オンライン遅延検証



オンラインの入力遅延


スマブラSPのオンライン対戦は、オフラインに対して平均 +5.068 Fの入力遅延がある。

上記は2020/03/28(土)の13-14時に測定した結果である。
遅延の大きさは、曜日・時間帯によって結果が異なる可能性がある。
また、自分と相手のインターネット環境にも大きく依存する。
全ての環境でこれと同様の遅延が発生するわけではないことに注意されたい。
追加で検証したら、その度に遅延の数値を更新する予定である。

+計測条件・結果詳細
計測者 のインターネット回線はぷららドコモ光。
有線接続で、ping値は約10 ms。

計測相手の情報及び計測結果は以下の通り。
計測相手は、有線接続かつ通信が比較的安定している人のみを対象とした。

日時 地域 回線情報 計測結果
2020/3/28(土)
13-14時
関西 ソフトバンク光 5.080
関東 ソフトバンク光 5.066
中部 au 5.061
関東 So-net 5.065



計測方法

基本的に遅延検証の方法に準ずる。

ここではトレーニングモードとオンライン対戦の画面を同条件で撮影し、その応答速度の差をオンラインの入力遅延とみなした。

オンライン対戦では、オンライン専用部屋、1on1アイテム無し、タイム制10分で計測(計測時間は実質約9分半)。
コントローラーはゲームキューブコントローラーを使用した。
ステージは75m終点化、撮影するのはピカチュウの弱攻撃とした。

コントローラー遅延検証では、撮影の際にトレーニングモードのカメラ設定「もっとアップ」を利用していた。
しかし、オンライン対戦ではこの設定が使えない。
そこで、モニターに対してカメラをさらに近づけて撮影した。
先述の通り、同条件下での相対的な差を測定するので、カメラ撮影位置がコントローラー遅延検証と異なっていても問題ない。


参考



コメント

名前:
コメント: