アイテムキャッチ


アイテムキャッチ

ファイターのアイテム取得範囲 と、 アイテムの拾われ判定 が重なっているとき、アイテムを取得することができる。
2人以上のファイターがまったく同時にアイテムキャッチを行った場合、必ずポート番号の小さい方がアイテムを取得する。

アイテムキャッチの種類には以下の種類がある。
  • 地上アイテムキャッチ
    • 地上拾い
      • その場拾いモーションによるキャッチ
      • ダッシュ拾いモーションによるキャッチ
    • ダッシュ攻撃によるキャッチ
    • 強攻撃によるキャッチ
  • 空中アイテムキャッチ
    • 空中その場キャッチ
    • 空中攻撃によるキャッチ
    • 空中回避によるキャッチ
  • 特殊キャッチ
    • むらびとの「しまう」

キャッチの種類と受付時間の対応は以下の通り。
取得種類 受付時間
地上その場拾い(攻撃) 1F
ダッシュ攻撃 5F
各種強攻撃 2F
空中その場キャッチ(つかみ) 1F
空中攻撃 4F
空中回避 5F

アイテム取得範囲

ファイターのアイテム取得範囲は長方形である。
長方形の大きさは、ファイターごとに次のパラメータで決まっている。
  • 地上版
    • item_range_front
    • item_range_front_max
    • item_range_back
    • item_range_h
  • 空中版
    • item_range_air_front
    • item_range_air_back
    • item_range_air_h
地上版は前方向に広く、空中版は上下方向に広い。
振り向いて強攻撃を出した場合も、もともとの向きでfront/backが処理される。
地上版のitem_range_front_maxは、横強攻撃で取得するときにのみ(?)使われる。
↑ 地上取得範囲(上)、空中取得範囲(下)。画像はforの解析ツールで作成。


アイテムの拾われ判定は長方形。
なお、拾われ判定・アイテムの食らい判定・攻撃判定はすべて別物である。
↑ 赤い四角の領域が取得範囲。黄色い丸の領域は攻撃判定。


コメント

名前:
コメント: