱体化していく!!メタグロス先生の自慢のボディはいつまでも光っていた…
(実用例19)先制で補助技を繰り出すエルフーンと遭遇。するとそのもふもふが輝きだし、悪戯も自重。
      特性を失い、耐久も並で素早さも強化してないもふもふはただのもふもふだ…
(使用例20)ギガイアスにスキスワ。スターミー、ハチマキエッジくらってもなんともないぜ!!
      そして体内に生える鉱石がてかてか輝きだしたギガイアスはドロポンでまさかの1発KOという薄幸っぷり。
(使用例21)草食メブキジカにスキスワ。突然角が光りだし、さらに自慢のツノまで喰われてしまい薄幸だ。
(使用例22)呼び水ぽわぐちょにスキスワ。水を蓄えたコアが特攻一段階上昇で美しく輝いている。
      ぽわぐちょはねちょんちょてかてかと輝きだし、薄幸。
(使用例23)メガシンカして親子愛で破壊の限りを尽くすガルーラにスキスワ。
      するとなんということか、親子の愛は消え去ってなぜか光りだす薄幸な親子に。
      一方、性別不明なくせに親子愛に目覚めだしたスターミーは、攻撃を2回撃ちだした…。
(使用例24)これは夢か…?実際器用なスターミーがすべての技を一致でぶっ放せるマッポーめいた様相に。
      一方ユニーク・ジツを失いニンジャのくせに光を放ち始めた薄幸なカエル=サン
      スターミー=サンの一致10万ボルトでしめやかに爆発四散。ワザマエ!
(使用例25)怖いかオニシズクモ。お前は不要特性と入れ替えられた。もはやお前を守る水泡は何も無い。
      終わりだ。お前は此処でネタとして誰にも触れられる事無くたった一人で光りながら死んでいく。怖ろしいかと訊いている。
(使用例26)タイプを変えることで攻めも守りも自由自在に行えるまさにリベロなエースバーンにスキスワ。
      すると今まで壁貼りディフェンス中心だった彼(女?)も広い範囲で攻めあがる攻守ともに見事なスーパースターに。
      一方元リベロはただ光る以外のプレーには期待できず、その姿はまさに過去の栄光にすがる引退間近の選手、
      泣く泣くベンチへ下がるのであった。
(使用例27)あの名前を見た時からこれがやりたかった。象さんとスキスワし、誕生、発光ダイオウドウ!
      名前落ちでは終わらない。相手の力づくプレーが途端に繊細になり、命の珠の反動に苦しみ出す。ダイオードは儚く消える…。

・NG例集
(NG例1)怠け心を振り切って輝きだしたケッキング。逆にこっちが怠けだし薄幸に。
(NG例2)ギガス様が光った!こっちは調子が上がらない!ギガス始まったな!
(NG例3)マリルリ「スターミーさん太ったんじゃないですか?」
      スターミー「ちょっとね…。逆に君は痩せたんじゃないか?」
      マリルリ「実は今ダイエット中なんですよ。スリムになってきらめく青春を謳歌するんです」
      スターミー「寿命が縮んだと思うのは私の気のせいかな…」
(NG例4)ヌケニンにスキルスワップするスターミー、残念ながらふしぎなまもりはスワップできない、
      こっちは耐久に振らないとかげうち2発? 発光させる前に倒されてしまい薄幸だ。
(NG例4.5)アルセウス「神の前にひれ伏せ!!ゴットハンドクラッシャー!!」
(NG例5)発光ランターンにスキスワ、特性を変えられずに発光、そして電気を浴び薄幸。
(NG例6)鉄のこぶしエビワラーにスキスワ、相手は発光しだす、
      が、こっちは鉄のこぶしを上手く使えない。特性が上手く使えないところが薄幸だ。
(NG例7)あきらかに「闇」と名がつけられてるヤミラミ。闇を打ち破り輝きだしたヤミラミだが、
      こちらが得た特性は後出し!!自慢の素早さが全く生かせず薄幸だ。
(NG例8)某UFOにスキスワ。相手は離れなくなり輝きながら電気を放ってくる。スキスワを放ったターンにやられてしまい薄幸だ。
(NG例9)ベトベトンにスキスワ。ヘドロに光物でも混じっていたのか光りだす。
      そしてねちょねちょしたり悪臭のするスターミー。まことに薄幸だ。
(NG例10)スキスワを覚えるポケモンにスキスワ。こっちがもう一回光りだして薄幸だ。
(NG例11)クロツグのマネをしてるそこの君!私がなみのり、10まんボルト、れいとうビームで葬ってあげよう。
      あれれー?(←コ○ン風)全部の技ノーマルタイプになってるし、猫さん光ってるー。
(NG例12)スターミー「辻斬りで俺を倒した瞬間、貴様から頂いた特性、誘爆の効果でおまえのHPはゼロだ!ヒョーヒョヒョヒョ!」
      スカタンク「何勘違いしている!お前が手に入れた特性は悪臭だ!」
(NG例13)スターミー「アワワワワ…ソ、ソコノカガヤイテルキミ!あくろばっとトカモロハトカイタイカラヤメテヤメテ><」
      始祖鳥「いまなら何やってもいけそうな気がするわ!覚悟しなさい!」
(NG例14)スターミーは正義に目覚めた!→エルフーンのふくろだたき!
      たしかに攻撃力は上昇するが、元々特殊型で抜群喰らうため、スターミーは虫の息、薄幸。
(NG例15)スターミーは特性浮遊を手に入れた。
      しかし、相手は一層輝きながらあざ笑うかのごとく浮いたままで10万ボルトを容赦なく連発、薄幸。
(NG例16)ミミロップにスキスワ。
      スターミー「相手が輝くのはいいけどあれ?命の玉が使えないな。まあいいや!ハイドロポンプ!」
      しかし輝くミミロップに鏡鎧を浴びせられスターミーはとても薄幸だ
(NG例17)ドータクンにスキスワしたら急に体重が増えてしまった。そして足に草を絡まされ転倒しダウンする様子はまさに薄幸。
(NG例18)ギルガルドにスキルスワップ、しかしバトルスイッチは移動できず失敗。
      そしてブレードフォルムからシャドーボールをぶつけられ薄幸。
(NG例19)「メガゲンガーから影踏みを奪ったぞ!見ろよあの輝くオバケ!これで滅びの歌も怖くないぜ!
      …あれ?なんで逃げられるの…?」
(NG例20)強い日差しを出せなくなり自分が太陽のように輝きだすゲンシグラードン。
      しかし自分が照らし出す強い日差しで水技を出せない様は薄幸。
(NG例21)先発が倒されたそうだから場に出てみたら、何だか甲冑を着込んだ強そうな武者がいた。
      とりあえず様子見のためにスキスワしてみたんだが、間髪入れずシザークロスを振り上げてきたんだ。
      既にこれだけでも嫌な予感しかしない!仮に生き延びることが出来たとしても手持ちに回避させてもらう!
(NG例22)人気ポケモンに似た布を被って表に出れば、自分も仲良くなれると思っただと!?甘えたことをぬかすんじゃない!
      人気を手に入れるためにはもっと自分を輝かせるよう努力しないといけないんだよ!
      …あれ?化けの皮をはがすことができないぞ。
(NG例23)急にロックに目覚めたスターミー。しかし覚える音技がいびきりんしょうではとてもロックとはいえず薄幸だ。
     一方ストリンダーはライトなぞ使わずとも光り輝き、ステージは大盛り上がりとなるのであった。
(NG例24)対面のゴリラが生い茂った草の上でスライダーに乗りながら突っ込んでくる!
     これだけでタスキを持たないスターミー達は行動する前に朽ち果てていった……。
     一方、タスキによって生き残ったスターミー達は最後の嫌がらせと言わんばかりのスキルスワップ!
     だが足元にはすでに草が生い茂っており、何の効果も得られませんでしたァァァ!!
     これにはゴリラも発光ゴリアピール待ったなし。
     正直、スキスワ失敗で上手く決まらないよりも残酷な現実を突きつけられている薄幸の時代が到来している……。

カスミ型

性格:おくびょう(カントーリーダーズ)/ひかえめ(ワールドリーダーズ)
持ち物:おうじゃのしるし(ポケスタ金銀)/ヤタピのみ(カントーリーダーズ)/こだわりスカーフ(ワールドリーダーズ)
努力値:特攻252素早さ252(カントー、ワールド共に同じ)
赤緑青黄色:たいあたり/かたくなる/みずでっぽう/バブルこうせん
ポケスタ2 :じこさいせい/でんじは/サイコキネシス/ハイドロポンプ
金銀水晶 :じこさいせい/あやしいひかり/なみのり/れいとうビーム
↑ポケスタ:あまごい/かみなりサイコキネシス/なみのり
FRLG :スピードスター/じこさいせい/こうそくスピン/みずのはどう
HGSS :あやしいひかり/じこさいせい/れいとうビーム/みずのはどう
強化後  :10まんボルト/サイコキネシス/れいとうビーム/なみのり
↑BW2のPWT
カントーリーダーズ:ハイドロポンプ/サイコキネシス/れいとうビーム/10まんボルト
ワールドリーダーズ:く さ む す び/サイコキネシス/れいとうビーム/10まんボルト

HGSSの強化後なんて普通のフルアタじゃないか……。
↑俺のスターミーとモロ被りでした。
この構成でこだわり眼鏡持たせてバトルステージで最高連勝記録を出した。素早い悪や電気に弱いがな…。

BW2の型を追加、カントーリーダーズの技構成と全く同じの人も少なくはないだろう
問題はワールドリーダーズ、カスミは何故に主力技を消してくさむすびを選んだのだろうか…
まぁ、呼び水トリトドンや貯水ガマゲロゲには刺さるけど

物理型

性格:ようき
持ち物:こだわりハチマキ/命の珠
努力値:攻撃素早さ252
技構成1:たきのぼり/ギガインパクト/おんがえし/ゆきなだれ
技構成2:ほごしょく/からげんき/トリック(毒々玉)/ミラータイプ/ものまね

攻撃75なのでいけないこともなさそう…意表はほぼ確実につける。つけるだけだが。
物理技のレパートリーの少なさに泣いた。
↑思念もカッターもないのは辛いな。ギガインパクトよりはスキスワでも入れといた方が強くなるかな。
↑マリルリのちからもちやチャーレムのヨガパワー頂けたら面白くなりそうだね
↑×3 いばあんじどうよ?
↑意表をつくという最大で唯一のコンセプトが台無しじゃねーかw やってる間に落ちるという些細な問題はどうでもいいが。

秘密の力ってどうよ。3割で麻痺も狙えるし。ほかにもからげんきとか。
↑地味に高速スピナーでもあるぜー。命の珠+攻撃252の保護色+捨て身タックルで図太い防御252ハピナス確2だぜ
↑同時に反動で自分も死ぬぜw
↑なみのり のろい すてみタックル じこさいせい@たべのこし で金銀時代に使っていた変態が通るぜ。
ハピ強引に崩せて意外と使い勝手は良好だったなw

雨降ってれば、プレートもった「たきのぼり」でカビ確定2発、ハピ乱数2発だ。
たとえ潰せなくても、HP半分近く減っていれば味方のキングドラに相手は交替で出てこれない。物理スターミー、ネタじゃなかったりして。
↑なんで物理が低い奴らが対象なんだw という突っ込みはナシか
↑本来なら止まるような特防の高い相手に対して有効打を打てるってことだろ、多分ね

BWの対戦環境では、保護色でノーマルになれないので注意! 物理地面技は覚えないので保護色は不要だろう

保護色型

性格:おくびょうorひかえめ
努力値:特攻252・HPor素早さ252
確定技:ほごしょく
選択技:ハイドロポンプorなみのり/スピードスターorはかいこうせん/パワージェム/くさむすび/めざめるパワー (地面)

タイプ一致を狙う。
地形一覧 (バトレボ)
コロシアム タイプ
DS通信対戦・カジノ・コーラル・キャッスル・ストリート ノーマル
ゲート みず
ウォーター・サニーパーク くさ
サンセット じめん
クリスタル・スタービュー・マグマ いわ

ちなみに対戦では無いがストーリー上でこおりになる所もある。
↑誰もが一度は考える……ノーマルになって華麗にシャドボを避ける姿を……

保護色型(BW版)

性格:おくびょう
努力値:特攻252・素早さ252
持ち物:命の珠など
確定技:ほごしょく/目覚めるパワー地面/冷凍ビーム
選択技:ハイドロポンプ/10万ボルト/小さくなるなど

BWでは保護色で地面タイプになれる。電気ポケの放つ10万を華麗にかわし、めざパ地面で落とすのだ。
一応、一致めざ地面は不一致地震以上の威力だぞ!

ライボルトくらいなら素で確1。ライチュウを落とすなら珠が欲しい。サンダーやボルトロスにも優位に戦えそうである。
ランターンはジュエルですら落ちてくれない…残念!
スカーフ持ちやサンダースや水ロトムには、何もできず落とされるのは相変わらずです。

電気以外で狩れそうなやつ探したけど見当たらなかった。水効かなくて地面弱点で電気技持ってるやつ。
↑乾燥肌雷パンチ持ちドクロッグがいるぜ!え?エスパー撃った方が早いですか…そうですか

ハピで止まりません型

特性:しぜんかいふく
性格:やんちゃ or むじゃき
努力値:攻撃252 素早さ252or調整 残りHPor特攻
持ち物:どくどくだま
確定技:ほごしょく/からげんき/ハイドロポンプorなみのり/はかいこうせんorたきのぼり

物理型と保護色型の融合。相手によって保護色→猛毒空元気で突っ込むか、特殊水技撃ち逃げを使い分ける
性格補正有りの保護色空元気は、防御振りハピナスを高乱数2発
↑いば暗示滝登りでもいいかもね。いば暗示なら防御特化ハピ確2。
↑↑毒毒トリックは駄目なのか?
↑大体自然回復持ちだからラス1でもない限り無駄に終わるよ

「複数催眠禁止ルール」違反誘発型(戦術?)

特性:はっこう

①相手の○○の催眠技⇒スターミーは眠った。
②スターミーを入れ替える(相手は自然回復で回復したと思う)。
③相手の○○の催眠技⇒入れ替えたポケモンは眠った。
④眠っている入れ替えたポケモンをスターミーに入れ替える。
⑤スターミーは特性がはっこうなので寝たまま。
⑥この状態は相手側の複数催眠。相手の反則負け。勝利!!

どっちが反則だww 相手を陥れるなんて人として反則じゃないかw
↑サッカーにオフサイドと言う反則があるけど、相手にそれを誘発させる戦術もあるらしい。
そういった意味ではこの型もあり?(最もオフサイドでは反則負けにはならないらしいが)
↑↑将棋には打ち歩詰めという反則があって、それを利用して詰みを逃れるテクニックがあります

薄幸スターミーおめでとう。プラチナの仕様変更で催眠厨が減ったのが残念か…。
↑全員 DSバトルでもバトレボでも控えが状態異常になっているとすぐに分かるということは黙っていてやろう

※第5世代では公式でも複数催眠はルール違反でなくなり、ランダムでも問答無用で3匹眠らせてくるので注意。

Emバトルフロンティア型

その1
性格:ひかえめ
努力値:HC255
持ち物:かいがらのすず
技:サイコキネシス/あやしいひかり/でんじは/じこさいせい

状態異常でこちらのペースを乱しつつ攻撃し、ダメージは自己再生で回復してくる。素早さは高くなく悪で止まる。

その2
性格:ひかえめ
努力値:HBD170
持ち物:かいがらのすず
技:ハイドロポンプ/かみなり/あまごい/じこさいせい

雨パ型。耐久振りで火力は控えめ。

その3
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ラムのみ
技:なみのり/サイコキネシス/10まんボルト/れいとうビーム

最強のフルアタ型。高い素早さからあらゆる相手の弱点を突いてくる。

その4
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ラムのみ
技:サイコキネシス/10まんボルト/れいとうビーム/じこさいせい

その3のなみのりをじこさいせいに変えた型。実際に回復する機会は少なく見劣りする。

その5
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ラムのみ
技:なみのり/サイコキネシス/じこさいせい/ひかりのかべ

一致技で攻撃しつつ壁と自己再生で特殊受けもしてくる。

その6
性格:おだやか
努力値:HBD170
持ち物:たべのこし
技:なみのり/あやしいひかり/でんじは/じこさいせい

その1のサイコキネシスをなみのりに変えた構成。

その7
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ひかりのこな
技:サイコキネシス/れいとうビーム/コスモパワー/じこさいせい

水技を切っているがもたもたしていると耐久を上げてくるので早めに倒したい。

その8
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ひかりのこな
技:なみのり/10まんボルト/コスモパワー/じこさいせい

今度はエスパー技がなくあとはその7と同じ。

DPバトルタワー型

その1
性格:れいせい
努力値:HBD170
持ち物:こうかくレンズ
技:ハイドロポンプ/かみなり/ふぶき/ひかりのかべ

耐久アタッカー。C無振りで性格補正のみだが技威力が高いので火力はある。素早さを下げる必要は感じられない。

その2
性格:ひかえめ
努力値:HC252
持ち物:しめったいわ
技:あまごい/ハイドロポンプ/かみなり/じこさいせい

雨パ型。威力1.5倍のハイドロポンプと必中雷の二本柱で攻める。

その3
性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:たつじんのおび
技:サイコキネシス/10まんボルト/れいとうビーム/なみのり

もはや代名詞とも言えるフルアタ構成。高い素早さから様々な相手の弱点を突く。

その4
性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:ラムのみ
技:ハイドロポンプ/サイコキネシス/10まんボルト/パワージェム

↑より最大火力が高い一方範囲はやや狭まった。

PtHGSSバトルフロンティア型

その1
性格:おくびょう
努力値:CS255
持ち物:ラムのみ
技:なみのり/サイコキネシス/あやしいひかり/でんじは

普通の特殊アタッカー。敵としても強いしファクトリーで味方としても頼もしいのでお勧め。

その2
性格:おくびょう
努力値:CS255
持ち物:こうかくレンズ
技:ハイドロポンプ/ふぶき/かみなり/じこさいせい

威力重視型。サイキネ抜きだが性能は十分で、レンズにより高火力一致技はほぼ必中。雨パだったら恐ろしい…。

その3
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:ものしりメガネ
技:なみのり/サイコキネシス/パワージェム/シグナルビーム

バトルサブウェイに登場した型。

その4
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:たつじんのおび
技:なみのり/サイコキネシス/10まんボルト/れいとうビーム

バトルサブウェイに登場した型。

鬼畜サブウェイ型

その1
性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:おうじゃのしるし
技:なみのり/れいとうビーム/10まんボルト/サイコキネシス

実際にサブウェイに居る、スタッフの鬼畜さが分かる型。サブウェイで安定するポケモン全てに強いという恐ろしさ
波乗りでひるんで冷凍ビームでひるむか凍って十万が急所に当たるといった体験をした人間は結構いると思う
↑道具が襷だったらいつもサブウェイで使ってるスターミーと同じだ…実際この型、大体の相手を屠れるし本気で強い。

その2
性格:おくびょう
努力値:HS255
持ち物:オボンのみ
技:サイコキネシス/コスモパワー/ミラータイプ/じこさいせい

最速耐久型。最速なので先手ミラータイプで変化しコスパで積み上げ
長期戦には欠かせない回復技があるため長居させると面倒になる。ただし火力はお察しください。
↑なおなぜかミラータイプ連打しかせず終わるパターンもある模様。

ダブルやマルチだとさらに面倒。どちらかのタイプに変化し混乱させる。

その3
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:しんぴのしずく
技:ハイドロポンプ/サイコキネシス/こうそくスピン/まもる

特攻特化+道具補正によりハイドロの火力は高くスピンは宿り木やステロ対策だが…性能はアリかも!?
素早さは若干下がり氷技抜きなのでので火力高い陽気最速ドラゴンがいれば勝機は見える。

その4
性格:おくびょう
努力値:CS255
持ち物:きあいのタスキ
技:サイコキネシス/なみのり/パワージェム/シグナルビーム

フルアタ型。襷持ちのためなかなかの強さを誇り一回反撃を受けることに。コアから放つシグビで悪を撃破する。
しかもパワージェム持ちなので、タスキでは無くぼうじんゴーグルを持っているヌケニンだと倒されてしまう。

バトルツリー型

その1
サブウェイその2と同じ。

その2
性格:ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:ミズZ
技:まもる/サイコキネシス/ハイドロポンプ/こうそくスピン

サブウェイその3の持ち物がミズZに変わり強力な一撃を繰り出せるようになった。しかし高速スピンが残っているのはいかがなものか…

その3
性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ
技:なみのり/サイコキネシス/パワージェム/マジカルシャイン

サブウェイその4のシグナルビームがマジカルシャインに変更。悪への打点の威力が上がり範囲も広がった。
またパワージェムの威力も80に上がったので結構強化されている。

その4
サブウェイその1と同じ。

夜空のお星さま型

性格:しらん
特性:発光
努力値:しらん
技:フラッシュ/ミラータイプ(飛行)/じゅうりょく

見た目も特性も技もどう見てもお星さま。重力も水もある。うん、完璧なお星さまだ。

まさかの催眠型

性格:控え目or臆病
特性:何でも
努力値:CSぶっぱ
持ち物:こうかくレンズorきあいのタスキorラムのみ
技:ものまね(さいみんじゅつ)/あくむ/ゆめくい

無理矢理作った催眠型。悪夢はXD固定。
催眠読みで出し、それを利用する。スターミーの素早さから放たれる催眠は恐怖の一言に尽きる。
加えて特攻も低くない。交換読みの催眠で後続も全員眠らせてしまえばこっちのもの。
もしも体力が少なくなってもエスパー最高威力の回復技で回復できる。まさに攻防一体の理想の型。
ゲンガーなんて知りません。サーナイトなんて知りません。ダークライなんて知りません。

現実:催眠が二ターン続けて外れて乙。連続技で乙。挑発で乙。

種族値疑似シャッフル型

性格:ひかえめ
努力値:特攻252、素早さ252
持ち物:実戦で使えそうなものをご自由に
技:実戦で使えそうなものをご自由に

本家では基本的におくびょう固定なスターミー。しかしこの性格と振り方だと
特攻と素早さの実数値が共に167となり、疑似的に特攻115、素早さ100という種族値のおくびょう最速アタッカーとなる
そうすれば特殊アタッカーとしては唯一の種族値配分となり、物理アタッカーにまで目を向ければ
なんとあの唯一神しか持っていない種族値配分である(攻撃115、素早さ100、ようき最速極振りで共に167)

初代型

特性:はっこう(特性はまだなかった)
性格:がんばりや等
努力値:全て80
持ち物:なしorするどいツメかピントレンズ(当時の急所率再現)
確定技:サイコキネシス ふぶき
選択攻撃技:10まんボルト/ハイドロポンプorなみのり(当時の水技の使用率は低め)
選択補助技:じこさいせい/どくどく/かげぶんしん

初代では非常に見られた型。あの頃のスターミーは強かった…

万能型

特性:はっこうorしぜんかいふく
性格:がんばりやorまじめorすなおorきまぐれorてれや
努力値:h20a212b132c12d132s2
持ち物:ご自由に
技:ご自由に

Hの個体値が0、Sが4〜5、他Vなら全てのステータスが122になる。すごいぞーかっこいいぞー
大会の景品などにどうぞ。

【ダブル】:スポットライト+投げつける→弱点保険アタッカー型

性格:おくびょう
特性:しぜんかいふくorアナライズ
努力値:素早さ252 特攻252 をベースに耐久調整
持ち物:じゃくてんほけん
確定技:スポットライト
攻撃技:ハイドロポンプorなみのり/れいとうビーム/サイコキネシスorサイコショック/10まんボルト/くさむすび

本家ノートページにあった「壁張り弱点保険アタッカー型」のコピペで紹介する前に前置き。
壁張りの代わりに第七世代で新たに習得した「スポットライト」を使う型。

当然これだけでは弱点保険を発動する条件には達していない、では一体何をするのかというと
味方の「投げつける(悪タイプの技)」で悪タイプが弱点のスターミーに無理やり弱点保険を発動させるという方法である。

勿論、投げつけるで弱点保険を発動させるだけなら前世代で悪弱点のポケモンなら誰でも出来たがよく考えてほしい、
そんなことをすれば間違いなく攻撃は弱点保険持ちに集中砲火、出オチは確定してしまうのだ。
ところが、スターミーを始め一部のポケモンに与えられたこのスポットライト、
自分へ向かうはずの攻撃を相方へと移すことが出来るのである。
ちなみにスポットライト修得者の中で唯一の悪タイプ弱点でもあるため、なおさらスターミーをチョイス(素早さも一番速い)。

ここからコピペ文の改変が始まるが方法は次の通りである↓

先手でスポットライトを相方に当てて相方には技を耐えてもらい、
相方に木の実(リュガ、ズア、カムラなど)か何かを投げつけてもらって弱点保険を発動、
次のターンから落としに行くというバリバリのアタッカー型。
火力が足りないなら弱保で強引に引き上げてしまえばいい!という無茶な考えから生まれた産物。
弱保と相性は悪いが状態異常(特に麻痺)を解除して最期に一仕事させられる自然回復か、相手の交代際に高火力が出せるアナライズかはお好みで。

素のスターミーの耐久は心もとないが、その素早さから相手を倒し、その隙に今度は相方に壁を張ってしまえば弱点も結構耐えることが出来る。
具体的には耐久無振りで、臆病Cぶっぱ珠化身ボルトの10万クラスまで確2。
物理でも飛んできやすい不一致はたき程度は余裕で耐えてくれるので、後は弱保で上がったCを生かして反撃だ!

なお、それでも微妙に火力が足りないと感じる模様・・・。

↑ここまでコピペ

ちなみにこの型についてはスターミーもそうだが、投げつける相方も大分重要になってくる。
今現在書いている者が選抜した相方の例としてはこの辺り↓

  • ヤレユータン→スターミーのS115とスポットライト(優先度+3)を越えて猫騙しを打てるのはマニューラのみだが、
精神力持ちのためその猫騙しにも強い。つまりマニューラより遅いポケモンの猫騙しならば吸い取り可能。
さらにノーマルタイプなのでギルガルドのシャドーボールなどもノーダメージで受け止めてくれる優秀耐性。
元よりヤレユータンはダブル向けのため投げつける候補に入る。壁張りも可能。

  • マニューラ→上記ヤレユータンでも書いた通りS125を持つうえ、最速の投げつけるが可能。
猫だましの持たないパーティーが相手ならば追い抜かれることなく投げが可能
(最も速いのはS150のメガフーディンだが、持ち物がメガストーンのため投げつけ不可)。
悪タイプなので相手の悪戯心による行動不能を気にすることもない。
ただしA120の悪タイプ一致なので他よりちょっとだけ、本当にちょっとだけ投げつけるのダメージが大きいので
HPを気にする人は注意。意外とリフレクター可能(光の壁は覚えない)。

  • エルフーン→S116とこちらも中々の速さで投げつけが可能。
「エルフーンといえば変化技+悪戯心」を警戒させて挑発を誘いつつ、挑発の効かない投げつけを簡単に行うことが出来る。
S117以上の単純な高威力攻撃で投げる前に倒されたり、
木の実持ちの場合はHP4分の1を切ってしまって使ってしまわないよう注意したい。
マニューラとは逆にリフレクターは覚えられず、光の壁だけ可能。

  • アマージョ→猫だまし・不意打ち・影打ち・氷の礫などの先制攻撃全般を防ぐ女王の威厳持ち。
ビビッドボディのハギギシリもいるうえにこちらも意外と投げつけるを覚えられるのだが、
スターミーとタイプが全く同じなので喰らう攻撃が被ってしまうために彼女を選出。
H72・BD90は意外と固く、調整次第でエンニュートの火炎放射orヘドロ爆弾までならHP4分の1以上残して耐えることが出来る。
ただしS73以上の単純な力押しをしてくるポケモン(マンムーのつららおとし等)はどうしても耐え切れないので注意。両壁可能。

  • エンニュート→書ききってからふと見返すと、全員グソクムシャのであいがしら(というか虫技)が弱点ということに気づく。
というわけで新候補がこのS117・虫4分の1のエンニュート。単純な素早さならエルフーンも追い越せるのが強み。
今度はアクアジェットが弱点になっているが、であいがしらと比べればマシ…なはず。
何よりスターミーを見ればまずであいがしらの方が飛んでくるはずなので、そこは読みで。

  • キテルグマ→S60と遅い代わりに虫・悪を半減、霊無効。つまり上記の先制技の面々に対して滅法強いという特徴を持つ。
不器用の特性ではそもそも投げつけ不可なのでもふもふ固定なのもあり、
特殊技が飛んでこなければまず4分の1以上のHPを残すことも難しくはない(緊張感ということもあるが)。

なおどの投げつけ型もテッカニンの虫食い、木の実でなくてもメガフーディンのはたきおとすなどには弱いので注意
他にも「一撃を絶対耐える頑丈+S96の速さでこだわりスカーフを投げつける」トゲデマル、
「唯一の粘着+投げつける両立可能ではたきおとすにも強い」ベトベトン(原種)など候補もあり、
「型破り+はたきおとすで確実にアイテムロストを狙いに来るうえS85あるダゲキとカイロス」など注意する相手もいるが、
容量が際限なく増えそうなのでここまで

スターミーの歴史

容量確保の為にヒトデマンに移動させました。

覚える技

ヒトデマンのページを参照。

遺伝

タマゴグループ 水中3
性別 ふめい
進化 ヒトデマン(みずのいし)→スターミー
最終更新:2020年08月29日 03:36