崖つかまり

例: ジョーカーの崖つかまり範囲
  • 中央の領域:通常状態の崖つかまり範囲、全ファイター共通で背中側へは範囲が狭い
  • 右部の領域:上必殺ワザのワイヤーによる前方向への崖つかまり範囲
  • 上部の領域:上必殺ワザのワイヤーによる上方向への崖つかまり範囲
この他、上必殺ワザ中は特別な崖つかまり範囲を使用するファイターもいる。


崖つかまりの過程

崖をつかんで何らかの行動を取るまでは、以下のような過程を経る。
  1. 崖との接触
    • ファイターの崖つかまり範囲と、ステージに設定されている崖つかまり範囲が接触する。
  2. 崖吸い寄せ(崖の2F)
    • 接触した瞬間のファイターと崖との距離が一定よりも長い場合のみ1Fもしくは2Fの 「崖吸い寄せ」 に移行する。
    • 崖との距離が短い場合(上や真横から復帰した場合など)は、崖吸い寄せを経ることなく強制崖つかまりに移行する。
  3. 崖つかまり移行モーション(強制崖つかまり)
    • このあいだは常に全身無敵。(2回以上連続の崖つかまりでは無敵はつかない)
    • 全体フレームは全ファイター共通で19F
  4. 崖待機・崖あがり行動
    • 崖つかまり時の無敵フレームが消費され始める。*1
    • 各種崖あがり行動や、崖待機ができるようになる。
    • 崖奪いされていた場合、崖奪われモーションに移行する。


ワイヤー復帰時の崖つかまり過程

ワイヤー復帰の場合は「崖吸い寄せ」と「崖つかまり移行モーション」が発生しない。
代わりに「ワイヤーぶら下がり」を経るため、次のような過程となる。

特に重要なのは、「崖の2Fが発生しない」点と「無敵が切れるのが早い」点の2つ。
  1. 崖との接触
    • ワイヤーの崖つかまり範囲と、ステージに設定されている崖つかまり範囲が接触する。
  2. ワイヤーぶら下がり
    • 左スティックを下方向に入力すると、ワイヤーを崖から切り離すことができる。
    • その他の方向を入力したりボタンを押すと、ワイヤーが縮み始める。
      • 縮む速度は、ワイヤー毎に固有の値が設定されている。
  3. 崖待機・崖あがり行動
    • 崖つかまり時の無敵フレームが消費され始める。
    • 無敵フレームの消費開始と同時に、強制崖つかまりの補填として19Fのあいだ動けなくなる。
      • すなわち、無敵フレームが通常の崖つかまりと比べて19F短くなる。
    • 強制崖つかまりの補填分の19Fが経過してから、各種崖あがり行動や崖待機ができるようになる。
    • 崖奪いされていた場合、強制崖つかまりの補填分の19Fが経過してから崖奪われモーションに移行する。


連続崖つかまり

崖離しまたは崖あがりジャンプをした後に着地せずに再度崖をつかむと、「連続崖つかまり」と判定される。
一度でも攻撃を受けてから再度つかんだ場合は連続とみなされなくなるが、フォックスの通常必殺ワザや風判定などのノーリアクション攻撃ではカウントがリセットされない。
また、トレーニングモードでダメージ固定の設定をONにすると、どんな攻撃を受けてもカウントがリセットされなくなる。

連続崖つかまりには以下のペナルティがある。
  1. 強制崖つかまり、崖つかまり待機の無敵フレームがなくなる。
  2. 崖あがり行動の無敵フレームが短くなる(回数を重ねるごとにさらに短くなる)。
  3. 連続崖つかまり制限回数が存在する 崖つかまり不可 で解説)。



崖吸い寄せ(崖の2F)

崖吸い寄せとは、俗に「崖の2F」と呼ばれる崖つかまり開始時に発生する無防備なモーションのこと。
このモーション中は崖上からの攻撃を受けやすい上、攻撃を受けてもジャンプが復活しない。
なお、空中ワイヤーで崖をつかんだ場合は崖吸い寄せに移行しないため、「崖の2F」は存在しない。
ただし、ワイヤーの手繰り寄せ方によっては崖上からの攻撃がヒットする場合もある。


崖吸い寄せの長さ

「崖の2F」とは呼ばれているが、実際にはこのモーションの長さは0-2Fのあいだで変化する。
モーションの長さは、崖つかまりと判定された瞬間のファイターの位置と崖との距離で判定される。

崖つかまり範囲はファイターの斜め上に設定されているため、下から崖に侵入した場合と上から侵入した場合とで崖との距離が異なる。
これにより、 上や真横からの復帰では崖の2Fは発生しにくく、下からの復帰では発生しやすくなる。
ただし上や真横から復帰した場合でも、移動距離が足らずに崖との距離が離れていれば崖の2Fは発生する。
逆に、下から復帰した場合でも斜め方向から侵入すると崖の2Fが発生しないこともある(崖のスイートスポット)。

他には、一時的にスティックを下に倒しておくことで崖つかまりタイミングをずらして崖の2Fを発生させない方法も存在する。
当然、タイミングを誤れば崖上にやられ判定が飛び出してしまうためリスクは高い。



崖つかまり移行(強制崖つかまり)

崖吸い寄せのあとは、一定時間のあいだ身動きできないモーションに移行する。
これを崖つかまり移行モーション、もしくは強制崖つかまり時間と呼ぶ。

崖つかまり移行モーション中は常に全身無敵 である。
この無敵フレームは「崖つかまり時の無敵フレーム」とはまったく異なるものであり、「崖つかまり時の無敵フレーム」は崖つかまり移行が終了してからカウントされる。

なお、 空中ワイヤーで崖つかまりした場合には崖つかまり移行モーションは存在しない。
forではこの仕様で崖つかまり後すぐに行動できていたが、今作ではその代わりに崖つかまり待機の最初の19Fが身動きできなくなった。
これにより、「崖つかまり時の無敵フレーム」が通常の崖つかまりと比べて19F短くなった。


崖つかまり移行フレーム

崖つかまり移行フレームは、全ファイター共通で19Fに設定されている。
連続崖つかまりのペナルティによって全体フレームが次のように増加していくが、ほぼ誤差であるためあまり気にする必要はない。
崖つかまり 全体フレーム
1回連続 19F
2回連続 19F
3回連続 20F
4回連続 21F
5回連続 22F
6回連続 23F


崖つかまり時の無敵フレーム

崖つかまり待機の無敵フレームの計算式は以下の通り。
これとは別に計上される19Fの崖つかまり移行モーション中(強制崖つかまり中)も、常に無敵である。
ただし、連続崖つかまりのときは無敵フレームは付与されない。
無敵フレーム = INT(44 + (滞空時間 * 0.2) - (蓄積ダメージ * 44 / 120)) [F]
4 ≤ 無敵フレーム ≤ 104 [F]
0 ≤ 滞空フレーム ≤ 300 [F]
0 ≤ 蓄積ダメージ ≤ 120 [%]

蓄積ダメージが多いほど、無敵フレームは短くなる
  • 0%では無敵フレームは最大で104Fになるが、120%を超えると最大でも60F
滞空フレームが長いほど、無敵フレームも長くなる
  • 最大で、滞空フレームが300F以上のとき無敵フレームが60F長くなる
無敵フレームは最小4F最大104F

滞空フレームは「ファイターが空中に飛び出してから」もしくは「攻撃を受けてふっとび始めてから」の時間。
ワイヤー復帰でぶら下がっている時間も滞空フレームに含まれる。
自分が攻撃を受けると、滞空フレームはリセットされる。
また、ポケモンチェンジで別のポケモンにチェンジした場合にも滞空フレームはリセットされてしまう。
この問題はVer. 4.0.0で修正された。



崖あがり行動


崖つかまり待機時に取れる行動は「その場あがり」「攻撃あがり」「ジャンプあがり」「回避あがり」「崖離し」の5つ。
崖つかまり待機が開始する10F前までに崖あがり行動を入力していれば、先行入力で崖あがりすることができる。
この場合は敵から崖奪いをされていても崖からはじき出されることなく、崖あがり行動が可能となる。


崖つかまり待機

崖つかまり待機モーションはファイターごとに違うため、崖つかまり中のやられ判定にはキャラ格差がある。
待機モーションの動きで崖上に頭を出してしまうファイターもいるので注意(ゼニガメやWii Fit トレーナーなど)。
全ファイターの崖つかまり開始1F目のやられ判定は この画像 で確認できる(サイズが大きいため要ダウンロード)。

崖つかまり待機状態が360F続くと、強制的に崖から落とされる。
強制解除後はくるくる落下モーションをとるが、硬直時間はなくあらゆる行動でキャンセルが可能。


崖あがり行動の無敵フレーム

無敵フレームは各崖あがり行動の1F目からスタートするが、連続崖つかまりを繰り返すことで無敵フレームが次のように減少していく。
攻撃あがりと回避あがりはファイターによって無敵フレームがファイターによって大きく異なるので記載していない。
崖つかまり 無敵時間 その場 ジャンプ
1回連続 - 1-33F 1-12F
2回連続 約0.8倍 1-27F 1-10F
3回連続 約0.5倍 1-16F 1-6F
4回連続 無敵なし 無敵なし 無敵なし


その場崖あがり

全体フレームは多くのファイターで34F。一部のファイターは数フレーム短く設定されている。
無敵フレームは、全ファイター共通で1Fだけ後隙が存在するように設定されている。
ファイター 全体フレーム 無敵フレーム 後隙
31F 1-30F 1F
32F 1-31F 1F
33F 1-32F 1F
標準値 34F 1-33F 1F


攻撃崖あがり

全体フレームは全ファイター共通で55F
攻撃発生フレームおよび後隙、攻撃ダメージはファイター毎に異なる。
無敵フレーム・攻撃の発生フレーム・ダメージなどについては、 このスプレッドシート を参照。

無敵が切れるタイミングは攻撃判定が消えるタイミングと同時。
すなわち、攻撃判定が出ている間はずっと無敵である。
ただし、2回連続以上で崖つかまりした場合は攻撃が発生する前に無敵が切れてしまうので注意。

特にワイヤー復帰の場合は、 ワイヤーの勢いでファイターの体がスイングしてそのまま崖をつかんだ場合崖を2回つかんだ扱いになってしまう。


海外の検証勢であるMyollnir~氏の検証結果。 (元ツイート)


回避崖あがり

全体フレームは全ファイター共通で45F。
無敵フレームについては、 このスプレッドシート を参照。

回避崖あがりによって移動する量はモーション依存であるため、ファイターによって距離が異なる。
海外の検証勢であるLath氏の検証結果。 (元ツイート)
トレモのグリッドを基準にファイターの中心がどれだけ動いたかを数値化しており、上にいくほど移動量が大きい。


ジャンプ崖あがり

全体フレームは多くのファイターで14F一部のファイターは数フレーム短く設定されている。
無敵フレームは、全ファイター共通で2Fだけ後隙が存在するように設定されている。
ファイター 全体フレーム 無敵フレーム 後隙
12F 1-10F 2F
13F 1-11F 2F
標準値 14F 1-12F 2F

また、ジャンプ崖あがり時のX初速とY初速はファイター毎に個別に設定されている。
特にピチューのX初速が顕著で、他のファイターと比べてかなり大きい。
ファイター X初速
標準値 0.6
0.71
1
1.2


崖離し

左スティックを崖外の方向もしくは下方向に入力すると、崖を離して空中状態に移行する。
下入力を入れっぱなしにすると、崖を離した次のフレームから急降下に移行する。

崖離ししてから6Fのあいだは壁ジャンプすることができない。

崖を離した瞬間のファイターの位置は、ファイターによって大きく異なる。
特に位置が低いのがサムス(ダークサムス)。逆に位置が高いのがリドリーで、頭が崖の上に飛び出てしまう。。
画像の引用元は ゲガンさんのツイート より。





崖奪い

2人以上のファイターが1つの崖につかまった場合、先につかまっていたファイターが崖からはじき出される。
このシステムを 「崖奪い」 (Ledge Trump) と呼ぶ。
はじき出されるのは強制崖つかまり時間が過ぎてから(「崖吸い寄せモーション中」や「強制崖つかまり中」ははじき出されない)。

先につかまっていたファイターが先行入力で崖あがり行動を入力していた場合は、崖奪いは起こらない。
SPでは、崖離し以外のすべての行動を先行入力することができる。

ちなみに、まったく同じフレームに2ファイター以上が同時に崖をつかんだ場合、必ずポート番号の若い方が崖から追い出される。


崖奪い後

崖を追い出された側は、全ファイター共通で28Fの硬直が発生する。
SPでは奪われ硬直中も横移動が効くようになった。
ステージ側にLスティックを倒していた場合、そのままステージ上に戻ることもできるほど。

崖を奪った側は、自身の強制崖つかまりフレームが経過してから行動を開始できる。
したがって、崖を奪った側の有利フレームは以下のようになる。
  • 最大で+8F(敵と同時に崖をつかんだ場合)
  • 最小で-20F(敵の強制崖つかまりフレームが経過してから崖をつかんだ場合)



ワイヤー復帰

ワイヤー復帰の特徴は主に次の4つ。
崖吸い寄せ(崖の2F)が存在しない
ただし、ワイヤーの勢いでファイターの体がスイングしてそのまま崖をつかんだ場合には崖吸い寄せが発生する。
この場合 崖を2回つかんだ扱いになり、連続崖つかまりのペナルティを受けることに注意。
この状態で攻撃あがりをすると、攻撃が出始める前に無敵が終了してしまう。

崖つかまり移行(強制崖つかまり)が存在しない
その代わり、崖待機中のはじめの19Fのあいだはまったく動くことができない。
これにより、通常の崖つかまりと比べて19Fだけ無敵フレームが短い。

ワイヤーぶら下がりモーションが存在する
最大で120F程度ぶら下がり続けることが可能。
ワイヤーぶら下がり中もしくはワイヤーを手繰り寄せるときに地面に接触して着地した場合、30Fの着地隙が発生する。

連続の崖つかまりは3回まで
通常の崖つかまりとは異なり、3回連続までしか崖つかまりすることができない。
4回以上連続で行おうとすると、崖つかまり失敗のエフェクトが出てワイヤーが弾かれる。


ワイヤー復帰一覧

ファイター ワザ 受付フレーム 範囲X1 範囲X2 範囲Y1 範囲Y2
空中ワイヤー 2-5F 57 10 44 -34
空中ワイヤー 2-3F 60 5 48 -34
空中ワイヤー 2-5F 60 10 40 -10
横必殺ワザ 20F目 60 10 40 -10
上必殺ワザ 13F目 72 -18 65 -52
空中ワイヤー 7F目 60 5 48 -34
空中ワイヤー 2-5F 60 5 40 -34
前空中攻撃
(上シフト)
(無シフト)
(下シフト)
13-14F 70 19 58 -15
70 19 40 -20
70 19 30 -40
後空中攻撃
(上シフト)
(無シフト)
(下シフト)
13-14F -70 -19 58 -15
-70 -19 40 -20
-70 -19 30 -40
上空中攻撃 13-14F 35 -35 70 18
横必殺ワザ 18-19F 60 5 55 -25
上必殺ワザ
(上方向)
(前方向)
12-13F 46 -46 85 18
14-15F 62 -5 70 -25


Arhutr (Ben Hall)氏による、シモン・リヒターの崖つかまり範囲可視化。 (元ツイート)

  • 中央の赤い範囲:通常の崖つかまり範囲
  • 中央の灰色の範囲:ワイヤーぶら下がり中の崖つかまり範囲
  • 前方の領域:前空中攻撃によるワイヤー崖つかまり範囲(上から順に上シフト・無シフト・下シフト)
  • 後方の領域:後空中攻撃によるワイヤー崖つかまり範囲(上から順に上シフト・無シフト・下シフト)
  • 上方の領域:上空中攻撃によるワイヤー崖つかまり範囲



崖つかまり不可

崖つかまりができるのは、原則としてファイターが落下モーションを取っているときである。
ジャンプの上昇中、多くのワザのモーション中(全体フレーム経過後のモーションも含む)、やられ硬直中は崖をつかめない。

一部の必殺ワザや空中攻撃には専用の崖つかまりフレームが設定されており、モーションの途中でも崖つかまりできる。
ジャンプの上昇中に崖に近づいた時、出始めに崖をつかめる上必殺ワザを出すとすぐに崖をつかめる(シュルク、クラウドなどで有効)。

それ以外にも、以下の条件のいずれかにあてはまる場合は崖をつかむことができない。
直前の崖つかまり終了から54Fが経過していない場合

ふっとび始めてから30Fが経過していない場合

連続崖つかまりの回数制限に達した場合
制限回数は以下の通り。
  1. 6回連続で崖つかまりした場合
  2. 空中ワイヤーで3回連続で崖つかまりした場合
  3. アイク・クロムの上必殺ワザで5回連続で崖つかまりした場合
  4. パックマンの上必殺ワザで3回連続で崖つかまりした場合



その他

移動空中回避

移動空中回避は、全ファイター共通で25F目から崖をつかむことができる。


アイスクライマー

  • 2人同時に崖に捕まることが可能(お互いで崖奪いにならない)。
  • パートナーのみでも相手の崖を奪うことができる。
  • 上必殺ワザで崖をつかんだ場合、パートナーのみ2回以上連続崖つかまりした場合でも一定時間のあいだ無敵になる。
    • 時間については要調査。




コメント