入力・操作


先行入力

先行入力とは

先行入力とは、動作の終わり際に次のアクションのコマンドを予め入力できるシステムのことである。
先行入力が成功すると、動作が終了してから間を置かずに次の行動を取る。

原則として、 行動に反映される先行入力は1つだけ である。
ただし例外的に、 ジャンプ+空中攻撃の組み合わせのみ複数行動の先行入力が可能。

スマブラSPでは、基本的に以下の3つが先行入力の受付対象となる。
  1. 次の動作が可能になる9F前までに入力されたコマンド
  2. 動作終了2F前までホールドされていたコマンド

先行入力の受付時間は
  • ボタン: 9F前から
  • スティック: 6F前から
となっている。

先行入力できないアクションの代表は以下の通り。
急降下以外は、動作可能になるまでスティック・ボタンを入れっぱなしにしておけば最速のタイミングで出すことができる。
歩き、しゃがみ、シールド、急降下、壁張り付き


SPの変更点

  • 新たに以下の行動が先行入力で出せるようになった。
    • 投げ
    • その場崖上がり、崖切り離し
    • 空中ワイヤー
  • 先行入力で反転ダッシュが出るようになった(forでは向き反転)。
  • ジャンプ崖上がり中にも先行入力ができるようになった。
    • 攻撃・必殺・ジャンプ・回避のどれも同じタイミングで出せる。
  • エッジキャンセルで空N以外の空中攻撃を先行入力できるようになった。

優先度

2つ以上の先行入力が行なわれた場合、 出るワザは行動の優先度に従う。
このリストの上にある行動ほど優先度が高い。
同じランクに属する行動は、最後に出したものが反映される。
出せる行動に制限がある状況では*1、その時点で出せる行動の中から最も優先度の高いものが選ばれる。

地上
  1. つかみ・アイテム投げ
  2. 上B
  3. 下B
  4. 横B
  5. NB
  6. その場回避
  7. 前後回避
  8. スマッシュ攻撃
  9. 強攻撃
  10. 弱攻撃
  11. 地上ジャンプ(+空中攻撃)
  12. ダッシュ
  13. 反転

空中
  1. 空中その場アイテム落とし
  2. 上B
  3. 下B
  4. 横B
  5. NB
  6. 空中アイテム投げ
  7. 空中回避
  8. 空中攻撃・ワイヤー
  9. 空中Zキャッチ
  10. 空中ジャンプ(+空中攻撃)
【備考】
  • 空中アイテム投げが入力されているとき、空中その場アイテム落としの入力は無効になる。
  • 空中攻撃が入力されているとき、空中Zキャッチは空中回避として扱われる。
  • 空中ワイヤーは空中ジャンプとの同時入力に対応していない。
    • 空中ワイヤー、空中攻撃、空中ジャンプが先行入力された場合、空中ワイヤーが出る。

つかみ中
  1. 投げ
  2. つかみ攻撃

崖行動
  1. ジャンプ上がり
  2. 攻撃上がり
  3. 回避上がり
  4. その場上がり
  5. 崖切り離し

ダウン・受け身
  1. 攻撃起き
  2. その場/前後起き


行動別解説

地上ジャンプ
先行入力受付中にボタンを離すと、必ず小ジャンプが出る。
大ジャンプを出すには、ジャンプ踏切モーションが終わるまでジャンプボタンホールドorLスティックを倒しておく必要がある。

ジャンプ+空中攻撃
ジャンプ + 攻撃ボタンorCスティック の2つが先行入力されると、
地上では小ジャンプ最速空中攻撃、空中では空中ジャンプ最速空中攻撃が出る。
優先度は地上/空中ジャンプと同じランクとなる。

また、ジャンプ+空中攻撃を先行入力で出すと、 空中攻撃の種類が攻撃を出すときのLスティック方向に依存する。
ジャンプ+Cスティックで空中攻撃を仕込んでも、その後Lスティックを倒さなければ空Nに化けてしまう。

向き反転
先行入力で向き反転をするには、次のどちらかの入力方法が使える。
  • 早めにスティックを倒しておき、6Fの先行入力受付時間中にスティックを離す。
  • 6Fの先行入力受付時間中に、ダッシュが出ない程度の強さでスティックを傾ける。
forでは受付時間中にスティックをはじいた場合でも向き反転が出ていたが、SPでは反転ダッシュになる。

急降下
急降下は、ファイターの空中移動速度Y成分が負のときに開始できる。
急降下の先行入力は、 急降下開始3F前 から有効。
ただし、 開始フレームまでスティックを倒し続ける必要がある。''

ガード硬直後の緊急回避
シールドで攻撃を防いでから最速で緊急回避を出すには、以下のように入力する。
  • 条件1:ガード硬直中(開始から終了まで)、シールドボタンをずっと押し続ける。
  • 条件2:ガード硬直が解けた次のフレームに、シールドボタンを押している。
  • 条件3:6Fのスティック先行入力受付時間中に、横or下にスティックを倒す。
条件2,3だけが満たされた場合、 ガード解除硬直の11Fを挟んだあとに 回避が出る。


ボタン設定

はじき入力

はじき入力の出やすい・出にくい設定は、はじき入力の 入力受付時間 を変化させる。
「出やすい」は受付時間が1F増加し、「出にくい」は1F減少する。

スティックの閾値(傾け方)には影響しない。
設定が全く影響しないアクションの例:
  • 歩き/ダッシュ
  • ガーキャン上B

下表:はじき入力設定と入力受付時間。
コマンド 出やすい ふつう 出にくい
横スマ 7 6 5
上スマ 5 4 3
下スマ 5 4 3
地上アイテム投げ横 7 6 5
アイテム投げ地上上・下 5 4 3
ルフレ・サンダーソード 7 6 5
剣術Mii横B3 9 8 7
例えば下スマ(ふつう)では、
  • スティックを倒してから0~3F後、計4Fの間にAボタンを入力すると下スマ
  • それ以降は下強
が出る。

なお、はじき設定の影響を受けない行動もある。
例:空中アイテム投げ(受付8F)、ピクミン投げ(受付5F)、サムス横B・フシギソウ横B・パルテナ横B(受付4F) など



必殺技の方向転換

振り向き必殺ワザ、慣性反転必殺ワザの2種類がある。
ワザによって対応しているもの・していないものがある。
片方だけに対応しているワザも多い。



振り向き必殺ワザ

その場で振り向いて必殺ワザを出すテクニック。
全ての横Bと、一部のNB(空中のみ)・上B・下Bが対応している。
成功すると、ワザモーションの1F目からファイターが振り向いて必殺ワザを出す。

横Bは、自分の向いている方向と逆に出そうとすると自動的に振り向き必殺ワザとなる。
空中NBは、
  • 反対入力をしてから8F以内に必殺ボタン( 詳細
  • スティックを僅かに反対に倒しながら必殺ボタン
上/下Bは、
  • スティックを斜め上/下に傾けながら必殺ボタン
のように入力すると振り向き必殺ワザとなる。

慣性反転必殺ワザ

通称「空ダ(空中ダッシュ)」。
必殺ワザを出した直後に振り向くテクニック。
一部の必殺ワザが対応している。
成功すると、ファイターが X軸方向の慣性を反転させながら 振り向く。
空中でカクッと折れ曲がるように動くため、奇襲や着地狩り拒否に使える。

反転タイミングは、基本的に ワザモーションの5F目。 (例外多数)
各ワザの反転タイミングは フレームシート を参照。
入力受付タイミングは、
  • 反転タイミングが5F→その1F前
  • それ以外→反転タイミングと同じ
である(?)。

「空ダn式」について
慣性反転必殺ワザを、
  • 最初にジャンプする向き
  • 振り向き必殺ワザと組み合わせるかどうか
の組み合わせで4種類に分類することがある。

下表:空ダ1~4式の定義。
空ダ ファイター動作
1式 前ジャンプ→慣性反転
2式 後ジャンプ→振り向き必殺ワザ→慣性反転
3式 後ジャンプ→慣性反転
4式 前ジャンプ→振り向き必殺ワザ→慣性反転


入力小ネタ

  • ダッシュ中に「C攻撃後ろ+ジャンプ」を同時に入力すると、進行方向に小ジャンプ空後が出る。
    • Cスマッシュの場合、ステップ中の反転スマッシュが出せないタイミングで、C後→ジャンプを+0~1Fで押す。
    • かなりの確率で逆方向の小ジャンプ空前に化ける。条件不明。

  • ダッシュ中に「C攻撃後ろ+ジャンプ」を同時に入力し、ジャンプ踏切中に必殺ワザボタンを入力すると前方に空ダ横Bが出る。

  • ダッシュ出始めにCステを下に倒してLステをそのままにしておくと、距離の長いステップが出せる。
    • C攻撃なら上に倒しても可。

  • 「振り向き(反転ブレーキ)→Cステ横」で、走行からの滑り横スマ・横強が安定して出せる。
    • 普通の走行ブレーキだと、2F目にCステを入力した場合DAが出てしまう。

  • C必殺で、「Lスティックを倒しながら逆方向にC必殺を素早くはじく」と入力すると、横B空ダが簡単に出せる。
    • C必殺のスティック入力が長いと(おそらく慣性反転受付タイミングまで倒していると)、慣性反転必殺ワザが出ない。


コメント

名前:
コメント: