アイテムキャッチ





アイテムキャッチ

ファイターのアイテム取得範囲と、アイテムの拾われ判定が重なっているとき、ファイターはアイテムを取得することができる。
このとき、アイテムの種類が「キャッチ(保持)可能」であれば、ファイターはアイテムをキャッチする。
なお、2人以上のファイターがまったく同時にアイテムを取得しようと試みた場合、必ずプレイヤー番号の最も小さいファイターがアイテムを取得する。

アイテムを取得する方法には、以下のものがある。
  1. 地上
    • 地上アイテム拾い
      • その場アイテム拾い
      • 前傾(歩き)アイテム拾い
    • ダッシュ攻撃拾い
    • 強攻撃拾い
  2. 空中
    • 空中その場取得
    • 空中攻撃の出始め
    • 空中回避の出始め
  3. 特殊
    • のつかみ
    • の通常必殺ワザ
    • の下必殺ワザ
    • の上必殺ワザ(通常時)
    • スピリットの「オートキャッチャー」





キャッチの種類と受付時間

キャッチの種類によって、アイテム取得の受付時間が異なる。
取得種類 受付時間
その場アイテム拾い
(地上・空中)
1F目のみ
ダッシュ攻撃 1-5F
強攻撃 1-2F
空中攻撃 1-4F
空中回避 1-5F





アイテム取得範囲

ファイターのアイテム取得範囲は長方形である。
長方形の大きさは、ファイターごとに次のパラメータで決まっている。
  • 地上版
    • item_range_front
    • item_range_front_max
    • item_range_back
    • item_range_h
  • 空中版
    • item_range_air_front
    • item_range_air_back
    • item_range_air_h
地上版は前方向に広く、空中版は上下方向に広い。
振り向いて強攻撃を出した場合も、もともとの向きでfront/backが処理される。
地上版のitem_range_front_maxは、横強攻撃で取得するときにのみ(?)使われる。
↑ 地上取得範囲(上)、空中取得範囲(下)。画像はforの解析ツールで作成。


アイテムの拾われ判定は長方形。
なお、拾われ判定・アイテムの食らい判定・攻撃判定はすべて別物である。
↑ 赤い四角の領域が取得範囲。黄色い丸の領域は攻撃判定。





コメント

最終更新:2020年09月12日 16:29